よろしくお願いします。
申し訳ありませんが、
出来る限りご回答は30才代以上の男性女性に限ってお答えいただきたく、お願いいたします。
それ以外の方を締め出すつもりはないので、お答えの際、任意で”20代女性”などと添えてください。

調べてみたいので、お答え下さい。

邦人ではなく外国籍人が対象です(英米欧州アジアなどです)。
特に洋画ファンの方、
単純に好きな俳優女優でもかまいません、
特にその方の演技が好きで、その出演作品は必ずチェックする~というごひいきの俳優女優を教えてください。
「今、注目している」などのテーマや、好きな理由やきっかけなどを自由に書いて下さい。
ただ作品のネタばれは、ご遠慮ください。

私ですが、
邦画もたまに観ますがほとんど洋画です。
今、気になっているのは、
女優ではリース・ウィザースプーン(上手いと思うしこれからが楽しみ)、それからロビン・ライト・ペン、彼女はだんだん個性と味が調和して素敵な演技をされるなぁと感じています。(例「舞台より素敵な生活」女優賞ものです)
そして憧れる人はたくさんいますが、声も立ち居振る舞いも全て合格のヘレン・ハント、そして代表格ダイアン・キートン。

男優では、顔と若手人気が苦手で食わず嫌いだったのですが、最近ジョシュ・ハートネットの声がぞくぞくして気になっています。いつみても惚れ惚れ気分になるのは、ジョン・キューザックやユアン・マクレガー、彼らは元祖マイケル・J・フォックス系の後を追ってくれている傾倒顔だと自己分析しています。いろんな性格役をこなし、きっとボディを引き締められたらもっとハンサムだろうというのはフィリップ・シーモア・ホフマン、そしてその後を追って欲しいジャック・ブラック(かなり好き嫌いの分かれるところだそう)、渋いところではビル・マーレイは可笑しいし上手いです。
、、、止まらなくなりますので。

・・・・・・・

ほとんどアンケートに近い様相ですが、
統計を取ってみたいので、多くの方の個性的な書き込みをお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

はじめまして。


ご希望に添えず申し訳ありませんが、20代後半女性です。
鑑賞はほぼ9割強洋画。
ミラ・ジョヴォビッチの出演作は必ず見ます。決して演技派ではないですが、最初にこの方を見たのが「フィフス・エレメント」で、以来ちょっと人間離れしたイノセントさを誇る女優さんとして愛してやみません。
ロビン・ライト・ペンやヘレン・ハントは私も好きです。同じような感覚でもう一人挙げるとホリー・ハンター。
あとは、サラ・ポリー(出演作のセレクトが絶妙)、リュディヴィーヌ・サニエ(成長していく方向が面白い)。メジャーなところでは、レイチェル・ワイズ(ハムナプトラもナイロビの蜂も演れる安定感)、ケイト・ブランシェット(個人的に文句なしの人)、エヴァ・グリーン(この女性っぽさが好み)、ソフィー・マルソー(「女優マルキーズ」のときの笑い方)。もう少し上の方たちだとヴァネッサ・レッドグレーブ(存在感)、マギー・スミス(話し言葉のキャラ表現)。
初めて見た出演作で即好きになることが多いです。容姿に加えて表情の作り方と声がポイントなんじゃないかと思いますが。

男優はティム・ロス、ロバート・ダウニー・Jr、パトリック・デンプシー、ジェイソン・フレミング。後ろお二人は知らなくても無理ないです(笑)。イギリス出身の人はだいたい好きだと言っても過言ではない、かもしれない。
ジャック・ブラックは、私、好きですね。しかも「ホリディ」より「スクールオブロック」のほう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一番乗り、ご回答ありがとうございます。
金曜の夜とあって、皆さん鑑賞中であるかもしれず、反応がなければ、削除も考えておりました。助かりました~、ホッ。

ミラ・Sさんが最初ですね、実は未見多です。イノセントですか、気になるカテゴリーですね~今度観察してみます。
ホリー・Hを挙げられるとは!嬉しいですね、キュートで私も大好きです、あのしゃべり口と凛々とした目つきがですね。
・・・確かに英国の方はどなたも演技がしっかりしていて安心して鑑賞を預けられる人が揃っていますよね、同感です。
マギー・Sにレッドグレーヴ~渋くていいですねー。どちらも憧れと尊敬の人です、共感。
男優さんのお好み、了解しました(笑。
ロバートは、このところ?復帰したようですね~実は好き。
まぁ、苦手の少数をはじくと他全員好きなんですけどね。
パトリック・Dは、リースとの共演「メラニーは行く」で顔合わせ済みでしたが、恋人の方だったか夫の方だったかな?私、夫役の人好みです。ジェイソン・Fは「チャッキー」のサンタ役!と出ました、お顔を確認、悪くないです!
ジャック・Bは主役のハッスルもの以外でも、ちゃんといい作品に出ていますよね?私もスクール~はリピートしました。

コメント入りでたくさん書いてくださって、どうもありがとうございました!

お礼日時:2007/10/13 01:16

こんにちは。

40代です。
今日初めて、このカテゴリーをのぞきました。
さっそく、本題にはいります。
トム・ハンクス「スプラッシュ」、「ビッグ」からのファン。シリアスよりも、コメデイー役がすき。
アンソニー・ホプキンス。ぐっときます、シリアス役が。
ジャック・ニコルソン。役にはまりすぎ。年をとってますます魅力的。ショーン・コネリー、ハリソン・フォード、なども渋い魅力がある。きりがないので、女優では、スーザン・サランドン。サンドラ・ブロック。ジュデイ・フォースター。ジュリア・ロバーツ。演技よりも、なんかその、存在感、役になりきってしまうところが、すきです。あとマイナーなところで、マリアンネ・ゼーゲブレヒト。
たのしいアンケート、ありがとう。もっと書きたいけれど、長くなるので、このへんで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご参加ありがとうございます。まずゼーゲブレヒトさんとは、「バグダッドカフェ」のドイツ女性の人でよろしいのでしょうか、マイナーですね。私もあの勢いで「ロザリンゴーズ」も観ましたよー。確かにほかに似た存在感の方みつけ出せない個性があると感じます。恐れ入りました。トム・Hのコメディとは目ざとい!私は「マネーピット」「パンチライン」あたりいいですねー。そう、この人独特の笑わすツボ顔ってありますよね、心底自然に役を生きている役者さんなんだと思います。「こんなのあり?」という「ターミナル」さえ出来上がりにしてしまう演技力、ソビエト語?を駆使してね。シリアス「フィラデルフィア」も凄く良かったです。アンソニー・Hは「あの脳みそを食べる人」代名詞にされてしまってますが恋愛ものもやってますし、私が感心したのは「アミスタッド」の役。レクターの5作目ってありでしょうか?観たいですね。ジャック・N。うーむ、黙っているときが憎いし面白いですよね、台詞のいらない演技を得意としているタイプではないでしょうか。やたらしゃべっていないと思います、スクリーンの上で。
そうキリがなくなるんですよね、コネリーさんは声を聞くとゾクゾクとします。女優さんのタイプは私と全く重なります。10年くらい前にハマり出した時にジュリア・R以外の方はみんな好きでほとんど観ました。一時、痩せ過ぎて痛々しかったでしょう?あの頃離れていまして、ブロコビッチで見直しその後ほとんど制覇しました。スーザン・Sは一時期もう大好きで「ロッキーホラーショー」で歌も上手かったんでびっくり。やっぱり90年代の作品に思い入れがあるのか最近の新作はどれもピンと来るものがありませんで、今日も生まれて初めてディスクを入れ忘れて返却したことがわかり、意識の薄さに愕然としまして切手貼って雨の中ポストまで走りました。ちなみにデッキの中に忘れ去られていた途中の作品は「ブラッドダイアモンド」です。ところで大物さんが二人だけ(男女同士や異性でも)共演していると、「この二人共演って初めて?」と記憶装置が発動しませんか?それでそうだとわかるとなんだかムズムズして来るんです、何の虫なんでしょう?おしゃべりが過ぎました。ご回答本当にありがとうございました!

