現在は高齢化社会にあるのでしょうか、それとも高齢社会にあるのでしょうか?
高校で習ったはずなのですが、その定義を忘れてしまいました。
定義とは例えばこのようなものであったと思うのですがどなたか、確かな情報をお持ちの方は教えてください。

<不確実な定義>
日本国民の総人口に占める高齢者(65歳以上)の割合が、14%を超えたら、「高齢化社会」であり、25%を超えたら「高齢社会」である・・・???

*あくまでも不確実な定義なのですが、こんな感じの情報を探しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

高齢化社会は総人口に占める65歳以上の割合が7%を超えたもので、日本は1970年に超えました。

そして、高齢社会はその割合が14%を超えたものです。日本は1994年に14%を超え、世界でも類のないほどのスピードで人口の高齢化が進んでいます。
でも最近では高齢化社会という言葉を用いずに、7%を高齢社会に、そして14%を超高齢社会とする見解があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
その後、私も調査をしました。
そしたらkinbouさんのおっしゃる通りでした。
現在は16%ぐらいなのだそうですね、・・・ということは
高齢社会だ~(^^)!!
それが分かって、助かりました。

お忙しい中、本当にありがとうございました。

ヒッキ~★

お礼日時:2001/02/11 23:53

補足です。


内閣府のホームページにそれらしいことが載ってるようなのでご覧になってください。

参考URL:http://www8.cao.go.jp/kourei/index.html
    • good
    • 0

日本の高齢化社会の始期は、総人口に占める高齢(65歳以上)人口の割合が7%台になった1970年ごろとする主張が一般的らしいです。


私の調べた文献には高齢社会の定義は載ってませんでしたが、1995年には高齢人口割合が14.6%となっていますから、hikkieさんのおっしゃる定義だと既に高齢社会に突入してますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、ご回答くださってどうもありがとうございます。
私もその後、調査をしたところ
celicaloveさんのおっしゃる通りでした。
私の定義はまちがってました(^^;
現在の日本は総人口に占める65歳以上の高齢人口の割合が
16%ぐらい(?)だそうで、既に、高齢社会にありました。

気を取り直して・・・、

定義・・・「総人口に占める65歳以上の高齢者の人口の割合が7%を超えると高齢化社会であり、14%を超えると高齢社会である。」

という風にまとめる事が出来ました。

御礼が遅れてごめんなさい。
補足の方も大変参考になりました!!
どうもありがとうございました(^^)

ヒッキ~★

お礼日時:2001/02/12 00:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「完熟トマト」の定義とは?

野菜や果物には「完熟〇〇」という表現があります。ものによって「完熟」の定義が違うと思いますが、「完熟トマト」の世の中共通の定義というものが有るのでしょうか?
有るのでしたら内容を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

農産物流通です。
通常市場に持ち込まれるトマトは薄いピンクすら入る以前のものです。
そうしなければ流通(時間や扱い)に耐えられないでしょうね。

では、「完熟」はというと完熟トマトの共通の定義がないので曖昧です。
本当に完熟、つまり収穫してすぐに食べる状態では流通させると確実に割れます。
うちでは完熟トマトとして販売している頃はカラーチャートで7~8段階で収穫してもらっていました。
見た目は全体が赤く完熟ですが赤がまだ薄いです。

現在は「完熟」という表現が曖昧なことと本当の完熟ではないことから
消費者に優良誤認を与えかねないということで、表示・表現をやめています。

自らの団体が定義をつけ、それを常に消費者に案内していれば
「完熟」という表現を使っても許されそうですね。
例えば「○○産地の完熟基準・・・カラーチャート9段階で収穫し、消費者の手元に24時間以内で届けたものを完熟という」など。

Q小子化社会・高齢化社会

よく小子化社会・高齢化社会と言いますが、この間もNHKで特番を組んでいましたが、こういう所で出てくる数字は何を根拠にしてるのでしょう。
国勢調査は5年に1回だと記憶しています。最近、そんな調査を受けた記憶がありません。
どなたか、知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

専門家でも何でもありませんが

人口動態統計が元になっているのでは?

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai03/index.html

Qガラス転移の定義とは??

ガラス転移の定義を、自分の言葉でテストに書いたら
×になりました。
ガラス転移の定義ってなんですか??
ちゃんと決まっている言葉(定義)なのですか??
なんか調べてもぱっとこなくて・・・
なんとか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたの回答を教えて下さい。テストの回答はないのですか?
質問の回答に困ります。

以下参考まで。
ガラス転移とは,ガラスを過熱するか,またはガラスになる過冷却液体を
冷却した時その物質の融点又は液相温度の2/3~1/2の温度付近で,熱膨張
係数や比熱容量突然変化する温度,"ガラス転移温度が存在すること。
ガラスは過冷却の液体である。との言い方もできる。(ガラスの事典より)

 ガラス転移現象とは、過冷却状態からガラス状態に移るときに性質が
大きく変わる(例えば熱膨脹係数が急に小さくなる)現象をいい、ガラス
転移現象を示す温度をガラス転移温度(あるいはガラス転移点)と呼びます。

 ガラス転移とは、温度を変えたときに、アモルファス固体相が示す、比
熱や熱膨張係数のような熱力学的微分量が結晶的な値から液体的な値へと
多少急激に変化する現象である。(Wong and Angell, 1976; p.36).

 過冷却液体をさらに冷却していくと、分子運動がさらに制限されるよう
になり、最終的にはほとんど停止する。この過冷却液体が運動性を失う現
象をガラス転移と呼ぶ。つまりガラス転移は無秩序である非晶部位(過冷
却液体)でしか起きない(固体である結晶は融解するだけ)。
 

あなたの回答を教えて下さい。テストの回答はないのですか?
質問の回答に困ります。

以下参考まで。
ガラス転移とは,ガラスを過熱するか,またはガラスになる過冷却液体を
冷却した時その物質の融点又は液相温度の2/3~1/2の温度付近で,熱膨張
係数や比熱容量突然変化する温度,"ガラス転移温度が存在すること。
ガラスは過冷却の液体である。との言い方もできる。(ガラスの事典より)

 ガラス転移現象とは、過冷却状態からガラス状態に移るときに性質が
大きく変わる(例えば熱膨脹係数が急に小さく...続きを読む

Q消費税10%で足りる?(超高齢化2050年)

2050年には最悪の高齢化社会が来ることは明白で
社会保障を充実化させるにあたって消費税を基本的
財源にするなら10%で足りるわけがない。
こんなことは高校生でも分かる話なのだが、2030年
頃から急激に高齢化が日本の財政を圧迫し始める事
に目を背けていないか?
今も2050年に向かって高齢化の波は押し寄せて来ている。
必ず訪れる危機に対して、消費税をたった5%上げるだけで
ギャーギャー言うのは間違っていると思いませんか?


質問)
消費税を上げる事に反対の方にお聞きしたい
高齢化に対してどの様なビジョン・対策を、お持ちですか?

また、公務員・独法職員の給与の大幅な削減後なら
消費税の増税はありですか?

Aベストアンサー

何を持って足りるか否かです。

社会保障?を税で賄う事を前提にする政策そのものを
ゼロから見直す必要が有ります。

国とは何かと言う根本的な原点に戻り議論しないと
税の適正率は算出できません。

今の社会保障制度は社会主義的な方向になっています。

日本が民主主義国家と言うなら医療、介護費用は
原則自己負担で出来る範囲のサービスを受ける事です。

年金は保険を掛けた人のみを対象にする事です。
つまり生活保護支給は全廃です。

公務員給与は今の20%削減、人員は30%削減は
は必須です。当然国会議員も同様です。

国の収支に見合う予算作成を厳守する事は当然のこと

消費税増税は国力を低下させるだけです。それで無くとも
14年からは所得税関連が今の倍程になります。

消費税を上げる理由は全く存在しないと言うのが結論です。

Qダイアディックの絶対値の定義とはなんでしょうか?

ダイアディックの絶対値は、どのように定義されているのでしょうか?

Aベストアンサー

ダイアディックについては私も夢中になって勉強しましたが、実際に物理学の中で応用したことはありません。知識だけなので、回答すべきじゃないのですが、他に回答がつかない様なので、少しでも参考になれば、と書かせていただきます。

そもそも、ダイアディックに絶対値というものが定義されているとは知りませんでした。Gibbsは不変量として、first、second、thirdを定義しているので、絶対値の定義として相応しいものがあるのなら、この中のどれか、ということになるでしょう。

firstはマトリクスでいうところのトレースに相当します。secondはなんとも言い難いですが、thirdはマトリクスでいうところのデターミナントに相当します。よって、ダイアディックに絶対値が定義されるのであれば、不変量のthirdが相応しいかと思います。

ご参考までに。

Q高齢者の定義は日本では65、60ですか。 またWHOの定義が60,65

高齢者の定義は日本では65、60ですか。 またWHOの定義が60,65のかきこみがありますが。

Aベストアンサー

一般社会的には65歳からでしょう。
労働市場では60歳から「高齢者」になっていますよね。
「高齢者雇用継続云々」と言った優遇の公的な策があります。
あいまいさがありますが、これが色々なクッションの役割を果たしていると思います。
これをきっちり表現したのが言葉的に「後期高齢者」
人間性を否定しかねないまでの表現だと思います。
反対があって当然です。貴方は社会のお荷物ですよ、不要な人間ですよ。
こういわれているに等しい表現です。
65歳からが正解だと思います。
年金の問題等で制度が維持出来なくなり、あいまいさを残し国は何とかしのいでいる。
こんな感じがしないでもありませんね。
実際、65歳からでなくては「年金生活」は出来ない状態だと思います。
労働生活から年金生活、
「高齢者」イコ-ル、リタイヤ。
一般的にこういうニュアンスが含まれているのでしょう。
以上、思いつくままでの回答で失礼します。

Q中学2年図形の証明についての質問です。定義、定理、仮定の違いとは…

非常に初歩的な質問ですみません。
今の私の解釈では・・・

【仮定】
・問題文に出てきた事象。
・結論にはなり得ない。

【定義】
・証明をしなくてもわかりきっている(知識として丸覚えしなければならない)特徴。
・問題を解く際、答えでここへたどり着く証明をすれば、その図形であることがいえる(例:~により、AB=CB(2辺の長さが等しい)なので三角形ABCは二等辺三角形である)。つまり、結論になり得る。

【定理】
・以前証明してはっきりした特徴。
・結論になり得る?

習った内容をすっかり忘れてしまい、結論になり得るのはてっきり「定義」のみかと思って問題集の証明を解いていたのですが、どうやら模範解答を読むと定理も結論にしていいようで…

つまりは・・・
・定義と定理の違いはさほどなく、両方とも図形の特徴(性質)である。
・よって、定義のみならず定理も丸覚えせねばならない。
ということになるのでしょうか?

図形の性質については小学校でも触れているので、定義と定理にさほど違いが無ければ、とりあえず特徴を片っ端から思い出して証明を解けばいい話なのでちょっと気が楽になっていいなあと思っているのですが・・・如何でしょうか?

非常に初歩的な質問ですみません。
今の私の解釈では・・・

【仮定】
・問題文に出てきた事象。
・結論にはなり得ない。

【定義】
・証明をしなくてもわかりきっている(知識として丸覚えしなければならない)特徴。
・問題を解く際、答えでここへたどり着く証明をすれば、その図形であることがいえる(例:~により、AB=CB(2辺の長さが等しい)なので三角形ABCは二等辺三角形である)。つまり、結論になり得る。

【定理】
・以前証明してはっきりした特徴。
・結論になり得る?

習った内容をすっかり...続きを読む

Aベストアンサー

「定義」は決められた事です。
例えば直角三角形の定義は「内角の1つが直角である三角形」。
決まったことなので、理由も何もありません。

それに対し、「定理」は証明により導き出された法則です。
例えば「ピタゴラスの定理」。
これは「~なので、ピタゴラスの定理により、三角形ABCは直角三角形である」
という風に証明に使うことができます。

「定理」はもちろん丸暗記していると便利ですが、証明により導き出すことができるので、必ず丸暗記しなければならないということはありません。

Q少子化と高齢社会

上記のことについて話し合いを持つ機会があるのですが、
これに関連して、社会問題で何か良いテーマはないでしょうか?
テーマというか、「少子化によってこどもは減るけど高齢者は
多くなるから親が教育よりも介護に時間をさかれる」とか、
思いつくものを教えて欲しいです。

Aベストアンサー

 最大の問題は絶対労働人口の減衰です。
 よく言われるように、いずれ2人の労働者で1人の年金生活者を支えなければらなくなります。また人口も減少し転じ(おそらくピークは2004年から2007年位ですか)、中期的に国内総消費は必ず落ち込みます。
 
 また、現在の日本における高賃金は世界競争力では弱みです。
 
 なんかネガティブなことを書きましたが、日本社会を更に成長させるには大胆な文化的改革(もはや経済的問題の領域ではありません)が必要と思われます。
 例えば、単民族国家を思い切って止め、外国人労働者の門を大きく開くのも解決策のひとつでしょう。また、第三次産業の輸出も大検討事項でしょう(困難・・・)。当然のことながら、多くの子供を生むことのできる社会的インフラ整備は必須です。今となっては少々遅かりしですか・・・

 雑然と書きましたが、何かのご参考になれば・・・

Q要件定義書とは?

すみません教えてください。
私は設計を全くしたことがなくて馬鹿みたいな質問かもしれませんが

設計を行う上で「要件定義書」をかかなければならないと
思うのですが、その要件定義書にはなにを記載すればいいのか
具体的に教えていただけないでしょうか?

さらに大雑把な質問ですが、案件を受注して仮に外注に仕事を
投げる場合、どこらへんまで、こちらで物を作ったらいいのでしょうか?

馬鹿みたいな質問ですがもしよろしければお教え下さい。

Aベストアンサー

「要件定義書」自体、さまざまな定義があるようですが、基本的にはクライアントから「RFP(Request For Proporsal)要求定義書」が提出されるケースもありますが、クライアント側にシステム部門がなかったり、システム知識がない場合には、要件のヒアリングをしたうえでヒアリング結果をまとめた「要件(要求)定義書」を作成します。いわゆる新システムの青写真になります。
記載項目は以下のもので網羅されていると思います。参考にしてください。
・開発案件名
・開発の目的と背景
・効果予測
・システム稼動開始予定時期
・開発案件概要
・全体実現イメージ
・導入後の見通し(データの増加予想など)
また、外注に振る場合は、要件のヒアリング作業から参画してもらい外注に要件定義書を作ってもらうこともよいと
思います。

Q高齢化は社会にどう影響があるか?

これからますます高齢化社会になっていくと思われますが、高齢者人口が社会に与える影響についてどう思われるか教えてください。

・高齢者人口が増えることで社会のしくみはどう変わるか。

・具体的に高齢化人口の増加が社会に与える影響。

・よくない印象ばかりが強いが、何か明るい面はないのだろうか?

・社会を支える若い世代(中年も含め)は、高齢化社会に対してどのような意識で臨めばよいのか?

その他、この問題に対する参考サイトでも、ご意見でも何でもお願いします。

Aベストアンサー

高齢者の方々へ非礼な内容になってしまいますが・・・

高齢者人口増加による社会のしくみの変化や影響は、
色々あります(高齢化社会・問題と入力し検索するといっぱい関連
サイトが出て来ます)が、一番の問題点は、
20~50才の下世代への税の負担や労働の負担が増大化し、
20才以下の子供への育児支援や教育支援が圧迫されることです。

この先、老人の孤独死、老人の貧困やホームレス化、
老人の「やけくそ的な」犯罪などが増加するでしょう。
明るい面なんて無いに等しいのですが、これまでの日本社会に観られ
なかった現象が出てくるでしょうね。

健康で精力的な老人とその逆の老人たちの格差社会。
昔は、60過ぎたら「家でおとなしくしてろ」的な扱いだった老人が、
70過ぎても新しいパソコンの技術を駆使したり、幼児教育や下の世代
の福祉支援など、ばりばり労働力として働く老人がいる反面、
寝たきりで貧困の中孤独に亡くなる(あるいは自らの命を断つ)老人
もいるという「高齢者格差社会」が想像できます。

どちらの老人になるかが決まるのは・・・
若い時にちゃんと結婚して、子供を育て、家庭を大切にし、
自分の家を確保し、毎日明るく積極的に生きたかどうかじゃない
んでしょうか。
貯金や中途半端な財産なんて、この先の経済状況では全くあてになんか
ならないです。
海外移住を考えている若い人もいますが、それは多くの場合失敗
する人がほとんどだということは、実証済みです。

若い世代が高齢化社会にどのように臨むか。
「税金が重くなるなぁ」「老人関連のビジネスチャンス!」なんていう
ことよりも、「自分が高齢者になった時、笑って暮らせるか」を
日々考えながら生きて行くことが重要なのです。

高齢者の方々へ非礼な内容になってしまいますが・・・

高齢者人口増加による社会のしくみの変化や影響は、
色々あります(高齢化社会・問題と入力し検索するといっぱい関連
サイトが出て来ます)が、一番の問題点は、
20~50才の下世代への税の負担や労働の負担が増大化し、
20才以下の子供への育児支援や教育支援が圧迫されることです。

この先、老人の孤独死、老人の貧困やホームレス化、
老人の「やけくそ的な」犯罪などが増加するでしょう。
明るい面なんて無いに等しいのですが、これまでの日本...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報