大塚史学において、イギリスで産業革命が起こった要素として何があげていたかご存じの方はおられますか?大塚史学を批判する学者(角山氏など)は、産業革命は綿によって発展した、と主張していますが、肝心の大塚氏の主張を忘れてしまいました。どうかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

イギリス 経済」に関するQ&A: イギリス経済

綿 とは」に関するQ&A: 綿医者とは?

A 回答 (1件)

一応歴史を学んでいる者ですが、イギリス史ではないので、「一般人、自信なし」として回答させていただきます。



大塚久雄のイギリス経済史においては、中世末から発達した農村におけるローカルな毛織物工業(いわゆるマニュファクテュア)を基軸としてイギリス資本主義は発展した、そしてそれが発展して国民経済を形作るにいたった…と、国内的要素を重視する傾向があります。
 こうした資本主義の展開を支えるエートスとして、大塚久雄は独立自営のヨーマン的人間像を(イギリス)近代化の担い手の範型として重視した、と記憶しています(これはウェーバーの影響によるものでしょう)。
 批判として古典的なものの一つが、大塚が過度に国内的要因を強調し、国際経済的な契機を軽視しているのではないか、というものです。大塚においては、国民経済が編成され、その総体が世界経済となってゆくという図式なのですが、国民経済の形成前/形成中に世界経済が存在し、国民経済の成立に影響を与えているのでは?という反論になるというわけです。綿織物産業の重視は、インドなどとの関係を重視するわけで、これは国際経済重視派の立場でしょう。

急ぎのようでしたが、間に合いましたでしょうか?
至らぬ回答ですいません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q産業革命が起こったのに、何故、世界中の人の労働時間が減らない?産業革命は必要だった?

産業革命が起こったのに、何故、世界中の人の労働時間が減らない?産業革命は必要だった?

Aベストアンサー

綿の加工機械が発明された時、これでアメリカの奴隷制度は自然消滅との予想もありましたが、結果は大量生産化、機械でできない工程部分の労働力が必要になり、奴隷の労働条件はさらに悪化しました。
 機械を使うことで、さらに労働量が増えてます。産業革命もよいことばかりではなかったようです。

Q市民革命と産業革命

いつもお世話になっています。

「☆市民革命→自由権・平等権の獲得」

「★産業革命→資本主義経済→貧豊の差が拡大→人間らしい生活を求める声→ワイマール憲法」

の2つなのですがいつも社会の先生がこのようにお書きになられるので良く分かりません。
2つについて解説教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No1の方の説明は、かなり不適切かと・・・

 市民革命については、かなりあっていると思いますが、産業革命については、共産主義革命と勘違いなさっているように思います。

 簡単に歴史の流れを言うと

 中世には、経済が農業主体で人々はあまり移動しませんでした。政治は領地の主である封建領主の連合体に支えられた国王が、領主=貴族の代表として国を統治していましたが、国王の力はそれほど強くありませんでした。

 時代と共に社会が生産力を増し、領地の範囲を超えた物資の流通が始まり、十字軍がその動きを加速しました。商業・手工業で富を蓄積するものが増加し、宗教改革(新教=富を蓄積した新興富裕層、旧教=封建領主が主体)で宗教戦争が勃発、封建領主の力が衰え、絶対王政が始まりました。

 絶対王政は、力を失いつつある封建領主の代表である王が、新興富裕層(経済的に豊か=国王への上納金・税金を負担)の支持も得て、新旧のバランスを取るかたちで成立しました。

 市民革命=絶対王政の崩壊
 実力をどんどんつけ続ける新興富裕層(新勢力=特権なし:どこでも自由・平等に商売が出来るのを歓迎)が、領主層(旧勢力=特権の保持:特権が力の元)の力を凌ぐようになり、富裕層だけの政権を目指すようになり、領主の代表である王を排除しました。