お礼日時:2007/10/27 21:32

こんにちは。


出演作は必ず見る!とまでは言えないのですが、素敵だなあと思う女優さんは、

シャーリーズ・セロン
あまりに美人過ぎて最初見た時は印象に残らなかった(「セレブリティ」)のですが、
その後、「サイダーハウス・ルール」で見て改めて綺麗な人だと認識しました。
きれい役ばかりでなく、いろいろな役にチャレンジしているのが格好いいと思います。

グウィネス・パルトロウ
「ムーンライト&バレンチノ」で内気な女の子役を好演していたので気になって、
その後「エマ」「恋に落ちたシェイクスピア」でお気に入りになりました。
「ダイヤルM」「大いなる遺産」はこの人が出ていなかったら多分見ませんでした。
(「ダイヤルM」は、やはりオリジナルの方がいいですね・・・)

シャーリー・マクレーン
最初、「マグノリアの花たち」でしか見たことがなかったので、
おじさま方にとても熱狂的なファンがいるのが不思議だったのですが、
「アパートの鍵貸します」「あなただけ今晩は」を見て納得しました。
例えが変かもしれませんが、あまりの可愛さに、
中村玉緒さんの若い頃の出演作品を見たときくらいびっくりしました。

キャサリン・ヘップバーン
「赤ちゃん教育」などの若い頃の作品も面白いですし、
「旅情」「招かれざる客」など中年以降の作品も好きです。

男優さんですと、

トビー・マグワイア
出演作の選び方がうまいなあと感心します。
大作じゃないけど佳作な作品が多いように思います。
なので「スパイダーマン」主演は意外でした。
普段は絶対見ないタイプの映画なのですが、つい見に行ってしまいました。

ロバート・デ・ニーロ
時々やりすぎてくどい感じもしないでもないですけど、やはり演技うまいなあと思います。

セバスチャン・コッホ、ブルーノ・ガンツ
ドイツの俳優さんなのですが、渋くて格好よくて、大好きです。

本当はもっといろいろあるんですけど、今思いついたのはこんな感じです。

この回答への補足

(第一部)
回答ありがとうございます。
シャリーズSは、実は私も最初、美人なだけな感じで顔つきも好みでなく関心が薄かったのですが、ここ数年で印象がガラッと変わり注目しています。「モンスター」の熱演と作品に衝撃を受けましたので「スタンドアップ」もすぐ鑑賞し、体当たりもできる女優根性のある方だと見直し、その後語り口や声にも魅了されていますね。これからは、女優賞を常に確保が可能なベテラン域に入っていけると感じています。
グィネスさんは、初演の「冷たい月を抱く女」で顔を知り、その後は一時晴れ舞台から降りている(シェークスピアのあとですね)印象があるのですが、基本的に線は細い方だと感じてます。役を選んでいけば(競争は激しいのでしょうが)名前を連ねていける演技力と個性はあると思います。
シャーリー・Mは、大ファンの一人です。お話しの通り、この方のデビュー「ハリーの災難」のなんとチャーミングなこと!「愛と喝采の日々」「愛と追憶の日々」で中年の時期から拝見するようになり、その後この方の作品は多分全部観ています。ある監督がこの人は感性で演技をする~と語っていましたが、そうなのだとするとあれほど自然にいろんなキャラクターを生きることができるのは才能というよりほかにないでしょうね。
ヘップバーンは実はほとんど知りません~というのも、ちょっと痩せ過ぎで観ていられないところがありまして「ローマの休日」も知りません。ただ晩年の時のお顔は「オールウェイズ」などで見て、確かになんとも言えない魅力は感じた覚えだけはあります。

補足日時:2007/10/26 06:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(第二部)
トビー・Mは、どちらかというと苦手に入ります。「サイダー・ハウス・ルール」を期待せずに観たときも、作品自体にあまり特殊性が感じられずじまいに終わってしまいました。ドイツの俳優さんも名前を記憶するほど存じてません、すみません。
デニーロは苦手な時期がありました~けれども「ヒート」~この作品のパチーノとの競演の素晴らしさに見とれてしまいました。
本当に素晴らしい作品だと思っています。
その後、ひょうきんなこの人の役が好きになり「フローレス」や「ミートザペアレンツ」などは好きですね。「ゴッドファーザー」はわりあい近年になって観たのですが、もうあの時から存在感が圧倒的にありましたね~。役にのめりこむタチなのだとどこかで読みましたが、そんな一面を役それぞれに仕事されているプロ中のプロ、尊敬できる男優さんです。
私は「あの人(役の俳優)に会いたい」と思うと、発作的に映画作品を観たくなります。映画談義ってやっぱり楽しいですね!
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/26 06:24

遅ればせながら是非参加させて下さい。


49歳男です。
皆さん渋いところが多く恐縮です。
女優でしたら、ロザンナ.アークエット。
テレフィーチャーの「ロング.ウェイホーム」を見て、あまりのカワイさにとりこになってしまいました。大作の出演は少なく、キワモノっぽい役もありますが、同世代として応援していたアクトレスです。
男優でしたら、フォレスト.ウィッテカー。
「ハスラー2」では、主演のトム.クルーズはもとより、ポール.ニューマンさえ霞む?インパクトがありましたね。
イーストウッド監督の「バード」は泣けました。彼はSFにも出てます。
未見ですが最近「アミン」でまた会えそうです。
(映画館が地元に無くなった為DVDになりそうです)

今回の趣旨と離れますが、ご参考まで。
日本人では、脳性麻痺アクターの神戸浩さん。
竹中直人さん監督の「無能の人」でビックリ!何なんだこの人は?
阿部寛さん主演の「奇談」の重太役は、原作漫画を知る者にも、まず違和感の無いものかと(本来は老人なのですが、どんな名優が演じても彼にはかなわない)。
当時は、映画雑誌のお気に入りの評論家(大黒東洋士さん他)のお勧めを見ることが多かったり、田舎ですので大作しか劇場では観れませんでした。
今は家庭の事情もあり、女房子供が寝た後にDVD鑑賞を楽しんでいます。

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。
アークエットさんの印象は、やはり「グランブルー」ですね。パスタを食べる仕草と表情がとてもキュートでしたから、色気だけでなく演技もうまいんだと感じた作品です。どちらかというとパトリシアさんの方が顔にも親近感があるのですが、「デヴラ・ウィンガーを探して」を製作した方、静かに女優根性と情熱のある方なんだと存じております。

ウィテカーさんは私もファンです、特に監督作品はほとんどチェックしています。やはり「クライング・ゲーム」のインパクトは強烈でしたし「バード」も感動しました、トラボルタの親友役が良かった「フェノミナン」も、一部では不評のようですが私は時々また観たくなる好きな作品です。
邦画にはほとんど疎いので、ご紹介の神戸さんという方は存じ上げていませんでした。「無能の人」も気になりつつ未見のままです。
最近はちょっと鑑賞漬けから離れているのですが、私も一人で夜中にDVD劇場をするのは至福のときですので、よくわかります。
これからも映画を友として楽しんで参りましょう!
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/26 05:53

最近字幕が読みズラくなってあんまり見てませんが,私のお気に入りは…



ピーター・オトール
オススメは定番「アラビアのロレンス」穴「おしゃれ泥棒」大穴「キャサ
リン大帝」「何かいいことないか子猫ちゃん」初めて見たのはTVで「キャサリン大帝」やせて神経質そうよりまだ優しげだった頃。

ピーター・フォンダ
出世作の「イージーライダー」を見てないので出演作は必ず見るに該当しないけど、ならず者が嫌いだったので見ずじまい。
私にとってのアピール度大作は「世にも怪奇な物語」と「ふたり」

ジャン・ルイ・トランティニャン
定番「男と女」穴「暗殺の森」中穴「離愁」「狼は天使の匂い」
真面目で小心、さえない中年男のようでよく見ると滑らかで美しい顔、さらによく見ると品のない卑しい表情が時々浮かぶ不思議な顔。

クリストファー・ウォ-ケン
オススメ「デットゾーン」穴「ディアハンター」大穴「ブレインスナッチャー」「ローズランド」「スリーピーホロウ」
この人今もちゃんと映画に出てる駄作も楽し。やせて神経質なイメージは一見前出のピーターと似ているのにこの人根がスナオなんじゃ無いかと。

あっお気に入り男優編しかかけなかった! しかもオッサンばっかり…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
仏蘭西男優さん「男と女」も未見なので存知あげないんです。
ピーター・Fは、ジェーン・Fがファンなのですが、あまりお目にかかっていません。私も超有名な「イージー」も未見なのです。駄目だめですね(苦)。
クリストファー・Wは、コメディタッチの作品にも積極的で、面白くて観ますね~ハマったのは「マウスハント」、個人的に最も印象の強い出演作品は「ロンリー・ブラッド」です。「デッドゾーン」は是非ビデオ屋で探して観てみたいです、DVDにはなっていないようですね。
>人根がスナオじゃないかと・・・
、、、はい、なんとなく共感できます、悪さしている役が多いですが、比較的新しい「ラストマップ」の演技にはとても感動しましたから。

そして、ピーター・オトォール!

