先日、友人の誘いでセミナーを聞きにいきました。
 話を聞いていくとMLM方式で会員を増やしながら携帯用HPを売る営業をすらしいのですが。初期費用が10万ちょっとくらいで、後は月額6000円くらいでそれ以外の出費はないとのことでした。
 MLMが完全に悪いとは思いませんし(特商法の範囲内であれば合法だと聞いたので)強制的に勧誘することもしませんでした。けどやはり世間的によくないといわれているやり方でもあるのでその会社が正しく会社を運営しているのかどうか気になります。
どなたかこの会社について知っておられる方がいましたらアドバイス願います。

ちなみに、セミナーでの内容はうろおぼえなのですが、私のおぼえてる限りでは

●2010年には携帯市場が80兆円になる。市場が大きければ大きいほどその中で稼げる金額も大きくなります。
●サーバーは国内最大レベルの最適環境・セキュリティ
(首相官邸やSHARPやANA・JAL等大手メーカーも多く利用している)
●総務省がユビキタスに力をいれている。国をもって携帯産業を推し進めている。
●細木かず●や所●ョージ、叶姉妹は昔携帯電話がばかでかくて誰も見向きもしないときに権利をかっていたから大金持ちになった。
●携帯のHPスペース(5万円と格安)を売りにしている。(モスバーガーなんかもうちを利用している)
●パソコンのHPをもってるお店は結構いるが携帯のHPをもっているところはまだまだ少ないので今が狙い目。

といった感じでした。話が大きすぎて、これがオーバートークなのか事実なのか、戸惑いを感じています・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 この会社は以前はアクセスポイントを国内や海外にたくさん作って国際電話やテレビ電話や格安ADSLを整備するということを将来展望に持っていた時期もあったようです。

あとは情報商材も扱っているかも。今は携帯HPスペースなんですか。次はの事業はセカンドライフあたりがオススメかな。とにかく話しは旨いし着眼点も悪くはない。でも自分ではほとんど事業をやらない。何ででしょうね。事業内容に魅力があって利益にもなるのであれば自社でお金を借りてでも事業するはずですよね。(リスクが高くて自分でやらないのかもしれないですがそれはその会社の経営者の判断ですから私には分かりません。) しかし、私はセミナーや会員を集める方が収益になっていると私は思います。

 携帯のHPスペースも無料で持てる時代ですし、月額6000円だとホスティングサービスとしては安くはないのでビジネスモデルとしてどうかと思います。HPスペースは企業・著名人などが有料で使うケースと個人が広告付きのところを無料で使うという傾向に二分されています。
 有料で使も使う会員を集めるというのは個人の営業力では厳しいかもしれません。

・企業利用=信頼性の高いHPスペース←SIerやISPなどが法人営業
・個人利用=フリーHPスペース利用←個人の口コミでの広がり、提供者は広告掲載により収入を得る


 その会社の情報も調べるのも大切ですが、インターネットビジネスがどのように行われているのか広い視野で見てみると良いと思います。ホスティングやWebサーバー提供がどのようなビジネスなのか勉強された方が良いと思います。知らないと後に営業する時に困るはずです。

 ちなみに無料のアフィリエイトなどによってWebホスティングサービスの加入の宣伝・広告している個人サイトは結構多いので、これからネット上で活動されのでしたら他との差別化が必要になってくるでしょう。

1つ目の●:市場が大きければ稼げる金額が大きくなるというのは一般論としては正しい場合が多くてもすべてが当てはまるわけではありません。例えば航空宇宙市場は携帯市場よりもはるかに大きいですが個人営業では稼げません。

2つ目の● :取り扱っているサーバーが官庁や大手向けだとしたら対象は個人向けではないのではないかと思います。あと、例に挙がっているところも個人営業の結果で獲得されたものではないかも。

3つ目の● :国が推進していてもそれを個人が推進することとは違うでしょう。何のためのユビキタスか分かりますか。

4つ目の● :誰も見向きもしない権利を買っておいて後から莫大な利益が出るという話は不動産の権利などでもよく聞く話だが、いつまでも開発されず忘れ去られてしまったような原野の権利を買ってしまうこともある。成功した事例のみを大きく取上げていることは多いですね。

5つ目の● :携帯のHPスペースといってもいろいろある。格安かどうかは分からないです。

6つめの● :携帯のHPをもっているところは少ないというが、パソコン用のHPのスペースでも使えます。

 過去に、携帯電話の定額かけ放題の装置の販売、格安電話サービスの代理店、Webサーバーへの投資で社会問題が起きていますが、現段階でいくら怪しくてもこれがその類でないことを判断するのは難しいです。皆が儲かっている成長時期には気付きにくいです。こういう話は元締めが儲けて後から参加した者を不幸にした時点で問題化するものです。「自分なら大丈夫だ」と信じてはじめられる方が多いですが、成功する人は極めて少ないのがこの形式のビジネスの特徴ですね。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>とにかく話しは旨いし着眼点も悪くはない。でも自分ではほとんど事業をやらない。何ででしょうね。事業内容に魅力があって利益にもなるのであれば自社でお金を借りてでも事業するはずですよね。。(リスクが高くて自分でやらないのかもしれないですがそれはその会社の経営者の判断ですから私には分かりません。)

普通もうかるってわかっているなら、人を誘わず自分でやるものですよね。しかもよくよく考えたらリスクに対する説明なんてなかった気がします。時代の大波がくるからとかなんとか・・・。

詳しくアドバイスいただいてありがとうございました。
インターネットビジネスについてもう少し調べてみようと思います。

お礼日時:2007/10/14 18:21

止めた方がいいですよ!!!



入ったら最後です(゜ε゜;)私も実はしてました(^_^;)
権利収入に踊らされ、いずれ元が取れると思い込み貯金(200万ぐらい)全部使ってしまいました(>_<。)今思うとバカ

結局売る仕事、、、ミエを張る仕事でしたよ(-.-;)y-~~~
    • good
    • 0

>●細木かず●や所●ョージ、叶姉妹は昔携帯電話がばかでかくて誰も見向きもしないときに権利をかっていたから大金持ちになった。



聞いた話ですけど↑事業を始める前に権利金として2000万だか3000万だか支払っているみたいですよ。。。

確かに結果大金持ちにはなっていますが、儲ける為にはそれなりのお金がかかるということですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>聞いた話ですけど↑事業を始める前に権利金として2000万だか3000万だか支払っているみたいですよ。。。

そうなんです。けどそれを逆手にとって当社では12万という格安で権利を得られるのだからとおっしゃってたんです。ものはいいようなんですね~。でもよく考えたら携帯電話はこれまでにないものを開発して尚且つ使いやすいように改良を加えたり値段をさげたりと他には例をみない便利さをうちだしたりの努力をかさねて大ヒットにつながったのであって携帯用HPスペースは別に真新しいものでもなんでもないので、携帯がひっとしたからこちらもみたいな言い方っておかしいんじゃないかって思いました。。

お礼日時:2007/10/18 14:34

>MLMが完全に悪いとは思いませんし(特商法の範囲内であれば合法だと聞いたので)



はたしてそうでしょうか?
マルチ商法(=MLM)という行為自体は、確かに違法ではありません。しかし極めて違法に陥りやすい危険な行為であることも事実です。ある方の例え話を私なりに要約して説明しますね

ある幹線道路があると考えてください。目的地まで1時間かかりますが、広くて走りやすく、ほとんどの人がその幹線道路を利用しています。一方その目的地まで半分の距離になる近道があり、そこを通れば幹線道路の半分の時間しかかかりません。しかし住宅街の生活道路のため、道幅は細く曲がり角も多く、大事故が多発する危険な近道でした。それを見かねて、厳しい制限速度が設けられ、各所に一時停止や徐行の標識が立てられました。結果として、距離は半分でも、規則を守れば幹線道路よりも時間がかかるようになってしまったのです。
もはやこの道は近道ではありません。しかし中には地図上の距離だけの知識で、近道と思い込んでしまう人も少なく無いのです。ところがそのごく一部に、なぜか幹線道路よりも早い時間で目的地に着く人もいるのです。さて、その人はどうやったのでしょうね?

もうお分かりの通り、「幹線道路」とは一般社会のこと。「近道」とはマルチ商法であり、そこに敷かれた「厳しい交通規制」は、特定商取引に関する法律、即ち特商法のことです。確かに一見すると、マルチ商法のビジネスは、魅力的で成功への近道に見えます。しかし実際にはがんじがらめの規制があり、きちんと法律を守れば、絶対に儲けることは出来ないと言えます。そういう目的で法規制されたのですから当然です。ところが、ごく一部には本当に近道出来てしまう人も存在するようです。本当に交通標識を守っていれば絶対に無理なはずなのに。それが私の最初の疑問につながるのです

マルチ商法というビジネスモデルは、健康食品や浄水器、ホームページに電子マネーと、文字通り品を変えていくつも登場しますが、きちんと法律を守れば、もはや絶対に成功の出来ない「近道」なのです。にも関わらず成功しているという人がいれば、それは嘘つきか、「道路標識」を無視しているだけです。しかも一時的に成功したつもりでも、そもそもその道路は事故が多いから規制されたわけで、いつかは大事故に見舞われるでしょう
もちろん幹線道路でも、たまに事故は発生します。しかし周りのみんながすぐに助けてくれますし、再出発のチャンスもあります。ところがマルチという危険な近道で事故ってしまえば、自業自得と笑われ、再出発しようにも周りの友人知人の信用も何もかも失ってしまっているので、非常に困難なことになるでしょう

