グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

江戸時代の藩主の弟たちは、他家に養子に出たり、僧侶になったり?していたと思いますが、
譜代大名であれば、次男坊以下は大身旗本に取り立てられることもあると聞きました。
これは本当でしょうか?
また、外様は大大名でも次男坊以下が旗本に取り立てられることは、ありえなかったのか、
お分かりの方、よろしくお願いいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

家光の代までは、次男坊以下が分家立藩・旗本・御家人になる事がありました。



が、以降は譜代・外様を問わず例が非常に少ないです。
当時は、旗本でも次男坊以下の扱いに困っていた状態です。
既に、旗本の数が増えすぎていたんですよ。
幕府財政も苦しいですから、旗本・御家人は減らしたい!
旗本といっても、役職が無い者(無役)が多数でしたからね。
幕府財政を圧迫していた原因です。

次男坊以下は、お家存続のためのスイペアーでしか存在価値がありません。
俗にいう「部屋住み」です。
例えば、幕末の大老・井伊直弼。
分家・養子・旗本にもならず、ずーーっと城内の部屋住みでしたよね。
井伊家でこれですから、外様の状況が分かるでしよう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございます。
比較的初期の頃までだったのですね。
部屋住みのまま、結婚もしないで一生を終えていたのでしょうか。
それとも、家臣の娘辺りを妻にしたり、側女のようなものを持っていたのでしょうか。
どちらにしましても、姫と違って次男以下は下の弟になるほど大変だったわけですね。

お礼日時:2007/10/17 23:32

本家からいくばくかの禄高をわけてもらって旗本や大名になることはありましたが、幕府から新たに禄をもらって大名や旗本に取り立てられた例は江戸時代初期をのぞいてはほとんどありません。


江戸時代初期なら前田利家の五男の利孝が本藩とはまったく別個に大名(上州七日市藩)に取り立てられたような例がありますが。(この場合は人質として江戸に送られて徳川秀忠につかえて取り立てられたのですが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございました。
滅多にない例だったとは聞いたのですが、江戸後期より初期にあったことなのですね。

お礼日時:2007/10/17 23:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代、武士の次男三男の暮らしぶり(無役の閑人?)

岡本綺堂の「半七捕物帖」で、
「旗本に限らず、御家人に限らず、江戸の侍の次三男などというものは概して無役の閑人であった。彼らの多くは兄の屋敷に厄介になって、大小を横たえた一人前の男がなんの仕事もなしに日を暮らしているという、一面から見ればすこぶる呑気らしい、また一面から見れば、頗る悲惨な境遇に置かれていた」
とあります。

いまのニートそっくりですが、彼らは、
1.就職できなかったのですか?
2.バイトはどうでしょうか?
3.結婚したら兄の屋敷を出て行かなければなりませんか?
4.結婚したら生活費はどうなりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

武家というのは、家の論理で動きますから、家という概念で考えないと誤解します。

1.就職できなかったのですか?
役というのは、代々、家に付くものですから家の当主でなければ、役に就くことはできません。分家というのは、新しく一家を立てて、その家の当主となることです。分家を立てれば(別の家ですから)役に就くことはあります。そうでない限り、家としての役に就くことはできません。もちろん、まれに次男が別に召し出されることはありましたが、その場合は将来、一家を立てることが前提です。

2.バイトはどうでしょうか?
バイトはできたようです。具体的には、大名火消しのガエン、歌舞伎・能の囃子方などは旗本・御家人の次男坊、三男坊のアルバイト先だったようです。小説などにある、町人やヤクザの用心棒はあり得ません。ただし、剣術道場の師範などはあったようです。

3.結婚したら兄の屋敷を出て行かなければなりませんか?
一家を立てなければ結婚はできません。従って、結婚するから家を出るのは、養子縁組、婿入りだけです。まず家を立てる(分家)のが先、結婚は家を立てたからできるのです。

4.結婚したら生活費はどうなりますか?
従って、この質問自体が成り立ちません。一家を立てるということは、収入があるということです。

補足をすると、二男・三男は養子、婿入りなどをして、一家の当主とならない限り、生涯独身です。その場合、当主から小遣いをもらい、女中をあてがわれ、身の回りの世話と性処理はその女中の仕事になります。当主(長男)が死亡すると、当主の息子(甥)が跡を継ぎ、いわゆる「厄介叔父」という立場になります。

大名家や大身の旗本で次男などに、分知をして(例えば前田家)一家を立てさせることはありました。この時は、分知ですから当然収入があるわけです。

武家というのは、家の論理で動きますから、家という概念で考えないと誤解します。

1.就職できなかったのですか?
役というのは、代々、家に付くものですから家の当主でなければ、役に就くことはできません。分家というのは、新しく一家を立てて、その家の当主となることです。分家を立てれば(別の家ですから)役に就くことはあります。そうでない限り、家としての役に就くことはできません。もちろん、まれに次男が別に召し出されることはありましたが、その場合は将来、一家を立てることが前提です。

...続きを読む

Q大名・旗本・御家人

大名・旗本・御家人の次男・三男以下は、他家の養子となる以外にはどんな身分で生きていったのでしょうか?

農民の次男以下の場合はどうだったのでしょうか?

Aベストアンサー

武士の次三男は養子の口がなければ厄介ということで兄の世話になるしかありませんでした。
ごくたまに運がよければ新規お召抱えの口があって召抱えられることもありました。
大身の旗本や大名であればごくたまには分知ということで所領の一部をわけてもらうこともありましたが、これは江戸初期を除けばほとんど望めませんでした。
そのためよい養子の口があるように次三男は長男(嫡子)に比べて武道や勉学に励んだとも言われます。

農民の場合も跡継ぎ以外は跡継ぎの世話になる厄介でしたが、こちらは町へ奉公に出たりすることが多く、また田畑の一部をもらって分家させてもらったり、新田開発などに応募して新たに家を起こすことも可能でした。