「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

手軽な「洗剤」として消毒用エタノールを便利に使っております。
砂糖や塩に使用期限がないことは知られていますが、消毒用エタノールも、少なくとも未開封であれば使用期限はないと思っていました。ところが、手元にある品物をよく見ると「使用期限 2009年12月」の文字が。
※ 手元にある品物は、日本薬局方に従わない分だけ多少安価な「消毒用エタノール液IP」なるものです。

この品物は1年ほど前に買ったと思いますので、恐らく使用期限を製造後4年に設定しているものと思われます。

質問ですが、
1. 消毒用エタノールは経年劣化するものなのか?無水エタノールならどうか?
2. 経年劣化すると何が変わるのか?
です。よろしくお願いします。

※ 手元にあるベンジンの瓶には使用期限は書いてありませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

消毒用エタノールは、ガラス瓶入りの場合は、ほとんど変化しません。


ポリ瓶の場合は、時間を経るとプラスチックからの成分がわずかに溶け出してきますが、
使用期限内では、全く問題ありません。
また、ふたの隙間から漏れるということが書かれていましたが、未開封では、それはありません。
ふたに隙間がなくても、プラスチックの表面からわずかに蒸発していくのです。
わずかに、有効成分のアルコールの濃度が変化します。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私の家で現在使っている消毒用アルコールはポリ瓶です。ポリ瓶は一度使うと便利さに感心してこれしか買わなくなりますが、保存性はガラス瓶入りが圧倒的に優れているわけですね。ガラス瓶入りであれば、未開封ならば蓋が朽ちないかぎり実際は「半永久の寿命」を持つと考えて良さそうです。

便利なポリ瓶入りの場合は、便利さとのトレードオフと割り切って、きちんと使用期間内に使い切った方が良さそうですね。

「ふたに隙間がなくても、プラスチックの表面からわずかに蒸発していくのです。わずかに、有効成分のアルコールの濃度が変化します。」
なるほど、ほんの僅かではあっても、分子の隙間を通るか何かして少しずつ蒸発して行くわけですか。勉強になります。

お礼日時:2007/10/15 22:11

アルコール類は酸素により酸化され、アルデヒドになります。


ですのでエタノールの場合はメチルアルデヒドになります。
(さらに酸化が進行すると酢酸になります)
ボトルが未開封の場合、ボトル上部にある空気中に存在する酸素と、アルコールに溶存している酸素により徐々に酸化が進行します。
開封してアルコールを使用している場合、アルコールを取り出す毎にボトル内の空気は循環しますので酸素がどんどん新しく供給される事になります。
酸化反応は条件等により反応速度が異なるので、一概に言うことは出来ませんが、比較的アルコール純度が高いので(混合されている場合でもイソプロピルアルコールなどアルコール類ですので)、さほど酸化は早く進行しないと考えても差し支えありません。
アルコールの酸化の例として解りやすくたとえるなら、葡萄酒を思い浮かべていただいたらと思います。
このような蒸留していない酒類は様々な不純物を含んでいて比較的酸化が早いので、ウィスキーなどの様な蒸留酒と比較して長期保存に向きません。また、その酸化を防止するために酸化防止剤が大抵入れられています
(ウィスキーなどの蒸留酒は不純物が少ないので酸化防止剤は入れられずに販売されています、またビールは蒸留酒ではありませんが賞味期限が短く設定されているので酸化防止剤は入れられていません)
しかしながら、この酸化が遅いとはいえ僅かずつでも酸化が進行し、メチルアルデヒドが不純物として基準値より検出されてしまったとすると消毒用のアルコールとしての品質が問われてしまいます。
また、利用者の使い方などにもよりますが、開封してアルコールを取り出すときにボトルを汚すような(例えば入り口を手で触れたり、脱脂綿をボトルの口に押しつけひっくり返して脱脂綿をアルコールで湿らすなど)使い方をして、汚染によって酸化の進行(汚染自体問題ですが)が助長される可能性もあります。
ですので使用期限自体は消毒用途での品質を考慮して設けられていると考えられます。
アルコール類は少なくとも酸素がある限り経年劣化します。
また、それはドライエタノールであっても同様です。
酸素が存在しないようにデッドボリュームを窒素やアルゴン置換するのも手ですが、期限内に使用すればこういった事は事実上問題にならないので、特なる対策のコストや手間をかけずに期限を設け販売しているのだと考えられます。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

「アルコール類は酸素により酸化され、アルデヒドになります。ですのでエタノールの場合はメチルアルデヒドになります。(さらに酸化が進行すると酢酸になります)」
貴重なご教示ありがとうございます。アルコール以外の「不純物」を多量に含むワインに必ず酸化防止剤が添加されていることも思い出しました。日本酒やビールの場合は短期間での消費が前提だから不要なわけですね。

「しかしながら、この酸化が遅いとはいえ僅かずつでも酸化が進行し、メチルアルデヒドが不純物として基準値より検出されてしまったとすると消毒用のアルコールとしての品質が問われてしまいます。(後略)」
とても納得できる説明です。ありがとうございました!

これにて質問を締め切らせて頂きます。ここまでご回答頂いた諸賢の方々に、この場で御礼を申し上げます。

お礼日時:2007/10/19 10:34

また失礼します。

m(__)m
>消毒用アルコールを使用して何か事故が起きる可能性は低そうですが・・・
実は実際に事故になった例は聞きませんが、病院で大問題になった例があります。

酒精綿と言って、注射などする時、皮膚を拭くアルコールをかけた綿がありますが、あれが問題になりました。
当初は80%位のエタノールを使用していたので、アルコールが飛んでしまうとカサカサになり、すぐ判って追加したりしてたのですが、一時期、イソプロパノールの50%液が普及しました。
アルコールの量を減らせるので経費削減の為に非常に広く普及しましたが、この場合は、アルコールが飛んでしまっても水が50%入ってるので、非常に低濃度になってしまっても気づかない事例が結構ある事が判明し大騒ぎになった事があります。
今ではイソプロパノールでも50%で使わないようになっています。

それから、未開封の瓶であれば、70%エタノールでも、瓶の中の過半数?以上がアルコールですので、瓶の半分近くまで蒸発して飛んだとしても50%程度の濃度は維持されてます。
従って、量を見るだけで十分使えるかどうかは判ります。(笑)
    • good
    • 16
この回答へのお礼

イソプロパノールというのはエタノールの親戚と考えると良いみたいですね。

「それから、未開封の瓶であれば、70%エタノールでも、瓶の中の過半数?以上がアルコールですので、瓶の半分近くまで蒸発して飛んだとしても50%程度の濃度は維持されてます。従って、量を見るだけで十分使えるかどうかは判ります。(笑)」

有用なご助言ありがとうございます。「洗剤」として使うかぎりでは、栓を開けて放置していたのでない限り、経年変化(アルコール成分の揮発)を気にする必要はなさそうですね。

ところで、従来「エタノール」というのは「高濃度の酒」と考えていたのですが、ウィキペディアを読んで
「医療用のエタノールは醸造の方法で作るが、工業用エタノールはまったく別の方法でも作れる」
「工業用エタノールには、微量のメタノールが添加されていることがある。節税のため」
「工業用エタノールは、高濃度の酒ではないので決して薄めて引用してはならない」
など、エタノールについての認識を改めました。ある程度の年齢の方だと「ヤマト・カクテル」というのを覚えておられる人が多いと思いますが、あれは「医療用エタノール」限定の話な訳ですね。

ゴルバチョフが強力な禁酒政策を取っていた頃のソ連で、「工業用アルコールを薄めて飲んで失命するアル中が続出」したという話があり、「ソ連にはメタノールを薄めて飲むバカがいるのか?」と不思議に思いました。戦後のモノ不足の時代の日本でも同様の事故が起きたようです。

工業用エタノールは、ウォッカに慣れたソ連人には「濃いウォッカ」にしか見えないはずで、これを薄めればウォッカ同様物になるだろうと考えるのは無理もありません。しかし、「エタノール」と一口に言っても、化学的には様々なバリエーションが存在して、ヤマト・カクテルの原料に出来るのはごく一部なわけですね。

お礼日時:2007/10/15 08:49

実は水の少しは蒸発しています. ですから,通常の保管状態ならそんなに濃度が落ちているとは考えられません.


ですから,冷蔵庫内の掃除等に使う分には何ら差し支えありません.

ベンジンは医薬品ではありませんから,使用期限表示義務がありませんし,100%そのものですし,経年変化はしません.
    • good
    • 6
この回答へのお礼

「多少濃度が落ちても、冷蔵庫内の掃除などに使うには差し支えない」
心強いアドバイスありがとうございます。

「ベンジンは医薬品ではありませんから,使用期限表示義務がありませんし,100%そのものですし,経年変化はしません」
ベンジンは要するに「揮発してなくなることはあっても、成分そのものは経年で変化しない」わけですね。法律による義務以前に、使用期限という概念が存在し得ないわけですか。

無水エタノールは、揮発して量が減る以外に、保存状態が悪いと空気中の水分を吸収して「無水」でなくなってしまうと聞いていますが、ベンジンとは物性が違うのでしょうか。

お礼日時:2007/10/15 08:24

アルコールの自然蒸発を考えての使用期限でしょう.一番殺菌効果あるのは80%位ですが,70%~75%でも効果はあります.


医薬品として売る出してある為使用期限は記載していますが,実際には2~3年経過しても,余程温度の高い所に保存したのでなければ問題ないです.
    • good
    • 10
この回答へのお礼

「アルコールの自然蒸発を考えての使用期限でしょう.一番殺菌効果あるのは80%位ですが,70%~75%でも効果はあります」

参考になる情報ありがとうございます。

仮に消毒用アルコールを栓を開けて放置していれば、アルコールが揮発してアルコール濃度がどんどん下がって行きますよね。瓶を見ると
約75%から80%の濃度で作られているようです。手元にある品物は開封から半年は経っていますので、果たしてどんな濃度になっているか保証の限りではありませんが…

お礼日時:2007/10/14 21:26

こんにちは。


この製品は消毒用エタノールにイソプロピルアルコールを少し混ぜて税金対策を行っただけの製品です。

この成分で変質する心配はまずないので、経年劣化は数年程度ではまずないと思われます。
但し、直射日光や高温環境など、過酷な環境で保存した場合は、中の蒸気の圧力が高くなってキャップの僅かな隙間からほんの僅かづつでも漏れますので消毒成分が減少するでしょう。

化学変化などは普通の保存状態では考えにくいです。

消費期限の表記は一応、医薬品なので書いてあるのだと思われます。
臭いをかいでアルコール臭がはっきり感じられれば家庭用の用途では問題ないでしょう。

病院などで使用して何か事故が起こった時、消費期限が切れていると病院の管理責任が問われるという事はあります。
ある意味、メーカーが責任を負う期限を書いてるような物、と思って頂いていいでしょう。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

この「消毒用エタノール」は、水で割って飲んだりしてはいけないようですね。購入目的が「万能洗剤」ですので構わないのですが。

「臭いをかいでアルコール臭がはっきり感じられれば家庭用の用途では問題ないでしょう」
なるほど、この判定方法で「寿命になったかどうか」判定するように致します。

「病院などで使用して何か事故が起こった時、消費期限が切れていると病院の管理責任が問われるという事はあります。ある意味、メーカーが責任を負う期限を書いてるような物、と思って頂いていいでしょう」

消毒用アルコールを使用して何か事故が起きる可能性は低そうですが、メーカーは「この時点までは責任持ちますよ」というつもりで書いているのでしょうね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/14 21:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無水エタノールの期限

消費期限が2013年11月の無水エタノール(開栓済み)が見つかったのですが
期限が切れたものは、使用したら何かまずいことはありますか?効果がなくなるんでしょうか。
捨ててしまった方がいいですかね?

Aベストアンサー

開栓して開けっ放し、半分以上使用して閉栓、開栓しただけで使用せず閉栓、これだけでも微妙にさは出ます。
食品の賞味期限と同じ、すべて自己責任、そして自己の判断能力如何。
基本は先の回答者の通り、無水に該当しなくなるのです。
使用目的に対しその影響がどう出るかが問題になります。
>パソコンのディスプレイ、キーボードなどの掃除
別に無水が絶対条件ではないように思います、んが、無水でない以上万一の取り扱いミスには何の保証もしかねます。

Q消毒用エタノールの処分方法

掃除したらかなり前のエタノールが出てきました。
たぶん傷の消毒をするために買ったと思いますが。

かなり古いですがそのまま使えるものなのでしょうか?
処分するとしたらどういう方法がいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トイレに流しましょう。有毒物でもないし 除菌も出来るので大掃除で使いましょう。

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。

Q消毒液の消費期限?

今日、帰宅途中で突然飛び出して来た自動車をよけた拍子に派手に転んでしまいました。
驚いたので、ジーパンがやぶけてしまう程派手に・・・。
足、腕からも怪我をしたので、帰宅してから消毒(マキロン)したのですが、よく考えてみると、3年も前に購入したモノ!!
もう購入した当時の箱はないので、消費期限とかわからないんですが、3年前の消毒剤を使っても大丈夫ですよね??
少し心配になってきたので、どなたか教えてください!

Aベストアンサー

自分専門学生なのですが・・・
確か授業でそのようなものを調べたような・・・
えっと、モノによってはカラダに毒はないですが消毒殺菌能力が低下してる(もしくはなくなってしまう)ものもあるそうなので新しいものを買ったほうがいいとおもいます。

Q【医薬品】 消毒用エタノールの劣化・使用期限  自家製造の精製水のロット

製造所監査でとある委託先から指摘を受けました。
私は医薬品の受託メーカーに勤めています。

(1)消毒用エタノールの劣化・使用期限について
製造現場にある詰め替えた消毒用エタノールの使用期限はどのように管理されているかと聞かれました。
「基準を明確に」と指摘されました。
継ぎ足しはしてはいけないのは判るが、どう対応すれば納得いただけるかご存知でしたら、教えてください。

(2)精製水のロット
製造記録に精製水のロットを書くようにいわれました。
日付を羅列(20060616)するなどの基準を設けることと指摘されました。用時採水なので、何の意味があるのでしょうか
ご存知でしたら、教えてください。

Aベストアンサー

その消エタの使用期限内で、
開封後何日までということを明確にすればいいですね。
開封日がわかるように、容器に明示してください。

精製水のLot
自家製造なので、Lotを見れば、製造日がわかるということのためですね。日ごとで管理しているという管理基準単位が必要です。
当然、一日一回の日局精製水試験の適合を確認する必要はありますが。

Qキッチン用アルコール除菌スプレーの使い道

テレビで便利と聞いて、とりあえずフマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーを購入しました。
扉の取っ手やリモコンの手垢がスルスルきれいにとれて感動。
あちこち拭き回り、掃除用に常備しようと決めました。
ただ、コンパクトな一人暮らしのため、400mlを使い切るのに時間がかかりそうです。小分けにしてあちこちに置き、なるべく多目的に使いたいと考えたのですが。

(1)トイレの「流せるシート」を廃止してアルコールスプレーを吹き付けたトイレットペーパーで便器を拭く。

(2)アルコールOKなアトマイザーに入れて外出時の手指消毒に使う。

以上2点の用途は、キッチン用のアルコールでも足りるのでしょうか。
次回は消毒用エタノールIPにすべきか一番コストのかからないフマキラーをリピートすべきか悩んでます(まだ先の話ですが)。
また消毒用エタノールは使用期限があると聞きました。
それで、アルコールは早め早めに使い切らなければいけないのか?と焦ったのですが、現在使用しているキッチン用アルコールには使用期限は記載されてません。これは何年もかけてのんびり使用してても大丈夫ということなのでしょうか?

テレビで便利と聞いて、とりあえずフマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーを購入しました。
扉の取っ手やリモコンの手垢がスルスルきれいにとれて感動。
あちこち拭き回り、掃除用に常備しようと決めました。
ただ、コンパクトな一人暮らしのため、400mlを使い切るのに時間がかかりそうです。小分けにしてあちこちに置き、なるべく多目的に使いたいと考えたのですが。

(1)トイレの「流せるシート」を廃止してアルコールスプレーを吹き付けたトイレットペーパーで便器を拭く。

(2)アルコールOKな...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

>(2)アルコールOKなアトマイザーに入れて外出時の手指消毒に使う。

私と同じだ。私も同じ事やってます。


使用期限ありますよ。
消毒用エタノールは特に暖かいと化学反応が進んで時間がたつと水になっちゃう。
化学記号はC2H6O(炭素・水素・酸素)なので確かにその通り。

酸素に触れず、蓋さえ、すいていなければ何年でもOKです。

Qアルコール消毒の消毒時間ってどのくらい?

職場で調理の際に、「食中毒菌を殺す為に75度で、1分加熱」とか、「布巾の消毒に、自亜鉛素酸ナトリウムに30分つけなさい」とか、「熱湯で3分炊くと細菌類はほとんど死ぬ」とか、聞いたのですが、70%のアルコール消毒の時は、吹き付けてさっと拭いてすぐに使います。このアルコール消毒ってすぐに細菌を殺すものなんでしょうか?

Aベストアンサー

アルコールの消毒方法は、基本的に、気化(蒸発)するときに熱と水分を瞬間的に奪うことにより細菌を殺すしくみのはずです。
水分を急速に奪うことにより、細菌をミイラ化するような感じになると思います。このため、逆にアルコールが蒸発してからしばらく置いておいたとしても効果はあまり無いでしょう。

ただし、仕組み上アルコールをほぼ完全に出来るだけ早く蒸発させ乾燥させなければならないので、アルコールのつけすぎは無意味ですし、アルコールを拭きつけたあと乾かないうちに、濡れたタオル等ですぐふき取ると効果は無いはずです。吹き付けすぎたと思ったら、乾いた清潔なタオル等で軽くふき取れば、すぐ蒸発して殺菌効果は現れると思います。

また、熱による殺菌の場合、時間を要するのは、細菌自体がその温度まで上昇するのにそれだけの時間が掛かるというのが理由だったと思います。

記憶違いや、質問者さんの使用状況による、理屈の違いがある可能性があります、あしからず。

Qスーパー入口に設置してあるアルコール消毒液から悪臭が!

スーパー入口に設置してあるアルコール消毒液から悪臭が!

同じ経験をされた方もいると思いますが、スーパーなどに設置してある消毒液から悪臭がした事ってありませんか?
私は何度かあるのですが、また今日も同じ体験をしたので、なぜ悪臭がするのか分かる方がいたら教えてほしいです。

今日はスーパーの入口に設置してある、ボトル型で中には液体が半分くらい入っており、ポンプを押すと霧状の液体が出てきて、それを手にかけて消毒するというものです。
ほとんど行った事がないスーパーだったのですが、入口に消毒液がおいてあったので、いつも通りに手にかけて擦りあわせていました。
すると、手からアルコールの匂いとは違う悪臭がします。
なんと言うか、古い臭いがするんですね。古いインスタントラーメンの乾麺の匂いみたいな。
とにかく悪臭で手を下におろしていても、この悪臭が匂ってきます。
たまらず、手を洗いましたが臭いが取れません。家に帰って石鹸で何度も手を洗ってみましたが、臭いは薄くはなりましたが、まだまだ悪臭が。。。

恐らくあまり利用されていない消毒液なので、古くなっていると思うのですが、消毒液にも使用期限があると思いますが、使用期限が過ぎると殺菌作用が薄れて(アルコールが揮発して)、逆に殺菌が増殖してしまっていると言う事はあるのでしょうか?
他のスーパーに設置してある、同じタイプの消毒液を利用した事がありますが、普通にアルコールの匂いがして乾いてもアルコールの匂いが若干残っても、悪臭とまで匂う事はありませんでした。

悪臭がすると言う事が、古い消毒液が腐ってしまっていて、消毒どころか逆に雑菌を手に散布してしまったのかと恐くてなりません。


どなたかこの悪臭の原因や、古くなったアルコール消毒液の危険性など分かる方はいますでしょうか?

ご回答を頂けると嬉しく思います。


クンックンッ。。。6時間以上経過した今も手から悪臭が。。。
お陰で頭が痛くなってしまっています。

スーパー入口に設置してあるアルコール消毒液から悪臭が!

同じ経験をされた方もいると思いますが、スーパーなどに設置してある消毒液から悪臭がした事ってありませんか?
私は何度かあるのですが、また今日も同じ体験をしたので、なぜ悪臭がするのか分かる方がいたら教えてほしいです。

今日はスーパーの入口に設置してある、ボトル型で中には液体が半分くらい入っており、ポンプを押すと霧状の液体が出てきて、それを手にかけて消毒するというものです。
ほとんど行った事がないスーパーだったのですが、入口...続きを読む

Aベストアンサー

消毒薬の中には
二酸化塩素液、
イソプロパノール、
消毒用エタノール・・・etcとあり
中には多少?の悪臭がするものもあります。

私の家では二酸化塩素液の製品を使っており、結構臭います。

消毒用エタノールは古くなるとアルコール分が飛びますので
当然雑菌も増えますが
そのスーパーはアルコールではなく他の消毒薬を使っているのではないでしょうか?

疑問に思うのならスーパーに問い合わせるのが一番だと思います。

Q次亜塩素酸水のデメリットや流行らない理由

掃除などをする際の除菌する商品について、
お店でも除菌する商品として、ほとんどが
アルコールが使われているものです。

アルコールだと手が荒れるのでネットで
調べてみると、次亜塩素酸水(微酸性)が非常に
良い(食品添加物にも使われているため、安全性が
高く、除菌できる菌の種類もアルコールより多く、
手も荒れない)というのを見ました。

しかし、次亜塩素酸水は、一般に流行っていないですよね。
そこまで良いなら、色々な商品が売られていたり、お店などで、
もっと出回ってても良いと思うのですが。
ということは、次亜塩素酸水も何かしらのデメリットなどが
あるのでしょうか?

次亜塩素酸水のデメリットと流行らない理由を
教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

デメリットとしては
・次亜塩素酸ソーダは金属を腐食する怖れがあります。もちろん水洗いすればよいことですが。
・それに希釈した次亜塩素酸ソーダは時間が経つと消毒効果が低下するので消毒用商品としては適さない。

デメリットではないですが
次亜塩素酸ソーダは単価が安いのでこれを希釈して商品化しても商売になりにくい。実際には漂白/殺菌用の洗剤として商品化されているものを賢い消費者は希釈して使用している。

他方アルコールは食品のイメージから何となく安心感があり希釈品であっても価格設定を高くしても売れる。

食品業界では大量に使用するので次亜塩素酸ソーダが多いのではないでしょうか。野菜等の食品の消毒にも使用されています。

Qアセトアルデヒドは、なぜ、メチルアルデヒドと呼ばれないのでしょう・・・。

先ほどに引き続きあまりにも基礎的な質問で申し訳ありません。
いろいろGOOしたりGOOGLEしたりはしてるのですが、なかなかたどり着けずにまた来てしまいました。
 他の分野で色々頑張って貢献しますので、お暇なときにでもお教え頂ければ幸いです。

 質問の主旨はアセトアルデヒドって、
H
|
H-C-C-H
| ||
H O
だと思うのですが、これって、アルデヒドにメチル基が
ついた「メチルアルデヒド」となぜ呼ばれないのでしょうか・・・。もしお暇な方、教えてくださいませ・・・。

Aベストアンサー

#1の方がきちんと書いてくれているので、かなり気楽に書けますね。

【名前から構造が見えてくる】
http://www.a-forum.jp/html/chem_guide5.html
何やら勉強の苦手な私でもわかる内容でした。
(ここまでで、いっぱいいっぱい(汗))

アセトアルデヒド【別名:エチルアルデヒド】
(エタナールとも呼ばれている)

ホルムアルデヒド【別名:メチルアルデヒド】
(オキシメチレン、オキソメタン、メタナール、メチレンオキシドとも呼ばれている)

---------------------------

アセトアルデヒドの『アセト』は、かつてはアセチレンに水を加え製造していたからついたのかも、ホルムアルデヒドの『ホルム』は、ホフマンが発見したからついたのかも…と自分なりについでに考えてみました。(が当然、自信なし(笑))

参考URL:http://www.a-forum.jp/html/chem_guide5.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング