処罰としてセコンドライセンスの剥奪の可能性もある、といわれていま
すがこれはどういった処罰なのでしょうか。

単に試合のときにそばにいられないだけなのでしょうか。それとも、亀田
三兄弟のコーチそれ自体ができなくなるのでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おはようございます。


JBCがライセンス「停止」処分を下した背後には、色んな理由があるようです。

『関西の極道との関係は亀田親子が後ろ足で砂を引っ掛けた時点で切れている。
協栄に移ってからは主に宇都宮で展開する団体に身を寄せたが、それも兄の世界戦とその後の言動で醜態をさらしたせいで絶縁された。
それでも最後のチャンスとばかりに弟の世界戦にこぎつけたが、昨日の無様な試合で、完全に縁を切られた。
TBSも企画段階から噛んでいたのだが、TBSのバックの朝鮮民族団体などからも「もう切れ」と促されたようで今後かかわることはないだろう。
それらを受けてJBCは相当に厳しい処分を下す。
ライセンス「停止」であっても、ボクシング界に復帰は無理。
下手すると今度は亀田親子が狙われるから。
ちなみに芸能界も手を出すところはない。』


ライセンス「停止」とは名目上のことであって、興行の世界ではボクシング界に復帰は無理だということです。
興行権ってのは鬼より強いもので、伝統的にヤクザが仕切っています。
テレビとヤクザの関係も蜜月関係です。
神戸市が山口組に市の公園を貸切で提供するくらいだから、ヤクザがどれくらい興行に対して影響力があるのか推してわかります。

しかし、日テレが内藤vs亀田のリベンジマッチを狙っているという噂もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2007/10/16 11:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング