4月から会社を設立するにあたって
税理士さんを顧問に雇いたいのですが
年間どのぐらい料金がかかるのでしょうか?
契約の仕方で大きく変わると思うのですが、
大体の相場を教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

どこまでご自分で処理されるかで、随分違うと思います。


ご参考までに、以前勤務の会社では、月額4万円(税務たより送付と稀に特殊な仕訳の相談のみ)と決算13万円。
 1年前に有限会社設立して上記金額に納得いかなかったので、まず開設の届けは税務署に書き方を聞いて提出。最初の2~3ヶ月は商工会議所の税務相談(無料)で毎月末伝票をチェックしてもらい、後は税務署の相談室に聞いていました。決算の申告書も関与税理士がいなくてもいいとの事でしたので最初は単純なので(笑)
図書館で申告書の書き方を見て書きましたが・・・ちょっと不安で、決算だけは税理士の方にお願いしたら(有難くもない客でしょうが)決算6万円だけでしかも毎月税務のたよりは送って下さるし、わからない事があればいつでも相談して下さいとのこと。だんだん会社が大きくなればそうもいかなくなるでしょうが、それまでは、”この教えてgoo”も諸先生方がいらっしゃることだし、落ち着くまでは甘えさせていただきます。私事で恐縮ですが・・・
    • good
    • 0

税理士の顧問料金は、事務所によって違うようです。

ホームページにも詳しく書いてないところがありますので、紹介業者に相談してみるのも一つの方法かもしれません。
    • good
    • 0

ずばりというのもはありませんが、顧問料規定はあります。

ただ顧問料金は税理士の場合、最高額の設定になっておりますのでそれ以上は取れません。(弁護士は最低額の設定ですのでそれ以上ということになりますが。。。これ自体変!!)30,000円という意見もありますが、そう簡単ではないですね。あくまでも目安です。一年でいくらと決める場合もありますし、月額いくらにして決算はいくらにしましょう、そしてそれ以外の手続きや、諸申告(償却資産、法定調書などなど)は別にするとか一緒にするとか、その辺は業務の規模、事務負担によります。取引金額の大きい会社は責任もありますので事務負担がいくら軽くても報酬は多少高くなるのが普通です。ただ一般的にはそのようなことはありません。また、その逆も然りで、取引金額はそれほど大きくないのに事務負担がとても多くなるとそれなりに時間が占有されますので顧問料も上がります。そのようなときはお互いで「ここまでは私の方でしっかり整理しますので、あとはお願いします」など、はっきり意志を伝えて分担を決めて話をされると良いと思います。そうしていくうちにおおよその顧問料が決まると思います。また、税理士によっては最初決めないで数ヶ月後に決めるなんていう方もいると思います。それはやはり事務負担が最低でも何ヶ月か見ないと分からないような場合もあるからです。そういった意味で30,000円~35,000円ぐらいは目安としては良いと思います。通常この月額の17ヶ月が1年分報酬になります。決算が5ヶ月分はかかるのでそのようになります(決算はどのような会社でも事務負担が大きいです)。それ以外の報酬は取るところと取らないところとまちまちです。だいたいはおわかりいただけたかと思います。
    • good
    • 0

税理士報酬規定によると、法人の場合の顧問料は最低で月額3万円からです。

あとは、依頼内容によって相談・調査立会い・記帳など別に加算されます。
実際には、規定どおりではないようです。
参照URLに一覧表があります。

参考URL:http://www.ikd21.com/zeimu/housyuukitei.htm
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトで相談されては如何でしょうか?


親切に回答して頂けますよ。
あるいは、http://www.telepocket.net/rent/bbs/mkgif/mkgif.c …
(税務経理110番)

ご参考まで。

参考URL:http://www.ifsp.com/financial/wwwboard/wwwboard. …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q顧問税理士について

主人が個人事業主で妻である私は専従者です。
今年から自営を始めたところで経理初心者の私がが経理をするので顧問税理士を雇っています。一ヶ月5000円ほどで入力指導に来ていただくと15000円ほど+です。今現時点で弥生会計の現金出納帳、預金出納帳、売掛帳、買掛帳と振替伝票入力を教わりました。1週間2週間に一度バックアップした会計を送っているのですが開業当初は分からなかった言葉や意味が少し理解できてきて総勘定元帳や仕訳帳など入力間違えしてないかチェックしてたのですが、今まで送っているデーターを税理士がチェックしてないようで、こちらは送っているのでみてもらって何かあれば訂正されるものだと思っていたのですが、結局は自分が間違えているところを見つけて税理士に質問している状態です。
電話やメールで色々質問していることに丁寧に教えていただいてるのですが訂正してくれたデーターの中にも全部修正してなかったところがあって再度聞いたりすることもあるのですが、税理士さんは毎回送られてくるデーターなどをチェックしているのでしょうか?
領収書のチェックもしてませんがそんなものなのでしょうか?
送ったデーターのチェックをして間違えたところは訂正して後他の質問などにも答えてもらえると思っていたのですが、皆さんの顧問の税理士さんはいかがでしょうか?開業してどれくらいの間隔で事務所に来られますか?すみませんがご存知の方よろしくお願いします!

主人が個人事業主で妻である私は専従者です。
今年から自営を始めたところで経理初心者の私がが経理をするので顧問税理士を雇っています。一ヶ月5000円ほどで入力指導に来ていただくと15000円ほど+です。今現時点で弥生会計の現金出納帳、預金出納帳、売掛帳、買掛帳と振替伝票入力を教わりました。1週間2週間に一度バックアップした会計を送っているのですが開業当初は分からなかった言葉や意味が少し理解できてきて総勘定元帳や仕訳帳など入力間違えしてないかチェックしてたのですが、今まで送っているデー...続きを読む

Aベストアンサー

ストレートに言いますね
その程度ならそんなくらいです。
顧問税理士とはいえないレベルです。
今頼まれているのは電話サポート程度のレベルの金額と考えた方がいいと思います。
それに値段はいろいろあるでしょうが安い部類だと思います。
ちょっと帳簿を見てもらっている税理士さんっていう感じでしょう。
わからないところを電話で聞くくらいの値段ですね(電話で聞けるくらいのレベルの事を)
帳簿全て見ていたらもっとかかるでしょう。
顧問税理士になって欲しければ最低100倍かな?

事務所に来るのは税理士さんのことですか?
そのくらいなら来たとしても決算時の一度くらいだと思いますよ
それか来てもらうと別途費用請求される可能性も高いですね
ちなみに調査が入ったときも来てもらえますが勿論別途費用
請求されますよ。人や人数によるでしょうが一日5万くらいかな?
これも人によっていろいろでただ座ってるだけの人もいるようです。
座ってお茶飲んで5万かぁーって知り合いが言ってました。

安いと思ったほうがいいですね

Q投資顧問会社の設立について質問です。

こんにちわ。
投資顧問会社の設立を検討しております。
この場合、法務局に預ける500万円の保証金以外に何か手数料は掛かりますか?

また、資本金は一般的な株式会社の1,000万円で
大丈夫でしょうか?

また、代表者となる人物は、何かFPなどの資格を
保有しているべきなのでしょうか?


以上、お願いします。

Aベストアンサー

投資対象は 何ですか?

不動産 証券 債権 商品 指数 ・・・・・

それぞれ、異なります。

Q税理士の顧問料ってこういうもん?!

個人事業を営んでいる主婦です。今年で7年目になりますが、
税理士に毎月顧問料をお支払して、青色申告を始めてから4年目になります。
現在、毎月の顧問料は9450円。
決算月(確定申告時)には5万円弱、決算翌月に3万円弱の顧問料を支払っています。
なんですが・・・。
毎月担当税理士から電話がかかってくるわけでもなく、
こちらから「そろそろ見てもらったほうが」と連絡すると
「じゃあ●●日に」といった具合にみてもらうっといった具合で
積極的に「どうですか」とか毎月決まった日に状況を見てもらう等のことはありません。
※6月下旬に差し掛かろうという現在、決算後(3月以降)一度も連絡ありません。顧問料だけ自動引き落としされています。

決算等の諸作業や諸手続きは問題なくやってくれているとは思いますが。(決算書等の書類も郵送されてきます)

私的には、「もう少し積極的に関わってくれると。せめて月一回ぐらいは電話ぐらいしてくれると」などと思っているのですが。。
これぐらいの顧問料なら、これぐらいの対応っということなのでしょうか。

皆様のご意見頂戴できればと思っています。
よろしくお願いします。

個人事業を営んでいる主婦です。今年で7年目になりますが、
税理士に毎月顧問料をお支払して、青色申告を始めてから4年目になります。
現在、毎月の顧問料は9450円。
決算月(確定申告時)には5万円弱、決算翌月に3万円弱の顧問料を支払っています。
なんですが・・・。
毎月担当税理士から電話がかかってくるわけでもなく、
こちらから「そろそろ見てもらったほうが」と連絡すると
「じゃあ●●日に」といった具合にみてもらうっといった具合で
積極的に「どうですか」とか毎月決まった日に状況を見て...続きを読む

Aベストアンサー

私も個人事業主として青色申告を2回ほど経験しましたが、使用し
ている会計ソフトのサポートへの質問及び青色申告時期に発売され
る書籍数冊を読み込んで理解してスムーズに行っています。

>簿記等の知識が浅く「もし不備があったら」

私も当初ほとんど簿記の知識はありませんでしたが、書籍である
程度ポイントは出ているし、税務署で申告書作成コーナーで色々
相談出来たし問題ありませんでした。一度訂正箇所が多くて赤ペ
ンで書いてもらい持ち帰って修正したことはありますが。No8さん
も書かれてますが、別に怒られるわけでもなく「ここは、こうです
ね~」と指導してもらえますから。

>決算書等の書類も郵送されてきます。

一度申告を行えば、希望すれば確定申告書及び決算関係書類は翌年
以降税務署から事前に送られて来ますが。


経営者として一度すべての流れを自分で把握するようにされてはい
かがですか?

また下記のように領収書整理、記帳代行をしてくれるサービスもあ
ります。無料相談も出来ますので私は何回か利用しました。

参考URL:http://www.kichoo.com/

私も個人事業主として青色申告を2回ほど経験しましたが、使用し
ている会計ソフトのサポートへの質問及び青色申告時期に発売され
る書籍数冊を読み込んで理解してスムーズに行っています。

>簿記等の知識が浅く「もし不備があったら」

私も当初ほとんど簿記の知識はありませんでしたが、書籍である
程度ポイントは出ているし、税務署で申告書作成コーナーで色々
相談出来たし問題ありませんでした。一度訂正箇所が多くて赤ペ
ンで書いてもらい持ち帰って修正したことはありますが。No8さん
も書かれて...続きを読む

Q投資顧問会社の設立に証券外務員などの資格は必須ですか?

投資顧問会社の設立を検討しております。
金融庁に登録して委託金500万円が必要なのは理解しております。

1)証券外務員などの資格は必須ですか?
もしくは、現在、投資顧問として運営されている方は、
何かアナリスト資格を持っているのでしょうか?
何もなくても大丈夫ですか?一応、株の検定資格は保有しております。


2)法人のM&Aを専門もしくは、持ち株会社(例:最近よく見かける○○○ホールディングス)の会社設立も考えておりますが、この場合、何か届け出は必要でしょうか?

Aベストアンサー

それらに詳し行政書士さんに相談して下さい。
投資助言だけか、一任契約まで行うのかでも許認可基準が異なります。
会社設立時の人的要件はいわゆる前科者でなければ大丈夫です。
(参考)
http://toushi-komon.com/toushikomon/index.html
http://www.tousikomongyou.com/index.html
http://www.kaisha-hybrid.biz/n_tousi/

QRe質問:税理士の顧問料金?

質問:税理士の顧問料金?で回答した者ですが、なにせ素人で手探り状態なので、
 毎月の仕事で気を付けるのは、あと経営分析、資金繰り、程度でいいのでしょうか?
顧問料金って言う言葉が、ちょっと気になったものですから。

Aベストアンサー

少し違った角度から考えを述べさせて下さい。
私は以前税理士さんとお付き合いがありました。最初の税理士さんとは少し考えが違うと思い、6年目ぐらいに替えました。しかし、2番目の税理士さんもやはり一般の事業者とは感覚が違うように感じました。それで現在は青色申告会に加入しています。
申告会などから送られてくる通信などと一緒に「税理士のにせ者にご注意を」と表示された税理士会の名簿が送られてきます。その中には<申告は自書申告で!!税理士は自書申告のお手伝いをいたします。>と書かれています。おわかりのようにあくまでお手伝いをするだけなのです。私の体験では4年を過ぎた頃(今から約10年前)から税理士さんが意識的になるべく依頼者に自分でやらせ税理士はそれをチェックするだけの仕事内容にしようとしていたみたいに感じました。それなのに顧問料は値上がりしてきました。私はそれが納得いかず、替えたのですが、同じでした。
税理士さんはよく<指導>という言葉を使います。私が納得いかないのは「チェック」や「指導」をするのは税務署であり、税理士さんではないはずです。どこの世界に指導を受けるためにわざわざ大切なお金を払う人がいるでしょう。(ちょっと過激な表現でごめんなさい)私が思うに税理士さんも一種のサービス業だと思います。ところが現状はできるだけサービスを行わないで報酬を受け取ろうとしているように思われます。
税理士さんの顧問料とは一面では税務署に対する保険の意味があると思います。以前税務署からなにか問い合わせを受けたことがあり、それを税理士さんに相談したところ私の目の前で税務署に電話をかけ次のようにピシャリと言っていました。「この人は私どもの方でしっかりとみていますから!」
このように税務署も税理士を頼んでいる人とそうでない人を区別しているようです。それが顧問料の意味でしょう。それを利用して顧問料以外にお金を請求することもあるようです。しかし、いくら税理士さんが顧問に就いていても追徴を受けることはあります。ですから結局は自分で管理をした方が良いのではないでしょうか。
申告会はかなり親切(経営分析なども)に教えてくれますし、最近ではよくできたパソコンソフトがありますからそれで充分間に合うと思います。税理士さんの業界はまだまだ閉鎖的で事業者にとって満足のいく業界にはなっていないというのが私が税理士さんと付き合った感想です。これは税理士さん個々人に問題があるのではなくその構造に問題があるでしょうが・・・。

少し違った角度から考えを述べさせて下さい。
私は以前税理士さんとお付き合いがありました。最初の税理士さんとは少し考えが違うと思い、6年目ぐらいに替えました。しかし、2番目の税理士さんもやはり一般の事業者とは感覚が違うように感じました。それで現在は青色申告会に加入しています。
申告会などから送られてくる通信などと一緒に「税理士のにせ者にご注意を」と表示された税理士会の名簿が送られてきます。その中には<申告は自書申告で!!税理士は自書申告のお手伝いをいたします。>と書かれてい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報