「超時空要塞マクロス」に出ている「バルキリー」の「完全変形」のプラモデルってのは、存在しているのでしょうか?
それぞれの固体(ファイター、ガウォーク、バトロイド)はあるんですけどねぇ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

完全変形だったかどうかは忘れましたが、3形態に変形できるバルキリーのプラモデルは以前ありました。



個人的な話ですが、1983年から85年にかけてプラモデル作りにはまり、主にガンダムやダンバインなどのサンライズものをよく作っていた中で、唯一作ったマクロスものが、その可変タイプのバルキリーでした。

もう20年近く昔のことなので細かいことはほとんど忘れてしまいましたが、ひとつだけ覚えているのが、ファイター時に引き出す車輪の脚部が、おそらく強度を考慮してメタルパーツになっていたことぐらいです。

製造メーカーはイマイだったと思いますが、いつ頃まで販売していたのかは存じませんし、また残念ながらそのイマイが倒産しているので、現在は入手困難だと思います。(バンダイが金型を買い取っているという話を聞いたことがありますが・・・)

ちなみに、私が購入したのは青いマックス機でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>完全変形だったかどうかは忘れましたが、3形態に変形できるバルキリーのプラモデルは以前ありました。

これかも知れません!!私の記憶にあるのは。
あれは完全じゃなかったのかぁ・・・(^_^;)
そっかぁ、、イマイ製だったんですか?
VF-1は、飛行機の類なんで「ハセガワ」かと思ってたんですけど。

やはり入手困難ですねぇ・・・でも、存在してたのがわかってよかったです。m(__)m

お礼日時:2002/08/29 12:32

はい、プラモデルは今も多少ですがあります。


バンダイが販売を続けているようです。
現在ちょっと入手困難になっていますが、一部の模型店に行けばあるかと思います。
頑張って探してください。
以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
がんばって探してみます

東京とかならコレクターの店とかあるんでしょうけど、地方都市だとどうかなぁ・・(^_^;)

お礼日時:2002/08/29 17:28

ベストプロポーションの完全変形VF-1バルキリーって、ある意味永遠の夢かもしれませんねえ。



私もリアルタイムで見てたクチですが、
完全変形(差し替え無し)の市販プラモデルは、皆無のはずです。
ガレージキットですら、完全変形VF-1はないみたいですね。

プロモデラーによる作例はたくさんありますが・・・。

ただ、私は実物を見てないんですが、プライズゲームの景品として、完全変形VF-1があるみたいですね。
写真を見る限り、結構かっこいいような・・・。
http://homepage2.nifty.com/moritakusan/VF-1.htm
http://prize.big-e.ne.jp/combhtml/0000031082.html

参考URL:http://homepage2.nifty.com/moritakusan/VF-1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ベストプロポーションの完全変形VF-1バルキリーって、ある意味永遠の夢かもしれませんねえ。

そうなんですよね・・これが欲しいんだけど、ないんですよね。
バンダイ?HGシリーズのガンダム(Z、ZZ)なんかはちゃんとあるのに
(構造上VF-1の方が難しいだろうけど)
ゲーム景品は狙ってるんですけど、UFOキャッチャー苦手で取れたことないんですよね(^_^;)

お礼日時:2002/08/29 12:28

蛇足ですが



reisさん提示の物はプラモデルというより、超合金モノに属する物です。
スケールサイズは確か・・・ 1/48だったかな?
ちなみに、持っています(笑)
本放送時のオリジナル版が実家で眠っています。

プラモで完全変形はあったのかな?
TVアニメ本放送時には完全変形のプラモは無かったですね。

本放送をリアルタイムで欠かさず見ていた者でした(-ω-)/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もリアルタイムで見てました(^^;)
なかったのかなぁ・・・あったような記憶はあるんですけど。
超合金物は、リアルタイム放映時に友人がもっていて感動しました。

お礼日時:2002/08/27 08:53

スーパーバルキリー,持ってます.ただしハイコミカルモデルですが.


デフォルメされたモデルですが,ちゃんとバトロイドからガウォーク,可変戦闘機になります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。「ハイコミカルモデル」はあるのに、そうでないモデルがないんですよね

お礼日時:2002/08/27 08:50

たびたび、スミマセン。


先に入れたバンダイ(発売元)は電話で問い合わせになってましたが、いくつかのショップではまだ在庫があるようです。

http://store.yahoo.co.jp/toysrus/01360600000m.html

http://www.d-b.ne.jp/matuya/macross.html

http://www.igaya.co.jp/makurosu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLまでありがとうございます。
でも、これは・・超合金ものですよね?
それなら売っていたのですが、7000円じゃあ、ボクのこずかいでは厳しいよぉ(+_+)

お礼日時:2002/08/27 08:44

昔はありましたよ。

昔って言っても放映当時リアルタイムの話ですけど。
友人が持っていましたが、ちゃんと動いたんで感動したのを覚えてます。

……と、思ったら、なんか復刻版が出てたみたいです。
どうやら限定品みたいで今でも入手可能かはわかりませんが。

参考URL:http://www.bandai.co.jp/products/items/item00000 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。
リアルタイム放映時にあったような気がするんですけど・・復刻版があるんですか!
限定品じゃあ入手できないかぁ。(^_^;)

お礼日時:2002/08/27 08:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qrgv250 j型キャブセッティング 

88 rgv250 j型にオートリメッサのチャンバー装着しました。ジェッティングの詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

キャブセッティング方法(自己流なので全て鵜呑みにしないこと、あくまで参考です)

まず今の状態でガソリンが濃いか薄いかを調べてください

【濃い場合】
プラグが黒い
エンジン音がこもった感じになる
高回転が伸びない
もろ濃い場合はスロットルを開けるとエンジンがボゴッボゴボゴッと
言いながら止まりそうになるが、そのまま開けててもエンジンは止まらない
吸排気に抵抗が増えると濃くなります
煙を良く吐く、排気が臭い等

【薄い場合】
プラグが白っぽい
回ることは回るが何かパワーがない
ふかした後回転の戻りが遅い
もろ薄い場合はスロットルを開けるとボウーッ(謎)と言いながらエンジンが止まります
吸排気系の抵抗が少なくなると薄くなります(チャンバーやパワフィルを付けたとき)
ポート加工をした場合も薄くなります
注意!!薄いままでフルスロットルしまくってるとピストンとシリンダの油膜が切れエンジンが終了します

※メインジェットの濃さをプラグで判断する

フルスロットルを多めに使い、ラストに300メーターほどフルスロットルしてキーをOFFにします
その後すぐにプラグを見て下さい

↑車種や状態によって異なります
いつも真っ白で色が出ない場合はエアスクリューやスロージェットのセッティングが出ていない場合が有ります

※エアスクリューの調整方法

まずアイドリング調整ネジをすこし締めてアイドリングの回転数を上げます
回転を上げたらエアスクリューを回して一番回転が高くて安定するところにします
まず、アイドリングが止まりかけるぐらい締め込んで、そこからどんどん緩めていくと回転が上がって行きます。
そして一番高くなったらそこを境にどんどん回転が低くなって行きます
その境目が大体のセッティング場所ですが目安程度に考えて下さい。
しかし、この方法だと薄目にセッティングが出てしまいます。
それだけではちゃんとしたセッティングが出ないのでスロットルを回して吹け上がりが一番いいところに微調整します

薄いと、、、
とガバッとスロットルを開けた時にモォォォーと言ったり一瞬回転が落ち込みます
ふかしたときの回転の戻りが悪くなります
低回転のトルクも弱くなります。
濃いと、、、
アイドリングで煙りを吐きます
エンジンが暖まってるのにアイドリングでプラグが真っ黒になります
吹け上がりが悪くなります

ニードルのセッティングが薄かったり濃いままセッティングしたりすると
低回転がもろ濃くなったり薄くなったりするので同時にニードルのセッティングも考えましょう。

これはどこかのセッティングを変えるたびに行って下さい

※ガソリンの濃さを変えれるパーツ

低回転=低負圧 高回転=高負圧
低気温、エンジンが暖まってない→薄くなります
高気温、エンジンが熱い→濃くなります

※メインジェット
大体全域の回転でガソリンを噴射してますが、高負圧の時のガソリン供給がメインです
メインジェットの番手を下げると薄くなり、上げると濃くなります
目安はチャンバー交換で5~20番上げ程度
パワフィル交換で2~5番程度

※スロージェット
これも大体全域の回転でガソリンを噴射してますが、低負圧の時のガソリン供給がメインです
スロージェットの番手を下げると薄くなり、上げると濃くなります
ニードルのセッティングで一番下になったり一番濃くなったりした場合はスロージェットを考え直しましょう
エアスクリューセッティングも同様です

※ジェットニードル
メインジェットから出すガソリンの量を調整できますしかし、フルスロットルの時はほぼ関係ないです
主にスロットル全閉から全開近くまでのガソリンの量を調整できます
調整はニードルクリップで調整し、クリップを下げるとジェットニードルが上に上がってガソリンが出やすくなり濃くなります。
逆に上げると薄くなります。
ニードルとスロージェットとエアスクリューのセッティングが一番難しいので総合的に考えないといけないです

※エアスクリュー
スロージェットから出るガソリンの量を調整できます
締め込む(負圧を高める)と濃くなり、緩めると薄くなります
締め混んでから大体1~2回転以内にセッティングが収まらなかった場合はニードルとスロージェットを見直しましょう

まずはメインジェットですパワーフィルターなら2~5番上げほどで
チャンバーなら5~20番ほど上げて下さい
ボアアップは15~25番くらいかな??
メインジェットを交換したらエアスクリューもついでに調整して下さい
そしてプラグのチェックをしてみて下さい
※プラグの焼けはプラグの番数などにも影響があるので目安です。
それでプラグの焼け具合を目安に高回転の伸びが良く最高速が一番出るまでメインジェットの交換を繰り返して下さい
これで調子が良かったら終わりです
セッティングをしてエアスクリューが締め込んだ状態から0.5回転から2回転の間でセッティングが出なかった場合や
回転の上がりがスムーズでは無い場合はジェットニードルで調整して下さい。
0.5回転以内だったら濃くしないといけないのでニードルクリップを下げてください
2回転以上だったら薄くしないといけないのでニードルクリップを上げて下さい
ニードル調整はなるべく1~1.5回転になるようにする
もちろん変える度にエアスクリュー調整をしてくださいね
そして、エアスクリューの調整がニードルの最上段か最下段で出てしまったらスロージェットを交換して下さい
最上段だったらスローを濃くして最下段だったらスローを薄くして下さい
ここではなるべくクリップが真ん中でセッティングが出るようにする
これらを変えるとメインジェットのセッティングが変わってくるのでもう一度メインジェットのセッティングからやり直してこれを繰り返して下さい
目安に過ぎないけどプラグはきつね色でクリップが真ん中でエアスクリューが締め込んだ状態から1~1.5回転で出れば大体大丈夫だと思います。

キャブセッティングは高回転はちょうどいいけど中回転は薄く低回転が濃いとか良くあるので
全域でガソリンと空気がちょうど良い比率になるようにしましょう。

ひとまずこれを4回ぐらい繰り返せば大体は出ます←マジめんどくせーよ

キャブセッティング方法(自己流なので全て鵜呑みにしないこと、あくまで参考です)

まず今の状態でガソリンが濃いか薄いかを調べてください

【濃い場合】
プラグが黒い
エンジン音がこもった感じになる
高回転が伸びない
もろ濃い場合はスロットルを開けるとエンジンがボゴッボゴボゴッと
言いながら止まりそうになるが、そのまま開けててもエンジンは止まらない
吸排気に抵抗が増えると濃くなります
煙を良く吐く、排気が臭い等

【薄い場合】
プラグが白っぽい
回ることは回るが何かパワーがない
ふかした後...続きを読む

Qハセガワとバルキリー(マクロス)が!

かなり昔の話ですが、スケールモデルの代表的メーカー、ハセガワが、それまで手がけなかったアニメのマクロス(バルキリー)のモデル化に踏みきって成功したケースがありましたが、あの時の経緯はどのような過程だったのか、知っておられる方、教えてください。かなり画期的なコラボだったので・・。やっぱりどちらかが売り込んだ結果なんでしょうか?

Aベストアンサー

詳しくは月刊モデルグラフィックスのバックナンバーをあさってください。どこかの図書館にあると思います。
私の記憶では以下の通りです。

当時は旧製品の新規金型起こしが始まるほど、発売するアイテムが底をついていました。ハセガワもタミヤもいわゆるスケールモデルはマイナーなバリエーション展開に走っていました。
社員の中にキャラクターものを展開したいという希望を持つ者がいることと、会社として存続のために新しい商品の開発をしなければならないというタイミングがうまく合ったという時期的な理由。
そして、従来の実在の飛行機設計で得たノウハウを活かせるキャラクターとして、VF-1があり、その登場作品であるマクロスの商品化権が浮いていたこと。
アリイやイマイ(及びバンダイ)が販売したVF-1のプラモデルを手にしたモデラーの間に「もしハセガワが手がけていたなら…」という潜在的欲求があった点。
VF-1はそれらの歯車が合致して(ハセガワにとっての)ヒット商品となりました。ハセガワが「売り込んだ」わけではありませんし、ビッグウエストがハセガワに働き掛けるわけもないし、コラボでもありません。ですが、ハセガワが初めに動いたのは事実のようです。

ハセガワは二匹目のドジョウを狙ったバーチャロンが順調に(?)バリエーション展開しているところをみると、採算は取れているんでしょうね、きっと。

詳しくは月刊モデルグラフィックスのバックナンバーをあさってください。どこかの図書館にあると思います。
私の記憶では以下の通りです。

当時は旧製品の新規金型起こしが始まるほど、発売するアイテムが底をついていました。ハセガワもタミヤもいわゆるスケールモデルはマイナーなバリエーション展開に走っていました。
社員の中にキャラクターものを展開したいという希望を持つ者がいることと、会社として存続のために新しい商品の開発をしなければならないというタイミングがうまく合ったという時期的な...続きを読む

QMGザクJ型2.0について

MGザクJ型2.0についてです。

はじめてMGを作ったのですが、手が自由に動きますが、自由に動きすぎて武器をうまくもたせることができません。

武器を片手でもたせようとすると、すぐ指からはずれてしまうし。。

こういう場合どうすればいいのでしょうか!?

Aベストアンサー

ポージングを変更しないで飾るのでしたら、両面テープで固定
持ち替えなどしないのなら、瞬着で固定

Qマクロスのバルキリーの、バンダイ製とやまと製の違いを教えてください

タイトルのとおりです

現在バルキリーはバンダイから復刻版として発売されていますが、やまと製もあるようです。
パッケージが違うのは見ればわかるのですが、他に
何か違うのでしょうか?

そもそも20年くらい前の最初発売していたのは、
タカトクトイスだったような気がしますが、
記憶違いでしょうか?仮にそうであったなら、現在発売されているバンダイ製とやまと製との違いもご存知の方教えてください。(大きさ、素材、変形、矛盾点など)

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

・・・ちょっと、くどいようですが・・・(^_^;)

「やまと バルキリー トイザラス」
・・・で検索してみてください。
yahooでも、そこそこにHITします。

昨年の11~12月頃に販売されてるようですね。
やまと製ストライク一条機は現物を見ていないので自信無しです。申し訳ないです。

他人様のHPなので・・・hを付けてくださいね。
ttp://kazu2956.fc2web.com/page203d.htm

画像はそのもののようですが・・・

トイザラスは結構、限定で“通”好み(笑)の製品を販売していますよね。
ライダーのベルトとか・・・通ってみると意外な物があったりで、驚かされます。

頑張って、手に入れてください。

※タカトク製の場合、中古玩具を扱っている店舗を廻ってみましょう。
私は1~2万程度の物をいくつか見ましたよ。
やまと製の物は・・・ちょっと分りません。

QUH-60J型航空機について

3自衛隊が運用してます「UH-60J」についての
質問なのですが、なぜ3自衛隊で運用している機体は
それぞれ仕様が異なるのでしょうか?
例えば機体の長さなどなど・・・
また、WEBサイト名は忘れてしまったのですが
航空自衛隊のUH-60Jだったと思うのですが
雪国用?の迷彩塗装をした機体があったかと思うのですが
まだあるのでしょうか?
また掲載されているWEBサイトなどをご存知の方が
いましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元陸自の人間です。
No1の方が言われる通り
『陸上自衛隊は多用途機』
で戦術輸送がメインですから、それに見合った装備をしています。
(機首の気象レーダーや対空ミサイル警戒装置一式等)
『海上自衛隊、航空自衛隊は救難機』
ですので機体下面は要救助者から視認し易い色にしてあります。
(最近はコンバットレスキューの為に迷彩化が進んでますが・・・。)
陸自機には無い装備として『ホイスト』と呼ばれる電動の吊り上げ機が装備されています。
海自の救難機(UH-60J)は護衛艦への着艦装置がSH-60J/K同様付いていますし、メインローターと機尾は艦内収容用に折りたためる機構です。
簡単ですが、違いはこんな所です。
下記サイトもご参考までに。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/KWAT/list/jasdf/uh-60ja.htm

QマクロスFのプラモデルをお作りになった方に質問です。

自分はガンプラしか作ったことが無い(下手)のですが最近マクロスFのアルト機のプラモデルを作りたいなと思ったのですが

パッケージを見る限りガンプラに比べてパーツも多そうでシールやデカールの数がハンパ無かったのですが、
そこら辺はどうなのでしょうか?


