新刊出版情報をメ-ルで無料配信してくれるサイトをがありませんか。
できたら、自分の好きな作家などを登録しておいてその作家の本が出るときだけ
メールで教えてもらえるというサービスがあるサイトがいいのですが。
出来たら月間でそういうサービスをやっているのが希望です。
出版社ごとの新刊サービスはありますが、その垣根を越えたものがいいです。
自分の好きな作家を登録しておくことが出来るともっといいですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

オンライン書店Bk1で、登録会員向にこんなサービスがあります。



無料メールサービス「bk1 Express」について
あらかじめご指定いただいた条件に従って、新着情報をその都度メールでお届けするあなただけの無料メールサービスです。複数の条件でのご登録ができますので気になる情報がもれなくチェックできます。
以下の内容を掲載いたします。(※サンプルはこちら)

ジャンル別書籍に関する新着情報
「内容で探す」で分類された12のトップジャンル(または約180のサブジャンル) から5項目を登録することができます。 またこれとは別に、「フィーリングで探す」で分類された項目名から5項目を登録することができます。

著者・作家に関する書籍の新着情報
お好きな著者・作家の名前(フルネーム)で10人まで登録できます。

書評に関する新着情報
書評者(ニックネーム)から10人を指定いただけます。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/
    • good
    • 0

『ツタヤオンライン』に登録すれば、Book情報は毎週月曜日に無料配信があります。

が、作家別までは・・・ないですぅ。。
最新情報もありランキング情報もあり!です。検索のページもついているので書名、作家共に調べることができます。ちなみに音楽の配信曜日と総合配信(レンタル情報や
ゲーム情報も)曜日もあります。

お得なサービス情報もついてきますので、お近くにツタヤがあるのでしたら、なお重宝すると思います。
(ツタヤの回し者???)(笑)
    • good
    • 0

私が使っているところでは、旭屋書店ネットダイレクトがあります。

これはカテゴリー別なので、作家別の新作が送られてくるという事はないと思います。が、ジャンル登録をしておくと、ある程度の情報はきちんとはいってきます。あまり普段読まない人で面白そうなのが送られてくるので、私は楽しんでいますが。

参考URL:http://www.netdirect.co.jp
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新刊情報を1ヶ月くらい前から知りたい

新刊情報を1ヶ月くらい前から知りたい

最近図書館を利用しています。
新刊をリクエストしたいんですが、雑誌を読まないので、いつ新刊が出るのか分かりません。
新聞とかで当日に出ることが分かるだけです。
できるだけ早くリクエストしたいので、1ヶ月、2ヶ月前から前もって知りたいです。
皆様はどうやって新刊を前もって調べていますか?

Aベストアンサー

一般的に直近1ヶ月先の出版予定しか分からないと思います。
文庫なら各リマインダサービスなどで各出版社の発売予定が分かるんですが、
単行本まで網羅しているとなるとこの辺ぐらいでしょうか。

本やタウン - 書籍近刊情報
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTNewpub?week=0&genre=1
取次の日販の一般通販用サイトです。

各出版社のHPでも1ヶ月先までの情報がほとんどだと思います。
メルマガを発行していれば、そちらには2ヶ月先の予定も載っていることがあります。

Q新刊出版情報について

新刊出版情報をメ-ルで無料配信してくれるサイトをがありませんか。
できたら、自分の好きな作家などを登録しておいてその作家の本が出るときだけ
メールで教えてもらえるというサービスがあるサイトがいいのですが。
出来たら月間でそういうサービスをやっているのが希望です。
出版社ごとの新刊サービスはありますが、その垣根を越えたものがいいです。
自分の好きな作家を登録しておくことが出来るともっといいですよね。

Aベストアンサー

サイトではなくWin用のオンラインソフトですが
「ブックススケジューラ」(作者は「ヴァルヘル」氏)というソフトがあります。ネット上から新刊情報を自動的にダウンロードして、Outlookの予定表に自動登録する、というのがメインの機能ですが、タイトル、著者名、シリーズ名などを登録しておくことで、情報のダウンロード時にそれらを自動的に選り分けて、通知してくれたりするようです。また、Outlookユーザーでなくても、メールに通知してくれるそうです。

私自身見つけたばかりのソフトなので、使い勝手等についてはコメントできないのですが、機能的にはなかなか便利そうです。
何かの参考になれば。

おっと、忘れるところでした。そのソフトはここ
http://hp.vector.co.jp/authors/VA016442/
からダウンロードできます。

Q新刊書店が図書館を敵視しない理由。

だいぶ前から、新刊書店が新古書店を敵視しているという話を聞きます。
然し、新刊書店が図書館のことを敵視しているという話は聞きません。

読者の立場にしてみれば、図書館で借りて読める本は購入しないでしまう訳なので、
新刊書店と図書館は明らかに競合していると思うのですが、
なぜ新刊書店は図書館を敵視しないのでしょうか。

Aベストアンサー

安定かつ絶対に貸し倒れない
大口顧客を

どうして敵視するの?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????「「

田舎では、新刊書売り上げの金額の数割が
図書館殻の注文というところも、あるよ。
(公共図書館は地元市町村の書店から購入するのが不文律)
好事家か学者か図書館しか買わない高価な本も、住民からリクエストあれば購入するし。


・読者の立場にしてみれば、図書館で借りて読める本は購入しないでしまう訳なので、



東販のアンケートでは「図書館で読んで面白かったので購入」という読者カードが
けっこうライトノベル文芸書実用書では、あるそうな。
 公共図書館が新設されると、その地域の書店売り上げが(地域住民に読書家増えて)
伸びることが多い。


 税金で、買い上げてくれて、ショールーム作って、営業支援してくれるから書店から見ると
図書館ほど、ありがたいものはない\(^^;)...マァマァ






Q 文藝書房と言う出版社に原稿を送りました。すると46判での出版で、14

 文藝書房と言う出版社に原稿を送りました。すると46判での出版で、147万7万8千400円のうち、35%の51万程を評価等支援額、という出版社側の支援による共同出版を提案されました。これは高いのでしょうか、安いのでしょうか?ただ、この会社は「過度な期待には答えられません」「本はよほどの事がなければうれません」等の注意書きがあり、なかなか好感が持てました。会社の評判も含め、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

出版の費用構成は、トータル経費のうち
  1/3 が、広告費
  1/3 が、流通費(書店や取次の取り分。小出版社なら5割程度)
そして、残りが、本を作る費用、いわゆる原価になります。作者の取り分もここに含まれます。
本を作る費用は、
 固定費がページ1000円くらい。これに校正をかける費用で、きちんとつくるならさらにほぼ同額がかかります。
 変動費(部数が増えるほどかかるお金)が、多くても30円、モノクロなら2~10円くらい。これに製本が仮製本(本屋でよく見る柔らかい表紙の本)で10~50円。上製本(百科事典みたいなヤツ)で100~200円くらい
です。
ということで、本格的な書籍を作ると、100部程度だと1部1万円を超えるなんて状態はよく起こります。
固定費、変動費を大幅に安くする簡易印刷という方法もあります。

で、多分、自費出版の多くは、全体の2/3を占める販売費や流通費を大幅に縮小して、ほとんどゼロにしているんじゃないでしょうか。
まず、校正は、誰がどのような方法でやるかを聞いてみてください。もし、作者におまかせなら、あてになりません。校正とは、文字の間違いを治すという文字校だけでなく、作品をより良くするものも含みます。ここで手を抜くということは、売りたいとか良い作品を創りたいのではなく、街の広場のように作っていくらという商売の出版社ということです。
印刷した本をどれだけ取次に渡し、どのくらいの期間、出版社の在庫がどのようになるかを聞いてみてください。ホントに良い作品と思ってなら、売ることに注力をするはずです。
取次にもし渡さなければ、出費の1/3を抑える事ができます。ただ、そんなことで経費を浮かすトコは、出版社ではないですよね。単に本を製造して発注元に渡す印刷会社に過ぎません。

私はもし、上記のように、出版社が書いた原稿を何もせずにそのまま本を依頼主に渡すだけなら、その費用は「高い」と思いますし、出版社として真っ当な出版活動をするとしたら、営業費が全く出ない費用だと思います。
いずれにしても、ご自身が知人に紹介した範囲でしか売れない類の本になるということです。仮に1万冊刷るとしたら、その1万冊全部がご自身のご自宅に半年後に送られてくることになるかと思います。
まずは、その場所の確保の算段をしてからご依頼されると良いかと思います。

コミックマーケットなどは行かれたことがありますか? 活字本よりも原価が高いので、1冊1000円で手売りしていますが、500~1000冊売って多分、損益分岐なのではと思います。(簡易印刷をしていれば、その1/3くらいでしょうけど)
ご自身がこのような同人誌即売会で手売りをする気持ちがない限り、在庫を抱え続けることになるかと思います。

出版の費用構成は、トータル経費のうち
  1/3 が、広告費
  1/3 が、流通費(書店や取次の取り分。小出版社なら5割程度)
そして、残りが、本を作る費用、いわゆる原価になります。作者の取り分もここに含まれます。
本を作る費用は、
 固定費がページ1000円くらい。これに校正をかける費用で、きちんとつくるならさらにほぼ同額がかかります。
 変動費(部数が増えるほどかかるお金)が、多くても30円、モノクロなら2~10円くらい。これに製本が仮製本(本屋でよく見る柔らかい表紙の本...続きを読む

Q新刊コミック刷部数とは?

コミックの紹介で、例えば「新刊コミック刷部数 5万部」のシリーズといったら、新刊がでるたびに初刷で5万部刷るということですか?

Aベストアンサー

そういう言い方って聞いたことないのでなんとも言えませんけど…。
新刊が出るたびに5万部刷るか、紹介されたときの最新刊の刷部数が5万部だった、両方考えられます。
「新刊コミック刷部数 5万部」だけなら問題なく後者ですが、「シリーズ」がつくと意味不明になりますね。

No1の方のおっしゃる通り、刷部数は基本的には前巻の売れ行きを見て決めますので、「このシリーズはずっと5万部刷る!」と最初に決めてしまうことはまずありません。
結果としてずーっと5万部で現状維持になっちゃった、ということはありえますけど。

Q様々な出版社から新書が出ていますが、出版社によって、だいたいの内容の傾

様々な出版社から新書が出ていますが、出版社によって、だいたいの内容の傾向性とかってあるんでしょうか?
例えば~~新書は学術的で難しめの本が多いとか、~~新書は流行りのタイトルばかりで中身が薄っぺらく思う、とか。
あったら教えてください。

あと、新書は読書をよくする人(私はほとんどしません)からすると、どういうイメージなんでしょうか?
一般的には、雑誌の延長のような感じで、興味のあるものを流し読みする感じの軽いもの、というイメージなのでしょうか?

Aベストアンサー

中公新書、岩波新書、ブルーバックスは、他の代わりというイメージはまったくないですね。
各々読みたい時がはっきりしてますし。

Q新刊をメール通知してくれるサービスありませんか?

漫画やラノベのシリーズ物の新刊が出た際、
自分が読んでいるタイトルを登録しておけば、
新刊が出る直前にメールで通知してくれるサービス
といったものはないでしょうか?

Aベストアンサー

会員登録は必要ですが、ツタヤオンラインなら事前に通知してくれますよ。
http://shop.tsutaya.co.jp/

予約が開始になったり、発売日が決定した時点でメール通知が来るので重宝してます。
説明はこちらのページですね。
http://shop.tsutaya.co.jp/artist/search/

ただ、作者単位になるので同じ作者の違う作品が発売決定した時も通知が来ます。
作品単位は電子書籍の方しか知らないので分かりません。

Q8月新刊予定の本の題名を教えてください!!

8月新刊の本の題名(もしわかれば出版社も)を教えてください!

○なにかのコンテスト(恋愛小説・エッセイ等)に応 募して、入賞した人の作品が載っている。
○8月初めには書店に並ぶらしい。
○昨日の時点ではアマゾンに掲載されていない。

このくらいしか情報がなくて困っているのですが、
ちょっとしたことでも結構ですのでなにか心当たりの方がいらっしゃいましたら、教えてくださいm(_ _)m
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

新風舎のHPで、出版社賞などがあります。
それから、携帯短編出版賞、というのもあります。
面倒なので僕は調べていませんが(スンマセン;)出版社を調べる方が早いと思います。
コンテスト、とか、コンクール、とかで。
では、もし、機会がありましたら、改めてっ。

Q書籍、新刊情報の作られ方は?

書籍の新刊リストを電子データで毎月手に入れたいと思っています。

書店などにある新刊リストや各種サイトにあるリストは各社それぞれWEBページとして
掲示してらっしゃるのですが、その元データというのはどういうものなのでしょうか?

出版社業界に疎いもので、どういういきさつで、新刊リストが出来上がるのかわかっておりません。
OKWEBを検索しますと、東販、日販といった大手流通会社が作っているように見受けられたのですが
その認識であっているのでしょうか。

数ある書店様は、新刊情報をどのように作成してらっしゃるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

この手の話がこのカテゴリであっていたのかわからないのですが
最良のカテゴリがありましたら、教えていただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

新年おめでとうございます。
そうです。東販、日販の情報を元に作られています。

新刊情報が充実しているのはAmazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/700590/ref=cs_nav_sn_14/250-9119838-8365854

もうひとつ丸善
http://www.maruzen.co.jp/cgi-bin/mis?Cgifrom=m2-nfb-01&wayo=30&nd1=2300

新刊の各新聞の書評が、まとめて見られるのが紀伊国屋のサイトです。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/tanass.cgi?TCODE=N

Q新刊配信

新刊書のメールによる配信サービスというものは
あるのでしょうか?

出版社個別ものではなく
「これから出る本」的なものなのですが

Aベストアンサー

TRC(図書館流通センター)がコミックや参考書など一部書籍を
除いた新刊情報メールを毎週発行しています。

http://www.trc.co.jp/trc-japa/mlsrv/

参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.trc.co.jp/trc-japa/mlsrv/


人気Q&Aランキング