人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

諸税、空港利用料、燃料サーチャージなど、
細かく知りたいです。
常に変化していると思いますが。
ツアー先を選んでも、代理店にいちいち聞かなきゃ、計算できないんで、知識をつけたいところです。


算出基準。

札幌在住。
千歳空港発着(固定)
経由空港:
羽田の場合
成田の場合
中部の場合
関空の場合

行先:ホノルルの場合
シドニーの場合
グアムの場合
イタリアの場合
ロスの場合
韓国の場合

積算自分で出来そうなら、
ウェブサイトをご享受願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

空港諸税等(の価格と日本円換算額)


(欧州やアメリカは、加算の仕方が複雑なので注意して下さいね)
http://www.fj-t.com/kuukou_zei/kuukouzei.html
http://www.etour.co.jp/air_tax/usa.html
http://www.air-on.com/data/TAX.html

燃油サーチャージ類(の価格と日本円換算額)
(区間あたりだったり路線あたりだったりするので、注意して下さいね)
http://fs.tour.ne.jp/information/oil_charge.html
http://www.etour.co.jp/surcharge/
http://www.knt-holiday.com/050301/info.html
http://www.jtb.co.jp/lookjtb/news/charge.pdf

何れも、随時改訂されたり換算レートが変わったりしますので、注意しましょう。


また、航空券切り込みでない「空港諸税等」が、別途必要な場合もあります。
(例:カンボジア)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばらしい回答をありがとうございます。
また、留意点の説明もサイトを見る上で、
非常に有効だと感じました。
流れている情報を検索する手間が省けた上に、
私のような無知な人間には、これらのリンクは集めるのにどれだけ
時間がかかるかと考えると、感謝に堪えません。

まさに、欲しい情報のピンポイントさに驚くばかりです。
重ねて御礼を申し上げます。

お礼日時:2007/10/19 19:02

No.1です



すみません。付け足しとして。。。
海外から帰ってくる際にもその国の航空使用税がかかります。
ツアー料金に対して高くて3万は上乗せして考えておけば、だいたい収まると思いますよ。

ただ、私も1年旅行してないのでなんともいえませんが、石油の値上がりの問題で燃油サーチャージは値上がりしてる可能性がありますので
ご了承下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の補足痛み入ります。
ご指摘のとおり、大きく見積しておけばなんら問題ないことなのですが、

金額の大小に関わらず、
熟知しておきたいタイプでして、、、

ありがとうございます。

お礼日時:2007/10/19 18:42

正直、この質問は旅行代理店に聞くのが一番ベストです。



理由としまして、燃油s-チャージは利用する航空会社・飛行距離によって違うと思います。
ですから、ツアーによってもどこの航空会社を使うのかはこの文面からは把握できません。

ただ、空港利用料は代理店ですぐ教えてもらえますよ。
私の記憶が確かであれば、高い中部・関空でもの3000円はしなかったと思います。

またほか経費としまして、ツアー以外にはビザ代でしょうか?
記載された国への旅行であれば、ビザはいりませんが、
他も考えていらっしゃるようであればきちんと調べた方がいいかもしれません。
たとえば、旅行会社にとってもらうのか、日本で大使館に出向いてとるのか、現地で入国審査の際にとるのか、それでも変わってきます。

もし、細かく経費を知りたいのであれば、
まず、どこの国にいきたいのかきちんと絞り、旅行可能日時等を伝えたうえで素直に聞いたらきちんと教えてくれると思います。

楽しい旅行にして下さいね(^^)

この回答への補足

補足させていただきます。
事前に知識を得てしりたいのが目的でして、
旅行に行くこと事態も楽しいのですが、

旅行のプランニングという作業もすごく楽しいので、
このような広義な質問になってしまいました。

補足としては、
旅行代理店に勤めている人は、もちろん諸費用に対して、
熟知若しくはリアルタイムな情報ソースを元に、
お客に諸費用を答えているはずで、
答える時の積算資料や情報ソースを持っていると思うのです。

ネットフリーの時代ですから、
エンドユーザーである我々も、
知りえる情報ではないかと思い質問してみました。

旅行条件だけではなく、代理店の手配の仕方、利用する航空会社に
よっても金額は変ることは想定の範囲内ですので、
一人の人間、一つのサイトですべてを説明しているサイトはないかと
思います。
こちらのサイトでも、
回答欄では説明しきれない部分もあろうかと
存じますが、
可能な限りの回答で、糸口として知識を得られれば、
多くの回答者様のお答えを私が辿ることで、情報が得られれば
うれしいと思っています。

その道の専門家に聞く事が早いですが、
こちらのサイトのような、利害が絡まなくとも、
知識に溢れ、こと細かくご享受していただけるという
便利さに甘えております。

よろしくお願いします。

補足日時:2007/10/19 18:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

つたない質問にも、
回答を頂きありがとうございます。

ビザ代も別ですよね確かに。
参考になりました。

お礼日時:2007/10/19 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグアム旅行に持ってくお金

近々3泊4日でグアム旅行に行くのですが、その際お金はいくらぐらい持っていけばやっていけるのでしょうか?ちなみに旅行代はもう全部払ったのでホント現地で生活する為のお金だけです。
まあ、お金の使い道なんて人それぞれ違うのが当然なので難しいでしょうが・・・(汗)

もちろんブランド物なども買い物したいと考えているのですが・・・。そういった買い物のお金を省いて考えた時、いくらあれば生活していけるのでしょうかね??
特に今のところ特別な場所や高いレストランに行くわけでもありません!
なんだかホント初心者っぽい質問でごめんなさい!!

Aベストアンサー

 こんにちは♪

 グアムでどんな風にすごすかで随分かわってきますよね!
とりあえずお部屋のルームメークをしてくださる方ように毎朝1ドルベッドサイドにおきますよね。
これで、3泊分3ドルはお札があったほうがいいですね。
(実は以前、到着した夜に小額紙幣の手持ちがなく、チップをおけなかったらタオルが替えてもらえなかったり、と掃除が手抜きだったんです!!チップって大事・・・)

 極端に言うと、それ以外はコンビニなどでもほとんど全てクレジットカードが使えます。
 なので、ちょっとしたものを買うときなど用に100ドルもあったら足りちゃうと思います。
 私はグアムに何度も行っているのですが、前回行ったときは50ドル程度しか使わなかったです。(朝・昼食のマクドやカフェなどで使用)

 気をつけるのはオプショナルツアーです。
 小さいところでは現金のみだったり、クレジットカード使用の場合はカード手数料をとられたりします。
 もしもオプショナルに参加される予定があればその分も余分に持っていかれたほうがいいかもしれないです。

 あと、空港内のカフェ(食堂?)はカード使用できなかったので、帰りは空港に早めに到着してちょっとゆっくりお茶でも~と思われているのであれば、そのぶんのお金も残しておいたほうがいいですね。

 以上。ご参考になれば幸いです。
 楽しい旅行をお過ごしください!!!

 こんにちは♪

 グアムでどんな風にすごすかで随分かわってきますよね!
とりあえずお部屋のルームメークをしてくださる方ように毎朝1ドルベッドサイドにおきますよね。
これで、3泊分3ドルはお札があったほうがいいですね。
(実は以前、到着した夜に小額紙幣の手持ちがなく、チップをおけなかったらタオルが替えてもらえなかったり、と掃除が手抜きだったんです!!チップって大事・・・)

 極端に言うと、それ以外はコンビニなどでもほとんど全てクレジットカードが使えます。
 なので、ちょっ...続きを読む

Q格安航空券の価格に表示されない諸費用について

格安航空券を購入すると、当然のように
「成田空港使用料」
「海外の空港使用料」
「航空保険料」
「燃料費」  が加算されますよね。

海外に行く度に、この表示方法どうにかならないのかって思います。

燃料費は、まぁ一時的なもので、価格も変動するのでしょうがないかなって思いますが、
成田空港の空港使用料なんて最初から価格に入れてもいいと思うのです。
海外の空港使用料も、為替で変動するのならば
(空港使用料は○○ドルです)というようにはっきりと表示してほしいのです。

なんでこんな料金表示が長年続いているんでしょう。

消費税が内税表示になったように、航空料金もわかりやすく表示してほしいのですが、
こういう要望ってどこに言えばいいんでしょう。

Aベストアンサー

こんにちは。以前、航空券を一般の旅行会社への卸売りをしている専門の旅行会社にいました。
まず、もしあなたが今現在航空券を予約していて、その旅行会社とトラブルになっているのなら、日本旅行業協会(JATA)にご相談ください。また、意見ということでおっしゃっていただいても構いません。

空港税、空港使用料は各国及び各空港ごとに細かく設定されており、また航空保険料や燃料費も航空会社によって全て異なります(航空会社によっては運賃により加算、非加算があります)。
また、航空券の料金には当然ながら旅行会社の利益がプラスされています。
しかし、空港税などには基本的に利益を上乗せすることは出来ません。ですので航空券の料金とは別に表示をすることになります。
実際に航空券を見ても、運賃と空港税は別々に記載されており、これは航空会社のほとんどが加盟するIATA(国際航空運送協会)のルールとなっています。

ただし、海外の通貨建ての空港税などは毎週為替レートが変わるので、旅行会社で固定レートを円建ての設定している会社がほとんどです。この固定レートは若干ですが実際の為替レートより高くなっています。これは容認されています。もちろん大幅な為替の変動があれば、それに応じて固定レートも変更されます。

海外の通貨建ての表示でいいのではないかとの指摘ですが、日本で支払いをする際は日本円に換算しますので、提示の際のレートと発券の際のレートが異なりますので後日料金を訂正というのもお客様にはなかなか受け入れられないのが現状で、それを防ぐために円建ての固定レートを設定しています。

旅行会社によってはインターネットのサイトの中に空港税の一覧等を記載している会社がありますが、必要、不要の判断が一般の方には難しく、多くの会社が掲載していません。直接スタッフに確認していただくようにしています。

おっしゃるようにこの料金提示方法はお客様にとって複雑な方法かと思われます。見た目は安く見えても、後々で気がつけば結構な値段になったということが多いと思います。しかしこれは日本に限ったことではなく、海外でも同じ方法をとっております。
私のように現場に居る者であれば自分で調べる知識もありますが、一般の方には複雑ですね。
これについては消費者の方の意見をできるだけ取り入れたいと思いますが、消費税と違って一国の問題ではありませんのでなかなか難しいかと思います。

参考URL:http://www.jata-net.or.jp/

こんにちは。以前、航空券を一般の旅行会社への卸売りをしている専門の旅行会社にいました。
まず、もしあなたが今現在航空券を予約していて、その旅行会社とトラブルになっているのなら、日本旅行業協会(JATA)にご相談ください。また、意見ということでおっしゃっていただいても構いません。

空港税、空港使用料は各国及び各空港ごとに細かく設定されており、また航空保険料や燃料費も航空会社によって全て異なります(航空会社によっては運賃により加算、非加算があります)。
また、航空券の料金に...続きを読む

Q海外旅行でかかる費用について

よくツアーパッケージ(フリー・プランが主なパッケージ内容として)で含まれている費用というのはだいたい渡航費(航空券代)、滞在費(ホテル代)ということでしょうか。現地での必要なお金といえばフリープランの場合、交通費とか、食事代、娯楽費、お土産代などかかると思いますが、一体ツアーパッケージ料金以外にいくらぐらいかかりましたか?海外旅行まったく初めてなので経験ある方など教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

ブランド品は海外で買えば安いと言っても半額ではありませんから、ブランド品を買う場合はお金がかかると思います。
私はブランド品は買わないので、買うのは化粧品を1個だけ、出発の時の免税店で買うくらいで、それ以外にかかる費用は、滞在中の、飲料水のペットボトル、現地での電車、バス代、タクシー代。食事は高いレストランを避けて普通のお店を選び、飲食喫茶代金を抑える。現地のコンビニ、デリ、スーパー、百貨店を利用してお土産を買い、観光客用の土産屋では買わないです。

基本的に考える方法としては、日本にいる時、1人で1日にいくらくらい普段使われていますか?
1日に3千円使う日って、少ないですよね。本を買うとか、何か買うとか、どこかに出かけるとかを考えなければ、そんなに使わないですよね。
海外がパックツァーで食事がついている場合は、飲み物代金くらいで、他に使うことはないと思います。

外貨レートが高い国や、消費税が高い国にいく場合は1人1日5千円を目安にして、だいたい計算すれば大丈夫かと思います。渡航する行き先の国によります。

他の回答者の皆さんが書いておられるように、自分でどんな旅行にするのか、どうしたいのかによって、現地での費用は異なります。
リッチで豪華にしたい。ブランド品も、お土産もたくさん買いたい場合は、ツァー旅行代金と同額以上のお小遣いも必要でしょう。
最小限度の出費にしたい場合ならば、財布のヒモをしめて、飲料用の水と電車代、お土産はスーパーや百貨店で地元の人が買う物と同じ物を購入すれば、安く上げることも可能です。
旅行先で買い物が好きな方はたくさんブランド品もお土産も買い物されますし、買わない方はな荷も買わないですし、旅行に何を重視するかは、人それぞれで、一概には言えません。
お金をあまりかけたくない場合でしたら、出費を抑えるようにされて、財布のヒモをしめておくことも可能です。
でも、せっかくの海外旅行なので、倹約しすぎず、使いすぎず、ご自分に合わせて、楽しいご旅行をなさってください。

ブランド品は海外で買えば安いと言っても半額ではありませんから、ブランド品を買う場合はお金がかかると思います。
私はブランド品は買わないので、買うのは化粧品を1個だけ、出発の時の免税店で買うくらいで、それ以外にかかる費用は、滞在中の、飲料水のペットボトル、現地での電車、バス代、タクシー代。食事は高いレストランを避けて普通のお店を選び、飲食喫茶代金を抑える。現地のコンビニ、デリ、スーパー、百貨店を利用してお土産を買い、観光客用の土産屋では買わないです。

基本的に考える方法と...続きを読む

Q海外航空券のチケット代以外の諸経費

海外格安航空券の見積もりをしてもらっているのですが
実際見積もると航空券以外の代金がずいぶんかかってトータル
航空券代金の5割増しになってしまうものもありました
(特に燃油サーチャージーが高い)
そこで海外航空券のチケット代以外いくらかかるのかを
教えてもらったのですが明細がバラバラで
・諸経費など
・航空保険料・空港使用税ほか
など表記が問合せ先まちまちです

海外航空券以外にかかる諸経費の名目はどのようなものがありますか?

またそれぞれの項目の値段は航空会社が同じでも
販売店によって違う項目もあるのでしょうか?

その辺のカラクリがいまいちわからないので
教えてもらえると幸いです
販売会社によって違うのでしょうか?

Aベストアンサー

航空券以外の代金としては

---------------------------------------------------------
1.日本発の場合 空港施設使用料
どの航空会社を利用しても同じ

成田 \2,040  関西 \2,650 名古屋 \2,500
円建て 固定
---------------------------------------------------------
2.各国の空港税、(いろいろな名目の税金が加算されます)
どの航空会社を利用しても同じ

米国の場合 往復で 6種類の税金が加算されます。
国際通行税 US$ 30.80 入国審査 US$7.00 税関 US$5.5
植物検疫 US$5.00 セキュリティ US$2.50(利用区間数による)
空港使用料 US$4.50(空港による)
以上6種類

発券時の週決め換算レートで円に換算 

各国通貨建ての税金を、発券時円に換算しています。

具体的には月曜日の東京三菱UFJ のTTSを
その週の水曜日から翌週の火曜日の発券に使用
-------------------------------------------------
3燃油サーチャージ 航空保険
航空会社によって異なります。

円建て 日系航空会社や 一部米系、欧州系航空会社
円建てですので固定

US$建て アジア系、一部欧州系 オセアニア系
発券時の週決め換算レートで円に換算 

ユーロ建 一部欧州系
発券時の週決め換算レートで円に換算 

なおメインの区間を円建て、欧州内区間をUS$建ての場合や
燃油サーチャージ円建  航空保険 US$建てなど
航空会社により対応が異なります。

------------------------------------------
予約発券システムで計算させてみましょう、
成田ーサンフランシスコ 往復 UA ユナイテッド航空利用

1 UA 838W 15APR NRTSFO SS1 1605 0910 * TH E
2 UA 837W 20APR SFONRT SS1 1125 1410 ,* SU/MO E
`
運賃計算
FARE JPY 65000 TAX 2040SW TAX 260AY TAX 3120US TAX 510XA TAX
460XF TAX 710XY TAX 560YC TAX 34000YQ TOT JPY 106660

この場合 航空券  65,000
成田空港 2,040 SW
米国税 260AY+3,120US+510XA+460XF+710XY+560YC
燃油サーチャージ(航空保険込み) 34.000YQ
------------------------------------------------------
 合計  \106,660

最近は あまり税金や、燃油サーチャージで
利益を上乗せする旅行会社は少なくなったと思います。
ただ 外貨建の税金、燃油サーチャージの円での請求金額は
換算レートの問題で航空券を発券する段階でのみ確定します。

燃油だけて往復 40,000円になる場合があります。
外貨建の燃油サーチャージで 40,000相当であれば
為替が10%動けば 4,000差額がでます。
安売りをしている旅行会社であれば、為替が円安になれば
利益がなくなってしまう場合もあります。

予約時に計算した諸経費で請求すると
それだけのリスクが生じるということは
理解しておいてください。(逆に儲かる場合もありますが)

なおその他諸経費は 航空券またはイーチケット控えに
は記載されています。 それを見れば
旅行会社が損したのか、旅行者が損したのかが確認できます。

なお下記サイトでは、航空運賃とその他諸経費を自分でも
チェックできます。 (海外サイトを利用したチェック方法)
http://kokuryoko.air-nifty.com/1/2008/03/post_e8b6.html

航空券以外の代金としては

---------------------------------------------------------
1.日本発の場合 空港施設使用料
どの航空会社を利用しても同じ

成田 \2,040  関西 \2,650 名古屋 \2,500
円建て 固定
---------------------------------------------------------
2.各国の空港税、(いろいろな名目の税金が加算されます)
どの航空会社を利用しても同じ

米国の場合 往復で 6種類の税金が加算されます。
国際通行税 US$ 30.80 入国審査 US$7.00 税関 US$5.5
植物検疫 U...続きを読む


人気Q&Aランキング