Quiere un gato que es American Shorthair.

この es が接続法でない、ということから、「彼、彼女」はあるアメショを念頭においているの?つまり、どんなアメショでもいいから欲しい、という意味ではないんですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

猫の種類に条件がついていますので接続法を使うべきです。


Ella quiere un gato que sea Aemerican Shorthair.

直接法で表す場合は Ella quiere un gato "Aemerican Shorthair"でよいでしょう。

どちらもいろいろある猫の種類の中からアメショが欲しいという意味になります。日本語では違いが出ませんが、接続法では猫が欲しいが、どの種類でもいいわけではなくアメショが欲しい、直説法はアメショの猫が欲しいとなります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語の翻訳

スペイン語の翻訳

現在大学でスペイン語学科に通っております。
大学卒業後はスペイン語と英語を専門として翻訳をする職業に就職したいと思っております。
英語はアメリカに住んでいたこともあり、全く心配していないのですが(TOEICできちんとスコアをとっていますし)、スペイン語に関しては大学に入ってから始めたので自信がありません。
就職するとなればスペイン語検定を受けておくべきだと思うのですが、翻訳を職とするためには何級を取得するのが理想的でしょうか?
また、翻訳をする就職先というのが私にはどうも出版社しか思いつかないのですが、どのような就職先があるのでしょうか?

Aベストアンサー

翻訳専門の会社もありますよ。
ビジネス文書や論文とか海外の番組それに出版関係や報道や広告とか商品の取扱説明書等の翻訳を請け負う仕事です。

翻訳だけで無く、通訳・速記・音声からの書き起こし等を併設している所も多いです。

一般企業でも専門的な商材を扱う会社だと社内に翻訳の部署がある会社もあります。
医療や化学分野とか特許関係や契約業務とかM&Aカンパニーが多そうです。

Qスペイン語 Es que... の文とそうでない文とでは、与える印象がどう違うの?

Es que... で始めた文と、Es que...なしの文とでは、どう違いますか?Es que... の文は、説明っぽい文でしょうか?

Es que te amo. と Te amo. とでは、後者のほうが断定的で手持ち無沙汰な感はありますか?

Aベストアンサー

ser que の形で理由(説明、言い訳)を表します。同じ意味にはなりません。あまりes que を連発すると言い訳ばっかりという印象を与えます。

Te amo 君が好きだ
Es que te amo 君が好きだからだよ

変形
1)疑問文。 驚き、ときに願望を表します。
?Es que te amo? え~っ、俺が君を好きだって?
2)La cosa, lo que とともに。 強調を表す
La cosa es que no tengo mucha plata 実はあんまり金がないんだ。
Lo que pasa es que no tengo mucha hambre 本当を言えばお腹がすいていないんだ。

Qスペイン語への翻訳をお願いします。

スペイン語への翻訳をお願いします。

スペインでの名前の付け方をまとめた文章を作っています。
スペイン語で「名前の付け方」という意味のサブタイトルをつけようと思いますが
スペイン語に関しての知識がないため自動翻訳が合っているかわかりません…。

スペイン語に詳しい方、申し訳ありませんが
「名前の付け方」というスペイン語を教えてください。
スペルだけじゃなくてカタカナ表記で構いませんので、発音も教えてください。

Aベストアンサー

スペイン語は得意分野では有りませんが、何はともあれ、

(1) Asignacion de nombres  

ion の o に発音記号[´]が付きます。読みはアッシギナシオン・デ・ノンブレス

又は、

(2) nombramiento 読みはノンブラミエント。

(1)の方がより「名前の付け方」に近いと思います。

もっと詳しい方の登場をお待ちください。

Qスペイン語文法(接続法,de que,過去形)

スペイン語を独学で勉強している者です。
参考書を進めていて、分からない点があるので、ご教示頂きたく思います。

【1】“La Pinta hizo señal de que había visto tierra.”
⇒「ピンタ号は陸地を見たという合図をした」という文について。

このdeは文法上どんな役割になるんでしょうか?
「que以降の句」と「señal」をつなぐ前置詞?
それともde queで関係代名詞になるのでしょうか?

【2】「extrañarle a uno que+接続法」という表現について。

この表現を使った例文が“Me extraña que digas esto.”
となっていたのですが、「a uno」は何故消えてしまったのでしょうか?

また、何故「extrañarse」ではなく「extrañarle」なんですか?

【3】「ser+形容詞+que+接続法」という表現における
    serの線過去と点過去の違いについて。

A:Era fácil que yo consiguiera el permiso.
⇒私が許可を得るのは簡単だった。

B:Fue importante que yo consiguiera el permiso.
⇒私が許可を得るのが重要だった。

serの後に来る形容詞によって、EraかFueかが決まるのでしょうか?
感覚的にはAの文も点過去(Fue)でいいような気もするのですが…。


以上です。
どれか一つでも、答えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

スペイン語を独学で勉強している者です。
参考書を進めていて、分からない点があるので、ご教示頂きたく思います。

【1】“La Pinta hizo señal de que había visto tierra.”
⇒「ピンタ号は陸地を見たという合図をした」という文について。

このdeは文法上どんな役割になるんでしょうか?
「que以降の句」と「señal」をつなぐ前置詞?
それともde queで関係代名詞になるのでしょうか?

【2】「extrañarle a uno que+接続法」という表現について。

この表現を使った例文が“Me extraña que digas esto.”
とな...続きを読む

Aベストアンサー

以下のとおり、行間書き込み形式で、→のあとにお答えいたします。

>【1】“La Pinta hizo señal de que había visto tierra.”
>⇒「ピンタ号は陸地を見たという合図をした」という文について。
>このdeは文法上どんな役割になるんでしょうか?
>「que以降の句」と「señal」をつなぐ前置詞?(→これが正解です。)
>それともde queで関係代名詞になるのでしょうか?
→この場合、que había visto tierra「陸地を見たこと」は、señal「合図」との「同格節」ですね。そして、その間にあるdeは、この両者を結びつける役割を担う「接続小詞」で、あえて訳文との対応関係を示せば、「陸地を見たという合図」の「~という」の部分に相当します。
(別の例)Ésta es la prueba de que te amo de corazón.「これは、私が心から君を愛しているという証拠だよ。」

>【2】「extrañarle a uno que+接続法」という表現について。
>この表現を使った例文が“Me extraña que digas esto.”
>となっていたのですが、「a uno」は何故消えてしまったのでしょうか?
>また、何故「extrañarse」ではなく「extrañarle」なんですか?
→「a uno」は、「a+人」の意味で、「le」は、それを目的格代名詞で受けています(いわば重複表現です)。ですから、La extrañará a María que digas esto.「君がこんなことを言うなんてマリーアは不思議に思うことだろう」のような場合は、「a uno」の部分は消えていませんね。(なお、que以下が主語節ですので、直訳は、「君がこんなことを言うことがマリーアを不思議がらせることだろう」となります。)
また、お尋ねのような再帰動詞extrañarseを用いて表現することもできます。ただしその場合、主語はMaríaにし、queの前に前置詞deを入れる必要があります。María se extrañará de que digas esto. 「マリーアは君がこんなことを言うなんて不思議がることだろう」。

>【3】「ser+形容詞+que+接続法」という表現における
>    serの線過去と点過去の違いについて。
>A:Era fácil que yo consiguiera el permiso.
>⇒私が許可を得るのは簡単だった。
>B:Fue importante que yo consiguiera el permiso.
>⇒私が許可を得るのが重要だった。
>serの後に来る形容詞によって、EraかFueかが決まるのでしょうか?
>感覚的にはAの文も点過去(Fue)でいいような気もするのですが…。
→線過去と点過去の違いは悩ましいですね。
(1)上のABの場合、前後関係が示されていませんので、どちらにも両方の過去を用いることができると思います。
(2)点過去が「単なる過去における事実」を表わすのに対し、線過去は「過去の1時点における継続や反復」を表わしますね。このように、線過去には多くの場合、この「過去の1時点における」という付帯条件がつくことから、(線過去は)「相対時制」と言われます。つまり、この時制は、Cuando visité a mi tío él cuidaba BONSAI.「私が叔父を訪ねたとき、彼は盆栽の手入れをしていた」のように、1つの出来事の時点に(背後で)続いていたことを表わすのによく用いられます。このことから、線過去はある種「背景描写的な意味あいがある」、とも言えるでしょう。
(3)線過去はまた「不完了」ということから、「起動(未然)」の意味あいも表わします。例えば、Con tanta humedad no se secaban las ropas.「湿気が多くて衣類が乾きそうもなかった」のような場合です。したがって、上のAが、もし点過去Fue fácil que yo consiguiera el permiso.なら、「私が許可を得るのは簡単だった」(もう許可を得た)以外あり得ないと思いますが、お示しのようなEra fácil que yo consiguiera el permiso.と線過去になっている場合は、「私が許可を得るのは簡単(そう)だった」(これから許可を取る)といったニュアンスに受け取られる可能性もあると思います。

以上、ご回答まで。

以下のとおり、行間書き込み形式で、→のあとにお答えいたします。

>【1】“La Pinta hizo señal de que había visto tierra.”
>⇒「ピンタ号は陸地を見たという合図をした」という文について。
>このdeは文法上どんな役割になるんでしょうか?
>「que以降の句」と「señal」をつなぐ前置詞?(→これが正解です。)
>それともde queで関係代名詞になるのでしょうか?
→この場合、que había visto tierra「陸地を見たこと」は、señal「合図」との「同格節」ですね。そして、その間にあるdeは、この両者を結びつ...続きを読む

Qエキサイト翻訳ソフトで日本語からスペイン語に変換しましたがどうしてもうまく翻訳できません。

エキサイト翻訳ソフトで日本語からスペイン語に変換しましたがどうしてもうまく翻訳できません。
日本語からスペイン語に翻訳してさらにそのスペイン語を日本語に翻訳しましたら原文とは全くちがう日本語が翻訳されました。
解決方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

無いです。
英文でもそんな感じなので。

Qスペイン語 lo que es

Otro sentido que tenemos es el sentido de lo que es el fri'o y el calor.
このスペイン文はまどろしくないでしょうか?どうしたらよりよい文になりますか?

Aベストアンサー

補足します。

el de
この場合のelは代名詞です。 前に述べた男性名詞を繰り返さないために使用します。

lo que は関係代名詞です。 前に述べた文章全体を受けます。同じ形で
先行詞がない、つまり主語になるlo queがあるので少しややこしいですね。
Lo que dices no es cierto お前のいうことは確かではない。
Que es lo que te gusta de Japon? 日本のことで君が好きなものはなんだ?(日本の何が好き?)
これらのlo は中性冠詞です。

el que se sienteは普通使いません。何故なら心に感じることを先に断定
(男性名詞)しているからです。 こういう場合はlo que se sienteが
一般的です。 Lo de のloも代名詞ですから主語として使えます。
Siento mucho lo de su padre. お父さんのことは残念でした。Loの内容は
お互いに分かっているが(死亡、落選など)はっきり言いたくないときにlo は便利です。

補足します。

el de
この場合のelは代名詞です。 前に述べた男性名詞を繰り返さないために使用します。

lo que は関係代名詞です。 前に述べた文章全体を受けます。同じ形で
先行詞がない、つまり主語になるlo queがあるので少しややこしいですね。
Lo que dices no es cierto お前のいうことは確かではない。
Que es lo que te gusta de Japon? 日本のことで君が好きなものはなんだ?(日本の何が好き?)
これらのlo は中性冠詞です。

el que se sienteは普通使いません。何故なら心に感じ...続きを読む

Qスペイン語圏の友達からメールが来たのですが翻訳機を使っても機械なのでちゃんと翻訳されず分かりません。

スペイン語圏の友達からメールが来たのですが翻訳機を使っても機械なのでちゃんと翻訳されず分かりません。スペイン語できる人、翻訳お願いします。
que te vaya fin です
翻訳機では、スペイン語から英語に訳してand goになります。

Aベストアンサー

finの部分がfinoではないので正しいかわかりませんが、
直訳は
やあ!(こんにちわ!)うまくいくように!

日本語だと
よろしくね!程度の挨拶だと思われます。

Qスペイン語で、 La verdad es que no se quienes sois, pero

スペイン語で、

La verdad es que no se quienes sois,
pero os pido ayuda porque estoy desesperada.

物語中に出てくる言葉なのですがどうゆう意味なのでしょうか?

グーグル翻訳で
真実は、ない人ということです
私は絶望的だから、私は助けを求めます。
と出てくるのですが、意味が通りません。
どうゆう意味に解釈すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「正直言うと、
私は君達が誰なのか分からないですが、
私は絶望しているので、
君達に助けを求めます。」

だと思います。

La verdad es que
→正直言うと/正直なところ
決まり文句です。

no se quienes sois
と書かれていますが、
正しくは
no sé quiénes sois
(私は君達が誰なのか分からない)

ではありませんか?
no sé→私は〜を知らない
quiénes(ちなみに、複数形)
→〔疑問詞〕誰
英語で言うとwhoです。

Pero→でも
os pido ayuda
(私は君達に助けを求める)
os→君達に
pido→私は〜を頼む、願う、請い願う
ayuda→助け、手伝い、援助、救援

porque→なぜなら
estoy→私は〜の状態である
desesperada→絶望した、やけになった
ちなみに、
desesperadaと書かれている事から、
この"私"は女性です。

Qスペイン語の翻訳ソフトってありますか?

 いつもお世話になります。英語主体のものではなく、スペイン語を翻訳出来るソフトを探しています。(もちろんスペイン語→日本語です。)日常会話程度が翻訳出来れば、問題ないのですが。

 でも、もしかして存在しないかも???どなたか、お心あたりございましたら、是非、教えて下さいっ!

Aベストアンサー

各国語に対応してます。
http://homepage2.nifty.com/m_kamada/l_translation.htm
オンラインで使えます。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/m_kamada/l_translation.htm

Qスペイン語 「a lo que」「lo que」

スペイン語 「a lo que」「lo que」について質問です。

Que es lo que mas le gusta?
El precio es diferente a lo que marca e taximetro.
Podria escribir lo que ha dicho.

「a lo que」「lo que」の使い分けがわかりません。
特に、 a lo que と使うのはどんなときなのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

これは形容詞 diferente が支配するものではないでしょうか。

diferente de/a ~と違う

El precio es diferente de/a lo que marca e taximetro.
値段が料金メーターが表示しているものと違う。
The price is different from/to what the taximeter indicates.

多分伝統的には de でしょうが英語の different と同様に前置詞に揺れがあるようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報