労働安全衛生法施行令 http://www.jaish.gr.jp/hor_s_shsi/hor_s_shsi/21
第1条 第3号でボイラーの定義において、

イ ゲージ圧力○・一メガパスカル以下で使用する蒸気ボイラーで、・・・
ロ ゲージ圧力○・三メガパスカル以下で使用する蒸気ボイラーで、・・・
ハ ・・・
ニ ゲージ圧力○・一メガパスカル以下の温水ボイラーで、・・・
ホ ゲージ圧力一メガパスカル以下で使用する貫流ボイラー・・・
・・・
とありますが、蒸気ボイラーと貫流ボイラーについては、
「・・・以下で使用する・・・」
と言う表現になっているのに対し、温水ボイラーについては、
「・・・以下の温水ボイラーで・・・」
となっています。
この違いは、単純に考えると蒸気ボイラーと貫流ボイラーは仕様値ではなく、実際に使用する圧力で判定し、温水ボイラーは使用する圧力ではなく、仕様値で判定する、ととれますが、そういうことなのでしょうか?
もしそうだとすると、なぜそういうことになるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

正解はお役人でなければできないのでしょうが・・・・



お説の通りです。理由はそれで安全の担保がとれるからです。


蒸気ボイラーと貫流ボイラーでは圧力を上昇させようと思えばいくらでも上昇させることができます。
多分最後には破裂するのでしょうが・・・・
もっとも実際には破裂しないように安全弁が設けられており、安全弁から蒸気が逃げ出すので安全弁
の設定値を超えて圧力上昇させることは通常では不可能です。

だから実際に使用する圧力で判定することになりますが、使用する圧力を超えると
安全弁を動作させるように「使用させる」ということで安全の担保をとっています。


ところが温水ボイラーでは大気開放の水タンクなどの水圧で圧力が決まっていますから、
その水圧を超えて圧力上昇をさせることが不可能なのです。
施行令を確認していませんが、温度だったかもしれませんが温度上昇が不可能なのです。

いずれにせよ、設備が出来てしまえば制限値を超えることは通常では不可能です。
だから「仕様値」を決めておくことで安全の担保がとれることになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「完熟トマト」の定義とは?

野菜や果物には「完熟〇〇」という表現があります。ものによって「完熟」の定義が違うと思いますが、「完熟トマト」の世の中共通の定義というものが有るのでしょうか?
有るのでしたら内容を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

農産物流通です。
通常市場に持ち込まれるトマトは薄いピンクすら入る以前のものです。
そうしなければ流通(時間や扱い)に耐えられないでしょうね。

では、「完熟」はというと完熟トマトの共通の定義がないので曖昧です。
本当に完熟、つまり収穫してすぐに食べる状態では流通させると確実に割れます。
うちでは完熟トマトとして販売している頃はカラーチャートで7~8段階で収穫してもらっていました。
見た目は全体が赤く完熟ですが赤がまだ薄いです。

現在は「完熟」という表現が曖昧なことと本当の完熟ではないことから
消費者に優良誤認を与えかねないということで、表示・表現をやめています。

自らの団体が定義をつけ、それを常に消費者に案内していれば
「完熟」という表現を使っても許されそうですね。
例えば「○○産地の完熟基準・・・カラーチャート9段階で収穫し、消費者の手元に24時間以内で届けたものを完熟という」など。

Qボイラー読本をお持ちの方、水の蒸気圧と温度の関係を教えてください

蒸気の圧と温度のグラフがボイラー読本にあったはずなので教えてください。0.1Mpa… ℃、0.15Mpa… ℃、0.2Mpa… ℃、0.25Mpa… ℃、0.3Mpa… ℃くらいまでお願いします。
 会社で使っている蒸気釜の安全弁が開きすぎて、内容物のロスがあります。温度計はついているのですが釜内の圧力計はないです。制御は108℃までですが、0.2Mpaの蒸気をつかっているのでその温度で安全弁が動作しないようにしたいのです。ボイラー読本にグラフがあったはずですが、家に見当たらないので質問します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お急ぎのようなので、手持ち資料から 判る範囲で記します。

蒸気圧力         飽和蒸気温度
P ( MPa )          ts ( ℃ )
----------------------------------------------------------
0.10            99.632
0.101325        100.00
0.12            104.81
0.14            109.32
0.16            113.32
0.18            116.93
0.20            120.23
0.27013          130.00
0.30            133.54
--------------------------------------------------------
以上
  

Qガラス転移の定義とは??

ガラス転移の定義を、自分の言葉でテストに書いたら
×になりました。
ガラス転移の定義ってなんですか??
ちゃんと決まっている言葉(定義)なのですか??
なんか調べてもぱっとこなくて・・・
なんとか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたの回答を教えて下さい。テストの回答はないのですか?
質問の回答に困ります。

以下参考まで。
ガラス転移とは,ガラスを過熱するか,またはガラスになる過冷却液体を
冷却した時その物質の融点又は液相温度の2/3~1/2の温度付近で,熱膨張
係数や比熱容量突然変化する温度,"ガラス転移温度が存在すること。
ガラスは過冷却の液体である。との言い方もできる。(ガラスの事典より)

 ガラス転移現象とは、過冷却状態からガラス状態に移るときに性質が
大きく変わる(例えば熱膨脹係数が急に小さくなる)現象をいい、ガラス
転移現象を示す温度をガラス転移温度(あるいはガラス転移点)と呼びます。

 ガラス転移とは、温度を変えたときに、アモルファス固体相が示す、比
熱や熱膨張係数のような熱力学的微分量が結晶的な値から液体的な値へと
多少急激に変化する現象である。(Wong and Angell, 1976; p.36).

 過冷却液体をさらに冷却していくと、分子運動がさらに制限されるよう
になり、最終的にはほとんど停止する。この過冷却液体が運動性を失う現
象をガラス転移と呼ぶ。つまりガラス転移は無秩序である非晶部位(過冷
却液体)でしか起きない(固体である結晶は融解するだけ)。
 

あなたの回答を教えて下さい。テストの回答はないのですか?
質問の回答に困ります。

以下参考まで。
ガラス転移とは,ガラスを過熱するか,またはガラスになる過冷却液体を
冷却した時その物質の融点又は液相温度の2/3~1/2の温度付近で,熱膨張
係数や比熱容量突然変化する温度,"ガラス転移温度が存在すること。
ガラスは過冷却の液体である。との言い方もできる。(ガラスの事典より)

 ガラス転移現象とは、過冷却状態からガラス状態に移るときに性質が
大きく変わる(例えば熱膨脹係数が急に小さく...続きを読む

Q密閉空間の圧力変化による飽和蒸気圧

圧力と飽和蒸気圧の関係について質問します。
ある容器内に25℃、0.1MPa(1気圧)、湿度70%の空気があったとします。容器の体積を変えずに乾燥空気(100%乾燥しているとする)を入れていって圧力を上昇、1MPaとなった時、飽和蒸気圧もしくは飽和水蒸気量はどのように計算すればよいのでしょうか?
空気注入はゆっくりと行って、等温変化するとします。
飽和蒸気圧は圧力に依存しないといいますが、上記の場合、空気注入後の空気と水蒸気のモル比が当初の空気より変化するので新たな飽和蒸気圧曲線を考慮して飽和蒸気圧及び飽和水蒸気量を決定しなければならないと考えています。
宜しく回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 飽和蒸気圧というのは、(水の場合でいえば)ある温度の気体中に存在しうる水蒸気の分圧の上限値であり、これはご質問中にある通り圧力に依存しません。
 この問題の場合、25℃における水の飽和蒸気圧をpとすると水の分圧は0.7pです。この気体を等温的にゆっくり圧縮していった場合、全体の圧力が0.1/0.7≒0.14MPaになったとき水の分圧はpに達し、水分の凝縮が始まります。
 乾燥空気を加えて全圧が1MPaになるということは(等温変化のもとでは)圧力が10倍になっているのでモル数は元の気体の10倍になっています。従って水分のモル分率は1/10になっています。分圧は全圧*モル分率で与えられるので水の分圧は元と同じ0.7pです。

Qダイアディックの絶対値の定義とはなんでしょうか?

ダイアディックの絶対値は、どのように定義されているのでしょうか?

Aベストアンサー

ダイアディックについては私も夢中になって勉強しましたが、実際に物理学の中で応用したことはありません。知識だけなので、回答すべきじゃないのですが、他に回答がつかない様なので、少しでも参考になれば、と書かせていただきます。

そもそも、ダイアディックに絶対値というものが定義されているとは知りませんでした。Gibbsは不変量として、first、second、thirdを定義しているので、絶対値の定義として相応しいものがあるのなら、この中のどれか、ということになるでしょう。

firstはマトリクスでいうところのトレースに相当します。secondはなんとも言い難いですが、thirdはマトリクスでいうところのデターミナントに相当します。よって、ダイアディックに絶対値が定義されるのであれば、不変量のthirdが相応しいかと思います。

ご参考までに。

Q煙管ボイラーと水管ボイラーの違いについて

煙管ボイラーと水管ボイラーの違いがネットや本で調べてもイマイチわかりません。煙管ボイラーは熱せられた炉中のガスが水の通されたパイプのまわりを流れ、水管ボイラーは燃焼室の内側に並べられた水管の中で水が沸騰するとあります。両方とも燃焼ガスが水の通ったパイプを暖めるようで、同じように思えてしまうのですが・・。違いは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC
の記述が参考になるかと思います。

水管ボイラはご質問にかかれているようにパイプの中を水が流れて、外から燃焼ガスで加熱するのに対して、
煙管ボイラではパイプの中を燃焼ガスが流れて外部の水を加熱します。

Q中学2年図形の証明についての質問です。定義、定理、仮定の違いとは…

非常に初歩的な質問ですみません。
今の私の解釈では・・・

【仮定】
・問題文に出てきた事象。
・結論にはなり得ない。

【定義】
・証明をしなくてもわかりきっている(知識として丸覚えしなければならない)特徴。
・問題を解く際、答えでここへたどり着く証明をすれば、その図形であることがいえる(例:~により、AB=CB(2辺の長さが等しい)なので三角形ABCは二等辺三角形である)。つまり、結論になり得る。

【定理】
・以前証明してはっきりした特徴。
・結論になり得る?

習った内容をすっかり忘れてしまい、結論になり得るのはてっきり「定義」のみかと思って問題集の証明を解いていたのですが、どうやら模範解答を読むと定理も結論にしていいようで…

つまりは・・・
・定義と定理の違いはさほどなく、両方とも図形の特徴(性質)である。
・よって、定義のみならず定理も丸覚えせねばならない。
ということになるのでしょうか?

図形の性質については小学校でも触れているので、定義と定理にさほど違いが無ければ、とりあえず特徴を片っ端から思い出して証明を解けばいい話なのでちょっと気が楽になっていいなあと思っているのですが・・・如何でしょうか?

非常に初歩的な質問ですみません。
今の私の解釈では・・・

【仮定】
・問題文に出てきた事象。
・結論にはなり得ない。

【定義】
・証明をしなくてもわかりきっている(知識として丸覚えしなければならない)特徴。
・問題を解く際、答えでここへたどり着く証明をすれば、その図形であることがいえる(例:~により、AB=CB(2辺の長さが等しい)なので三角形ABCは二等辺三角形である)。つまり、結論になり得る。

【定理】
・以前証明してはっきりした特徴。
・結論になり得る?

習った内容をすっかり...続きを読む

Aベストアンサー

「定義」は決められた事です。
例えば直角三角形の定義は「内角の1つが直角である三角形」。
決まったことなので、理由も何もありません。

それに対し、「定理」は証明により導き出された法則です。
例えば「ピタゴラスの定理」。
これは「~なので、ピタゴラスの定理により、三角形ABCは直角三角形である」
という風に証明に使うことができます。

「定理」はもちろん丸暗記していると便利ですが、証明により導き出すことができるので、必ず丸暗記しなければならないということはありません。

Q熱の対流と貫流の違いを教えてください。

中学の理科レベルでしか理解しておりません。
固体の熱移動は伝導。気体・液体の熱移動は対流。
熱貫流はどういうことでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このほうが一般論で厳密に書いてあるので、分かりやすいかも。

参考URL:http://www.eccj.or.jp/scnet/words/word_04.html

Q要件定義書とは?

すみません教えてください。
私は設計を全くしたことがなくて馬鹿みたいな質問かもしれませんが

設計を行う上で「要件定義書」をかかなければならないと
思うのですが、その要件定義書にはなにを記載すればいいのか
具体的に教えていただけないでしょうか?

さらに大雑把な質問ですが、案件を受注して仮に外注に仕事を
投げる場合、どこらへんまで、こちらで物を作ったらいいのでしょうか?

馬鹿みたいな質問ですがもしよろしければお教え下さい。

Aベストアンサー

「要件定義書」自体、さまざまな定義があるようですが、基本的にはクライアントから「RFP(Request For Proporsal)要求定義書」が提出されるケースもありますが、クライアント側にシステム部門がなかったり、システム知識がない場合には、要件のヒアリングをしたうえでヒアリング結果をまとめた「要件(要求)定義書」を作成します。いわゆる新システムの青写真になります。
記載項目は以下のもので網羅されていると思います。参考にしてください。
・開発案件名
・開発の目的と背景
・効果予測
・システム稼動開始予定時期
・開発案件概要
・全体実現イメージ
・導入後の見通し(データの増加予想など)
また、外注に振る場合は、要件のヒアリング作業から参画してもらい外注に要件定義書を作ってもらうこともよいと
思います。

Qボイラーのブロー操作

ボイラーのブロー操作とは、どのような操作なのでしょうか。その目的や、なぜ「ブロー」というのかなど、教えてください。

Aベストアンサー

ボイラーが大きなヤカンのようなものとイメージすると
わかりやすいと思います。

蒸気ボイラーの場合はヤカンでお湯を沸かして、その蒸気を
利用しています。
このとき、蒸気をヤカンから取り出していくと、段々ヤカンの
お湯は減っていきます。
ヤカンのお湯が空になると、底にはカルシウムなどの無機物が
析出します。この無機物はボイラーの缶内温度程度では
蒸発することはありません。

ボイラーの場合は、蒸気を取り出していくと減った分の水が
補充されていきます。すると、徐々にカルシウムなどの
無機物の濃度が高くなっていきます。
無機物の濃度が高くなり、お湯に溶けきれなくなると、
溶けきれなくなった分は缶の内面に析出してこびりついて
しまいます。こうなると熱伝導性が悪くなり、缶の外側から
の熱が内側にうまく伝わらず、お湯が沸きにくくなるばかりで
なく、所定の蒸気圧力を得るためにバーナーの出力を高く
保ち続ける必要がでてきます。
このことは燃費を悪くし、缶体の寿命を縮めてしまうことに
つながります。

そこで、缶内の無機物の濃度が高くなって析出してしまう
前に缶内のお湯を一部捨てて(ブローして)、無機物の
濃度を薄めて析出を防止します。
これが、ブローの動作と理由です。

なお、缶内で濃縮するのは無機物だけでなく、防錆剤や
スケール溶解剤のような薬品もそうです。これらの薬品も
濃度が高くなると缶体に悪影響を及ぼすために、ブローにより
濃度を薄くします。

また、ブロー(blow)とは「吹く」という意味で、缶内のお湯を
吹出すことです。

ボイラーが大きなヤカンのようなものとイメージすると
わかりやすいと思います。

蒸気ボイラーの場合はヤカンでお湯を沸かして、その蒸気を
利用しています。
このとき、蒸気をヤカンから取り出していくと、段々ヤカンの
お湯は減っていきます。
ヤカンのお湯が空になると、底にはカルシウムなどの無機物が
析出します。この無機物はボイラーの缶内温度程度では
蒸発することはありません。

ボイラーの場合は、蒸気を取り出していくと減った分の水が
補充されていきます。すると、徐々にカルシウムなどの
無機物...続きを読む


人気Q&Aランキング