大学院の学生です。
数値解析手法の論文で、解析解に対する誤差評価と共に、CONSISTENCYについて述べているところがあります。
CONSISTENCYとはなんでしょうか?
またCONSISTENCY(一貫性??)についての議論は、どのような目的で行われるのでしょうか?
関連する本またはHPを教えていただきたいのですが

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アリさん問題ではsiegmund先生と一蓮托生でずっこけたstomachmanです。



consistency check。辻褄の合った答かどうか検討する。場合によっては検算する、という程度の意味です。数値計算に限らず、理論や近似式を作ったときには必須のチェックです。
 簡単な例では、2次方程式に帰着した問題。2個の解のうちどっちを採るべきかを考えるのもconsistency checkですね。
 ことに数値計算は、問題の性質がよく見えないで行うとトンでもない答が出ること、ままあります。
 確率の総和が1を越えるとか、マイナスの確率が出てくる。伝熱のように振動する筈がないものの振幅がどんどん大きくなっていく。振動の周波数が時間の刻みと同程度まで細かくなってしまった。満たすはずの保存則(奇偶パリティや、エネルギー保存則、平均値の保存則など、それぞれの問題に依ります)が満たされない(下記URL↓の保存則と軌道の部分ご参考)。
 またconsistencyとはちょっとニュアンスが違うけれど、数値計算では計算の精度や離散化の刻みを少し変えるだけで答がまったく違ってしまう、というのもよくある事で、条件を変えて必ず2度は計算してみるのが常識とされています。古い本ですが、伊理正夫他「数値計算の常識」共立出版 という冊子は具体例が多くて分かりやすく、たいへん勉強になりました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=20347
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なお答えをいただき、ありがとうございます!

今後consistency check、
特に物理現象との整合性を気にしながら数値計算を行いたいと思います。

お礼日時:2001/01/31 01:19

CONSISTENCY とは,首尾一貫しているとか,無矛盾であるとか,


そういう意味です.
何らかの問題を解くときに,厳密に解ける場合は稀で,
たいてい近似が入っていたりします.
例えば,x を求めるときに x が十分小さいときに使える式を用いていたら
求めた結果の x がその条件を満たしているかどうかは,
当然チェックしなければなりません.
x 自身でなくて,他の量がチェックに使われることもあります.
また,式を立てるときに無視している要素だってあるわけで,
結果を見て最初から無視してよかったのかどうか
そういうこともチェックしないといけません.

こういうチェックはいわば常識ですから,
本なんてあるかな?

ホームページ?
ぎくっ,冷や汗(^^;).
最近,物理のアリさんのスカイダイビングのところで,
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=32670)
適用条件の数値的チェックを怠ったアホがいまして,
アリさんを屋上から落とすと秒速何百メートルの速度で落ちてくる,
なんて答を出して平気な顔をしていました.
(危ないよ,当たったら死んじゃうよ).
CONSISTENCY のチェックを怠るとこういうことになるという悪い見本です.
そのアホは私です(^^;).
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

おかげさまでとてもCLEARになりました。

確かに論文の中で、想定する場において数値的手法が、ある誤差範囲の中に矛盾なく成立するのかチェックしています。
感謝いたします!!

お礼日時:2001/01/31 00:12

consistensy には整合性、無矛盾性という意味があります。



consistency についての議論は、
・その数値解析手法が正しい手法であること(解析解と矛盾しない結果が得られる)
・正しく用いるための条件(整合性が保たれるのはどういう条件のときか)
を示すために行なわれるのだと思います。

とりあえず、ぱっと思いつくのはこんなところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお答え、ありがとうございました!
論文読み直します。
感謝感謝です!

お礼日時:2001/01/31 00:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「頭悪いね」「バカだね」 どっちがよりムカつく?

こんにちは、

単純な質問です。

「お前、頭悪いな」

「お前バカだな」

どっちがより言われたらムカつきますか?

Aベストアンサー

どっちもそれなりにムカつきますけど・・・「頭悪いな」かな~

そう言う事を他人に平気で言う奴ほど、バカで頭の悪い人はいないと思いますけど・・・ね?
我がふりなおせよ~ってな感じです。

でもやっぱり傷つくな~否定はしないけど(苦笑)

Q数学の問題集に別解ある問題ありますが、その別解と本解の解きやすさの違い見て、解きやすい方を身につけて

数学の問題集に別解ある問題ありますが、その別解と本解の解きやすさの違い見て、解きやすい方を身につけていく方が良くないですか?ちなみに、数学3の場合の話です。記述型のみです。

Aベストアンサー

要するにどちらで説いてもいいんですよ。解く道筋が自分にとってつけやすい方で解いていけばいいです。ただ両方の道筋の付け方を理解することで、違う問題に対しても応用範囲が広がる可能性はあります。

Q仕事が遅い、頭悪い、力仕事できない 不器用すぎるこんなパートメリットありますか?

仕事が遅い、頭悪い、力仕事できない
不器用すぎるこんなパートメリットありますか?

Aベストアンサー

仕事が早い、頭が良い、力仕事もできる
器用すぎるこんなパートに比べたら、見劣りしますが、
居ないよりはずいぶんましだと思いますよ。

Q誤差を用いた数値の丸め方

化学成分分析を行った結果

30.0±2.6 wt%

といった数値が出力される装置を使っています。

この場合、結果報告には「30」として記載するよう指導されたのですが、誤差と有効桁数の関係が良く分かりません。(この表記自体、間違いかもしれませんが)

誤差の桁数が測定値を丸める際に影響を及ぼす範囲について教えて下さい。
例えば上記の分析結果が

30.0±0.6 wt% や
30.0±0.06 wt%

だった場合には、どういう風になるのでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

±2.6ということは、30.0は66%(または90%、99%)の
確率で32.6~27.4である可能性があるわけですね。
この時、30.0と表記すると
最後の0に意味があるように捉えられてしまいますから、
普通は30と表記します。

ただし、32.6や27.4に特別な意味がある場合は
ちゃんと30.0±2.6とします。

±0.6なら、30.0
±0.06なら30.00と表記するか、
3.00*10^1、3.000*10^1という表記だと思います。

±10なら、3*10^1 ですね。

普通はこういう数字は指数を利用して書くことで
有効数字をはっきりさせています。

Qこうゆう考えの人って頭悪いと思わないですか?

こうゆう考えの人って頭悪いと思わないですか?
CMとかで嫌いなタレント出てるからとかむかつくからという理由で商品買わない人
僕には理解出来ないですが何か?
商品なんて関係ないしあれですか?坊主にくけりゃ袈裟憎いって?
でも向こうもそうゆう考えもつ人にはかってもらいたくないからいいかなと思うけど

Aベストアンサー

なるほど、そういう考えもできますか!

広告というのは、その商品なりサービスが、一番いい方法で訴求できて、消費者に認知・浸透してアクションを起こしてもらうことが、最終的な目的ですよね。

そしてそのためには、(関係者のしがらみはともかくとして)それにマッチする、イメージを伝えられるに相応しいタレントを起用するのが普通です。
ですから、広告でそのタレントが出ることは、その商品なりサービスのイメージを背負っているということになります。

なので、質問者さまがおっしゃっている「タレントが嫌いだから商品を買わない」という人が出てきても、何らおかしくありません。
別に頭が悪いわけではありません。
よく、不祥事を起こしたタレントが出た時、そのタレントのCMを一斉に引き上げますね。それによって商品イメージが下がることを恐れてのことです。

Q統計解析、検定手法(Cochran-Mantel-Haenszel法)について

統計解析の素人なため、質問自体が根本的に問題かも知れませんが、
ご教授いただけますでしょうか。
-----------------------------------------------------
7年間の観察期間で、2群に分けて特定の検査を実施しました。
それらのデータを集計して算出した例数を用いて
それぞれ差を検定したいのですが、
Cochran-Mantel-Haenszel法が適していると聞きました。

ある部門で計算をしてもらい、結果を算出してもらいました。
漸近有意確率 (両側検定)にて、ある特定の検査項目のp値に
「*:p≦0.05」が出現したのですが、どのような説明ができるのか
教えていただけますでしょうか。

結果------------------------+
カイ2乗 5.621
自由度 1
漸近有意確率 (両側検定) 0.021
+----------------------------

質問方法と、情報の提示に問題があるかもしれませんが、
ご協力お願い申し上げます。

Aベストアンサー

簡単に結果から答えを言います。

「2群はある特定の検査項目に対して関係がある。」という答えになります。

※検査項目もある・なしとかの2群のはずです。

※自由度1のカイ2乗分布の5.621のところ(より左側)の面積が0.021です。

※「*:p≦0.05」有意水準のことで、0.05%以下の値なら帰無仮説=2群は独立である(関係ない)を棄却したことになります。
つまり、独立でない。関係がある。ということがいえます。

Qわざわざナイフからフォークに利き手を持ち替えないと食事出来ない人って、頭悪いの?躾がなってないの?

わざわざナイフからフォークに利き手を持ち替えないと食事出来ない人って、頭悪いの?躾がなってないの?



「俺、右利きだから」とかいう理由でフォークをいちいち右手に持ち替えないと食べられない育ちの悪いクソとは食事したくない。



右利きならナイフが右手、フォークが左手だろ。子どもでも知ってるわ。

それが出来ない成人とか脳腐ってるでしょ?


こんな腐った食事の仕方してる人って親に食事の仕方すら教わってないからこんな気持ち悪いことするんでしょうか?

それとも教わっても理解できないくらいに頭が悪いからなのか?

Aベストアンサー

私はオジサンです。
両親は2人とも地方出身です。イギリスではありません。日本です。
ナイフとフォークを使う食事なんて、した事がないし、必要もなく育ちました。
質問者様とは生きてる世界が違うようですね(笑)。
それとも、わざと炎上させるように挑発的に書いているのでしょうか?
質問者様は、カップ麺って、食べた事ないんでしょうね。
質問者様は、1日の食事代1000円未満なんて、経験ないんでしょうね。
世の中、あなたのような人ばかりではないのですよ。
自身の価値観だけで、相手を否定するのは、テーブルマナーより酷いマナーですよ。

Q数値解析について

私は某大学に今年から入学したものです。図書館で数値解析についての本を読んでいたら疑問が浮かび上がりました。お手数ですが教授が教えてくれないのでお願いします。
1.次の式の値を精度よく計算するには、どのように計算したらよいのでしょう。(絶対値が小さいx)
(1)(1+x)^1/2-(1-x)^1/2
(2)1-cosx

2.対角優位行列Aはなぜ正則であるのですか。

3.対角優位行列はなぜLU分解可能でのですか。

お手数ですがお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

対角優位行列 = 優対角行列 = 「どの行においても対角成分の絶対値が他の成分の絶対値の和より大きい」ですね.

これが正則であることを示すときに, 多分わかりやすいのは
A が正則 ⇔ x≠0 なら Ax≠0
を示すことだと思います.

以下簡単に:
ベクトル x の絶対値最大の成分が x[i] であると仮定します (さらに x_i > 0 と仮定してよい). このときに Ax の第i成分 sum(j=1, ..., n) a[i, j] x[j] = a[i, i] x[i] + sum(j = 1, ..., n, j ≠ i) a[i, j] x[j] ≠ 0 であることを x[i] ≧ |x[j]| と |a[i, i]| > sum(j = 1, ..., n, j ≠ i) |a[i, j]| から示すことができます. 従って Ax ≠ 0 となるため A は正則となります.

Q30代なかばで派遣してます。頭悪いし、毎日サービス残業してもいいんだけど、あまり夜遅くまですると寝坊

30代なかばで派遣してます。頭悪いし、毎日サービス残業してもいいんだけど、あまり夜遅くまですると寝坊してしまうし、このまま派遣続けようかと考えてます。こんな人生もありですかねぇ?子供好きだけど、子孫も残さないつもりです。

Aベストアンサー

将来的な計画などを考えても、自分で良しと思えるならありだと思います。

ただ、生涯賃金にして二倍以上の差がつくと言われている非正規と正規では
老後の生活や、中年を過ぎる辺りからの生活に差が出てきます。
周囲との比較というのは自分で気を向ける以上に気になるものです。

また、実生活面でも万が一のことがあった場合など
様々な場面で不利な状況に立たされる可能性も考えるべきです。

そういった点から、生涯派遣労働というのは
今の社会、制度の状態ではお勧めしたいとは思えません。
ただ、正規労働よりもストレスが少ない場合があることも確かです。
ライフスタイルやワークスタイルは個人が選んでよいものですから
そういったリスクを考えてもなお、自分に合っている
もしくは、そういったスタイルが良いと思うのであれば
一つの生き方だと思います。

Q数値解析

sin30°=0.5000 sin45°=0.7071 sin60°=0.8660 sin90°=1.0000 というデータが与えられたときsin40°を補間により求めよ。という問題の解き方がよくわかりません。ラグランジュ補間かニュートン補間どちらをつかえばいいのか迷います。f=sinxとして考えるとこまではわかるのですがお願いします。できれば細かく。m(--)m

Aベストアンサー

比較的簡単なラグランジュ補間なら
(x_0,y_0),(x_1,y_1),…,(x_n,y_n)の点を必ず通るn次の多項式P_n(x)は
L_i(x)=π[j=0 to n (j≠i)]{(x-x_j)/(x_i-x_j)}
として
P_n(x)=Σ[i=0 to n]L_i(x)・y_i
で求まります.
garo-doさんの問題の場合,C言語などでプログラムを作ってもいいし,また,Excelで
(30, 0.5000),(45, 0.7071),(60, 0.8660),(90, 1.0000)のデータをセルに入力し,L_i(40)を作成.
そして,
P_3(40)=L_0(40)・y_0+L_1(40)・y_1+L_2(40)・y_2+L_3(40)・y_3
とすればP_3(40)の値がラグランジュ補間によるsin40°の値になると思います.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報