労働安全衛生法施行令 http://www.jaish.gr.jp/hor_s_shsi/hor_s_shsi/21
第1条 第3号でボイラーの定義において、

イ ゲージ圧力○・一メガパスカル以下で使用する蒸気ボイラーで、・・・
ロ ゲージ圧力○・三メガパスカル以下で使用する蒸気ボイラーで、・・・
ハ ・・・
ニ ゲージ圧力○・一メガパスカル以下の温水ボイラーで、・・・
ホ ゲージ圧力一メガパスカル以下で使用する貫流ボイラー・・・
・・・
とありますが、蒸気ボイラーと貫流ボイラーについては、
「・・・以下で使用する・・・」
と言う表現になっているのに対し、温水ボイラーについては、
「・・・以下の温水ボイラーで・・・」
となっています。
この違いは、単純に考えると蒸気ボイラーと貫流ボイラーは仕様値ではなく、実際に使用する圧力で判定し、温水ボイラーは使用する圧力ではなく、仕様値で判定する、ととれますが、そういうことなのでしょうか?
もしそうだとすると、なぜそういうことになるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

正解はお役人でなければできないのでしょうが・・・・



お説の通りです。理由はそれで安全の担保がとれるからです。


蒸気ボイラーと貫流ボイラーでは圧力を上昇させようと思えばいくらでも上昇させることができます。
多分最後には破裂するのでしょうが・・・・
もっとも実際には破裂しないように安全弁が設けられており、安全弁から蒸気が逃げ出すので安全弁
の設定値を超えて圧力上昇させることは通常では不可能です。

だから実際に使用する圧力で判定することになりますが、使用する圧力を超えると
安全弁を動作させるように「使用させる」ということで安全の担保をとっています。


ところが温水ボイラーでは大気開放の水タンクなどの水圧で圧力が決まっていますから、
その水圧を超えて圧力上昇をさせることが不可能なのです。
施行令を確認していませんが、温度だったかもしれませんが温度上昇が不可能なのです。

いずれにせよ、設備が出来てしまえば制限値を超えることは通常では不可能です。
だから「仕様値」を決めておくことで安全の担保がとれることになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボイラー読本をお持ちの方、水の蒸気圧と温度の関係を教えてください

蒸気の圧と温度のグラフがボイラー読本にあったはずなので教えてください。0.1Mpa… ℃、0.15Mpa… ℃、0.2Mpa… ℃、0.25Mpa… ℃、0.3Mpa… ℃くらいまでお願いします。
 会社で使っている蒸気釜の安全弁が開きすぎて、内容物のロスがあります。温度計はついているのですが釜内の圧力計はないです。制御は108℃までですが、0.2Mpaの蒸気をつかっているのでその温度で安全弁が動作しないようにしたいのです。ボイラー読本にグラフがあったはずですが、家に見当たらないので質問します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お急ぎのようなので、手持ち資料から 判る範囲で記します。

蒸気圧力         飽和蒸気温度
P ( MPa )          ts ( ℃ )
----------------------------------------------------------
0.10            99.632
0.101325        100.00
0.12            104.81
0.14            109.32
0.16            113.32
0.18            116.93
0.20            120.23
0.27013          130.00
0.30            133.54
--------------------------------------------------------
以上
  

Q密閉空間の圧力変化による飽和蒸気圧

圧力と飽和蒸気圧の関係について質問します。
ある容器内に25℃、0.1MPa(1気圧)、湿度70%の空気があったとします。容器の体積を変えずに乾燥空気(100%乾燥しているとする)を入れていって圧力を上昇、1MPaとなった時、飽和蒸気圧もしくは飽和水蒸気量はどのように計算すればよいのでしょうか?
空気注入はゆっくりと行って、等温変化するとします。
飽和蒸気圧は圧力に依存しないといいますが、上記の場合、空気注入後の空気と水蒸気のモル比が当初の空気より変化するので新たな飽和蒸気圧曲線を考慮して飽和蒸気圧及び飽和水蒸気量を決定しなければならないと考えています。
宜しく回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 飽和蒸気圧というのは、(水の場合でいえば)ある温度の気体中に存在しうる水蒸気の分圧の上限値であり、これはご質問中にある通り圧力に依存しません。
 この問題の場合、25℃における水の飽和蒸気圧をpとすると水の分圧は0.7pです。この気体を等温的にゆっくり圧縮していった場合、全体の圧力が0.1/0.7≒0.14MPaになったとき水の分圧はpに達し、水分の凝縮が始まります。
 乾燥空気を加えて全圧が1MPaになるということは(等温変化のもとでは)圧力が10倍になっているのでモル数は元の気体の10倍になっています。従って水分のモル分率は1/10になっています。分圧は全圧*モル分率で与えられるので水の分圧は元と同じ0.7pです。

Q煙管ボイラーと水管ボイラーの違いについて

煙管ボイラーと水管ボイラーの違いがネットや本で調べてもイマイチわかりません。煙管ボイラーは熱せられた炉中のガスが水の通されたパイプのまわりを流れ、水管ボイラーは燃焼室の内側に並べられた水管の中で水が沸騰するとあります。両方とも燃焼ガスが水の通ったパイプを暖めるようで、同じように思えてしまうのですが・・。違いは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC
の記述が参考になるかと思います。

水管ボイラはご質問にかかれているようにパイプの中を水が流れて、外から燃焼ガスで加熱するのに対して、
煙管ボイラではパイプの中を燃焼ガスが流れて外部の水を加熱します。

Q熱の対流と貫流の違いを教えてください。

中学の理科レベルでしか理解しておりません。
固体の熱移動は伝導。気体・液体の熱移動は対流。
熱貫流はどういうことでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このほうが一般論で厳密に書いてあるので、分かりやすいかも。

参考URL:http://www.eccj.or.jp/scnet/words/word_04.html

Qボイラーのブロー操作

ボイラーのブロー操作とは、どのような操作なのでしょうか。その目的や、なぜ「ブロー」というのかなど、教えてください。

Aベストアンサー

ボイラーが大きなヤカンのようなものとイメージすると
わかりやすいと思います。

蒸気ボイラーの場合はヤカンでお湯を沸かして、その蒸気を
利用しています。
このとき、蒸気をヤカンから取り出していくと、段々ヤカンの
お湯は減っていきます。
ヤカンのお湯が空になると、底にはカルシウムなどの無機物が
析出します。この無機物はボイラーの缶内温度程度では
蒸発することはありません。

ボイラーの場合は、蒸気を取り出していくと減った分の水が
補充されていきます。すると、徐々にカルシウムなどの
無機物の濃度が高くなっていきます。
無機物の濃度が高くなり、お湯に溶けきれなくなると、
溶けきれなくなった分は缶の内面に析出してこびりついて
しまいます。こうなると熱伝導性が悪くなり、缶の外側から
の熱が内側にうまく伝わらず、お湯が沸きにくくなるばかりで
なく、所定の蒸気圧力を得るためにバーナーの出力を高く
保ち続ける必要がでてきます。
このことは燃費を悪くし、缶体の寿命を縮めてしまうことに
つながります。

そこで、缶内の無機物の濃度が高くなって析出してしまう
前に缶内のお湯を一部捨てて(ブローして)、無機物の
濃度を薄めて析出を防止します。
これが、ブローの動作と理由です。

なお、缶内で濃縮するのは無機物だけでなく、防錆剤や
スケール溶解剤のような薬品もそうです。これらの薬品も
濃度が高くなると缶体に悪影響を及ぼすために、ブローにより
濃度を薄くします。

また、ブロー(blow)とは「吹く」という意味で、缶内のお湯を
吹出すことです。

ボイラーが大きなヤカンのようなものとイメージすると
わかりやすいと思います。

蒸気ボイラーの場合はヤカンでお湯を沸かして、その蒸気を
利用しています。
このとき、蒸気をヤカンから取り出していくと、段々ヤカンの
お湯は減っていきます。
ヤカンのお湯が空になると、底にはカルシウムなどの無機物が
析出します。この無機物はボイラーの缶内温度程度では
蒸発することはありません。

ボイラーの場合は、蒸気を取り出していくと減った分の水が
補充されていきます。すると、徐々にカルシウムなどの
無機物...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報