「何かいいことないか子猫チャン」もう大好きな作品なんですうよ~。プレンティスさん(このキャラ大好き)相手のねー!声は通るわ演技は上手いわ歌も踊りも出来るわ、音楽も最高でもう狂乱舞。そして共演のセラーズのあのキャラ!映画界でキャラ大将(大賞)があれば名誉大将の座を推薦しますわ。
・・・ってことで、名作アラビアのロレンスなんか観たら、失神しそうなので、未見のままなのですが、おすすめされます??

ということで、是非よろしければ女優編もお書きくださいね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/21 00:29

もっと盛り上がってもいい質問なのに、不思議ですね…。


私は監督で映画を見るタイプなので、単純に好きな俳優さんということで。(この人が出ていたらもうそれだけで幸せ、と言うような)

クラシックと言うにはまだ早い、レトロな俳優さんが好きです。(カッコ内はきっかけ)
ウォーレン・オーツ(『断絶』)を筆頭に、ウォルター・マッソー(『おかしな二人』)、サム・シェパード(『ライトスタッフ』)、デニス・ホッパー(『アメリカの友人』)、ロバート・ショウ(『ジョーズ』)、ジョン・ハート(『パートナーズ』)、ウィリアム・ホールデン(『ワイルドバンチ』)、アーネスト・ボーグナイン(『ポセイドンアドベンチャー』)、ジョン・カサベテス(『パニック イン スタジアム』)など。
書き並べていて改めて思ったのですが、これら全体に通ずる雰囲気があるような気がします。

もっとみんな書いてくれると思いますから、も少し閉じないでみては?

この回答への補足

こんばんは。
「エラー・文章が長過ぎます」とのことなので、補足とお礼に分割させていただきます。
(第一部)
aquaseasonさん、
ご参加いただいて、どうもありがとうございます。
大変渋いオールスターが挙って~と圧倒されています。

ウォーレン・オーツ、ジョン・カサベテス(監督だということは存じていましたが(ローランズの旦那さん)、ウォリアム・ホールデンのお三方は、残念ながら作品や演技の識別記憶装置がありません。(ホールデンさんってカッコいいですね(モノクロ写真を見て)

中でも一番若そうな?と当たりをつけたサム・シェパードさえももう65歳くらいですか?皆さん40年前くらいに同年代という方々ですね。私は恥ずかしながら50~60年代の名作らしいものはジャック・レモンのほかチラホラとしか観ていません。「ライト・スタッフ」を挙げていらっしゃるところから男らしさ好みぷんぷんですね。以前は苦手だったのですが、この方、意外にも脚本も書いたりしてますし、上手い(例「マグノリアの花たち」ダイアンとの共演「トップレディがお好き」など)んですよね、「イン・マイ・ライフ(未公開)」をもう一度観たいと切願しているのですがDVDになっていません。

補足日時:2007/10/17 00:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(第二部)
ジョン・Hは「ミッドナイトエキスプレス」の演技に唸りましてからファンですね。マッソーさんはレモンと晩年にお茶目な共演作に多く出てましたからこのコンビとしてもファンです、ひょうひょうとしているんだけど咳払いひとつでも自然で、底力ある上手さと味ですよね。「がんばれベアーズ」や「わんぱくデニス」は可笑しかったです。
ボーグナインを知ったのは同じく「ポセイドン」で、その後彼にハマって「飛べ!フェニックス」で大好きなジェームス・スチュアートと同じ画面で焼けているのを観たり、オスカーを取った「マーティ」と続けて観ました、繰り返しになりますが、やっぱりこの人も上手い。
ロバート・ショウ・・・もう内面から滲み出ていて渋いっす!あんなに存在感のある方、21世紀に見出していくのも辛さ?もあり楽しみでもありますね!誰が年取ったらあんなになってくれるのかしら?
最後を飾るのはデニス・ホッパー。
最近になってからようやく「ブルー・ベルベット」をDVDで観たんですが、爆笑してしまいました。種明かしは控えますが、この方はとっても生真面目で紳士なんですね、とみに最近アナーキーでサイケデリックな役どころが多(爆破犯だとか)かったのですが、あのDVDで見方も変わりました。イッっちゃってるのに、きちんとこっちの岸へ戻って来れる~これも名優の条件なのでしょうか、感服。

おっしゃるとおり、
>全体に通ずる雰囲気
・・・たっぷり堪能させていただきました。
ああ、古き良き作品をもっともっと観てみたく衝動に駆られてもきました。男性俳優ファンの方にも参加していただき、感謝です、そして励ましていただきまして、重ねてありがとう。
、、、もう少し閉じないでおきましょうか・・・。ああ、これだから俳優談義はやめられない!(淀川さんの名残り惜しい挨拶のお気持ちが、ほんの少しだけ爪の垢の一粒くらいだけ、わかったような気持ちです)

お礼日時:2007/10/17 00:28

ご趣旨とはちょっと違うかもしれませんが、ジョニー・デップ、マシュー・モディーン、クリスチャン・ベイル、メリル・ストリープ、メグ・ライアンの出演作品をかなりの割合で見ているのですが、役者が好きだからというよりは、「この役者が出演している作品の傾向が好き」だからです。



例えば、マシュー・モディーンはデビュー当時から、「わりとメジャー路線なんだけど、妙にカルトっぽい」作品に多く出演していたんですよね。その傾向から「モディーンが出てるなら、きっと面白い作品だろう」と踏んで見てきたわけです。ストリープが出ている映画は妙に憂いがあるとかね。

ただし、デップは近年、昔と違ってかなりクセのない映画にも多く出演するようになってしまったので、当てになりません(笑)。また、ベイルやライアンは比較的、「役者」で見ているほうかもしれませんね。ベイルは子役時代から、何をやらせても品格と集中力が浮き出ているし、ライアンは何をやらせても、何歳になっても、キュートです。そういうのを「このストーリー展開の中で、どんなふうに品格やキュートさを出してくれるんだろう」と見るのが、いつの間にか楽しみになっていました。

そんな私はメグ・ライアンと10日違いに生まれた女性です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
もう締め切ろうと考えていたところでした。
メグ・Rと同い年の方とのこと、とっても近い同年代で、感謝です。

さて、まずジョニー・D、
というのも私はあの「シザー・ハンズ」で、もう腹一杯!打ち止めした方で。
その後の人気急↑でますます苦手になってしまい。それがこのところ、やはりアイラインやマスカラが得意だったのかな~と(笑。
いえ失礼、周囲でも彼を評価する方は多く観たい作品、たとえば「妹の恋人」「ギルバードグレイプ」「耳に残るは君の歌声」など、いくつかあるにはあるのですが。

マシュー・Mを挙げられるとは奇遇。「バーディ」で魅了されましたよね。その後の「ショート・カッツ」、あとタイトルが手元にないのですが、エイズ問題を取り上げた作品など鑑賞数は少ないですが、確かに。ビターな深みがあります、納得。
クリスチャン・ベールは「若草物語」と「ある貴婦人の肖像」でお目見えしていました。
確かに、ただハンサムだけでなく抑えた色気と品がある人だと感じていました、「品格」という言葉を選んだ点で共感できて嬉しい。ふーむ「集中力」ですね!勉強になりました、研究課題に一票。

メリルについては、どんな思いがおありなのでしょうか、、、、。
私の最初はやはり「クレイマー・・」、当時の社会に問題提起した意欲作でしたし、女優さんとしても一人の女性としてみても、
葛藤の奥の控えめな激しさは、上手いなぁ、と思い、
その後、「黄昏に燃えて」「プレンティ」「シルクウッド」などを主にオンタイムで劇場で観ましたっけ。
最近のものでは、ディカプリオとダイアン・Kとの共演「マイ・ルーム」が好きですね。
メグ・Rについては、私個人としては甘いキュートなイメージを押し出した作品よりも、「戦火の勇気」で際立ったようなマニッシュで激昂するような表情に惚れ惚れしたり、
「男が女を愛する時」「フレッシュ・アンド・ボーン」など、演技の上手さが引き立つ一面を魅せた作品にもっと出て欲しいって思っています。どちらかというとucokさんのような「役者」という視点より、人気アイドル女優さんのイメージ、正直未だにありました。反省。15年前はメラニー・グリフィスとよく見分けがつきませんでしたっけ。

あぁ、楽しかった!やっぱり俳優談義はたまりません!

貴重な書き込みを、本当にどうもありがとうございました!

お礼日時:2007/10/15 21:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング