最新閲覧日:

・・・氷雨に耐え 嵐に息を凝らし 土にしがみついて生きてきた・・・

誰かこの詩の後を、知りませんか?
教えてください

A 回答 (1件)

もう8年も前の質問にいまさら答えるのも何なんですが。

。。

けやきよ  その昔
揚土の丘にひそかに根を下した頃
お前は小さいかれんな双葉
氷雨に耐え、嵐に息をこらし
土にしがみついて生きてきた
年毎に重ねた年輪は
厳しく苦しい修行のシンボル
不屈の魂を  私はたたえる
いまはたくましく
しかもおちついて
完成した人間のように
豊かな徳と風格を備え
大空に永遠の光を放つ
無言の師よ  私は仰ぐ 

という詩です。
中学校のとき、毎朝 声を出して全員で読んでいましたので30年近くたった今でもそらんじられます^ ^;

いまさらですが参考になれば。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
感激です!
私が毎朝この詩を読んでいたのは 40年くらい前のことです(^^ゞ
途中転校してしまったので、記憶があやふやでしたが
とてもいい詩だったと覚えていて 誰かの目にとまれば、と
質問したものです。
すごくうれしいです!!!!
今読んでもとても深い 心に残る詩ですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/01/05 07:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