グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

日本語教師の勉強をしています。
「~と聞いていた」と「~と聞きました」の違いを日本語をある程度わかる外国人に教えるのは どうしたらいいでしょうか?

例)「日本料理は美味しいと聞いていたのですが、やはり そうでした」と「日本料理は美味しいと聞きましたが、やはり そうでした」

「Aくんは礼儀正しいと聞いていたのに、そうでもありませんでした」と「Aくんは礼儀正しいと聞いたのに、そうでもありませんでした」

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

素人考えですが..


現在完了形,現在形,過去完了形,過去形などの違いではないかと思います.

「日本料理は美味しいと聞いていたのですが、やはり そうでした」
           (過去完了形)       (過去形)

「日本料理は美味しいと聞きましたが、やはり そうでした」
           (過去形)      (過去形)

とかそんな感じかなぁと思うのですが,英語の時制でのニュアンスと相関があるかも知れません.
    • good
    • 1

「~と聞いていた」の方が、より一般的にそう言われている、そう考えている人が比較的多いというニュアンスです。


「~と聞きました」というのは、たまたま、ある人がそう言っていたのを聞いたということで、それが一般的な普通の話というわけではないような感じがします。

聞いていた→日本料理は、一般的に美味しいと言われていますが…。
聞きました→日本料理は美味しいとある人が言っているのを聞きましたが…。

聞いていた→A君は礼儀正しいと比較的多くの人が思っていると聞いていたのに…。
聞いたのに→A君は礼儀正しいとある人から聞いたのに…。

という感じです。
参考意見と言うことで…。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなり大変失礼いたしました。体調を壊し、入院していました。この場を借りて、3名の回答者さんにお礼を言われてください。ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/18 21:18

「~と聞いていた」の方が 教えられた/指示された という事を暗示する度合いが強いように思います


「~と聞きました」は 伝えられた の暗示が強いように思います

表現が微妙ですが・・・
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分が相手に相談したい時は「相談」or「ご相談」?

ビジネスの場において
自分が相手に相談したい時に
「ご相談なのですが、、、」

「相談なのですか、、、」
とどちらが敬語として正しいですか?

相手から相談された場合なら
「ご相談いただきありがとうございます。」などと言うので
自分が相手にした時に
「ご相談」だと自分の動作を丁寧にしてる気がするので
なんとなく不自然な感じがします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

相談する人が相手なら、ご相談お受けいたします。

自分が相談するなら、相談させていただいてもよろしいでしょうか。

自分のする行為には御をつけないでOKだと思います。

Q「~やら~やら」と「~とか~とか」の違い

物事を複数並列する時に「~やら~やら」と使っていますが、
最近の若者がよく使っている語で、同じようなものに「~とか~とか」があります。
「~やら~やら」と「~とか~とか」は、どう違うのでしょう?
なんとなく用法が違うとは思うのですが、正確にはわかりません。
以前から気になっています。どうぞ御教示ください。

Aベストアンサー

「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。

「~やら~やら」には意味が二つあります。
1 名詞の並列
  例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。
2 どちらか決めがたいことをあらわす。
  例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。

それに対して「~とか~とか」には、
1の名詞の並列の意味しかありません。

それでは
「スーパーでパンやら牛乳やら買った。」

「スーパーでパンとか牛乳とか買った。」
は完全に同じ意味でしょうか?

ここから先は、個人の語感によって、或いは世代によっても意見が分かれそうな部分ですが、
私は「パンやら牛乳やら」からは、並列の意味に加えて、「いっぱい」や「必要もないのに」という印象を受けます。
「パンとか牛乳とか」の方は並列の意味に加えて、ちょっとあいまいに表現しようという気持ちが感じられます。

これは例文を変えてみるともうちょっとはっきりするかもしれません。
1「バーゲンでコートやらスカーフやらいっぱい買ってしまった。」
2「バーゲンでコートとかスカーフとかいっぱい買ってしまった。」
1の方がいっぱい買ってしまった感が強いような気がします。
2の方は普通の並列ですが、この言葉を言う人によっては、本当はコートとスカーフ以外に重要なものを買ったんだけどそれをわざとぼかして言っているような感じも受けるかもしれません。

1「彼女の気を引くために、バッグやらアクセサリーやらプレゼントした。」
2「彼女の気を引くために、バッグとかアクセサリーとかプレゼントした。」
これも、1の方があれこれたくさんプレゼントした感じがよく出てると思いますがいかがでしょう。
2は素直な人が話しているなら単なる並列。
ものをはっきり言わない人が話しているなら、ひょっとしたら車もプレゼントしているかもしれません。

とまあ、こんなところです。
前にも書きましたが、ここまで来ると、個人の語感や世代によって感じ方はさまざまだろうと思います。
色々な回答がつくといいですね。

「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。

「~やら~やら」には意味が二つあります。
1 名詞の並列
  例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。
2 どちらか決めがたいことをあらわす。
  例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。

それに対して「~とか~とか」には、
1の名詞の並列の意味しかありません。

それでは
「スーパーでパンやら牛乳やら買った。」

「スーパーでパンとか牛乳とか買った。」
は完全に同じ意味でしょうか?
...続きを読む

Qnoted with thanks.の意味を教えてください

英語のメールで noted with thanks.という表現が良くあるのですが
日本語ではどのような意味でしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特段深い意味はありませんです。

直訳では「感謝と共に了解!」ですが、毎回々、打ち慣れてくると、単なる「了解、感謝」→「了解!」→「分かった!」→「分かったぞ!」→「分かった、おまえの云うことは分かった!」→「もういい、分かったヨ」→「あっ、そう、!」(爆)

誠実に感謝の気持ちをお届けしたい場合は、

「appreciate it, many thanks!」 位を使うと「あっ、この人本当に感謝してるんだな」と思って貰えます。(爆)

Q「行けるのなら」と「行けるなら」の違いについて

いつもお世話になっております。
「行けるのなら」と「行けるなら」のニュアンスの違いはあるのでしょうか?
行ける可能性はどちらの方が高いでしょうか?
ブログではこういう風に使っていました。
「見るのなら勝手にしろう」や「洗濯をするのなら」、「歩いていくのなら」などです。
「なら」とあんまり変わらない気がするのですが。
はっきりしたニュアンスの違いはあるのでしょうか?
「のなら」は書き言葉のみ使っているのですか?
最近作文を書いていて微妙な違いも理解しなければならなくなったので。
どうか教えてください。

また、質問文に、間違っているところがありましたら、直していただければ幸いです。^^

Aベストアンサー

>>>いつも分かりやすい説明に助けられています。^^

いえいえー。

コメントにお答えします。

>>>
「行くのなら」は理解できたのですが。
「行くのだったら」の「の」も強調の意味ですか?

はい。そうです。
単語に分けると、下記のようになります。


「行く」+「の」+「だっ」+「たら」
「言いなり」+「に」+「なる」+「の」+「だっ」+「たら」
「実行できる」+「の」+「だっ」+「たら」
「本当に」+「悩んで」+「いる」+「の」+「だっ」+「たら」

ここで、「たら」は完了を表す助動詞「た」の仮定形です。


「行く」+「の」+「なら」
「言いなり」+「に」+「なる」+「の」+「なら」
「実行できる」+「の」+「なら」
「本当に」+「悩んで」+「いる」+「の」+「なら」

ここで、「なら」は断定を表す助動詞「だ」の仮定形です。


Bのグループより、Aのグループのほうが、仮定の内容を強く問いかけて(確認して)います。


>>>
「本当に悩んでるのだったら」を「のだ」+「たら」のなるのですか?
仮定の「たら」の性質がなくなったような気がします。

あー、なるほど。
「のだ」と強く断定しているのに、その後ろに「たら」を付けたら、
「たら」の意味が弱くなると思われたのですね。
そういうことではないです。

肯定文における「~のだ」は、強い肯定です。
疑問文における「~のか」は、強い問いかけです。
仮定における「~のなら」「~のだったら」は、仮定の内容についての強い確認で、特に後者のほうが強い表現です。
また、
否定文においても、強い否定にするために「のではない」を用いることがあります。


では。

>>>いつも分かりやすい説明に助けられています。^^

いえいえー。

コメントにお答えします。

>>>
「行くのなら」は理解できたのですが。
「行くのだったら」の「の」も強調の意味ですか?

はい。そうです。
単語に分けると、下記のようになります。


「行く」+「の」+「だっ」+「たら」
「言いなり」+「に」+「なる」+「の」+「だっ」+「たら」
「実行できる」+「の」+「だっ」+「たら」
「本当に」+「悩んで」+「いる」+「の」+「だっ」+「たら」

ここで、「...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q変更等ありましたらお知らせください(至急

こんにちは。

上司にかわって外人のお客さんにディナーの招待メールを出したいと思います。

その際、文章の最後に、「変更等ありましたらお知らせください」 と書こうと
思うのですが、どのように表現すればよいでしょうか。

Please let us know if you need to change anything.

とかでいいのかもしれませんが、ちょっとカジュアルすぎかなと思います。
もっと良い文章等ありましたら、指南お願いします。

Aベストアンサー

if anything has been changed という表現はあるので, 後ろの if節をこれに変えるだけでもいいのかもしれない. あるいは動詞を know から inform ないし notify にすると
Please inform us if anything has been changed.
くらいの文章も考えられそう.

Q「してから」と「したあとで」の違いは何でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「してから」と「したあとで」の違いは何でしょうか。教えてください。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。以前書いたもののコピーですが。

48.4 V-てから
 「~あとで」と同じく、時間的前後関係を表しますが、より「順序」という
意味合いがあります。ふたつの事柄のうち、どちらが前か後かを述べる場合は、
「~あとで」でも「~てから」でもいいのですが、順序が決まっている事柄の
場合は、「~てから」の方がぴったりします。

     買物をしてから、映画を見ました。
     これが終ってから、あちらの仕事に取りかかろう。
     歯を磨いてから朝御飯を食べますか、朝御飯を食べてから歯を磨き
     ますか。
     見てから読むか、読んでから見るか。
     ピカッと光ってから、どーんと音が聞こえる。

 以上の例では「~あとで」でも言えますが、以下の例ではどうでしょうか。

     切符を買ってから中に入る。
     ちょっと口をすすいでから歯を磨く。
     準備運動をよくしてから、泳いでください。

 これらは、「~あとで」で言えないことはありませんが、少し不自然です。
これらの「AてからB」のAは、Bをするために必要なことで、「あと」にす
るのでは無意味な場合です。 

 また、時間の経過を表す場合も、「~あとで」は不自然です。

     夜が明けてから人家を探そう。(?あとで)
     秋が来てから、急に人通りが多くなった。(×あとで)
     日本に来てから、3か月になります。
     占領が終わってからでも、もう50年近くの時間が過ぎた。
     最初の文明が生まれてから1万年。

 「だ」が付いて文末に来る場合もあります。「~のN」の形にもなります。

     乾杯は会長が来てからだ。
     起こすのは医者が来てからでいい。
     そのあとのことは、まずやってみてからの話だ。

 「V-てからでないと、~ない」という表現がよく使われます。

     まずモノを見てからでないと、何とも言えませんね。
     入会金を払ってからでないと、アクセスできません。

 それから、「Aのあと今まで(に)」「A以来ずっと」の場合も「~てから」
が使われます。

     勉強を始めてから、多くのことを学びました。
     生れてから、ずっとこの町に住んでいます。
     パソコンもウインドウズになってから、多少使いやすくなった。

 「AてからBまで」の形にもなります。

     小学校に入ってから大学を出るまで、ずっと机の前に座っていた。
小学校に入ってから大学を出るまでの16年間

 「は/も/より」などの副助詞をつけることもできます。

     来てからは/も  来てからさえ(も)  来てからより(も)  
ここに移ってからは、時間がゆったりと流れるようです。

こんにちは。以前書いたもののコピーですが。

48.4 V-てから
 「~あとで」と同じく、時間的前後関係を表しますが、より「順序」という
意味合いがあります。ふたつの事柄のうち、どちらが前か後かを述べる場合は、
「~あとで」でも「~てから」でもいいのですが、順序が決まっている事柄の
場合は、「~てから」の方がぴったりします。

     買物をしてから、映画を見ました。
     これが終ってから、あちらの仕事に取りかかろう。
     歯を磨いてから朝御飯を食べますか、朝...続きを読む

Q英語で、「大体でいいので」という時はどう言えばいいのでしょうか?「次回

英語で、「大体でいいので」という時はどう言えばいいのでしょうか?「次回入金日を教えてください。正確な日付でなくても、大体いつ頃になるかでいいので教えてください」と言いたいのですが。

Aベストアンサー

  Tell me when you can pay me. Not necessarily the exact date, but roughly when.

「いつお支払いいただけるでしょうか? べつに正確な日付でなくても、だいたいいつ頃か」と言うと roughly ですね。

Give me some idea, an approximation will do.「いつになりますか、大体でいいですから」

とも言えますね。そうなると approximation.

いろいろあると思いますが、とりあえず二つ。

Qとの(という)ことでした、との(という)ことです

 日本語を勉強中の中国人です。「~とのことでした」「~とのことです」、「~ということでした」、「~ということです」の違いをどなたか教えていただけませんか。混乱中です。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「とのこと」とは、自分が他の人から聞いたことをさらに別の人に伝える時に使います。
よくあるケースは、電話の伝言メモですね。
例えば、
田中さんへ
佐藤様からtelあり。
急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことです

この場合、佐藤様からの伝言を聞いたのは過去になりますが、「とのこと」には過去のニュアンスが含まれるので、最後は「です」となります。
「とのことでした」を使う場合は、「でした」のあとに接続詞を付けて、話を聞いた、その後の出来事などを記述する場合に使います。
例えば、
(1)佐藤さんから電話があり、急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことでしたが、結果的には30分遅れで出席されました。
とか、
(2)佐藤さんから電話があり、急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことでしたので、会議は中止しました。

(1)の場合、時系列で佐藤さんの電話、30分遅れで会議の出席、今の順です。
(2)の場合、時系列で佐藤さんの電話、会議中止、今の順です。

「ということ」を上の「とのこと」に入れかえても、意味は通じます。
でも、他の人から聞いた話を別の人に伝える場合、「とのこと」の方がより適切です。
「ということ」という言葉は、「とこのと」と同じ意味以外に、説明の時に使う言葉ですね。
例えば
「ドコモとソフトバンクの料金を比べた場合、トータルではソフトバンクの方が安いということです」とか。
ということの場合、後ろに来る「です」と「でした」の違いは、時制の違い、つまりですは現在形、でしたは過去形を表すと考えてよいと思います。

この説明でわかりました?

「とのこと」とは、自分が他の人から聞いたことをさらに別の人に伝える時に使います。
よくあるケースは、電話の伝言メモですね。
例えば、
田中さんへ
佐藤様からtelあり。
急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことです

この場合、佐藤様からの伝言を聞いたのは過去になりますが、「とのこと」には過去のニュアンスが含まれるので、最後は「です」となります。
「とのことでした」を使う場合は、「でした」のあとに接続詞を付けて、話を聞いた、その後の出来事などを記述する場合に使います。
...続きを読む

Q「お伺いさせて頂きます」という敬語

よろしくお願いします。

「お伺いさせて頂きます」という敬語の使い方は、やや不自然に感じますが正しいでしょうか?
間違っていればその部分と理由を教えてください。

Aベストアンサー

「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。
「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。

そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。

例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。
食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。

スミマセン。年寄りの愚痴でした。


人気Q&Aランキング