こんばんは。

この前、学校の実験で「ストロンチウムイオンに硫酸を加える実験」と「ストロンチウムイオンにセッコウ水を加える実験」をしました。

どちらも硫酸ストロンチウムができると思います。

そこで、硫酸を加えた方は沈澱が生じましたがセッコウ水を加えた方は沈澱が生じませんでした。

なぜこのような現象が起こるのか教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

溶解度積」に関するQ&A: 分析化学 溶解度積

A 回答 (2件)

セッコウ水ということですからセッコウを水に溶いて不溶物をろ過で取り除いた溶液ですね。


セッコウは結構水に溶けます。
この溶液に塩化バリウムを加えるとかなりの量の白色沈殿が出ます。
溶解度は多分、硫酸バリウム<硫酸ストロンチウム<硫酸カルシウム
だと思います。ストロンチウムのイオン濃度がカルシウムのイオン濃度と同程度であれば沈殿が出ます。

セッコウを作るときによくかき混ぜましたか。飽和溶液になっていれば硫酸ストロンチウムの沈殿が出てもよさそうです。それともストロンチウムイオンの濃度が小さかったのでしょうか。
硫酸との反応は硫酸濃度が高いので沈殿が生じたのだと思います。

溶解度積は
[Sr^(2+)][SO4^(2-)]=K1
[Ca^(2+)][SO4^(2-)]=K2
です。(K1<K2)
K1の方で等号でなく不等号(<K1)となったのでしょう。
    • good
    • 0

硫酸を加えた場合は、硫酸が電離して硫酸イオンが生じます。


その硫酸イオンとストロンチウムイオンがくっついて沈殿します。

セッコウに含まれる硫酸カルシウムは、水を加えても電離しにくく、多くは溶けずに残っているんです。
つまり、硫酸カルシウムのまま存在しているものが多いんです。
したがって、ストロンチウムイオンとは反応せず、沈殿が生じにくいんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
よく分りました。

お礼日時:2007/10/17 23:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qストロンチウム、462兆ベクレルが海に流出

ストロンチウム、462兆ベクレルが海に流出

 東京電力福島第一原発から事故後、海洋に放出された放射性ストロンチウムの総量は、少なくとも約462兆ベクレルになることが朝日新聞の試算でわかった。水産庁は魚介類への蓄積を調べるサンプリング調査の強化を検討している。

 試算は東電などが発表した資料をもとに行った。4月に2号機、5月に3号機から流出した放射能汚染水については、流出源である両号機の建屋内のたまり水に含まれる放射性ストロンチウムの濃度を、流出した水の体積にかけて算出。これらに、今月4日に流出が確認された処理水に含まれていたと見られるストロンチウムの量を足し合わせた。大気から海への降下量は含まれていない。

 東電は4~5月に海に流出した汚染水中の放射性ヨウ素とセシウムの総量を推定約4720兆ベクレルと発表した。ストロンチウムの量はその約1割に相当する。
http://www.asahi.com/national/update/1218/TKY201112170581.html

まーた後出し汚染情報かよ(笑)もう慣れたってか別に気にせずお魚食べても平気な感じかな?
皆はどう思うかな?

ストロンチウム、462兆ベクレルが海に流出

 東京電力福島第一原発から事故後、海洋に放出された放射性ストロンチウムの総量は、少なくとも約462兆ベクレルになることが朝日新聞の試算でわかった。水産庁は魚介類への蓄積を調べるサンプリング調査の強化を検討している。

 試算は東電などが発表した資料をもとに行った。4月に2号機、5月に3号機から流出した放射能汚染水については、流出源である両号機の建屋内のたまり水に含まれる放射性ストロンチウムの濃度を、流出した水の体積にかけて算出。こ...続きを読む

Aベストアンサー

放射性ストロンチウムで汚染されたお魚を食べて、
放射性ストロンチウムが骨に蓄積された場合には、
その内部被ばくにより、白血病、骨肉腫になります。

しかし、これらの病気になっても、東京電力は因果関係を否定して、
別の原因でこれらの病気になったと主張することは明らかです。

治療が困難な病気なので、リスクは取りたくないものです。

海流を考慮すると、太平洋全体を汚染したということです。

Q硫酸イオンが存在した状態から硫黄イオンはできますか?

