「胸が痛む」など精神的な苦痛の場合は「痛む」を使用しますが、
「傷心」は「傷」を使用します。
この使用の違いが分かりません。
「傷む」は物や食品などに使用するものだと思っているのですが。。。
どなたか教えていただけないでしょうか?

A 回答 (5件)

あたしもそれを調べたことがあります!なので参考になれば幸いです。



簡単にいうと

●胸がいたむ → 精神的に苦痛を感じること
●傷心 → 悲しみに心が傷ついて悲しむこと

ということらしく、多分「胸がいたむ」は、いたいと“感じている”という意味だから『痛』を使う。
「傷心」は、心が実際に“傷ついた”という意味合いが含まれているから『傷』を使う。
そういうふうに考えるとこの使い分けにも意味があるのかなと思いましたがいかがでしょうか。

個人的考察としては、ダメージの負い具合が「胸がいたむ」<「心がきずつく(しょうしん)」だと思うので、痛さの感覚だけを表現してる『痛』より『傷』の方が言葉の意味合い的にもしっくりきているんちゃうかなーと考えてます。心がいたむって、実際に傷を負うより、見えない分 重いものだと思うし。

ちなみに「痛心」(つうしん)という言葉もあるんですけど、これも

“心をいため悩ますこと”

という意味で「胸を痛める」と同じみたいなので ようするに、漢字そのものが持つ意味と、言葉の意味で漢字の使い分けをしているのではないでしょうか。
    • good
    • 2

広辞苑によれば、「痛む」は、肉体的・精神的な苦しみの場合、「傷む」は、傷つく・腐るなどの場合に使うことが多いとなっています。


この「傷つく」は、身体・器物などに傷ができることの他に、比喩的に名誉・心情などが損なわれることも指します。例えば、日常会話で「私はあなたを傷つけた」と言った場合、直接的には傷害を負わせたことを意味しますが、むしろ精神的な苦痛を与えたというニュアンスの方が強いです。
よって、「傷心」は、心に傷を負ったことを表す熟語であり、この場合の「傷」は、精神的なダメージを指すわけです。
「傷心」を「心が傷む」と捉えることに違和感があるのなら、「心の傷が痛む」という解釈で納得できませんか?
    • good
    • 1

あ、追記ですが「傷む」と「傷つく」では意味が違います。

傷む、と考えるから混乱するのだと思います。傷心は痛むのではなく“心に傷がつく”ことです。たぶんね!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!
詳しい説明ありがとうございます。
自分の感覚的な捕らえ方を
どう説明すればいいのか分からなかったので大変助かりました!!

お礼日時:2007/10/16 11:17

なんとなくですが。

。。
「痛む」が動詞で「傷む」が形容詞なんじゃないですか?
「傷心」に傷が用いられるのは、心が形ある物とされているからかな?
ハートマークみたいな。。。
    • good
    • 0

いた・む【痛む/傷む】



1 病気や傷などのために、からだに痛みを覚える。痛くなる。「下腹が―・む」「のどがひりひり―・む」

2 心に痛いほどの悲しみや苦しみを感じる。せつなく悩む。「遺族の気持ちを思うと胸が―・む」

3 (傷む)器物・建物などが、傷ついたり損なわれたりする。「靴が―・む」「本が―・む」「屋根が―・んで雨漏りする」

4 (傷む)食物が傷ついたり腐ったりして悪くなる。「生物(なまもの)が―・む」「―・んだ牛乳」

5 金銭に関して痛手をこうむる。損をする。「懐が―・む」

6 迷惑に思う。苦痛に感じる。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

苦痛を伴ういたみ=「痛む」

損傷、腐敗=「傷む」

ということになるかと思うのですが、

「傷心」の傷ついた心は、なぜ「傷」なのか分かりません。
既に、傷ついている=損傷ということでしょうか?

お礼日時:2007/10/16 09:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「心が痛い」と「胸が痛い」と、どちらがより悲しみを表せるのでしょうか。

 日本語を勉強中の中国人です。人の死で、「心が痛い」と「胸が痛い」と、どちらがより自分の悲しみを表せるのでしょうか。私は「心が痛い」のほうだと思うのですが、皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な日本語がありましたら、ご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

人の死自体を悲しむ言葉としては、
「悲しみで胸が張り裂けんばかりの思いです。」
などという表現が良く使われるもののひとつです。
ただ、死は様々な形で訪れますから、その時の状況に応じて多様な表現があります。
また、失恋などの場面でもよく使われますが、
「胸が張り裂けそう」とも言いますね。
「胸がちぎれそう」
「胸がつぶれる思い」
なども全て悲しみの表現として有効です。

ただ、「胸が痛い」は実際に身体的な症状を指す場合もあるわけですが、
精神的な面では『辛い気持ちになる』というニュアンスでしょうか。
その人の死自体を直接的に悲しむというよりも、弔辞などで、
「まだ、やりたいことがたくさんあっただろうと思うと、胸が痛みます。」
「残された幼いお子さんのことを思うと胸が痛みます。」
などのように、【間接的な悲しみの表現】として使われる場合が多いように思われます。

これに対して、
「心が痛い」は、字から受けるイメージほど重くは受け止められていないかもしれません。
「心痛のあまり病気になる」
「心痛のあまり病状が悪化する」
「心痛のあまり痩せる」
などという表現もほぼ慣用句的に使われていますが、
「心が痛い(心痛)」は、どうも『ストレスで苦しい』という程度の意味になるような気がします。

ただ、単独では、
「胸」は肉体的イメージ、
「心」は精神的イメージ、
がそれぞれ強いはずなので、「心が痛い」と言うほうが悲しみの表現に適しているように感じるのは、とても自然なことと言えるでしょう。
 

人の死自体を悲しむ言葉としては、
「悲しみで胸が張り裂けんばかりの思いです。」
などという表現が良く使われるもののひとつです。
ただ、死は様々な形で訪れますから、その時の状況に応じて多様な表現があります。
また、失恋などの場面でもよく使われますが、
「胸が張り裂けそう」とも言いますね。
「胸がちぎれそう」
「胸がつぶれる思い」
なども全て悲しみの表現として有効です。

ただ、「胸が痛い」は実際に身体的な症状を指す場合もあるわけですが、
精神的な面では『辛い気持ちになる』と...続きを読む

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q穴が開く? 空く? 明く?

どれが正しいのでしょうか?
あき方によって区別するようならそれも教えてください。
こういう使い方の区別がわかる良い本もあったら教えてください。

Aベストアンサー

#3です。追加します。

どのような穴の空き方であっても、「空く」です。空き方による区別はありません。

Q「あくまで」「あくまでも」の意味

「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。

Q「適確」と「的確」の違い

「適確」と「的確」の違いを教えてください。辞書では同義となっていますが・・・。

Aベストアンサー

No.4です。再び失礼します。
あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。

「適」と「的」の違いを考えてみます。
「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。
「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。

だから、意味がとても似ているのでしょう。

●適格・・・「格」は資格の格。「適」は「かなう」。資格に合っている、という意味。反対語は「失格」(「不適格」もありますね)。

●的確・・・「的」という字を用いていますので、「的を射た」あるいは「的を外さない」という意味。大事な点は押さえている(あるいは外していない)状態。いずれにせよ、「的」には面積がありますので、「ぴったり」(的の中心)から一定の許容範囲があります。

●適確・・・ほぼ「的確」と同義だけれど、あえて使い分けをするならば、「最善の」、「必要かつ十分な」という意味。法令用語としても、こう解釈すれば理解しやすいですね。あるいは、No.2様のご回答にある「適正確実」、「適切確実」と読み替えるのも一法。

http://www.bsmanner.net/2007/07/post-226.html
http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/kokugo/tebiki.html

http://www.nararoudoukyoku.go.jp/gaiyou/h19gaiyou/04.html
ちなみに、このサイトでは、「適確」を「適正かつ効率的」、「的確」を「迅速・適正」の意味で使用しているようです。もっとも、国語として吟味されたわけではないでしょうが・・・。(さて、「適確」と「的確」はどこにあるでしょう?探してみてください。笑)

No.4です。再び失礼します。
あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。

「適」と「的」の違いを考えてみます。
「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。
「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。

だから、意味がとても似ているのでしょう。

●適格・・・「格」は資格の格。「適」は「かなう」。資格に合っている、という意味。反対語は「失格」(「不適格」もありますね)...続きを読む

Q映画を観る? 見る

映画館へ映画をみにいくと
時に
見る 観る どっちが正しいですか?
それともどちらも正解ですか

Aベストアンサー

どちらも正しい。国語辞典風にいうと基本は「見る」でOK、観るとも書くとなっていると思います。
つまり見るという単語は汎用性のあるものと解釈すれば分かりやすいかと思います。
こういったことは国語辞典を見れば簡単に書いてありますのでこれからはまず辞書を紐解いてから聞いた方がいいかもしれませんね。
では。

Q「ようたい」は様態?容態?容体?どれが正しいの?

体調が急変した時に使う、「ようたいが悪化した」の
「ようたい」はどれが正しいのでしょうか?パソコンで変換すると
「様態」しか出てきませんが、自分がよく見かけるのは「容体」の様な気がしますし、検索すると「容態」というのも出てきます。
何か使い分けがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

体調や病状の場合は、「容態」(ようだい)が本来の表記と読み方です。
パソコンの仮名漢字変換でも、「ようだい」で「容態」と「容体」が出るはずです。

新聞や放送では、「容態」を「容体」と書き換えることになっていますが、各社の用字用語集には「ようだい」の読み方しか挙げていません。NHKは明確に「○ようだい」「×ようたい」としています。漢字表記はすべて「容体」です。

以下『広辞苑』
-------------------------------------
よう‐だい【容体・容態】(ヨウタイとも)
(1)外面に現れた様子。身なり。ありさま。様体。
(2)病気や怪我の様子。病状。「―が悪化する」
(3)〔法〕人の精神作用に基づく現象の総称。意思表示などの行為と善意などの意識過程を含む。

よう‐だい【様体】
(1)すがた。姿態。なりふり。
(2)ありさま。状態。様相。
(3)いかにもそれらしい様子をすること。もったいぶること。

よう‐たい【様態】
(1)物の存在や行動のさま。状態。様相。「生活の―」
(2)文法で、想像など不確定な言表のあり方。
(3)〔哲〕(modusラテン) デカルト・スピノザ以来、与えられた独特な意味では、実体の変化してゆくかりそめの形態、従って実体の非本質的な状態のこと。偶有性。
-------------------------------------

体調や病状の場合は、「容態」(ようだい)が本来の表記と読み方です。
パソコンの仮名漢字変換でも、「ようだい」で「容態」と「容体」が出るはずです。

新聞や放送では、「容態」を「容体」と書き換えることになっていますが、各社の用字用語集には「ようだい」の読み方しか挙げていません。NHKは明確に「○ようだい」「×ようたい」としています。漢字表記はすべて「容体」です。

以下『広辞苑』
-------------------------------------
よう‐だい【容体・容態】(ヨウタイとも)
(1)外面に現れた様...続きを読む

Q「楽しい」と「愉しい」の違いを教えてください

それぞれ使用例をよろしくお願いします。

ちなみに景色を眺めるのがたのしい場合はどちらを使えばよいのでしょう?

Aベストアンサー

日本語の漢字の意味と、中国語の漢字の意味は、
100%同じ物は少ないです。

私が回答した内容は[中国語での意味の違い]でして、
[日本語での意味の違い]を記したものでは有りません。

少なくとも、
私の所有する3冊の国語辞書には、 
どの辞書にも「愉しい」は記載されていません。

この辞書を監修した日本語学者たちは「愉しい」を、
正しい日本語としては認めていないのだと思います。
もちろん、「愉快」や「愉悦」、「愉楽」は記載されています。
(昭和60年代に購入した、高校生~大学生向けの国語辞書で出版社が其々違います)

ですので私は、「愉しい」は当て字かな? と回答したのです。
もし「愉しい」が当て字なら、定義が無いことになります。
(最新の国語辞書に「愉しい」が記載されているか、どうかは知りません。)

> 自発的なものが「楽しい」で与えられたものが「愉しい」でしょうか。
例文は、[私なら、このように使い分けします]と示しているのです。
つまり、私の個人的意見です。 (@-@); 汗


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報