マルチ自体は違法ではありません。しかし日本に入ってきてすでに数十年もたつのに、いまだに企業として成功した業者が存在しないこと、目新しい商材とあり得ない将来のプラン、有名企業や有名人の名前を出せば、まだカモが勧誘できる思っているような実情を考えると、本当に時代遅れの商法なのだと感じます

ちなみに断るなら、いちいちシステムや商材の矛盾など言ってはダメです。反論されて堂々巡りになるだけです。相手を納得させて断ろうなどと考えるのは間違いです。とにかく「興味は無い、二度と連絡するな」と何度も何度も繰り返し、二度とその人物とは会わないことです。友人?そんな風に思っているのは、あなたのほうだけですよ。相手にとってのあなたは、勧誘リストの一行に過ぎません。念のために
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいお返事ありがとうございます。
例え話、わかりやすくて参考になりました。

>マルチ自体は違法ではありません。しかし日本に入ってきてすでに数十年もたつのに、いまだに企業として成功した業者が存在しないこと、目新しい商材とあり得ない将来のプラン、有名企業や有名人の名前を出せば、まだカモが勧誘できる思っているような実情を考えると、本当に時代遅れの商法なのだと感じます

マルチ商法についてのサイトをみると業者の方はミキプルーンやニュースキンなどマルチでも正しくやれば成功するしちゃんと法律で認められているビジネスなんだ、アメリカでも広く受け入れられているしこれからはMLMの時代がくる。と豪語していたので「そうなのか。」と単純に考えてしまっていたのですがそこのところどうなんでしょうか?

友人にはおかしいといったところ「根拠もないのにそんなこというな・二度と連絡してくるな」といわれ本当にショックでした・・。説明の途中から冷静になれなかった私が悪いのですが普段から親しくつきあっていただけに、悲しくてなりません・・・。

お礼日時:2007/10/16 18:36

疑問点


>携帯のHPスペース(5万円と格安)

格安?どこがでしょうか?私はパソコン用のHPスペースを借りていますが、.comドメイン込みで年間1万円です。探せば無料やもっと格安で借りられるHPスペースも沢山あります。5万円は年額ですよね?業務用のスペースなのでしょうか?だとすると簡単に売れるものでは有りませんね。

>パソコンのHPをもってるお店は結構いるが携帯のHPをもっているところはまだまだ少ないので今が狙い目。

携帯用のHPを作るのも素人には敷居が高いです。だから手軽なブログなどが流行っています。
個人商店などでは自社でHPスペースを借りずに通販も行える楽天のHPスペースを利用する場合も多いですね。

>モスバーガーなんかもうちを利用している

モスバーガーに問い合わせてみては?

>細木かず●や所●ョージ、叶姉妹は

有名人の名前を用いるのは権威付けですね。かなりうそ臭い話ですけど、これは事実だとしてもその会社の事業をしたから金持ちになったわけでは無いのですよね?

>初期費用が10万ちょっとくらいで、後は月額6000円くらい

随分お金がかかりますね。
初期費用以外にも年間72000円もかかるのですね。

>首相官邸やSHARPやANA・JAL等大手メーカーも多く利用している

これが事実ならすごい宣伝材料のはずなのですが、HPに書かれていますか?
これも各社に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

これらの話が事実なら素晴らしいのですが、オーバートークであれば特商法違反です。

MLM(マルチ商法)でインターネット関係といえば、近未来通信やL&Gのようなトラブルを思い出してしまいますね。
しっかり調べたほうがいいと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

>首相官邸やSHARPやANA・JAL等大手メーカーも多く利用している
>これが事実ならすごい宣伝材料のはずなのですが、HPに書かれていますか?
これも各社に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

ちゃんと調べてみたところレンタルしているホスティングサービスなどのシステムが大手メーカーが使用しているというのも多分そこのことだろうと思いました。けど説明会ではそこんとこ深く触れなかったしネットにうとい年齢層の方なんかはわかるはずもないと思いました。

自分でもいろいろ調べてみたのですが、この携帯用HPスペース、ひとつ販売すると7500円入るらしいのですがそうすると単純計算で月26個ほど売らないと元すらとれないようです。個人が月に2万もする商材をそれだけ売れるのか疑問です。。

実際に調べていくと説明会での主催者の話はやはり大げさだったんだなあと思います。言われたことを鵜呑みにしなくてよかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/16 18:25

どうも、私自身個人的な意見としては怪しい気がします。


2番目の●サーバーは国内最大レベルの最適環境・セキュリティ
という話ですが、官庁関係のHPで書き換え事件とか昔ありましたから、セキュリティが安心とは到底思えません。あと、航空会社の話が出ていますが、確か以前チェックインが出来なかったトラブルがあったときに、大手の電機メーカーが運用していて統合のときのトラブルがそのまま露見したってニュースで言っていたような記憶があるのですが...
そもそも、ANAとかJALほどの大量のデータを管理するようなところがレンタルサーバーを使っているとは思えないのですし、その会社がJAL発足時から存在しているのならともかく、今そこで管理をしているというのなら、途中でその会社へサーバーの引越しなんかお金が掛かることはしないんじゃないでしょうか?ソフトもハードに依存している特別なものなんでしょうし...

あくまでも私個人的な意見ですけど...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
自分なりにも色々調べているのですが、どうも商材としているサーバー自体、システム障害やサーバーダウンが多々おこっているようです。。
また説明会では業界No3(1,2位はぐるなびとリクルートだといっていました)だといっていましたがそんな大手が小さい部屋を借りてセミナーなどするものなのでしょうか?すでに友人が入ってしまっているのでもう少し調べてみようと思います。

お礼日時:2007/10/13 17:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネットワークビジネスの商品って?

 こんにちは。私は最近ネットワークビジネスに興味を持ちはじめて、いろいろと調べている最中なのですが、どうもネットワークビジネスの商品って、健康食品関係のものばかりのような気がします。なぜその他の商品は少ないのでしょうか?教えてください。
 あと、ネットワークビジネスの成功談、失敗談、信頼できるネットワークビジネスを紹介しているサイトがあれば一緒にお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、こんにちは。

私はネットワークビジネス肯定派です。昨今の雇用状況の悪化を鑑みると人種、年齢、性別、学歴、職歴全く関係なく平等にビジネスチャンスが提供されている所が最も素晴らしい点だと認識しています。但し、欠点もあります。消費者から消費者へ伝える(口コミ)がマーケティング手法の為、情報が確実に伝わる反面、伝え方を間違えたり、強制が入ったり、無理な買い込みをさせたりが発生するケースがあります。

質問にありました商材についてですが、健康食品のマーケットが大きく、また今後も更に拡大することが予想されているからだと思います。高齢化社会、医療保険制度崩壊危機を目前にして、病気への対処療法から予防医学への推移してきている現われかと思います。世の中で成功する産業は必ず市場性があります。健康食品は健康がとても気になるベビーブーマー世代(37歳~55歳)に支えられている目玉市場と言えます。

しなしながらご承知の通り、多種多用の健康食品が世の中に出回っていますので、本物を見極める力が必要です。なぜなら、競争相手が多ければ多いほど淘汰されるからです。

質問を全て回答していませんが、何か御座いましたら気軽にメール下さい。

はじめまして、こんにちは。

私はネットワークビジネス肯定派です。昨今の雇用状況の悪化を鑑みると人種、年齢、性別、学歴、職歴全く関係なく平等にビジネスチャンスが提供されている所が最も素晴らしい点だと認識しています。但し、欠点もあります。消費者から消費者へ伝える(口コミ)がマーケティング手法の為、情報が確実に伝わる反面、伝え方を間違えたり、強制が入ったり、無理な買い込みをさせたりが発生するケースがあります。

質問にありました商材についてですが、健康食品のマーケットが大きく...続きを読む

QMLMってねずみ講ですか

MLMはねずみ講ですか。ねずみ講ではないなら、なぜねずみ講ではないのですか。教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私なりに調べてみたんですが、MLMとは「口コミで商品(場合によってはサービス)を広めるビジネス」であるという事は分かりました。マルチメディアマーケティングの略称という事も分かりました。

やってる事は「連鎖販売取引」「無店舗販売」で、一見すると「ネズミ講」や「マルチ商法」とは違う印象を持ちますが、そうゆう悪いイメージを無くす為に「MLM」と呼称してる様ですが早い話が「マルチ商法」です。

実際にやってる事は「ねずみ講」とかと余り変わっていません。しかし明らかな「ねずみ講」と区別を付ける為に「無店舗販売」をうたっている訳です。多分システムはこんな感じでしょう。地区マネージャーがいて、更にその下に問屋がいて、また下に卸売りがいる、といった感じです。卸売りが健康器具の1つでも売れば、問屋に何%かのマージンが行く、さらに地区マネージャーに何%かのマージンが行く。卸売りがノルマに課せられている数量を売るか、新規会員を勧誘できれば、卸売りは問屋に昇格、といった様な風だと思います。

Q【リファーラルビジネス】ネズミ講のことをネットワークビジネスと言い、ネットワークビジネスのことをリフ

【リファーラルビジネス】ネズミ講のことをネットワークビジネスと言い、ネットワークビジネスのことをリファーラルビジネスというように同じことをやっているのにその表現の社会的評判が悪くなるとまたコロコロと言い方を変えていっているようです。

リファーラルとは紹介の意味で、ネットワークビジネスとリファーラルビジネスの違いはないように感じます。

女性はなぜ知人の女性を平気で自分の収益のために売るのでしょう?

男は友達を金のために売ろうと思わないのですが、女性は友情より目先のお金なのはなぜでしょう。

馬鹿だからネズミ講って分かってないのかな。

Aベストアンサー

>ネットワークビジネスのことをリファーラルビジネスというように

ネットワークビジネスとリファーラルビジネスは違います、同じではありません

ネット通販、これも一種のネットワークビジネスです
これで判りますか?

>女性はなぜ知人の女性を平気で自分の収益のために売るのでしょう?

お金のためです

>馬鹿だからネズミ講って分かってないのかな

はい、
リファーラルビジネスも判っていません

Qスマホだけで儲かると誘いを受けたTwitterフォローして来た人から直メ来て、「スマホだけ

スマホだけで儲かると誘いを受けた



Twitterフォローして来た人から直メ来て、
「スマホだけでアフィリエイトで必ず稼げる方法を教えるので説明会に参加しないか?」
と言われました。
場所は西新宿五丁目駅前のファミマのあるビル。
社名は「ネクストイノベーション」
なんか、胡散臭いなぁと思いましたが、
「説明会参加費用は?」
「登録するのに高額の費用がかかるのか?」
聞くと、参加費無料、登録費は無料のものと
有料のものがある。と言ってました。

まず、これは説明会参加する人数を集めるとバックが入るとか、参加した人が有料登録するとお金が入る「ねずみ講」なのでは?
結局、アフィリエイトでは殆ど稼げず、説明会参加する人集めによって儲かる仕組みなのでは?
「半年もあれば会社を辞めても遊ぶほど儲かる」
アフィリエイトでそこまでセレブみたいに儲かっている人っているのですかね?

まずは、ネクストイノベーションはねずみ講と疑って、もし私がこの会社に登録するとどんどん人集めをしないと稼げないというもので間違いないですか?

もちろん、説明会も行かないし、Twitterもブロックするつもりです。

(お返事は夜にさせて頂きます)

スマホだけで儲かると誘いを受けた



Twitterフォローして来た人から直メ来て、
「スマホだけでアフィリエイトで必ず稼げる方法を教えるので説明会に参加しないか?」
と言われました。
場所は西新宿五丁目駅前のファミマのあるビル。
社名は「ネクストイノベーション」
なんか、胡散臭いなぁと思いましたが、
「説明会参加費用は?」
「登録するのに高額の費用がかかるのか?」
聞くと、参加費無料、登録費は無料のものと
有料のものがある。と言ってました。

まず、これは説明会参加する人数を...続きを読む

Aベストアンサー

値段の高すぎるセミナーや教材には注意してください。

ツイッターを使ったアフィリエイトは無料でできるので、お金は払わなくていいですよ。もしお困りの場合は消費者センターにお問い合わせしてみてくださいね。

Qネットワークビジネスに興味を持つ人にどう対応する?

ご観覧ありがとうございます。

私の彼氏なのですが、ネットワークビジネスを始めようとしております。
始めようとしたきっかけは、友人との飲み会のとき、隣に座っている方々と話しているうちにネットワークビジネスを勧められたようです。
インターネットでネットワークビジネスを調べてみると、マルチ商法やねずみ講といったマイナスイメージのことしか書いておらず、私としては辞めてほしいと思っています。しかし、彼を反対するには、ネットワークビジネスの内容を把握できていないため(ネットでの情報しか知らない)、反対することができません(完全に否定することができません)。
ネットワークビジネスを行うに当たって会社に登録するようですが、
・初期費用→25万円程度(生活用品の購入)
・セミナー→月5回(毎回お金がかかる)、そのうち1回のセミナーは地方であり、参加者全員での団体行動
・年会費→2000円程度
など、お金がかかることも知りました。
初期費用やセミナーでかかるお金のことを聞くと、これがまさにネットワークビジネスの一貫ではないのかと思ってしまいます。
彼との今後のことを考えると、精神的につらいことも多く、金銭面でも不安がでてきています。

ここで質問させていただきたいのですが、
(1)ネットワークビジネスとは、ネットに書いているようにマルチ商法、ねずみ講のことでしょうか?実際に、体験していた方のご意見もあると嬉しいです。利点はあるのでしょうか?
(2)ネットワークビジネスをやめる気がない彼に対して、どのように対応したら良いでしょうか?
(3)ネットワークビジネスのことを省くと、彼のことは大好きで、将来のことを考えることもあります。そうした中、ネットワークビジネスに興味をもつ彼と付き合っていても大丈夫でしょうか?
(4)セミナーに何度も参加すると、思考が変わってしまい洗脳のような状態になってしまうのでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ご回答いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

ご観覧ありがとうございます。

私の彼氏なのですが、ネットワークビジネスを始めようとしております。
始めようとしたきっかけは、友人との飲み会のとき、隣に座っている方々と話しているうちにネットワークビジネスを勧められたようです。
インターネットでネットワークビジネスを調べてみると、マルチ商法やねずみ講といったマイナスイメージのことしか書いておらず、私としては辞めてほしいと思っています。しかし、彼を反対するには、ネットワークビジネスの内容を把握できていないため(ネットでの情報しか...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

小生、
天下一家の会に始まり(これが元祖ネズミ講の組織です。まず他の回答者でも知らないでしょう。この組織により無限連鎖講禁止の法律ができました)、
それ以降、高級ふとん、多機能鍋、浄水器、健康食品etc.・・・と現在ネットワークビジネスと呼ばれているビジネスに携わった経験があります。

今までの経験をもとにスッキリと回答しますね。

(1)
ネズミ講とは、金銭のみを流通させる組織で現在は前述の通り法律ができ、犯罪行為です。

マルチ商法とは、マスコミが作った造語です。
霊感商法や純金預かり商法など、○○商法と付く商法はと良いイメージはありませんし、現実に犯罪となっているものも少なくありません。

ネットワークビジネスとは、マルチレベルマーケティング(略してMLMと称します)という販売形態で、法的にも認められたビジネスです。それを知識のないマスコミが「マルチ商法」と名付けただけです。有名な企業では、アムウエイ、ノエビア、クロレラ、まる漢、ダイアナなどもMLM企業です。アムウエイの売り上げは数百億円、過去には株式上場しています。

利点としては、扱う商品にもよりますが、健康や美容、生活の利便性を手に入れること、商品の良さを口づてに広めることにより収入に結び付くこともあります。

(2)
貴方の彼は、ネットワークビジネスをどのように始めるつもりなのでしょうか?
現在の仕事を辞めて本業にするのか、今の仕事をしながら片手間に始めるのでしょうか?
恐らく、彼を誘った友人は、25万円払ってセミナーに出てダウンを何人か作れば夢のような世界になるような話をしたのではないかと思います。
でも、ビジネスとはそんな簡単なものではありません。
ネットワークビジネスもそれ以外のビジネスも、です。
たった25万円で今の仕事をしながら片手間に取り組んで、儲かる仕事はありません。
本業にして取り組んでもそこそこ収入になるまでは相当な苦労と時間がかかるでしょう。

小生は、ネットワークの経験はありますが、本業は不動産業です。
不動産業を営むためには、保証金が1,000万円必要です。協会に加盟しても最低300万円は必要ですし、年会費が6万円、毎月数十万円の広告料、事務所開設費も数百万、従業員の給与も必要です。

美容室や喫茶店、焼鳥屋でも1軒店を出そうと思えばとても25万じゃ無理でしょうし、開業するまで何年もその業界で経験を積まないとできません。
ビジネスとはそういうものです。

(3)
これが商売の理屈ですが、貴方から彼に今上に書いたままを言っても無駄でしょう。
貴方が彼のことを信頼し、大切な人として選んだ男ならば、まず信じることだと思いますが。
その上で上手な対応の仕方としては、
1.時間を区切ること。3か月なり、半年なり時間を区切って今の仕事以上の収入が稼げなければ辞める約束をとる事。もちろん今の仕事は続ける上で。
2.興味がある相手にしか勧誘しないと約束させる事。ネットワークに無知な者は、知り合い100人のリストを作れとか無謀なことをさせてきますが、よくよく相手を見なければ上手くいきません。下手な鉄砲、数打ちゃ当たるは絶対ありませんよ。

(4)
まず、貴方自身も参加してみたらどうですか?。セミナーに来ている人は、それぞれ、いろいろな価値観で来ています。金もうけでギラギラの人もいれば、人とふれあうのが楽しみで来ている方もいます。紹介者もどんな人なのか、彼とどんな付き合いをしているかも大事な部分ですが。セミナーの内容も、事前にその企業の情報を調べておけばどんな企業か、どんなセミナーをしているかわかるはずですから、怪しい企業でなければ洗脳など大丈夫ですよ。
最後になりますが、残念ながら本当にネットワークビジネスを理解している人は少ないです。


以上参考まで。

はじめまして。

小生、
天下一家の会に始まり(これが元祖ネズミ講の組織です。まず他の回答者でも知らないでしょう。この組織により無限連鎖講禁止の法律ができました)、
それ以降、高級ふとん、多機能鍋、浄水器、健康食品etc.・・・と現在ネットワークビジネスと呼ばれているビジネスに携わった経験があります。

今までの経験をもとにスッキリと回答しますね。

(1)
ネズミ講とは、金銭のみを流通させる組織で現在は前述の通り法律ができ、犯罪行為です。

マルチ商法とは、マスコミが作った造語です。
...続きを読む

QMLMってなんのことでしょう?

インターネットをしてたらMLMという言葉にであったのですがなんの事かさっぱりわかりません。
なんかビジネス関連の言葉のようなのですが、自分のもっている用語辞典にも載ってません。
よければ教えてください。

Aベストアンサー

Multi Level Marketing (頭をとってMLM)
他の呼び方で・・・ネットワークビジネス、ニュービジネス等、ごまかし表現多々
         (マルチ商法と言うと聞こえが悪いので・・・)
法律用語は、連鎖販売取引

親ねずみが、多くの子ねずみを作り、更に孫ねずみを作り収入を得る販売手法。
商品等が介在するものをMLM(連鎖販売取引)と言い、
何も絡まず金銭だけのやり取りをねずみ講(無限連鎖講)と言う。

ねずみ講は「無限連鎖講の防止に関する法律」で禁じられていますが、
マルチ商法は、「特定商取引に関する法律」により「連鎖販売取引」として
規制されています。(この事から、わざわざ“合法”を叫ぶ族も多いらしい)
ねずみ講を、いかにマルチ商法に見せるかが知恵の見せ所ですね。

参考URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/akusitu/akusitu.htm#nezumi

Qネットワークビジネスで、ヒットした商品は?

過去に、ネットワークビジネスで、ヒットした商品があるでしょうか。
また、ネットワークビジネスで販売していなければ、ヒットしたであろう
という商品があれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

たぶん「ネットワークビジネス」とは、ITの「ネットワーク」ではなく、いわゆるマルチ販売のことではないでしょうか。
私は「アムウェイ」の洗剤だと思います。入ってきた当時の日本では、かなり革新的な商材だったと思います。
マルチ販売でなければ、私は使いつづけたと思いますよ(あの勧誘がなければ、固定ファンがかなりついたと思います)。
ヒットしたかもとおもうのは、マルチ販売に詳しくはないのですが、思い当たるものとして「ルテイン」でしょうか。
目の健康に特化させていたので、これも使いつづけたかった商品のひとつです(あまりに高いのとやっぱり勧誘で…以下同文)。

QMLMとアフェリエイトの違い

アフェリエイトを始めようと検討しています。

いろいろなサイトや情報を見て検討していますが、
アフェリエイトってMLMじゃないの?
という疑問をもちました。

そこで、MLMとアフェリの違い
それを裏付ける正確な情報などありましたら教えてください。

個人的には一緒じゃないの?と思っていますが・・

Aベストアンサー

No.3です。
ちょっと誤解されているようなので、補足を。
アフィリエイトを「使った」MLMはあります。
いわゆる商品が「アフィリエイト」になるわけです。
しかしアフィリエイト自体にはMLM的な属性はまったくありません。
洗剤や鍋にMLM要素がないのと同じです。
(MLMに洗剤や鍋はよく使われましたが…)

MLMは違法ではありませんが、法律で厳しく縛られたビジネスです。
そこで問題になるのが、「アフィリエイトは商品になり得るのか?」でしょうね。
そういう意味で、私はねずみ講になるのではないか?と疑問に思うわけです。なぜなら洗剤や鍋のような現物ではなく、あくまでサービスが主体になります。
この辺になるとご質問の意図とは外れますので深くは書きませんが、MLMとアフィリエイトは、まったく異なるものであるということを認識いただければ幸いです。

Qネットワークビジネスについて。

ネットワークビジネスについて。
自分の信頼している仲のいい会社の先輩がネットワークビジネスを始めました。当然自分に声がかかり、一緒にやってみないかと言われています。ネットワークビジネスにはあまり良くない噂を聞いたりしたのでどうなのかなと思い、けど、かなりの収入になることは間違いないらしいです。
やればビジネスを通じ仲間が増える、普通は出来ないことが出来る、お前だから一緒に成功したいと言われました。どうしたらいいのか....

Aベストアンサー

私の知っているネットワークビジネスだのマルチ商法だのやっていた人たちは、いずれも高収入を得るどころか、損をした人ばかりです。(中には数十万円の借金をした人もいますよ。)

さらにこういったビジネスの恐ろしいところは、お金だけでなく友達もなくしてしまうという点です。

なので、個人的にはあまりお勧めは出来ないのですが、質問者様が興味があるのでしたら、「信頼できる先輩が勧めてくれたのだから大丈夫だろう。」ではなく、そのビジネスの内容をしっかり調べ、勝算があるか見極めたうえで、決めましょう。

質問者様が、そのネットワークビジネスで大損しても、その先輩もネットワークビジネスの会社も何の保証もしてはくれませんので、やるのであれば、全て質問者様の自己責任ですからね(^_^;)

あと「絶対に儲かる」なんてビジネスは、この世の中のには無いと思いますし、商売にしても、投資にしても何かしらリスクはあるものです。
先輩はネットワークビジネスの良い面しか話さないでしょうが、ネットや書籍で質問者様も調べたり、勉強したりし、デメリットもきちんと把握することも大切だと思いますよ。

私の知っているネットワークビジネスだのマルチ商法だのやっていた人たちは、いずれも高収入を得るどころか、損をした人ばかりです。(中には数十万円の借金をした人もいますよ。)

さらにこういったビジネスの恐ろしいところは、お金だけでなく友達もなくしてしまうという点です。

なので、個人的にはあまりお勧めは出来ないのですが、質問者様が興味があるのでしたら、「信頼できる先輩が勧めてくれたのだから大丈夫だろう。」ではなく、そのビジネスの内容をしっかり調べ、勝算があるか見極めたうえで、決...続きを読む

Qネットワークビジネス(MLM)とネズミ講の違い

ネットワークビジネス(MLM)とネズミ講の違いについて教えてください。
「品物が無く、現金だけが動くのがネズミ講」という意見を多数聞きますが、そういう訳でもないように思えます。
例えば
1.ある商品を手に入れるために入会金を払い、
2.数名紹介することで(入会金に紹介料を上乗せ、つまり貯金して行って)希望の商品を入手する、
3.その後は紹介した人数によってキャッシュバックがある
という商法もあるようですが…。
こういったモノはネズミ講なんでしょうか。
また、アムウェイやニューウェイズ、ちえの輪(レイシの販売。銀座に店舗を構えているらしい)などはネズミ講ではないのでしょうか。
それぞれの特徴と、どこが法に触れるのかを教えてください。

Aベストアンサー

「無限連鎖講の防止に関する法律」という法律があります。この「無限連鎖講」というのが、世間一般でいう「ねずみ講」のことです。この第2条に「無限連鎖講」つまり「ねずみ講」の定義が書いてあります。
(参考:下記URL)

この法律において「無限連鎖講」とは、金品(財産権を表彰する証券又は証書を含む。以下この条において同じ。)を出えんする加入者が無限に増加するものであるとして、先に加入した者が先順位者、以下これに連鎖して段階的に二以上の倍率をもつて増加する後続の加入者がそれぞれの段階に応じた後順位者となり、順次先順位者が後順位者の出えんする金品から自己の出えんした金品の価額又は数量を上回る価額又は数量の金品を受領することを内容とする金品の配当組織をいう。

法律なので、難しい言葉で書いてありますが、まとめてみると、

1.加入には金品を払う。
2.「金品を払う加入者が無限に増える」ことを前提としている。
3.先に加入した人がより早い「順番」を獲得する。
4.先に加入した人から連鎖して段階的に2倍以上で加入者が増加し、その後から加入した人は段階に応じて「順番」を獲得する。
5.「より早い順番の人は、後のほうの順番の人が加入のために払った金品の一部をもらい、それが自分が加入するときに払った金品より多くなる」ことが、加入の目的である。

という内容のものが「ねずみ講」ということになります。(実際には後の方の順番になると、4が破綻します。)

SALAさんが例にあげたビジネスを考えると、これが「ねずみ講」かは、「紹介の条件」によると思います。
まず加入の際に金品を払うので、条件1はクリアです。
問題は、紹介制度が、「自分が紹介した分については、人数に応じて紹介料をもらえる」のか、「自分が紹介した人はもちろん、その人がさらに人を紹介した場合(マルチでは「孫」と呼ばれることが多い)その分も、さらに紹介したら、という感じで、後から加入する人の分を(その段階に応じて)紹介料をもらえる」のかによって、条件3,4,5をクリアするかどうかが変わってきます。
後は条件2ですが、これは例えば「絶対に儲かる」というくどき文句とかで誘われた場合などに(もちろん、「加入者が無限に増える」と公言しているものがあれば当然適用されますが、そんなところは流石にない。)クリアです。なぜなら、自分の下の段階に加入者がいなければ儲からないわけですので、「絶対に儲かる」というくどき文句は「加入者が無限に増える」と言っているのと同じなのです。

というわけで、似たようなことをやっているところは、微妙に「ねずみ講」の条件をはずしているわけで、そうなると「ねずみ講」として法で罰するわけにはいきません。あくまで、上で書いた全ての条件を満たしたものだけが法で罰せられるのです。
しかし、社会問題になっているのも確かなので、法が改正される可能性も近い将来充分考えれられるのではないか、というのが、私の個人的見解です。
また、アドバイスとしては、「楽に」儲ける方法など、原則としてありえないので、うかつにだまされないように、というところでしょうか。例えばマルチまがい商法のトップクラスの人間は確かに「今は」何もしなくても月に数千万円とかのお金が入っているかもしれませんが、そんな彼らでさえ、後から入ってくる人よりも、「儲ける仕組みつくりを夜も寝ないで真剣に考えたり」、「いかに勧誘するか、その話しのテクニックをとことん磨いたり」といった「苦労」をしたのです。(良いか悪いかは別)

参考URL:http://www.ron.gr.jp/law/law/mugenren.htm

「無限連鎖講の防止に関する法律」という法律があります。この「無限連鎖講」というのが、世間一般でいう「ねずみ講」のことです。この第2条に「無限連鎖講」つまり「ねずみ講」の定義が書いてあります。
(参考:下記URL)

この法律において「無限連鎖講」とは、金品(財産権を表彰する証券又は証書を含む。以下この条において同じ。)を出えんする加入者が無限に増加するものであるとして、先に加入した者が先順位者、以下これに連鎖して段階的に二以上の倍率をもつて増加する後続の加入者がそれぞれの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報