出産前後の痔にはご注意!

その(1) 「発火点」と「引火点」の違いとは?
その(2) 微溶・易溶・可溶・難溶などの言葉はそれぞれ定義がある?
    (溶媒何グラムあたり何グラム溶ければ易溶とか)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1)


違いは火のつく原因が火気なのか熱なのかです

引火点は遠くに火の気がある場合にその火で
「火を引っ張って」燃焼するのに必要な温度

発火点は火の気が無いのに温めつづけると温度で
「火を発する」温度です

フライパン上のステーキにブランデーをかけて
マッチの火を近づけると火が出ますね
でも冷たいフライパンでは火がつきません
これは引火に温度が関係していることを表しています

マッチを茶色のザラザラ部分でこすると熱で火がつきます
これは熱で火がつくことを表します

引火と発火は火が付くまでの過程が違い
その引火発火に必要な温度を引火点、発火点といいます
    • good
    • 0

(1)引火とは燃えるために、火などの源が必要です。

発火とは燃えるための火源を必要としません。単純に言うと、発火とは、周囲の温度をあげていくと自然に燃え出してしまう現象であり、発火点とはその(最低)温度のことです。引火とは火を近づけることで燃焼する現象です。想像しにくいかもしれんませんが、周期の温度が極めて低い場合は、火はつきません。火をつけることができる温度が引火点です。

(2)以下の通り定義されています。
極めて溶け易い~溶質1gを溶かすのに必要な溶媒量1mL未満。
溶け易い~溶質1gを溶かすのに必要な溶媒量1~10mL。
やや溶け易い~溶質1gを溶かすのに必要な溶媒量10~30mL。
やや溶け難い~溶質1gを溶かすのに必要な溶媒量30~100mL。
溶け難い~溶質1gを溶かすのに必要な溶媒量100mL~1L。
極めて溶け難い~溶質1gを溶かすのに必要な溶媒量1~10L。
ほとんど溶けない~溶質1gを溶かすのに必要な溶媒量10L以上。
    • good
    • 0

その1


検索したら一発で当たりましたのでお知らせします。

http://www.google.co.jp/search?q=引火点と発火点の違い&btnI=I'm+Feeling+Lucky&hl=ja&lr=lang_ja

参考URL:http://www.google.co.jp/search?q=引火点と発火点の違い&btnI=I'm+Feeling+Lucky&hl=ja&lr=lang_ja
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

用語 化学」に関するQ&A: 「混沌」の意味

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング