ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

ラパマイシンの免疫抑制効果はどの機序によるものか教えて下さい。
mTORの抑制による、p70S6 kinaseの阻害と考えてよいのでしょうか。
それとも、その他の複合的な作用によるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 チョット前の記憶なので勘違いがあるかもしれませんが・・・・。



 免疫抑制剤の作用機序の研究は Harvard University の Stuart L. Schreiber 教授達が始めたものだったと思います。

 という事で,Schreiber 教授のページをあげておきます。「Research Results」や「Publications」を御覧になれば,参考になりそうな論文もあがっていると思います。

参考URL:http://www-schreiber.chem.harvard.edu/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
研究者自身が発信しているサイトには気が付きませんでした。
やはり、実際に研究している方の言葉が一番参考になりますね。
情報検索について、とても勉強になりました。

お礼日時:2002/08/29 08:54

既にチェック済みかもしれませんが、以下の参考URLが参考になりますでしょうか?


「研究室紹介」
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~hemonc/1998/713.h …
(細胞周期調節因子に関する諸研究)
http://www.ch.ic.ac.uk/local/projects/russell/me …
(Biological Mechanism)
http://www.ch.ic.ac.uk/local/projects/russell/bi …
(Binding to FKBP)

さらにPubMedで「Rapamycin immunosuppression review」で検索すると85件Hitします。

ご参考まで。

参考URL:http://www.biol.sci.kobe-u.ac.jp/groups/bunya01/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり、海外のサイトは充実したものが多いですね。
とても参考になりました。

お礼日時:2002/08/29 08:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオートファジーとマクロファージって言葉の、 ファジーとファージは、意味が違うのですか?

オートファジーとマクロファージって言葉の、
ファジーとファージは、意味が違うのですか?

Aベストアンサー

ファジーは
1 境界が不明確であること。あいまいであること。柔軟性があること。また、そのさま。「―な考え方」
2 人間の認識のあいまいな部分をコンピューターで処理する技術

ファージ は細菌に感染するウイルスの総称。正式にはバクテリオファージと呼ばれる。


オートファジー (Autophagy) は、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つ。自食(じしょく)とも呼ばれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B8%E3%83%BC

マクロファージ(Macrophage, MΦ)は白血球の1種。生体内をアメーバ様運動する遊走性[1]の食細胞で、死んだ細胞やその破片、体内に生じた変性物質や侵入した細菌などの異物を捕食して消化し、清掃屋の役割を果たす。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B8

ファジーは
1 境界が不明確であること。あいまいであること。柔軟性があること。また、そのさま。「―な考え方」
2 人間の認識のあいまいな部分をコンピューターで処理する技術

ファージ は細菌に感染するウイルスの総称。正式にはバクテリオファージと呼ばれる。


オートファジー (Autophagy) は、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つ。自食(じしょく)とも呼ばれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B8%E3%83%BC

マク...続きを読む

Q生理活性ペプチドの作用機序

血圧降下作用などの生理作用を持つペプチドが多数見つかっています。

これらのペプチドはトランスポーターを介して、腸の吸収上皮細胞に吸収されますが、その後は吸収上皮細胞内のペプチターゼによって、アミノ酸にまで分解されてしまうと認識しています。

しかしアミノ酸にまで分解されてしまうと、生理作用が失われてしまうと思うのですが、生理活性ペプチドは、生体に対してどのように作用するのでしょうか。
アミノ酸にまで分解されずに血中に入り、それぞれの受容体に結合するのでしょうか。

詳しい方、ぜひ教えていただきたいです。

Aベストアンサー

なぜそのペプチドが「経口投与」されると考えるのですか?
>血圧降下作用などの生理作用を持つペプチドが多数見つかっています。
これらの多くは体内で見つかっており、安定化されて医薬として売られているものは、点滴に加えられて、直接血流に流し込まれます。

Qラパマイシンの作用機序

ラパマイシンの免疫抑制効果はどの機序によるものか教えて下さい。
mTORの抑制による、p70S6 kinaseの阻害と考えてよいのでしょうか。
それとも、その他の複合的な作用によるのでしょうか。

Aベストアンサー

 チョット前の記憶なので勘違いがあるかもしれませんが・・・・。

 免疫抑制剤の作用機序の研究は Harvard University の Stuart L. Schreiber 教授達が始めたものだったと思います。

 という事で,Schreiber 教授のページをあげておきます。「Research Results」や「Publications」を御覧になれば,参考になりそうな論文もあがっていると思います。

参考URL:http://www-schreiber.chem.harvard.edu/index.html

Q液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

自然免疫にも液性免疫と細胞性免疫があるという考え方はありますか?
またそれは考え方として一般的ですか?

私としては、獲得免疫には液性免疫と細胞性免疫とがありますが、
自然免疫は細胞性免疫のみという認識です。

これらを組み合わせて説明してある文章を時折見ますが、
著者(文責者?)によってそれぞれの認識が異なっているためか文章の意味が釈然としません。

Aベストアンサー

私は、液性免疫はB細胞による抗体産生、
細胞性免疫はT細胞による働きだと思ってました。
つまり、獲得免疫のなかに液性免疫と細胞性免疫が
含まれるということです。

ただ、液性免疫系とか細胞性免疫系って
言葉になると意味が違って、
自然免疫・獲得免疫関係なく、
液性のもんなら液性免疫系で、細胞が関わるなら細胞免疫系
って使い方をしてると思います。
自然免疫の液性免疫系のものだと、抗菌物質とか補体とか
があると思います。

一般的かどうかはわかりませんが・・・。

Q仔犬のしつけについて

今月から初めて犬をかってます。(2ヶ月のラブラドール)
しつけなどは、だいたいいつ頃から、どのように始めればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは

犬の躾は…来た時から一生♪だと思っています
トイレとかの基本的な事なら一歳までには覚えるでしょう
焦りは禁物
個体差があって当然の事ですから…ラブだから賢いからとか言う事はありません
飼い主の愛情で賢くもバカにもなると思っています
猫可愛がりに可愛がるのではなく節度を持って接してください

躾を成功に導くには…
(1)なるべく失敗はさせない
叱ってはいけないと思っていてもツイ叱ってしまったり叱らなくても嫌な顔したり…
犬は敏感に些細な気持ちの変化を感じ取ります
失敗されて嫌な気持ちにならないはずがありません
どんな躾でもなるべく失敗しないようにしてあげてください
(2)トニカク褒める!!
成功したら褒めまくる事です
周りが引くぐらいにオーバーに褒めて犬に『褒められる事で更にヤル気を出させる』のです
良くジャーキーとかで釣るのはダメという方もいますが…
褒め方が上手くなるには時間がかかります
褒めている事を伝えるには有効な手段がジャーキーとかのご褒美です
ジャーキーとかのご褒美を与えながらキチンと褒めていれば褒めるだけでちゃんと指示を聞くようになりますから…
トニカク最初は犬が喜ぶように褒めてあげてください
(3)コマンド・やって良い事悪い事は家族で統一する
これが家族でマチマチだと犬が混乱します
やっても良い事・悪い事だけはシッカリと決めて守ってください

躾が入り出来るようになってきても油断していると躾は簡単に崩れます
よく訓練に出して戻って来たらバカになったと聞きますよね?
バカになったのではなくバカにしたのです
訓練に出したんだからと帰ってきてから訓練の復習を怠ったり訓練士さんの言う通りに接する事が出来なかったり…
プロの訓練士さんという強いリーダーを知っている犬は普通の飼い主さんではリーダーとして簡単に受け入れません
これは犬の性格とか犬種の特徴とかにも関わりますのでラブなら大丈夫かもしれませんが…シェパードとかは特に受け入れない仔が多いです
そうなると犬はリーダーでもない人間の言う事は聞きません
普段は嫌々聞いていてもイザという時に聞かない可能性もあります
訓練所に預けるのではなく通いで自分で訓練する方法を取る事を薦めます

こんにちは

犬の躾は…来た時から一生♪だと思っています
トイレとかの基本的な事なら一歳までには覚えるでしょう
焦りは禁物
個体差があって当然の事ですから…ラブだから賢いからとか言う事はありません
飼い主の愛情で賢くもバカにもなると思っています
猫可愛がりに可愛がるのではなく節度を持って接してください

躾を成功に導くには…
(1)なるべく失敗はさせない
叱ってはいけないと思っていてもツイ叱ってしまったり叱らなくても嫌な顔したり…
犬は敏感に些細な気持ちの変化を感じ取ります
失敗...続きを読む

Qガン抑制遺伝子と免疫細胞

以下の二つの点がわからないので教えて下さい。
(1)ガン抑制細胞を持っている細胞が免疫細胞なのか?
(2)ガン遺伝子を持っている細胞がガン細胞なのか?

Aベストアンサー

(1)に関してはよく意味がわからないので、(2)について回答します。

ほぼ全ての細胞は同じ遺伝情報を保有しています。その遺伝情報の中にガン遺伝子があるわけです。ですのでガン遺伝子はほぼ全ての細胞の中にあります。
癌遺伝子とは癌がもっている特徴(増殖、血管新生など)を発現させる遺伝子ととらえると良いかと思います(多少語弊があるかもしれませんが)。別に癌でなくてもガン遺伝子が働いている細胞もあります。

参考URL:http://www.tsuboi-hp.or.jp/main/HTML/PART/kensaHP/ganidensitte.htm

Qすいか

犬にすいかをあげても大丈夫でしょうか??

Aベストアンサー

うちでは、夏は頻繁に与えています。スイカやキュウリなどは体を冷やす作用があるそうで夏は良いみたいですよ。
糖分がずいぶんあるみたいですが、下痢しない程度に与えて、しかも夏季限定なのであまり気にせず与えています。

キッチンでスイカを切ると臭いでわかるらしくクンクン鳴いています。

Q抑制性ニューロンは,どこで何を抑制しているのでしょうか

こんにちは抑制性ニューロンというのがあるようですが,一体何を抑制しているのでしょうか.他のニューロンの活動でしょうか? それとも筋肉でしょうか? どうやって「抑制」しているのかも興味があり,詳しいサイト,文献などがあったら教えて頂ければと思います.よろしくお願います.

Aベストアンサー

こんにちは。
「抑制性ニューロン」といいますのは「他の神経細胞の興奮を抑制するニューロン」のことであり、決まった場所や特別な役割を持つニューロンではありません。詳しいサイトや文献をということですが、実は、この辺りは「高校生物」でひと通り教えています。少々面倒くさいのは確かですが、それほど難しく捉える必要はないです。

「神経細胞(ニューロン)」といいますのは「神経伝達」を行うのがその仕事であり、これには「興奮性伝達」と「抑制性伝達」があります。
興奮性細胞は標的細胞に興奮性の伝達物質を投射して興奮性伝達を行います。これに対しまして、細胞内に「抑制性伝達物質」を持ち、細胞間で抑制性伝達を行うのが「抑制性細胞(抑制性ニューロン)」です。
興奮性伝達物質を用いて行われる興奮性伝達は相手細胞の膜内電位を「+」方向に引き上げて活動電位を発生させます。これに対しまして、抑制性伝達物質は相手細胞の電位を「-」の状態に保ち、興奮を抑制します。
神経ネット・ワークから細胞に送られて来る信号は必ずしもひとつではなく、いっぺんに複数の興奮性と抑制性が入力されます。そして、この「+」と「-」の合計が一定の閾値を超えますと「活動電位」が発生し、次の細胞に信号が伝達されます。ですが、「-」が多く興奮が抑制された場合はその細胞の出力は「0」となります。
我々の脳内では、これによって「0,1信号」が作り出されています。ですから、信号伝達だけならば興奮性ニューロンで十分なのでが、抑制性ニューロンがなければ「情報処理」を行うことはできません。

「抑制性伝達物質」の中で最も代表的なのは「GABA(γアミノ酪酸)」であり、これに対しまして興奮性ニューロンから分泌される「Gul(グルタミン酸)」などは相手細胞に対して「興奮性伝達物質」として働きます。
大脳皮質で行われる情報処理はこの「Gul(興奮性)」と「GABA(抑制性)」の組み合わせがほとんどであるため、「抑制性ニューロン」と言えばこの「GABA細胞」を指す場合もありますが、我々の脳内で抑制性に働く伝達物質といいますのは決してGABAだけではありません。また、このような「GABA抑制接続」といいますのは大脳皮質だけではなく、脳内の至る所で使われています。

抑制伝達を行うためには抑制性ニューロンを興奮させてやらなければなりません。前の細胞から興奮伝達があればその細胞は興奮し、次の細胞に信号を伝えます。では、次の細胞が抑制性細胞であるならば、これが興奮することによってその先の細胞には抑制伝達が行われることになります。
このように、標的細胞を抑制するためには、その手前にひとつ抑制性細胞を入れてやらなければなりません。これを「介在細胞」といい、我々の脳内では最も多く使われている「抑制性接続」です。また、抑制性細胞を抑制してやればその先の細胞は抑制されにくくなります。これを「脱抑制(逆抑制)」といい、標的細胞の抑制を解除する場合などに用いられます。
興奮性ニューロンといいますのは信号を確実に伝達するめのものです。そして、相手細胞の興奮を抑制する抑制性ニューロンといいますのは、我々の脳内でこのような使われ方をしています。

運動神経系では筋肉細胞が直接の抑制を受けるということはありませんが、抑制性ニューロンは「介在細胞」として使われています。
随意運動を司る運動神経終末から分泌されるのは「ACh(アセチルコリン)」であり、骨格筋の筋肉細胞といいますのはこの伝達物質を全て興奮性として受け取っています。ですが、我々の骨格筋には「屈筋」と「伸筋」がありますから、屈筋が筋縮する場合は伸筋が弛緩しなければなりません。このため、相反する神経接続には必ずや抑制性ニューロンが介在しており、筋肉細胞と接続する終末細胞はこれによって抑制され、筋肉に興奮信号が伝わらないようになっています。つまり、抑制性ニューロンは筋肉を抑制するのではなく、筋肉を興奮させる細胞を抑制してしまうのです。これを「相反性接続」いい、これにより、相反側の介在抑制細胞に興奮信号が到達するならば、終末細胞は必ず抑制されることになります。

自律神経系には介在細胞と位置付けられるものはなく、交感神経が「NA(ノルアドレナリン)」、副交感神経が「ACh(アセチルコリン)」と予め使い分けられています。ですが、何れが抑制性であるかは受容体の性質や配置によって異なり、ここではあまり興奮性、抑制性といった分類は行われません。やってできないことではありませんが、実際の臓器の働きを整理するのには殊更不向きであるため、この辺りは交感神経と副交感神経、それぞれの受け持ちをそのまま丸暗記してしまった方が遥かに実用的なようです。

こんにちは。
「抑制性ニューロン」といいますのは「他の神経細胞の興奮を抑制するニューロン」のことであり、決まった場所や特別な役割を持つニューロンではありません。詳しいサイトや文献をということですが、実は、この辺りは「高校生物」でひと通り教えています。少々面倒くさいのは確かですが、それほど難しく捉える必要はないです。

「神経細胞(ニューロン)」といいますのは「神経伝達」を行うのがその仕事であり、これには「興奮性伝達」と「抑制性伝達」があります。
興奮性細胞は標的細胞に興奮...続きを読む

Q成犬のトイレトレーニングとトレーニングの時間、間隔についてお聞き したいです。 保護犬チワワ9歳を譲

成犬のトイレトレーニングとトレーニングの時間、間隔についてお聞き
したいです。

保護犬チワワ9歳を譲渡いただき育てています。トイレは散歩ができるようになってから外でしかトイレができなくなりました。

1から教えるため、トイレ用ゲージを購入。ゲージに誘導しコマンドをかけトレーニングをはじめたのですが、少しだけ匂いを嗅いで寝転んだり、最近はちょっと嫌になってきているようです。

トイレトレーニングにかける時間は何分くらいが限界なんでしょうか?

またお散歩中にトイレシートを滑らせる?にチャレンジしていますがそのしぐさをすると、トイレをやめてしまいます。

長々と書きました。皆様のお知恵お教えいただければと思います。

Aベストアンサー

室内でシートにしてほしいときは、お漏らしをさせることです!

なので、愛犬との根比べになりますね。

お漏らしをしたら褒めてあげて下さい。
かなり我慢してしまうかもしれません。うちの保護犬は、1日以上我慢してました…

可哀想になってしまうのですが、室内でのトイレを覚えておいた方が何かといいのですよね。
体調の変化にもすぐ気付けますし。おしっこの色など。

やり方は、広いサークルを用意して、全面にペットシートを敷きます。
トムキャットの4面サークル、又は8面サークルがオススメです。
ペットシートでトイレが出来るようになったら、一枚ずつシートの量を減らしていきましょう。
最終的には、一枚のシートで出来るようにするためです。

我慢の限界がくるまで、室内で遊ばせたり適当な時間でサークルに戻したりいろいろ試してみて下さい。
お散歩=トイレと癖付けないようにするため、少しの間お散歩時間をかなり短縮する必要があります。

その代わり、室内でたくさん遊んであげて下さい。

9歳だと癖がついてるから難しいかもしれませんが、やってみないことには分からないですもんね。

室内でシートにしてほしいときは、お漏らしをさせることです!

なので、愛犬との根比べになりますね。

お漏らしをしたら褒めてあげて下さい。
かなり我慢してしまうかもしれません。うちの保護犬は、1日以上我慢してました…

可哀想になってしまうのですが、室内でのトイレを覚えておいた方が何かといいのですよね。
体調の変化にもすぐ気付けますし。おしっこの色など。

やり方は、広いサークルを用意して、全面にペットシートを敷きます。
トムキャットの4面サークル、又は8面サークルがオススメです。
ペッ...続きを読む

Q抗精神病薬の機序について

統合失調症の原因は脳内のドーパミンの過剰なんですよね。
この統合失調症の治療薬として、D2受容体遮断薬があるのですが、
このD2受容体はGiタンパク質と共役してアデニル酸シクラーゼを抑制して、ドーパミン遊離を抑制するんですよね。
そのD2受容体を遮断したら、抑制系を抑制するということで、かえってドーパミンの放出を促進してしまうと思うのですが、
いったいどういうことなのでしょうか。どなたか御教授願います。

Aベストアンサー

こんにちは。

>このD2受容体はGiタンパク質と共役してアデニル酸シクラーゼを抑制して、ドーパミン遊離を抑制するんですよね。

二つの話がごちゃ混ぜになっていませんか。
D2受容体の役割はDA(ドーパミン)の遊離を抑制することではないです。
「D2受容体はアデニル酸シクラーゼを抑制し、カリウムイオンチャネルを活性化、カルシウムイオンチャネルを抑制する」です。
このため、D2受容体を持つ神経細胞がDAの投射を受けますと、その機能が抑制されます。

DAの遊離が抑制されるのは、黒質緻密部などDA生産ニューロン自体がD2受容体を持つ「自己抑制回路(オート・レセプター)」の話です。ここで遊離されるDAはDAニューロン自身のD2にも投射されており、「DAの遊離機能を抑制」します。ですから、ここでD2遮断薬を使いますとDAの分泌は増えます。
D2遮断薬でDAの分泌は増えますが、黒質・線条体路など他の標的ではDAの作用が一様に抑制されますので、統合失調症の症状は改善されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報