下のURLの質問も回答受付中でございます。
こちらの質問もプラモデルについた質問ですので是非よろしくお願いします。

http://okwave.jp/qa4757838.html

Aベストアンサー

私も専門はガンプラ(笑)で、基本的にほぼ塗装はせず成形色を活かした仕上げで完成させています。

アルト機も先日作りました。
他の方のご回答のとおり、ガンプラに慣れていらっしゃるのであれば、組み立てに関しては問題ないと思います。

全塗装しないのであれば、大きな塗装箇所もないと思います。
私はピンポイント的に塗装した方がよさそうな箇所や、デカールがあるけれど塗装の方が仕上がりがよさそうな箇所のみ塗装しました。
前者の例としては、バトロイド頭部の目に当たる部分やレーザー機銃(頭部のアンテナみたいなやつ)、後者の例は手の甲の赤い四角とか翼端灯あたりです。

#2の方のご回答にあるとおり、各パーツのクリアランスがかなりカツカツですので、このキットについては、ポイントだけ塗装してデカールを貼って、仕上げスプレー吹いて完成!というのがいいのではないかと私は思っています。


デカールについては、数は多いですがそんなに苦労した印象はありませんね。
ほぼ完成した状態で貼りましたが、特に貼りにくい部分とかもなかったように思います。

組む途中で貼らなければならないのは主翼のラインぐらいではないでしょうか。
主翼のラインは一部主翼基部に挟まってしまいますので、完成してから貼るのは非常に困難になります。

水転写デカールとテトロンシールの2種類をつけてくれているので、貼る場所によって使い分けるのがいいのではないかと思います。
主翼のラインなどの長い部分は、下地の紙ごと乗せて位置決めをしやすい水転写の方がよさそうですし(私はテトロンを使いましたが)、変形の際装甲が分割される機体上部の赤黒ラインなどは、余白のないテトロンシールの方がいいと思います。

肩アーマー?の四角く出っ張っている部分の周りに赤と黒のラインがありますが、あの部分はパーツの側面に沿ってシールを貼るような感じになるため、デカールを定着させるのが結構難しいです。
私は塗装でそれっぽく誤魔化しましたが、デカールを貼るならマークセッター(デカール用の定着剤)とかを使った方が良いでしょうね。

で、その肩の四角い部分はファイター形態にしたときに機体の下部に収めなければなりません。
無理に入れようとすると、機体下部のパーツにこすれて、塗装やデカールが剥げます。
実際にそうなったのが私です…。orz


大きさは、1/100MGガンダムなどより頭ひとつぐらい大きい感じでしょうか。結構背は高いです。
ファイター状態でも主翼を広げると結構な大きさになります。機首が長いから、前後にも大きいですし。


ということで、ガンプラでもMGなどを作ったことがおありなら十分作れるレベルだと思います。
スーパーパーツなども発売されてラインナップも充実してきましたので、がんばって作ってみてください。

私も専門はガンプラ(笑)で、基本的にほぼ塗装はせず成形色を活かした仕上げで完成させています。

アルト機も先日作りました。
他の方のご回答のとおり、ガンプラに慣れていらっしゃるのであれば、組み立てに関しては問題ないと思います。

全塗装しないのであれば、大きな塗装箇所もないと思います。
私はピンポイント的に塗装した方がよさそうな箇所や、デカールがあるけれど塗装の方が仕上がりがよさそうな箇所のみ塗装しました。
前者の例としては、バトロイド頭部の目に当たる部分やレーザー機銃(頭...続きを読む

QSH-60J型航空機の着艦時の写真について

海上自衛隊が使用している、SH-60Jが護衛艦に着艦する際に撮影したと思われる写真を探しております。
WEB上でも雑誌でも結構ですから、ご存知の人がおりましたらお手数ですが教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

石川地方連絡部のHPです

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/ishikawa_plo/ibento/umumi.htm

QマクロスFのプラモデルについて

今まで、1度もプラモデルを作った事がないので、
人生で1度くらい作ってみようと思って、
VF-25Fスーパーメサイアバルキリーというものを買ってみようかと思っているのですが、
これは、ノーマル(?)な外見のものにスーパーパックを付けて2パターンの外見が楽しめるものなのでしょうか?
それとも、スーパーパックの外見のみが始めから作られるものなのでしょうか?
そもそも、初めて作るには適さないものなのでしょうか?
どなたか、お答え頂けたら嬉しいです。

Aベストアンサー

ちょうど今、そのキットを製作中です。

ノーマルとSP付の換装については、
「不可能ではないが原則できない」様です。
設定のSPはノーマルにそのまま装着されていますが、
プラモデルは一部ノーマルの外装を外してSPパーツを
取り付けるようになっています。
スーパーメサイアの説明書ではノーマル部分の外装パーツは
使わないことになっており、ノーマル・SP換装の手順も
記載されていませんので、バンダイ的には換装は不可能と
していると思われます。
ただ、ノーマルの外装パーツは一通り揃っているので
根性があれば(笑)相互換装はできると思います。
ノーマルを先に組み立てて別売りのSPを買った方の
ブログでは2時間くらいかかったとか書いてありましたが・・

組み立ての難易度ですが、バンダイのプラモデルとしては
確かに簡単な方ではありません。
変形をほぼ完全再現しているので、とにかく部品数が
半端じゃなく多く、また変形にかかわる部品はある程度
慎重に扱わないといけないようです。

機会があれば一度箱の中身を見て、それでも作りたい!
と思えるようならチャレンジしてもいいかも・・

ちょうど今、そのキットを製作中です。

ノーマルとSP付の換装については、
「不可能ではないが原則できない」様です。
設定のSPはノーマルにそのまま装着されていますが、
プラモデルは一部ノーマルの外装を外してSPパーツを
取り付けるようになっています。
スーパーメサイアの説明書ではノーマル部分の外装パーツは
使わないことになっており、ノーマル・SP換装の手順も
記載されていませんので、バンダイ的には換装は不可能と
していると思われます。
ただ、ノーマルの外装パーツは一通り...続きを読む

Qバルキリーのプラモデル

「超時空要塞マクロス」に出ている「バルキリー」の「完全変形」のプラモデルってのは、存在しているのでしょうか?
それぞれの固体(ファイター、ガウォーク、バトロイド)はあるんですけどねぇ。

Aベストアンサー

完全変形だったかどうかは忘れましたが、3形態に変形できるバルキリーのプラモデルは以前ありました。

個人的な話ですが、1983年から85年にかけてプラモデル作りにはまり、主にガンダムやダンバインなどのサンライズものをよく作っていた中で、唯一作ったマクロスものが、その可変タイプのバルキリーでした。

もう20年近く昔のことなので細かいことはほとんど忘れてしまいましたが、ひとつだけ覚えているのが、ファイター時に引き出す車輪の脚部が、おそらく強度を考慮してメタルパーツになっていたことぐらいです。

製造メーカーはイマイだったと思いますが、いつ頃まで販売していたのかは存じませんし、また残念ながらそのイマイが倒産しているので、現在は入手困難だと思います。(バンダイが金型を買い取っているという話を聞いたことがありますが・・・)

ちなみに、私が購入したのは青いマックス機でした。

Q完全変形ゲッターロボ

完全変形ゲッターロボの詳しい構造を知りたいと思っています。
分離状態のゲットマシンから合体時までの変形の過程などを詳しく紹介している書籍、ホームページなどをご存じないでしょうか?
真ではなく初代の方です。
現物を入手することができないもので、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

制作したメーカ「スタジオ・ハーフアイ」のWebへGO!です。
変形過程が連続写真で紹介されています。
メーカからの販売は終了していますが、ときどきYahooオークションとかに出ています。
5~6万円くらいでしょうか。
欲しいけど・・高い・・・でも欲しい・・
今度は完全変形「真ゲッターロボ」が出るようです。
OVAオリジナルのゲッターですね。

参考URL:http://halfeye.m78.com/museum/getter_r/getter_r.html


人気Q&Aランキング