ある温水器の水質条件で、「硫酸イオンが検出されないことが望ましい」とあるのですが、現状予定の供給水には硫黄イオンは無く、硫酸イオンが少し入っている状態です。
温度を上げることなどにより硫酸イオンが硫黄イオンに変わることがありますでしょうか。
また、たとえば、薬品を加える、pHを変えるなど、外的な変化によって硫黄イオンに変わることがあるのでしょうか。
化学知らずでお恥ずかしいのですが、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

温度を上げたり、pHを変えたぐらいではそのようなことは起こりません。
加える薬品によってはそう言うことも起こるかもしれませんが(具体的な薬品名は思いつきません)、それも簡単ではないと思います。

Q高濃度のストロンチウム検出 福島の地下水や海水

【原発問題】 高濃度のストロンチウム検出 福島第一の地下水や海水 [06/12]

 東京電力は12日、福島第一原発の地下水や周辺の海5カ所から、放射性ストロンチウムを
検出したと発表した。海では基準の濃度限度の240倍の地点もあった。ストロンチウム90は
半減期が約29年と長いうえ、体内に入ると骨にたまる傾向がある。

 これまで原発敷地内の土壌からは検出されていたが、地下水から見つかるのは初めて。
5月18日に採取した1号機付近の地下水からは、ストロンチウム89が1立方センチあたり
0.078ベクレル、90が0.022ベクレル検出された。2号機付近の地下水は89が
19ベクレル、90が6.3ベクレルだった。原発事故で放出され、雨水などとともに空気中や
地表から流れ込んだとみられるという。

 5月16日に採取した1~4号機の取水口近くの海水でも、ストロンチウム89が基準の
濃度限度の26倍、90が53倍を検出。2号機取水口付近ではそれぞれ67、117倍、
3号機取水口付近では80倍、240倍を検出した。

▽朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0612/TKY201106120181.html

地下水から飲み水とか作物が汚染されたり海の海産物が汚染されたりしてるのかな?
それを飲んだり食べたりしたら骨に30年近くも蓄積して被曝し続けてガンになるのかな?
どうすればストロンチウム汚染は止まるのかな?どうすればストロンチウムを取り込まないように防御できるかな?

【原発問題】 高濃度のストロンチウム検出 福島第一の地下水や海水 [06/12]

 東京電力は12日、福島第一原発の地下水や周辺の海5カ所から、放射性ストロンチウムを
検出したと発表した。海では基準の濃度限度の240倍の地点もあった。ストロンチウム90は
半減期が約29年と長いうえ、体内に入ると骨にたまる傾向がある。

 これまで原発敷地内の土壌からは検出されていたが、地下水から見つかるのは初めて。
5月18日に採取した1号機付近の地下水からは、ストロンチウム89が...続きを読む

Aベストアンサー

私はあの大災害が始まってすぐに、先輩から教えてもらったHPを参考にしています。
http://takedanet.com/
じっくり読まれる事をお勧めします。

ストロンチウムが今漏れ始めたというような錯覚を起こしかねない報道のされ方ですよね。
学者さんたちは、そんの洩れてて当たり前って事を以前から言っています。
今 初めて計ってみて発表したって事だと思います。

今の政府や東電の発表は「嘘」とまでは言いませんが
その時の状況を後から公表するといった手法が取られています。

被災地やその周辺の方々には、是非 上のリンクをご覧になって、身の安全の確保の参考にしてほしいと思います。

参考URL:http://takedanet.com/

Q【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか? 皮膚に硫酸が付くと

【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか?


皮膚に硫酸が付くと皮膚が溶けるんでしたっけ?火傷するんでしたっけ?

硫酸って飲んだら死にますよね?

硫酸って普段は何に利用しているんですか?

硫酸を使うメリットを教えてください。

Aベストアンサー

初めまして

硫酸には濃硫酸と希硫酸の二種類がありどちらも化学式はH2SO4です

何が違うかと言いますと文字についてる通り「濃さ」が違うんですよね
濃硫酸は濃度90%以上の硫酸水溶液
それ以下が希硫酸です

皮膚が溶けるか火傷だけで済むかは濃度によりますね、実験した事がないので詳しい濃度はわからないですけど濃度低めな希硫酸ですら一部の金属を溶かしていくのに手なんてまぁお察しですよね…飲んだら…()

濃硫酸は吸湿性があるので乾燥剤等に使われてます
工業用としては広く使われていて洗剤や石油の精製等にも使われているので身の回りの物の元を辿っていけば沢山使われていますよ。

希硫酸は自動車のバッテリーやコンピュータ設備のバックアップ電源の鉛蓄電池という電池に使われてます!

硫酸は同じような性質を持ってる薬品の中で一番安価で比較的入手しやすいからそこがメリットだと思います!

Qついにストロンチウム89を検出。

新横浜駅、横浜アリーナ、日産スタジアムの近所。ついにストロンチウム89を検出。

 横浜市は14日夜、港北区大倉山の道路の側溝から1キロあたり129ベクレルのストロンチウムが検出されたと発表した。ストロンチウム89と90を合計した値。同じ場所では、セシウムも3万9012ベクレル検出されている。

 市民の独自調査で同区内のマンション屋上の堆積(たいせき)物から195ベクレルのストロンチウム90が検出された問題を受け、市がマンションの周辺から堆積物を採取し、鶴見区の分析機関「同位体研究所」に測定を依頼していた。

 港北区は東京電力福島第一原発から約250キロ離れている。

http://www.asahi.com/national/update/1014/TKY201110140533.html

最近になって東京各地でもストロンチウムが検出されてるけど、
実は爆発当時から汚染されてたんじゃないのもうかなりの人の骨に蓄積してるんじゃないのかな?
皆はここ最近福島から離れたところでの放射能汚染発表(怪しい瓶ラジウムさん含むw)どう思うかな?

Aベストアンサー

体内に取り入れられた放射性ストロンチウムは、成人に対しては放射性セシウムとほぼ同等の被曝量しか与えませんが、骨格形成期の子供に対しては著しい健康被害を発生させますので厳重なる警戒をしてください。

ICRPの指針として、放射性ストロンチウム(Sr-90)と放射性セシウム(Cs-137)による内部被曝量を推定したデータがありますので載せておきます。
これは放射性物質の経口摂取後の50年間(子供については70歳まで)の積算被曝量を表したものです。

放射性ストロンチウム
------------------------
100BqのSr-90の経口摂取において
1歳以下 23.0μSv
2歳以下 7.3μSv
7歳以下 4.7μSv
12歳以下 6.0μSv
17歳以下 8.0μSv
17歳以上 2.8μSv
------------------------

放射性セシウム
------------------------
100BqのCs-137の経口摂取において
1歳以下 2.1μSv
2歳以下 1.2μSv
7歳以下 0.96μSv
12歳以下 1.0μSv
17歳以下 1.3μSv
17歳以上 1.3μSv
------------------------

以上のようにSr-90は若年者に対し著しい毒性を持ちます。
若年者は骨格発育期にあるため、カルシウムに似た化学的性質を持つストロンチウムが骨に蓄積されやすく、一端蓄積すれば長期間に渡って残存する為、放射線内部被曝の害が大きくなります。
また、Cs-137は筋肉量の少ない女性に関しては、腹部(卵巣・子宮部)に集積される傾向があり、生殖機能にダメージを与えます。

一般に内部被曝は成人のCs-137による被曝に関して計算される事が多いですが、上のデータからその2倍量が1歳以下のCs-137及びSr-90の合計被曝量であると推定されます。(Sr-90の存在量をCs-137の5%と見積もっています)
つまり、現状で成人がCs-137により年に10mSvの内部被曝をすると見積もれるなら、同条件で生活する1歳以下の子供はCs-137とSr-90によって20mSvの内部被曝をすると推定してください。

ただしこれは人体の受ける総合被曝量としての数値であり、被曝をする場所によりその影響は大きく異なってきます。
筋肉に被曝するのと、骨髄に被曝するのと、卵巣に被曝するのと、、意味が全然異なってきます。
また、細胞分裂の速度が大きいほど、放射線傷害の被害は拡大されます。成長期の子供には厳重な注意が必要です。
更に、障害を受ける細胞が生殖細胞であった場合、これが奇形発生の原因になります。

体内に取り入れられた放射性ストロンチウムは、成人に対しては放射性セシウムとほぼ同等の被曝量しか与えませんが、骨格形成期の子供に対しては著しい健康被害を発生させますので厳重なる警戒をしてください。

ICRPの指針として、放射性ストロンチウム(Sr-90)と放射性セシウム(Cs-137)による内部被曝量を推定したデータがありますので載せておきます。
これは放射性物質の経口摂取後の50年間(子供については70歳まで)の積算被曝量を表したものです。

放射性ストロンチウム
------------------------
100BqのSr...続きを読む

Q先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。

先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。
1つ目の実験ではシングルビームの分光光度計(40cm四方、厚み15cmくらいの小型のもの)を用い、水中のカドミウムをフェナントロリンで呈色させ、決まった波長で吸光度を測定しました。
2つ目の実験ではダブルビームの分光光度計(奥行60cm×横幅80cm、厚み20cmくらいの本体にモニターが載ったもの)を用い、数種の濃度の過マンガン酸カリウムの溶液を、波長をスキャンして測定し、得られた吸収スペクトルから最大吸収波長や吸光度などを出しました。

シングル/ダブルビームの違いはビームの数で、特徴として、シングルビームは常に同一セルを使えるが毎回参照を測定し、試料の測定結果から補正しなければならない。
ダブルビームはセルが二つ入れられ、常に(交互に)参照と試料を測定しているので、長時間使っていてもデータのブレが起こりにくい、ということだと理解しています。

そこで質問があります。上記以外の基本的な特徴は下記のとおりで合っていますか?
●シングルビームの特徴
波長スキャンができない=吸光度は測れるけどスペクトルは得られない。
測定波長が決まっていて、吸光度の数字のみ測りたいときに使う。
装置が小型(前述の実験1の装置サイズ)

●ダブルビームの特徴
装置が大きい。
スペクトルを見たいときのみ使う。

それとも、シングル/ダブルの方式の違いと、
波長をスキャンしてスペクトルを得られることは別ですか?
「大型で、吸収スペクトルを測れるシングルビーム」や、
「小型でスペクトルは測れず吸光度のみが表示されるダブルビーム」
なども存在するのでしょうか?
(そんな装置も作れるけれど、わざわざダブルビームにするのに、
スキャン機能を省略することはない、ということでしょうか?)

恥ずかしい質問かもしれませんが、宜しくお願いいたします。

先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。
1つ目の実験ではシングルビームの分光光度計(40cm四方、厚み15cmくらいの小型のもの)を用い、水中のカドミウムをフェナントロリンで呈色させ、決まった波長で吸光度を測定しました。
2つ目の実験ではダブルビームの分光光度計(奥行60cm×横幅80cm、厚み20cmくらいの本体にモニターが載ったもの)を用い、数種の濃度の過マンガン酸カリウムの溶液を、波長をスキャンして測定し、得られた吸収スペクトルから最大吸収波長や吸光度などを出しました。

シン...続きを読む

Aベストアンサー

●シングルビームの特徴
波長スキャンができない=吸光度は測れるけどスペクトルは得られない。
→スペクトルは測れますが、対照補正が出来ないので、正しいスペクトルとはなりません。

測定波長が決まっていて、吸光度の数字のみ測りたいときに使う。
→主にこの使い方となるでしょう。

装置が小型(前述の実験1の装置サイズ)
→小型かどうかは、どうでしょう。今シングルのものはあまり販売していないのでは。

●ダブルビームの特徴
装置が大きい。
→ダブルのものでもかなり小さいものもあります。

スペクトルを見たいときのみ使う。
→スペクトルを測る場合のみではなく、対照吸光度補正が出来るので、通常の吸光度を測る場合に使用します。

Q福島産米出荷―ストロンチウムは?米は食えるの?

福島県の飯館村のストロンチウムのベクレルより高い量のストロンチウムが250km離れた横浜市で見つかりました。

ストロンチウムを調べる機器は日本に数台しかないそうです。ストロンチウムの調べ方は特殊だそうです。テレ朝の夜10時からのニュースで言ってました。

同番組では、福島県が米の出荷を始めたとも言っていました。
稲作禁止地域以外の地域で作られたコメで、セシウムは基準値以下だから安全だ、と放送してました。
しかし、ストロンチウムは、セシウムの基準値以下「だろう」から「安全です」と言ってました。
ストロンチウムの数値を調べもしないで単なる推測でコメの出荷を開始しているようです。

福島より横浜の方がストロンチウムの値が2倍高かったことから、福島県知事の言うことやテレ朝のニュースはにわかに信じられないのです。

福島産米って、ホントに安全なのですか?福島県知事やTV局のニュースの言うことを信じられますか?

皆、どう思う???

Aベストアンサー

この問題は面白いので、色んな回答者がなんと言うのか楽しみだったのですが、つい誘惑に負けてしまい自分が早めに書いてしまいましたわ。
その後に4番さんと5番さんが回答を書かれているので、その回答内の明らかな誤りについて指摘しておきます。
かなり重大な悪影響がありそうなので。


まず4番さんがあげているICRPの内部被ばくに関する線量換算係数は、なんら科学的数値ではなく、ただの談合的な政策上の数値です。
分かりやすく言えば、組織でその係数を決めたから、その係数に沿って放射線防護をしろ!という… そのような政治的数値であって、理科学的に求められた科学的数値ではあらず。
日本政府・民主党が、年間20mSvまではOKだ! いや違う、年間1mSvまでだ! と、混乱を極めている、その20mSvか1mSvかの問題と同様のレベルの、どっちも本当、どっちも嘘の係数値なのです。

ICRPのこの線量換算係数にたいする批判は多いですよ。
内部被曝を軽んじているとの激しい非難があり、対応してECRRが別の評価法を公表してます。
ICRPの係数は年齢別の被曝量に不審を持たざるを得ない部分もあり、信頼性に劣ると見て良い。
回答ナンバー4番さんがあげている数値も成人公衆についての数字であり、それが全ての年齢層の公衆に当てはまる訳でもない。
特にストロンチウムは骨に蓄積される関係上、骨格形成期の子供に大きく蓄積されるため、若年層における影響が甚だしくも大きい。

何かと批判の多いICRPでさえ、若年者のSr-90による被曝量を甚大に見積もっています。
100Bqの経口摂取において
1歳以下 23.0μSv
2歳以下 7.3μSv
7歳以下 4.7μSv
12歳以下 6.0μSv
17歳以下 8.0μSv
17歳以上 2.8μSv

回答ナンバー4番さんは「17歳以上 2.8μSv」の数字をあげているわけですが、
だが「1歳以下 23.0μSv」も同時に紹介しておかなければ片手落ちでしょうに。

対するECRRの公表によればこの被曝量は、
100Bqの経口摂取において
胎児 45000μSv
1歳以下 4500μSv
14歳以下 1800μSv
14歳以上 900μSv

さぁ、阿鼻叫喚の騒ぎですわ…


更に回答ナンバー5番さんの回答ですが、人体内に存在する自然放射能と、原発事故によって発生した人工放射能を同一次元で解釈している為、「絶対安全だ!」という結論に無理に持っていかれていますが、
自然放射能を一度に数千ベクレル摂取するのは容易なことではない。
更に体内に残留する数千ベクレルの自然放射性物質は、人体の生理機能によって逐次排出されていきます。
おおどころが放射性カリウムと放射性炭素ですが、これら自然放射能と共存すべく、生命体は進化を遂げてきたのであります。

一方で、人工放射性物質はほんの数分で数万ベクレルの摂取が出来てしまう。
しかも放射性ストロンチウムやプルトニウムとかは、体外排出製に劣るケースがあるため、悪影響が大きい。
だから危険なのですよ。
人工放射性物質には著しい偏在性があり、つまり濃い所には物凄く濃く存在している可能性があり(例えば食べ物の中に濃厚に存在しているケースがあり)、環境にそれら人工放射性物質が顕著に存在している場合には厳重なる注意を払わなければならない。
原発事故以後、我々は危険な環境で生活しているのであり、今が正に厳重な警戒をすべき時期です。

この問題は面白いので、色んな回答者がなんと言うのか楽しみだったのですが、つい誘惑に負けてしまい自分が早めに書いてしまいましたわ。
その後に4番さんと5番さんが回答を書かれているので、その回答内の明らかな誤りについて指摘しておきます。
かなり重大な悪影響がありそうなので。


まず4番さんがあげているICRPの内部被ばくに関する線量換算係数は、なんら科学的数値ではなく、ただの談合的な政策上の数値です。
分かりやすく言えば、組織でその係数を決めたから、その係数に沿って放射線防護をしろ!とい...続きを読む

Q【アルカリイオン生成器、アルカリイオン整水器、アルカリイオン浄水器の違いを教えてください】あとアルカ

【アルカリイオン生成器、アルカリイオン整水器、アルカリイオン浄水器の違いを教えてください】あとアルカリイオン電解水で生成された塩酸はどこに行っているのでしょうか?

要するに、水道水から金属板を通して電解させて水酸化ナトリウムと塩酸を生成して人体に毒の塩酸を取り除いて水道水+水酸化ナトリウムのことをアルカリイオン水と言っているんですよね?

水道水+塩酸のことを酸性水?

酸性水=塩酸水だから飲まずに酸性水は肌に付けると美容効果があると謳っていたのですね?

なぜ塩酸が肌に良いのでしょう?

水道水に水酸化ナトリウムの粉末を入れてマドラーでかき混ぜて飲んでもアルカリイオン水ですよね?

pH調整が難しいから機械を買うべきですが原理上は水酸化ナトリウムを水道水に入れればそれで済む話でしょうか?合ってますか?

Aベストアンサー

アルカリイオン生成器とアルカリイオン整水器は同じかも、アルカリイオン浄水器は浄水機能がプラスされている?

>水道水に水酸化ナトリウムの粉末を入れてマドラーでかき混ぜて飲んでもアルカリイオン水ですよね?

アルカリイオン水ではあるけど?ナトリウムが入っているので同じではない。

Q原発の汚染水が海に流出 総量は約260億ベクレル

福島第1原発の汚染水約150リットルが海に流出か 総量は推定約260億ベクレル
東京電力は、福島第1原発の汚染水を処理する装置から、ストロンチウムなどの放射性物質を含んだ水、およそ150リットルが海に流出したとみられると発表した。
流れ出た水の放射能の総量は、およそ260億ベクレル(Bq)と推定されるが、東京電力は、流出した付近の魚や海藻を毎日食べた場合でも、年間被ばく量はおよそ0.0037ミリシーベルト(mSv)で、人体への影響はほとんどないとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20111207-00000024-fnn-soci

150リットルで260億ベクレルということは、1リットルで1.7億ベクレル。
万が一1リットル飲んだとしたらどうなりますか?
1.ただちに健康に被害はない。
2.数年後に影響が出る。がん発生確率が数倍にアップ。
3.確実に不健康になる。がん発生確率が非常に高くなる。
4.東海村事故の被爆者のように悲惨な末路をたどる。
5.飲んでみなきゃわからない。
よろしくお願いします。

福島第1原発の汚染水約150リットルが海に流出か 総量は推定約260億ベクレル
東京電力は、福島第1原発の汚染水を処理する装置から、ストロンチウムなどの放射性物質を含んだ水、およそ150リットルが海に流出したとみられると発表した。
流れ出た水の放射能の総量は、およそ260億ベクレル(Bq)と推定されるが、東京電力は、流出した付近の魚や海藻を毎日食べた場合でも、年間被ばく量はおよそ0.0037ミリシーベルト(mSv)で、人体への影響はほとんどないとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20...続きを読む

Aベストアンサー

ベクレル(Bq)は生体への影響を表す量ではないので、影響を考えるためにはシーベルト(Sv)に換算する必要があります。

成人が1.7億Bq/Lの水を飲み込んだ(経口摂取)と仮定した場合で
Cs134の場合3,230mSv (生体内半減期70日)
Ce137の場合2,210mSv (生体内半減期90日)
131-Iの場合3,740mSv (半減期8日)

誤飲した場合何の治療もしないならば
3.確実に不健康になる。がん発生確率が非常に高くなる。

ですね。

Q無水硫酸銅を作る実験の時、酸化銅か希硫酸を余らせる理由

酸化銅と希硫酸を混ぜて無水硫酸銅を作る実験のとき、投入量によりどちらかの物質が余るような配分比率で実験を行いました。何故片方の物質を余るような配分比率で実験を行うのでしょうか。希硫酸と酸化銅の比率が98:79.5で混ぜるとどちらもあまりが無く無水硫酸銅ができるはずなのに、実験ではわざわざどちらかを余らせるのか、その理由がよくわかりません。

Aベストアンサー

出来るだけ多くの目的物を得るために、安価な原料を過剰に用いて反応が100%近く進むようにします。また、目的物と原料の分離が困難な場合は、その原料は他の原料より少なめにすることもあります。

今回の実験では、硫酸を過剰に用いるのが普通だと思いますが、酸化銅を過剰にする理由はよくわかりません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング