初歩的な質問ですみません。最近、仕事で初めて経理的なことをするようになったのですが、受領書と領収書の違いが分かりません。詳しく教えていただける方、よろしくお願いします。あと、それらを受け取ったときに注意しないといけないことなどはあるのでしょうか?例えば、3万円以上は印紙を貼らないといけないなどは教えてもらったのですが、そのほか落とし穴などありますでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>受領書の中に領収書が含まれると考えられるとよろしいと思いますよ。



>3万円以上と言うのは、「売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書」のことですので売上等営業に関する金銭又は有価証券を受領したときに売上先に発行する受領書のことです。(通常は領収書のことと考えてよろしいかと思いますが)
>なお、この際に消費税額を明記することによって、印紙を貼るかどうかの判定は本体価格で判断できます。
例 領収金額 31,498円 内本体価格29,999円 内消費税額1,499円 ⇒非課税

>また、銀行振込や、代引き、クレジット決済であっても、相手に領収書を発行した場合は、印紙貼付が必要になりますので、売上代金のうち自社又はloopyさん個人の口座に振込まれた分については、その通帳で売上が区分できるよう(通帳にマーカーするとか、鉛筆で書込むとか)していただければ、問題は生じないと思いますし、代引きについても、搬送業者から代金を現金で受け取った場合になんらかな精算書をいただけると思いますので、あえて搬送業者から領収書の請求がなければ精算書を基に売上計上して差し支えないと思います。
>かえって、売上代金が銀行振込みであるのに別に領収書を作成した場合、印紙貼付の問題や、売上の計上漏れとして税務署に疑問視されるかもしれませんので、あるがままの書類で売上計上されことをお勧めします。

>また、売上代金が振込みでお客さんから別途領収書の請求があった場合は、その旨領収書控に記入するとかしておいたほうが経理上も分かりやすいと思います。
    • good
    • 32

>受領書と領収書の違いが…



領収証 (書) は、現金や有価証券を受け取った証 (しるし) です。

受領書は、現金等に限らず、品物を受け取った場合にも使用します。
注文した品物が「納品書」とともに届いたとき、「受領書」を返送するよう要求する人・会社もあります。

>3万円以上は印紙を貼らないといけないなどは…

消費税が含まれる場合の注意事項があります。
お聞きになったかとは思いますが念のため、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7124.htm

>そのほか落とし穴などありますでしょうか…

クレジット払い、銀行振込、代金引換郵便 (等) などで受け取った場合は、現金売上と明確に区分できるような領収証にしておかなければなりません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 16

受領書とは、発注側が納品の完了を、購入側に承認してもらう書類をいいます。


領収書とは、金銭の受領の証として受け取るもの。似たものとして、レシート。
要は物=受領書、金=領収書
    • good
    • 22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング