現在は高齢化社会にあるのでしょうか、それとも高齢社会にあるのでしょうか?
高校で習ったはずなのですが、その定義を忘れてしまいました。
定義とは例えばこのようなものであったと思うのですがどなたか、確かな情報をお持ちの方は教えてください。

<不確実な定義>
日本国民の総人口に占める高齢者(65歳以上)の割合が、14%を超えたら、「高齢化社会」であり、25%を超えたら「高齢社会」である・・・???

*あくまでも不確実な定義なのですが、こんな感じの情報を探しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

高齢化社会は総人口に占める65歳以上の割合が7%を超えたもので、日本は1970年に超えました。

そして、高齢社会はその割合が14%を超えたものです。日本は1994年に14%を超え、世界でも類のないほどのスピードで人口の高齢化が進んでいます。
でも最近では高齢化社会という言葉を用いずに、7%を高齢社会に、そして14%を超高齢社会とする見解があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
その後、私も調査をしました。
そしたらkinbouさんのおっしゃる通りでした。
現在は16%ぐらいなのだそうですね、・・・ということは
高齢社会だ~(^^)!!
それが分かって、助かりました。

お忙しい中、本当にありがとうございました。

ヒッキ~★

お礼日時:2001/02/11 23:53

補足です。


内閣府のホームページにそれらしいことが載ってるようなのでご覧になってください。

参考URL:http://www8.cao.go.jp/kourei/index.html
    • good
    • 0

日本の高齢化社会の始期は、総人口に占める高齢(65歳以上)人口の割合が7%台になった1970年ごろとする主張が一般的らしいです。


私の調べた文献には高齢社会の定義は載ってませんでしたが、1995年には高齢人口割合が14.6%となっていますから、hikkieさんのおっしゃる定義だと既に高齢社会に突入してますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、ご回答くださってどうもありがとうございます。
私もその後、調査をしたところ
celicaloveさんのおっしゃる通りでした。
私の定義はまちがってました(^^;
現在の日本は総人口に占める65歳以上の高齢人口の割合が
16%ぐらい(?)だそうで、既に、高齢社会にありました。

気を取り直して・・・、

定義・・・「総人口に占める65歳以上の高齢者の人口の割合が7%を超えると高齢化社会であり、14%を超えると高齢社会である。」

という風にまとめる事が出来ました。

御礼が遅れてごめんなさい。
補足の方も大変参考になりました!!
どうもありがとうございました(^^)

ヒッキ~★

お礼日時:2001/02/12 00:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「完熟トマト」の定義とは?

野菜や果物には「完熟〇〇」という表現があります。ものによって「完熟」の定義が違うと思いますが、「完熟トマト」の世の中共通の定義というものが有るのでしょうか?
有るのでしたら内容を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

農産物流通です。
通常市場に持ち込まれるトマトは薄いピンクすら入る以前のものです。
そうしなければ流通(時間や扱い)に耐えられないでしょうね。

では、「完熟」はというと完熟トマトの共通の定義がないので曖昧です。
本当に完熟、つまり収穫してすぐに食べる状態では流通させると確実に割れます。
うちでは完熟トマトとして販売している頃はカラーチャートで7~8段階で収穫してもらっていました。
見た目は全体が赤く完熟ですが赤がまだ薄いです。

現在は「完熟」という表現が曖昧なことと本当の完熟ではないことから
消費者に優良誤認を与えかねないということで、表示・表現をやめています。

自らの団体が定義をつけ、それを常に消費者に案内していれば
「完熟」という表現を使っても許されそうですね。
例えば「○○産地の完熟基準・・・カラーチャート9段階で収穫し、消費者の手元に24時間以内で届けたものを完熟という」など。

Q小子化社会・高齢化社会

よく小子化社会・高齢化社会と言いますが、この間もNHKで特番を組んでいましたが、こういう所で出てくる数字は何を根拠にしてるのでしょう。
国勢調査は5年に1回だと記憶しています。最近、そんな調査を受けた記憶がありません。
どなたか、知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

専門家でも何でもありませんが

人口動態統計が元になっているのでは?

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai03/index.html

Qこれを英語でなんと言うのですか?システムの要件定義・・・

これを英語でなんと言うのですか?システムの要件定義・・・

英語のインタビューなどで自分の職歴を説明する時、下記のことを伝えたいのですが、どのようにいえばいいのでしょうか?

私はシステムの要件定義等に関わり、業務可視化、システムにするかしないかの切り分け、システム開発における要件定義にかかわりました。外部のベンダーがすぐに開発に着手できるようにして、システム構築部分で貢献しました。御社の業務でも貢献できると思います。


要件定義、業務可視化、切り分け作業、など英語でどのように言えばいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

要件定義、defining requirements for the system
業務可視化、visualizing operations
切り分け作業 managing developments

Q高齢化社会と情報化社会の関係を教えてください。

高齢化社会となり情報化社会がどんな役割を果たし、あるいはどんな問題点が起きるのか教えてください。高校生です。

Aベストアンサー

まずは高齢社会のデメリット(とメリット)を考えて見ましょう。
次に、情報社会のメリット(とデメリット)を考えて見ましょう。

それぞれを箇条書きにしていき、対比させればメリットとデメリットは相殺されたり残ったり相乗したりして、効果と問題になりますよ。

例えば、情報社会となりインフラが整備される事によって、遠隔地の医療などは恩恵を受け得る可能性は高くなりました。また、情報インフラ=電話なども含めて=遠隔地の身内や血縁者などとのコミュニケーションが取りやすくなったという可能性もあるでしょう。

Qパワハラの定義と実際に受けた際の対応について相談

今回、同期入社した同僚が退職いたします。彼とは支店が違うため辞める事が公になってから知ったのですが、上司からの暴言や暴力を受けていたようです。
私が勤めている会社はいわゆるワンマン会社で、社員数も50人程度の中小企業です。役員すべてが会社立上げに携わった人たちで、前社長が切り盛りしてやってきたようです。数年前に多少大きな会社に買収され、その際に前社長は会長になりました。現社長は別の部の部長、課長を兼任しており、自分は社内全体を見渡せていると考えているようで、一般的に問題だと思われることがあっても、自分の腹具合で「そんな事実はない」といった感じですんでしまいます。
社員構成としては、会長⇒社長⇒取締役部長(3人)⇒課長(5人)⇒係長(6人)⇒主任(6人)⇒一般となっています。ちなみに、私は係長の位置にいます。

新規製品開発課という課が存在します。構成は、課長⇒主任3人⇒一般4人で、この課長は社長にうまく取り入り、周囲から見ると社長のお気に入りのような存在になっています(他の課長や部長に聞いた情報ですが。。。)この課は、実際に新しいものを開発するような動きが殆どなく、他の課が作りある程度完成した製品を社長に取り入ることで自分の課の商品にしてしまいます。その際には、他の課で製品を担当していた担当者も自身の課に引き込み自身の手柄に使用とします。ただ製品が完成していなかったり、不具合が多い場合は、担当者は返さず製品の取り扱い権のみ元の課に戻すような、道理に反するような状況です。

前置きが長くなりましたが、私の同僚が受けたパワハラについて質問させてください。
(1)何かアイデアを出し合う際に、意見を言うと駄目な部分のみを指摘してすべて却下する。挙句の果てに、アイデアや物理的理論的に難しいことについて出来ないというと「じゃあ会社を辞めるのか?」と言ってくる。
(2)何か言われた際に同僚が「もう辞めたいです」と言うと「お前なんて俺が拾ってやらなければ働き口なんてないんだよ」とか、同僚が家を購入した際に「俺に相談もなしに買いやがって、もうお前が係長になる可能性は限りなく低くなったからな」とかいった暴言を吐く。
(3)経緯はわかりませんが、髪の毛がゴッソリと抜け落ちるくらいの力で髪の毛をつかまれて振り回されたり、足をけられたり、顔をはたかれたりする。
(4)毎日のように自分の席の前に立たせ「お前は俺を100とすると5くらいなんだから、俺の言うことには絶対的に従え」といったような内容のことを1日平均で4時間くらいいい続ける(洗脳か?)
私が人づてに聞いたことは、大まかに上記の3ケースなのですが、私の感覚ではすべてが許されないパワーハラスメントだと思っています。
私の同僚は、今回会社を辞めることで個人的に使用しているパソコン宛てに経緯を教えてくれました。そのメールの最後には「私が辞めた後も、この話は漏らさないようにしてください。もし人づてにでも課長の耳に入ったら、家に押し入られそうで怖いです」とありました。ここまで追い込まれてしまった彼に、離れた土地の支店にいるとはいえ、彼に何もしてあげられなかった自分が悔しくて涙が出てきます。このサイトにある、パワハラの質問を読むと、証拠がないと社内的に騒いだところで何も変わらない可能性があるといった御意見が多く見られました。特に、私が働いている会社のような体制では難しいのかもしれないとおもい、無意味に騒ぎ立てることは我慢しています。同僚のメールにも漏らさないで欲しいと記載されていましたし、数年前に私が直接、その課長に「このままでは、○○課長は孤立していく一方ですよ、それでいいのですか?」といった感じです。その際は、顔を真っ赤にした状態で、平静を装っていましたが、私が支店に戻ると、課の人間を集めて「俺の何処が気に入らないんだ?俺は間違っていないのに、お前らがちゃんとしていないからこんなクレームがくるんだ!」といった内容で課全体が3時間程度説教されしまったらしいです(他の課長や、当事者達に聞きました)ちなみに、社内にあるアンケートにも同様のことが心配ですと記載して、匿名のアンケートでしたが私は、名前を記載して投函しています。アンケートについて社長との面談で話もしましたが、何も対応がなく、現在に至っています。
つらつらと長文を書いてしまいましたが、質問の内容は
(1)パワハラとは、どの程度からパワハラなのか?上記した内容はパワハラで間違いがないのか?
(2)社内の上司に話して対応したほうが良いか?もしくは、親会社のパワハラ相談室に相談したほうが良いのか?または、法的措置をとったほうがよいのか?
(3)こんなことを聞いてしまって申し訳ないのですが、色々と考えているうちに「私は余計なことをしているのでは?」という考えが心の中に渦巻いてきています。対象の課長が実は、自身では教育のつもりでやってしまったことで、意図してパワハラをしていたわけではない可能性もあります。私の中では、意図しなくても行為自体がパワハラだとおもい、なくすべきと考えていますが、考え方は色々な角度からみて初めてわかることもあるため、自信がなくなってきています。(情けないですが、私自身も鬱になりそうです)
(4)本件について、何かアドバイス等ございましたら、お知恵をお貸しください。


長文になり、申し訳ありませんでした。どうぞご意見をいただけますようにお願いします。

今回、同期入社した同僚が退職いたします。彼とは支店が違うため辞める事が公になってから知ったのですが、上司からの暴言や暴力を受けていたようです。
私が勤めている会社はいわゆるワンマン会社で、社員数も50人程度の中小企業です。役員すべてが会社立上げに携わった人たちで、前社長が切り盛りしてやってきたようです。数年前に多少大きな会社に買収され、その際に前社長は会長になりました。現社長は別の部の部長、課長を兼任しており、自分は社内全体を見渡せていると考えているようで、一般的に問題だと...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ

自分の会社でも同じようなことが有り、悩んでいるところですので、
コメントさせて貰います。

パワハラの定義ですが、wikipediaでは、「職場の権力(パワー)を利用した嫌がらせ」と
定義しているみたいですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

でもホント判断は難しいですよね。

先日の新聞に、喫煙室で正座させたり、食事をおごらせていた上司が処分されたとありました。
この事実だけを聞くと私は、パワハラに思いますが、実際には2年半も続いていたそうですから、
パワハラと周りが認識することも、認識して立ち上がることも本当に難しいのかもしれません。

http://www.asahi.com/national/update/1226/SEB201112260021.html

パワハラとか、嫌がらせって、好きな人からやられている分には、何も思わないこと
でも、悪意とか人によってハラスメントになってしまうんですよね。
好きな人に、肩を触られたらドキドキしますけど、嫌いな人なら、セクハラですもんね。
年齢に関係なく。

パワハラも、同僚の方がどう感じているかが大事ではないでしょうか。
本人は黙っておいてくれということは、そっとしておいて欲しいのではないでしょうか。
また本人以外から見てパワハラでも本人が認めなければパワハラを法的にも会社的にも
認めさせることは難しいと思います。

今、celebimyu さんは、係長ということですので、文面の規模の会社では、かなり上の役職の方ですよね。
社内でも権限はあると思いますが、まずは自分の部下を大切にすることではないでしょうか。
支店が違う場所から聞いていることだけで、行動することは、celebimyu さんが悪者になりますし、
訴えることも難しいと思います。

もし、同じ課長にパワハラを受けている人が居て、戦おうとしているなら、助けてあげることも
大切だと思いますが、今出来ることは少ないと思います。

心優しい人にしか、苦しみは分からないのかもしれませんね。
いつまでもやさしい気持ちを持っていて下さい。

回答になってないかもしれませんが、感じたことを書かせて頂きました。

こんばんわ

自分の会社でも同じようなことが有り、悩んでいるところですので、
コメントさせて貰います。

パワハラの定義ですが、wikipediaでは、「職場の権力(パワー)を利用した嫌がらせ」と
定義しているみたいですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

でもホント判断は難しいですよね。

先日の新聞に、喫煙室で正座させたり、食事をおごらせていた上司が処分されたとありました。
この事実だけを聞くと私は、パワハラに...続きを読む

Q高齢化は社会にどう影響があるか?

これからますます高齢化社会になっていくと思われますが、高齢者人口が社会に与える影響についてどう思われるか教えてください。

・高齢者人口が増えることで社会のしくみはどう変わるか。

・具体的に高齢化人口の増加が社会に与える影響。

・よくない印象ばかりが強いが、何か明るい面はないのだろうか?

・社会を支える若い世代(中年も含め)は、高齢化社会に対してどのような意識で臨めばよいのか?

その他、この問題に対する参考サイトでも、ご意見でも何でもお願いします。

Aベストアンサー

高齢者の方々へ非礼な内容になってしまいますが・・・

高齢者人口増加による社会のしくみの変化や影響は、
色々あります(高齢化社会・問題と入力し検索するといっぱい関連
サイトが出て来ます)が、一番の問題点は、
20~50才の下世代への税の負担や労働の負担が増大化し、
20才以下の子供への育児支援や教育支援が圧迫されることです。

この先、老人の孤独死、老人の貧困やホームレス化、
老人の「やけくそ的な」犯罪などが増加するでしょう。
明るい面なんて無いに等しいのですが、これまでの日本社会に観られ
なかった現象が出てくるでしょうね。

健康で精力的な老人とその逆の老人たちの格差社会。
昔は、60過ぎたら「家でおとなしくしてろ」的な扱いだった老人が、
70過ぎても新しいパソコンの技術を駆使したり、幼児教育や下の世代
の福祉支援など、ばりばり労働力として働く老人がいる反面、
寝たきりで貧困の中孤独に亡くなる(あるいは自らの命を断つ)老人
もいるという「高齢者格差社会」が想像できます。

どちらの老人になるかが決まるのは・・・
若い時にちゃんと結婚して、子供を育て、家庭を大切にし、
自分の家を確保し、毎日明るく積極的に生きたかどうかじゃない
んでしょうか。
貯金や中途半端な財産なんて、この先の経済状況では全くあてになんか
ならないです。
海外移住を考えている若い人もいますが、それは多くの場合失敗
する人がほとんどだということは、実証済みです。

若い世代が高齢化社会にどのように臨むか。
「税金が重くなるなぁ」「老人関連のビジネスチャンス!」なんていう
ことよりも、「自分が高齢者になった時、笑って暮らせるか」を
日々考えながら生きて行くことが重要なのです。

高齢者の方々へ非礼な内容になってしまいますが・・・

高齢者人口増加による社会のしくみの変化や影響は、
色々あります(高齢化社会・問題と入力し検索するといっぱい関連
サイトが出て来ます)が、一番の問題点は、
20~50才の下世代への税の負担や労働の負担が増大化し、
20才以下の子供への育児支援や教育支援が圧迫されることです。

この先、老人の孤独死、老人の貧困やホームレス化、
老人の「やけくそ的な」犯罪などが増加するでしょう。
明るい面なんて無いに等しいのですが、これまでの日本...続きを読む

Qモラハラの意味が分かりません。 相手がモラハラと思えばモラハラになる。 要は結婚相手なら相手に一切嫌

モラハラの意味が分かりません。
相手がモラハラと思えばモラハラになる。
要は結婚相手なら相手に一切嫌な思いをさせず、常に気を張って生活していかないと訴えられるって事ですか?

最近モラハラ、モラハラうるさいですがモラハラされてるって言っている人間こそモラハラをしていると思うのは自分だけでしょうか?

Aベストアンサー

>訴えられるって事ですか?

