10年以上前に習った基礎中の基礎のトルクの計算方法を忘れてしまいました。
今、9cm先にある500gの物体を、数cm上げたり下げたりする装置を作ろうとしています。ステッピングモーターで作ろうと思っているのですが、必要なモーターのトルクは
9cm×500g=4500gf・cm 
になるのでしょうか?数字が予想よりだいぶ大きくて全く自信がありません。手元にあるモーターのトルクでも全然足りていません。
ご回答いただけたら嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

最近はほとんどのものがSI単位です。


ですから、単位換算をしてから計算しましょう

500gf→0.5kgf(=4.9N)
9cm→0.09m

で、トルクは4.9×0.09=0.441(N/m)になります
おそらくモーター出力もSIだと思いますよ
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。
スッキリしました。計算方法だけでなく、単位変換のことも完全に忘れていました。

お礼日時:2007/10/22 02:21

モーター軸が半径9cmであればこの計算ですね。

何センチ先かはトルク計算には、関係ありません。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんとか思い出しつつあります。助かりました。

お礼日時:2007/10/22 02:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次の計算方法を教えてください!ステップ角が1.8度のステッピングモーターにリード2mmのボールネジ

次の計算方法を教えてください!
ステップ角が1.8度のステッピングモーターにリード2mmのボールネジが取り付けられているとき、加工テーブルの移動分解能は何mmか。ただし、機械精度は含めないものとする。
予想では0.1mmなんですが…

Aベストアンサー

次のように考えると良いでしょう。

リード2mmと言うことはリードの軸が1回転すると2mm進む
ことになります。
1回転は360度です。
360度:2mm

ステッピングモーターの1パルス当たりのステップ角は 1.8度
回転します。
結果、分解能は1パルスの回転角度であり 1.8度 になります。
(パルス発生器は1パルス以下(例:0.5パルス)のパルスは発生
できません。)

これにより1パルスでの移動距離をxmmとしますと
1.8度:xmm
となります。

故に
360度:2mm=1.8度:xmm
これを計算しますと

360度×xmm=1.8度×2mm
xmm=(1.8度×2mm)÷360度
xmm=3.6÷360mm=1÷100mm
xmm=0.01mm

答:0.01mm

Q300gから500gの加速度を安定して発生させるシンプルな装置

ご存知の方ご教示ください。
300gから500gである品物を打撃したいのですが
それが安定(再現性が高い)して可能なシンプルな装置(構造)を教えてください。
品物に打撃の加速度が加わった時に内部に伝播する衝撃による内部の電子部品
の耐久性を調べたいのです。

Aベストアンサー

>ACCとは何でしょうか?

アキュムレータの略号で、ガスを使った蓄圧器です。瞬間的に大流量を流す場合にも有効です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF_(%E6%A9%9F%E6%A2%B0)

ちゃんと計算してなかったのですが、500gは難しいですかね(20g位は出るんですが)。
地面に落としても、かなかな500gは出ないかもしれませんね。

爆薬を使うような方法になるのかも。

http://kurobe3463.blogspot.jp/2005/06/acceleration-of-cannonball.html

Q直流モーターの回転数とトルクの関係、及び変速機の必要性について

直流モーターは一般に、高回転時には低トルクとなり、低回転時には高トルクとなるとされています。ではなぜ、低回転 高トルクを求める場合、ギヤで減速する必要があるのでしょうか? 単純に考えると、変速ギヤなしでも、負荷がかかれば自然に高トルク 低回転になると思います。

Aベストアンサー

模型用のモーターで負荷が重くなったら止まってしまうだけです。
ゆっくりになってそのまま回り続けるわけではありません。
止まっても電源がつながったままなら焼損するのは、大型モーターと同じです。

Q素人からの質問になります 写真の問題 T型レンチを両手にそれぞれ15kgの力を掛け6kgmのトルクで

素人からの質問になります
写真の問題
T型レンチを両手にそれぞれ15kgの力を掛け6kgmのトルクで締付けるには右手と左手の中心距離 L を何mm離して持てば良いですか?

Aベストアンサー

「kg」と力の単位としての「kg重(kgf)」と考えます。

そうすれば、トルクの単位「kgf・m」は、そのまま、加える力「kgf」と支点から力点までの半径「m」のかけ算ですから、
  15 kgf × L (m) = 6 kgf・m
より
  L = 6 (kgf・m) /15 (kgf) = 0.4 (m) = 400 (mm)
です。

両手で 15 kgf ずつ、合計で 30 kgf なら
  L = 6 (kgf・m) /30 (kgf) = 0.2 (m) = 200 mm
です。

Q質量モル濃度が500mol/L-1の濃硫酸の密度は1.83g/mL-1である。 この濃硫酸の質量パー

質量モル濃度が500mol/L-1の濃硫酸の密度は1.83g/mL-1である。 この濃硫酸の質量パーセント濃度を有効数字3桁で求めよ。
ただし、硫酸の分子量は98とする。

これの解き方を教えてくださいm(*_ _)m

Aベストアンサー

何重にもミスってる質問。

500mol/L-1って、掛けるLの意味だから、500molLとなる。
そんな物は無い。

質量モル濃度=物質モル数/溶媒1kg。

物質モル数500molを重さにすると98×500=49000g=4.9kg
この溶液の重さは溶媒1kg+溶質4.9kg=5.9kg

質量パーセント濃度=溶質の重さ/溶液の重さ=4.9/5.9=83.05%


「密度は1.83g/mL-1である。」:これの使いようが無い!!
1.83g/mL-1→1.83g×mLの意味になるが、そんな単位は無い!!

Q【科学・一般旅客用航空機の機内は1Gに内部調整出来ていますが実際の機体には何GのGが掛かっているので

【科学・一般旅客用航空機の機内は1Gに内部調整出来ていますが実際の機体には何GのGが掛かっているのでしょうか?】

あと一般旅客用航空機の機内は陸地と同じ1Gに調整出来る機能の機械を発明しているのに最新鋭戦闘機はなぜ未だに操縦士に凄い負荷を直接掛けているのですか?

Gがキツ過ぎて失神して墜落していく事故がまだ起こっていますよね。

あとスペースシャトル。あれも開発費は税金なんで幾らでも掛けれるので一般科学者を乗せて強烈なGを掛けるより飛行機みたいに1Gに調整する装置を付けたら良いのになぜそうしないんですか?

不思議です。

Aベストアンサー

>一般旅客用航空機の機内は陸地と同じ1Gに調整出来る
現在の技術でそんなことできません。
ただ単に一定速度で飛んでいる飛行機の内部には慣性力が働かないので重力がそのまま働いているのです。車や電車が一定の速さで動いているときにGを感じないでしょう。それと同じです。
旅客機も離陸からしばらくの間は下に引っ張られるように感じるはずです。これは上斜め前方に加速しているためその慣性力として引張られて感じるのです。

戦闘機やロケットでかなりのGを受けるのは乗り物がそれだけの加速度で運動しているからです。ここでいう加速度とは速さが変化しているというだけではありません。同じ速さでも急速に向きを変えるとそれは加速度がかかっているということになります。
戦闘機が急旋回をするとかなり大きな遠心力が発生することは避けられません。現在の技術で回避することはできません。

Q質量パーセント濃度が98.0%の濃硫酸の密度は 1.83g/cm-3である。 この濃硫酸のモル濃度を

質量パーセント濃度が98.0%の濃硫酸の密度は
1.83g/cm-3である。
この濃硫酸のモル濃度を小数第1位まで求めよ。
ただし、硫酸の分子量は98とする。

これの解き方を教えてくださいm(*_ _)m

Aベストアンサー

濃硫酸1Lの質量は、1L×1.83g/cm^3=1830g
このうち98%が硫酸の質量になるので、1830g×0.98=1793.4g が硫酸の質量。
molで表すと、1793.4(g)/98(g/mol)=18.3(mol)
1Lについて18.3mol含まれていることになる。
答え 18.3(mol/L)

Q物理基礎、物理の超基礎でわかりやすい参考書を教えてください

物理基礎、物理の超基礎でわかりやすい参考書を教えてください

Aベストアンサー

どのレベルですか?

・高校生で、これから物理を学ぶ
・高校生で、一応物理を履修して、受験や大学物理に向かう
・大学生で、高校物理の復習をしたい
・大学生だが、高校では物理を履修しなかった
・社会人で、高校レベルの物理を復習したい
・社会人で、大学レベルの物理を復習したい
・社会人で、これまで物理の履修歴なし

などなど。つまり「全くの初心者」か「一応かじったことがある」かです。

また、特定の分野を学びたいのか(相対論とか量子力学とか、原子物理とか)、高校物理全般を学びたいのか、など、対象や目指す「深さ」「レベル」はありますか?
さらに、数学のレベル(微積分やベクトル、複素数が分かるかなど)も関係しますので、そういうバックグラウンド情報も必要です。

Q物理基礎がきちんとわかってないと、物理はわからないですよね?まだ化学基礎がきちんとわかってないと化学

物理基礎がきちんとわかってないと、物理はわからないですよね?まだ化学基礎がきちんとわかってないと化学はわからないですよね?回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

至極当然のことです。基礎の最初から、全て復習する必要があります。

ただ、質問者さんが高校三年生の場合、物理・化学の初級的問題集から始めて、
はっきりしない場合、理解できない場合に、各基礎の関係範囲を復習する方が、時間的には
無駄が少なくなると思います。

参考までに。

Q10kgのものを30cmの高さから誤って落とした場合に、物体にかかる衝撃荷重はどのくらいですか?

落下面はフローリングが貼ってあり、その上に落ちて、5mmの凹みができて完全に止まる条件でお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

>つまり10kgの物体ですので、120Gがかかるとすれば衝撃荷重は最大1,200kgかかると理解してよろしいでしょうか?

はい。そうです。

力を「重さ」で表わした「キログラム重(kgf)」という単位を使うと、
 1 kgf = 9.8 N
ですので、
  1.2 * 10⁴ (N) ≒ 12 * 10³ (kgf) = 1200 (kgf)
ということで、1,200kgの重量に相当する力ということです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報