アレキサンダー・ポープの「バーリントン卿への書簡」についてきちんと知りたいのですが、対訳詩集など、現在日本で手に入る資料があるでしょうか。古書でもけっこうです。お心当たりを教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 今晩は。

ちょっとお喋り回答にお付き合いを。

 さて、先ほどは日本語ページだけを調べてみましたが一向に埒が明かない。そこで、そもそも原題はなんじゃらほいというところから始めました。
 Popeはスペルがすぐに判りますが、バーリントン、何それ? ま、でも、そこはやっぱり検索すれば、世界の地名にいくつかのBurlingtonがあって云々。ほかにも日本の高級老人介護施設がどうとか。スペルがそれぞれ違うのですが後者のわけが無い、ということでPope Burlington。
 結果の一番目はずばり、です。
http://www.litencyc.com/php/sworks.php?rec=true& …
ところがこれをざざっと読んで(実際は眺めて)みても、どの本に収録されたのか、あるいは単独で刊行されたのかさっぱり判らん。こりゃぁいけませんなぁ。
 ま、折角なので原文でも少しかじってみましょうか、と思い、画面のあちこちをテキスト求めてカーソルを移動するも・・・それへのリンクは無いらしいです(おそらく探せばウェブのどこかに在ると思います)。と、その時に発見しました。
 このページの表題の“An Epistle To Burlington”の次の行に、
‘Also published as: Moral Essay IV’
とあるではありませんか。これなら昼間に見た訳本の題名にもありましたよ。

 (第三部 再度日本語へ)
 ということでWebcatに帰還。
http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/equa …
Popeは日本語ではカナ表記が一定していないためpope alexanderで検索してください。「日本語のみ」の結果は20件あります。その1番目にそれらしいのがありますね。個別資料のページだとこちら。
http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocD …
別タイトルとして“Epistles to Several Persons”とあるので、これでほぼ間違いないでしょう。幸いこの本はまだ新刊在庫があります。
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_ …
 先の20件に戻ってもう一度見て行くと、批評などの論文集にこの作品が含まれているものがありそうですが、詳しいことは判りません。これらは実際に確かめてみるしかないでしょう。ただしこの結果には含まれていないこちらの本には
『バーリントン卿への書簡』とホープの諷刺姿勢 / 小林章夫
という論文が間違いなく収録されています。
http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocD …
 この本は定価表記こそあるのですがほとんど市販はされなかったようです。新刊在庫は全くありませんが、古書では下記の1冊のみ品物があります。
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Syousa …
もし↑のURLで駄目な時には書名でここで検索し直してください。
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon

 ということで、ウェブで調べられるのはこんなところでしょう。以下はご自分の課題。
 では、御機嫌よう (^o^)/

この回答への補足

まず、半年以上も気付かずお返事が送れた事をお詫びします
(恐らくpote-nyanさんも回答された事をお忘れかも知れませんが、汗)。

そして……懇切丁寧に検索していただき、本当にありがとうございました!
検索法についても大変勉強になりました。
まだ買える本があったなんてびっくりです。
早速手に入れたいと思います。
重ねがさね、ありがとうございました!

補足日時:2008/06/24 14:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代詩の読み方(鑑賞方法)について

先日ふとしたきっかけで現代詩の詩集を手にしました。
杉本徹『十字公園』という詩集です。
 http://po-m.com/inout/4_01ogasawara.htm#4 に一部の引用があります。

「失くした眺望、その手摺で光る「銀の鋏」よ、いつ、どんな理由で、おまえの継ぎ接ぎの航跡はあの気象台の壁へ、おお懐しい亀裂の巣へ、転写された?」

読んでみると、普通の散文や大方の近代詩のように、語意や文法に則って理解することができないことが分かりました。
そこで、綴られる語のイメージを点々と追っていく読み方をしたのですが、
これだと単に同じ単語を羅列したものでも同じ内容の詩になるような気がします。
このような詩を読むとき、皆様はどのような仕方で鑑賞されているでしょうか。
もとより詩の読み方に「正解」は無いはずですから、皆様それぞれの鑑賞方法を教えていただければと思います。

Aベストアンサー

詩は一編をまるごと読むのが最低条件ではないかと思います。
あるいは場合によっては詩集全体からある詩句を鑑賞する、それが本筋なのかもしれません。
ところが当方、作者も詩集も存じ上げません。
ですから以下、かなり無謀な試みです。
あくまで、こんなふうに読んでいく、という自己流の一例として。

まず、眺望を失くしたといっています。「眺望」とは何でしょう?
私にとっては「眺望」とは、はるか遠くにある好ましいものを望み、眺めることです。
それははっきりと見えているが手に届かないもの、けれどもそこまで行けば手に取ることができるかもしれないもの、現実であって理想のもの、そんなふうなものです。

いやいや「眺望」とはそうではなく、もっと別のことだろうという意見はもちろんあります。
ひとそれぞれのイメージがあるでしょう。それはそれでいい。
それならそれをとりあえず胸に置いてください。
先に書いたことは私にはそうである、ということに過ぎません。
しかも私の抱いたイメージ、あなたの抱いたイメージは、一瞬後、次の言葉によってひっくり返され、はぐらかされ、裏切られるかもしれないのです。
でもとりあえず何か確定しなければ先に進めませんから、ひとまずわれわれ各個のイメージを置きます。

その「眺望」を失くしたといっています。
失くするとは、以前にはあったということです。以前からなかったのなら、失くするとは言いません。

次に「その手摺」と出てきます。なるほど眺望するとは広く眺め渡すことでもありました。
作者は手摺に手を置いているのでしょうか。
「その」手摺とはすこしあいまいな言い方ですが、作者が手を置くその手摺ということでしょうか。
また、詩を書いている作者からすれば「眺望」という言葉を据えた関係から「手摺」が出てきたのかもしれません。

そこに光る、括弧つきの「銀の鋏」。金でも鉄でもセラミックでもない、「銀」というもののイメージ。
高価で冷ややかで静かな感じ。あるいは高貴なきらめき。
作者にとってキーポイントにしたい言葉のようです。
「鋏」によって「継ぎ接ぎ」が導き出されます。

「おまえ」は銀の鋏のことではなく、作者が作者自身を客観視して、あるいは作者の記憶、過去を「おまえ」と呼んでいると捉えた方がよさそうです。
なぜなら「航跡」とは空間的であると同時に、時間性を帯びた言葉だから。時間の経過とともに拡散してゆくもの。

「気象台」がまた多義的です。時々刻々変わるものを扱うところ。またはそのアナロジー。
私は、どういうわけか白亜の清潔な建物というイメージも抱いてしまいます。
その壁のヒビ、「亀裂の巣」ですから細かく亀裂がはいっているのでしょう。
それがまるで「失くした眺望」を引き写しているようだ、思い出させると言っています。

以上、あくまで私の読み方。
あとはそれらを総合して、いいと思うか、つまらないか。
惹きつけられるものがあるか、魅力がないか。
好ましいか、わからないか。
共感できるかできないか、などなどだと思います。

詩を読むとは、現代詩に限らず、自分の経験と知識を総動員し、感覚を全開にして望むもの、
言葉の一つ一つのイメージを増幅させ、(日本語の詩では助詞に代表される微妙な方向性を暗示されながら)、
イメージにイメージを突きあわせ、重ね、総合してゆく。
結局はそれは自分の心の襞をまさぐり見ることのような気がします。
詩を介して自分自身と向いあうというのでしょうか。
これは作者の方も事情は同じで、いや、そうであるからこそ、読者のほうも、そうするよう促されてしまうといったほうが適切かもしれません。

ほかの詩句も、3の『肩ごしに陽の差す坂道』も面白いですね。
「凹凸の刻み」とは路面に映る作者の影のことでしょうか。
「踵だけでも青ざめていよう」とは、洒落ていてモダニズムな表現です。
「梢の撓み」は直接頬に触れるわけではなく、その影でしょうが、
主観的であると同時に客観的なふしぎな言い方、しかもそれがある人の面影へ飛躍し、
「葉越しの縮れ毛」はエロティックで、禁断のリンゴを食べた後のイヴのよう。

作者は自分の詩的世界にふさわしい言葉を、
ちょうど蓑虫が好みの葉だけでみずからの巣を作ろうとするかのように選択し、
作者の心の中にすでにあるイメージと、言葉による連想を使って、タペストリーを織ってゆく人のようですね。
西欧風に瀟洒に、静的で澄んだ世界の構築者だと思いました。

以上すべて、あてずっぽうで恣意的な個人的解釈です。お含みおきくださいますように。

詩は一編をまるごと読むのが最低条件ではないかと思います。
あるいは場合によっては詩集全体からある詩句を鑑賞する、それが本筋なのかもしれません。
ところが当方、作者も詩集も存じ上げません。
ですから以下、かなり無謀な試みです。
あくまで、こんなふうに読んでいく、という自己流の一例として。

まず、眺望を失くしたといっています。「眺望」とは何でしょう?
私にとっては「眺望」とは、はるか遠くにある好ましいものを望み、眺めることです。
それははっきりと見えているが手に届かないもの...続きを読む

Q「嘘」を見抜く方法・「嘘」の手段(定説)について書かれた本

最近、推理小説にハマっているのですが、中でも犯人の巧みな「嘘」には舌を巻きます…。
もちろん、それに惑わされないよう「トリック」に着目し、言葉ではなく現実から詰めていくのが探偵で、そこがすごい(大事)のですが。
しかし、実際にはこの巧みな「言葉」に騙されてしまう事(人)がほとんどではないでしょうか?
現実に目を向ければ、「現実は小説より奇なり」という言葉もある通り、驚くような事件もあります。

例えば、かの独裁者スターリンは「重要なものを過小に表現し、無用なものをさも重要であるかのように過大に表現する」という手法を好んで使っていたようです(これは交渉術にも被るかもしれません)。
かの「スターリングラード」もその一つです。

このような、「嘘」の手法を事実に則して定説(原理)化させ、紹介している、または書かれている書物(学術書?)はありますか?
別に学術書でなくても「騙す」内容が巧みというか、壮絶なのを探しています。
思わず、「やられた!」と思ってしまうような(笑)。

私は小説ではありませんが、映画「ワイルドシングス」にはう~んと唸ってしまいました。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

最近、推理小説にハマっているのですが、中でも犯人の巧みな「嘘」には舌を巻きます…。
もちろん、それに惑わされないよう「トリック」に着目し、言葉ではなく現実から詰めていくのが探偵で、そこがすごい(大事)のですが。
しかし、実際にはこの巧みな「言葉」に騙されてしまう事(人)がほとんどではないでしょうか?
現実に目を向ければ、「現実は小説より奇なり」という言葉もある通り、驚くような事件もあります。

例えば、かの独裁者スターリンは「重要なものを過小に表現し、無用なものをさも重要で...続きを読む

Aベストアンサー

実際にマスコミなどでも使われている嘘をつく(わざと誤解させたり印象操作をする)方法として、統計を使う方法があります。
「統計」「嘘をつく方法」で検索すると結構色々出てきますが、書籍ということであれば、ちょっと古い本になりますが
『統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門 』ダレル・ハフ (著), 高木 秀玄 (翻訳)
辺りがお薦めです。

実際にこの本に載っている手法は、マスコミなどでよく使われています。

Q鑑賞後爽やかな気分になれる [絵画][詩][俳句][短歌]をお教えください

※[絵画]はタイトル・画家の名前をご開示ください。
※[俳句][短歌]は<空白>を入れない表記でお願いします。
空白を入れたい場合は(空白を入れずに)
[俳句]は3行書き、[短歌]は5行書きにしてください。
※[詩]は、長い作品はタイトル・詩人の名前をご開示ください。

Aベストアンサー

いはばしる
垂水の上の
早蕨の
萌え出づる春に
なりにけるかも

「志貴皇子」(万葉集)

Q「礫」の漢字がつく苗字って本当に実在するんですか?私の苗字は「石成」で「いしなり」と、そこそこ珍しい

「礫」の漢字がつく苗字って本当に実在するんですか?私の苗字は「石成」で「いしなり」と、そこそこ珍しいのですが、それなら礫もありなのでしょうか。

他にも珍しい読み方の苗字があったら、教えて下さい。

Aベストアンサー

礫川全次←Wikiにも乗ってるが、文筆家のため本名かどうかは不明。

Q鑑賞文の書き方

高1です。

現国と芸術の宿題で、詩や歌、映画などを見て、鑑賞文を書け、という課題が出ました。

現国での鑑賞文と芸術での鑑賞文では、やはり書き方や文の構成が変えるのですか?

どのような主点で文章を書けばいいのですか?

具体的にお願いします。

Aベストアンサー

自信はありませんが・・・

現国の作文は正しい日本語を書くことが大事で、
芸術では日本語が正しいかより、意見が独創的かどうかを見るのではないでしょうか?
芸術の先生は、国語の先生とは違って、日本語の添削が仕事ではないでしょうから。

芸術の作文では、その作品が作られた時代の歴史的背景を勉強すると、書くことが思いつくと思いますよ。
なぜ作者がその作品を作ったかを調べてみたらいかがでしょうか。
(たとえばピカソのゲルニカの鑑賞文を書くときは、その時の政治情勢、戦争の理由、等を調べて書かなければ、適切な鑑賞文は書けないでしょう。)

Qアンゲラ・ゾンマー・ボーデンブルクの「ちびっこ吸血鬼」シリーズについて

アンゲラ・ゾンマー・ボーデンブルク(原作)『ちびっこ吸血鬼』シリーズ
川西 芙沙(翻訳)、ひらい たかこ(挿絵) くもん出版

私は、ドイツ児童文学作品の「ちびっこ吸血鬼」シリーズが好きです。
1999年に最終巻・16巻が出版されていますが、感慨深いラストでした。
驚くような結末ではないものの、個人的には、とても好きな終わり方です。

この「ちびっこ吸血鬼」シリーズは、ハリー・ポッター等と比べると
全然有名ではないと思うのですが、どなたか読まれた方で、
この作品が好きな人がいたら、感想を聞かせてください。

また、日本語のホームページで「ちびっこ吸血鬼」のファンページがあれば、
紹介して欲しいのです。
以前、検索サイトで検索したら、ちょっとした感想を掲載しているHPは
見つかりましたが、詳しい登場人物紹介や、各巻のあらすじ・感想を
掲載しているHPは見つかりませんでした。
どなたかご存知の方がいれば是非、教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

確かに検索しても日本語で充実したページはありませんね。

googleさん(参考URL)で検索したら900件近くヒットします。
検索語:Sommer Bodenburg Angela Little Vampire

アンゲラ・ゾンマー・ボーデンブルクさんのページ?またはリトル・バンパイア(映画)のページが見つかります。
(多分、オフィシャル、ないしは問題ないページ(ボーデンブルクさんの著作権表示がありますが・・・)だと思いますがURLの紹介は控えます。)

そこで日本語化して見られてはどうでしょうか?
(私はエキサイトさんのウェブページ翻訳を活用しています。(参考URL→翻訳→ウェブページ翻訳))

参考になるでしょうか?

参考URL:http://www.google.co.jp,http://www.excite.co.jp

Qフランス語の有名な詩が載っているサイトは?

ベルレーヌなどの有名なフランスの詩を、原語と日本語訳で鑑賞したいのですが、そんなサイトは存在するのでしょうか?
どなたか、御存じの方がおられましたら、ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

落葉とか有名どころなら探せばでてくるとは思いますが、個別の詩は題名で探さないと見つからないでしょう。

厳密なこといえば何かの出版物から引けば著作権違反です
(オリジナル本持っている人なら可能だが、公開しないでしょう)
http://poesie.webnet.fr/auteurs/verlaine.html
http://www.geocities.jp/osaka138jp2000/sub1.html
http://www.kirjasto.sci.fi/verlaine.htm

google.frで探せば出てくる気がします。

Q「ダーク・タワー」(スティーブン・キング)の最終巻について

私は、ワケあって、「ダーク・タワー」の最終巻は、(文庫本の方の)下をパラパラっとしか見れてないんですが、そのパラパラッと見た中で、エディとジェイクが全然出てきていなかったような気がします。
二人は死んだんですか、それとも元の世界に戻ったんですか?
それと、パトリックという少年は何者なんですか?

「ダーク・タワー」の結末を知ってる方、教えてください。

Aベストアンサー

心臓手術の直前に、これだけは読まなくてはという勢いすっ飛ばして読んだので結構いい加減ですが

エディとジェイクは最後、暗黒の塔に至る道でローランドと死を持って分かたれ(中巻だったと思う)、暗黒の塔にはローランドのみが至ります(そこに何があったかは読んでください)
パトリック・ダンヴィルは私には、もう一人のキングであるように感じましたね。

エピローグにて、スザンナ、エディ、ジェイクは別次元のニューヨークにて再会します(ジェイクはエディの弟として)。オイも多分加わるのでしょう。

同時期に集中的に読んだダン・シモンズと混ざっているかも

Q心の病気etc.が多少とも改善したという本・詩・音楽・映画の題名を教えて

鑑賞することで、パニック障害・OCD(=強迫神経症=強迫性障害)・
SAD(=社会不安障害)etc.の神経症が改善した、
「うつ」・双極性障害が改善した、
境界性人格障害(BPD)が改善した、
精神病(分裂病=精神分裂病=統合失調症)が改善した、
という本・詩・音楽・映画のタイトルをお教えください。

※できれば、<鑑賞前・鑑賞後>のような
症状の変化・日々の気持ちの変化etc.を添えてくだされば更に
助かります。宜しくお願い申しあげます。

※邪推・曲解・揚足取り・揶揄・嘲弄・皮肉etc.はご遠慮ください。

Aベストアンサー

>不登校の中学1年生レヴェルでも読めそうですか。

若干、難しいかも知れません。

なので、最後にご紹介した2冊の方が読み易いかと思います。

また、阿部さんの著作では↓の本が中高生向けに書かれておりますので、最初にご紹介した本の前に読みますと、理解し易いかも知れません。
http://www.amazon.co.jp/dp/4480423729

大半の大人が理解出来ていない(理解しようとしない)物事を題材にしてますので、同じ題材で低年齢層向けに書いた本は殆ど出回ってないと思います。

しかしながら、非常に感受性の鋭い子でしたら、阿部さんの本でも理解出来てしまうかも知れません。

その辺は、年齢や世代の差というより、読む人の感受性が大きく影響するのではないかと思います。
(現に、大人でもこれらの本を読んで理解出来ない人が大勢いますので。)

以下のページでも、同じ題材で講演された記録が掲載されてますので、このようなページを読ませてみるのも一考ではないでしょうか。
http://jfn.josuikai.net/josuikai/21f/main53-1.htm

>不登校の中学1年生レヴェルでも読めそうですか。

若干、難しいかも知れません。

なので、最後にご紹介した2冊の方が読み易いかと思います。

また、阿部さんの著作では↓の本が中高生向けに書かれておりますので、最初にご紹介した本の前に読みますと、理解し易いかも知れません。
http://www.amazon.co.jp/dp/4480423729

大半の大人が理解出来ていない(理解しようとしない)物事を題材にしてますので、同じ題材で低年齢層向けに書いた本は殆ど出回ってないと思います。

しかしながら、非常に感...続きを読む

Q詩集「天の弦」は「天のげん」?「天のいと」?

中田喜直の合唱曲になっている、相馬梅子の詩集、「天の弦」は
「天のげん」「天のいと」「天のつる」どの読み方でしょうか。
今、音訳している本に出ているのですが、調べてもわからず、困っています。ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記サイトでは「テンノゲン」となってます。
「弦」を「イト」と読むのはかなり苦しいので、やはり「ゲン」が正しいのでは?。
http://home.u05.itscom.net/soujutei/kyoku_te.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報