世間では、モラハラがDVのように損害賠償の根拠となるように言われていますが、実際はそんなことありません。
モラハラのみで訴訟を起こして勝訴なんて事例はまず聞きません。

DVは実際に暴力で怪我するわけで、医師による診察を受けた上で、全治○ヶ月を要するという診断書を証拠とすることができるわけです。
DVは被害を定量化できるので、損害賠償請求の根拠となり得ます。
また、DB防止法が施行されたことにより、暴力を受けたという事実のみで根拠にできるということもあります。

モラハラの場合は個人によって感じ方が異なる上、場面によってモラハラに当たるかどうかも異なるわけです。
被害を定量化できないので、根拠としては脆弱です。
うまく持っていったとして、侮辱罪を問えるかどうかです。
まあ、実際はほぼ不可能でしょう。

>モラハラされてるって言っている人間こそモラハラをしていると思うのは自分だけでしょうか?

おおよそ、正解でしょう。
モラハラを口にする人は、原因を内省せず人に転嫁させるような、人間的にどうかと思うような人が多いです。

>訴えられるって事ですか?

世間では、モラハラがDVのように損害賠償の根拠となるように言われていますが、実際はそんなことありません。
モラハラのみで訴訟を起こして勝訴なんて事例はまず聞きません。

DVは実際に暴力で怪我するわけで、医師による診察を受けた上で、全治○ヶ月を要するという診断書を証拠とすることができるわけです。
DVは被害を定量化できるので、損害賠償請求の根拠となり得ます。
また、DB防止法が施行されたことにより、暴力を受けたという事実のみで根拠にできるということもあります。...続きを読む

Q高齢者の定義は日本では65、60ですか。 またWHOの定義が60,65

高齢者の定義は日本では65、60ですか。 またWHOの定義が60,65のかきこみがありますが。

Aベストアンサー

一般社会的には65歳からでしょう。
労働市場では60歳から「高齢者」になっていますよね。
「高齢者雇用継続云々」と言った優遇の公的な策があります。
あいまいさがありますが、これが色々なクッションの役割を果たしていると思います。
これをきっちり表現したのが言葉的に「後期高齢者」
人間性を否定しかねないまでの表現だと思います。
反対があって当然です。貴方は社会のお荷物ですよ、不要な人間ですよ。
こういわれているに等しい表現です。
65歳からが正解だと思います。
年金の問題等で制度が維持出来なくなり、あいまいさを残し国は何とかしのいでいる。
こんな感じがしないでもありませんね。
実際、65歳からでなくては「年金生活」は出来ない状態だと思います。
労働生活から年金生活、
「高齢者」イコ-ル、リタイヤ。
一般的にこういうニュアンスが含まれているのでしょう。
以上、思いつくままでの回答で失礼します。

Q何で、国内は、少子高齢化になっているの?少子高齢化は、国内だけですか?

何で、国内は、少子高齢化になっているの?少子高齢化は、国内だけですか?

Aベストアンサー

女性の社会進出が進み、結婚しなくても生きていけます。
結婚して夫の面倒をみつつ金銭的に共働きで大変な思いをするなら
シングルでもいいかなーという女性も増えて、
結果的に結婚できない男性も増えて・・・。

いざ、結婚しても共働きじゃないと生計が成り立たず、
仕事をしながら子共をいっぱい育てる気力がある人はごく一部
結果、結婚しても子供が1人多くて2人。もしくは子供なし。

本当は昔みたいに、結婚したら家庭に入り専業主婦で子供を育てるのが当たり前な世の中だったら少子高齢化にはならないんじゃないかなーと思います。

このままだったら今後も人口は減る一方じゃないでしょうか。

Q日本は2060年頃まで高齢化社会ですか?

第一次ベビーブームの団塊が高齢化したので、日本の高齢者比率が4人に1人に、さらに日本は第二次ベビーブームまであった為に団塊ジュニア世代が平均寿命を迎えるまでは高齢化社会が続く。団塊ジュニアは1970~74年生まれなので団塊ジュニアの末期が平均寿命を迎えるのは2060年頃。という事は後50年近くも高齢化社会が続くのでしょうか?そう考えるとバブルやベビーブームっていうのは負の遺産みたいなものですね。中国も毛沢東時代に避妊、中絶禁止政策により人口爆発、その後に増えすぎた人口を抑制する為に人口抑制政策(一人っ子政策)それにより中国は2025年頃から超高齢化社会が起こるようだし、やっぱりヨーロッパ圏のように緩やかな人口増加だったら日本や中国みたいな超高齢化社会は起こらなかったわけでしょ。

Aベストアンサー

子供の頃から自動車の排気ガスを吸ってきて放射能で止めを刺された団塊ジュニア世代は早死にしますので2040年代には高齢化社会は終わるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報