 市民革命の結果、民主政・立憲君主制による、社会が成立します。

 この頃、イギリスで産業革命が始まります。(市民革命の遅い国では、産業革命によって富裕となった人々が市民革命を起こします。)
 今まで物の生産は人力であったものが、水力(水車による機械生産)・蒸気機関(石炭という動力の利用)による機械生産に変わっていきます。これが産業革命です。(ですから、産業革命は政治の言葉ではなくて、経済用語です。)

 産業革命によって、富裕な人々はますます豊かになり、お金が社会を動かすようになります。これが資本主義社会です。

 資本主義社会では、お金が資本となり生産手段になりますから、お金のある人はますますお金持ちになります。お金持ちの人の作った工場で働く人は、貧乏なまま。

 マルクスという人は、「そこで、貧乏な人たちが怒って革命を起こし、資本家を追い出して工場を労働者のものにしてしまう。」と考え、その革命を共産主義革命と名づけました。

 ところが、資本家の方でも労働者の福祉政策を色々行い、革命が起こらないような方策を採りました。これが修正資本主義という考え方で、ワイマール憲法には、これらの福祉政策を受ける基本的な権利があると規定されました。

 結局、共産主義革命は、資本主義の発達が未熟なロシアや中国でしか起こらず、マルクスの想定した「資本主義の充実した生産設備」をほとんど持たないまま、政権が誕生しました。そして新たに成立した政府が、資本家に代わって労働者を搾取し生産設備を作る社会が出来上がりました。また、悪平等が労働者の生産意欲を失わせることとなりました。

 この結果、ソ連は崩壊・中国は資本主義化して現在に至っています。

 No1の方の説明は、かなり不適切かと・・・

 市民革命については、かなりあっていると思いますが、産業革命については、共産主義革命と勘違いなさっているように思います。

 簡単に歴史の流れを言うと

 中世には、経済が農業主体で人々はあまり移動しませんでした。政治は領地の主である封建領主の連合体に支えられた国王が、領主=貴族の代表として国を統治していましたが、国王の力はそれほど強くありませんでした。

 時代と共に社会が生産力を増し、領地の範囲を超えた物資の流通が始まり...続きを読む

Q産業革命

これから世界経済が飛躍するには産業革命が起きないと無理と思うが
どの分野で産業革命が起きそうでしょうか?

Aベストアンサー

エネルギー革命です。そもそも産業革命は、人力・奴隷から蒸気機関へといったエネルギー革命だった訳です。いろんなベクトルがあって、ここでその全貌を説明するのは不可能です。イギリスが奴隷制を廃止したのは、奴隷の労働力がイギリスの産業機械売り込みの邪魔になったからです。だからエネルギー革命は社会そのものを変革します。逆に言えば、社会が変わらない限り産業革命は成功しないともいえる。

「世田谷電力」設立でエネルギー革命 - 太陽のまちから - Asahi Shimbun Digital[and]
http://www.asahi.com/and_w/life/TKY201304090070.html

次に食料革命です。増大する世界人口を賄う食料の確保が喫緊の課題です。世界の飢えてる人々を尻目に日本人だけが飽食を貪り、食料を残飯にし、そうかと思えばダイエットに狂奔している。人口増大だけでなく、中国・インドといった人口大国の経済発展や地球温暖化による干ばつ・豪雨も問題を深刻にしています。そうした世界の現状を知らず、食料品の値上げ値下げに一喜一憂する愚民の有様は救いようがない。

エネルギー革命です。そもそも産業革命は、人力・奴隷から蒸気機関へといったエネルギー革命だった訳です。いろんなベクトルがあって、ここでその全貌を説明するのは不可能です。イギリスが奴隷制を廃止したのは、奴隷の労働力がイギリスの産業機械売り込みの邪魔になったからです。だからエネルギー革命は社会そのものを変革します。逆に言えば、社会が変わらない限り産業革命は成功しないともいえる。

「世田谷電力」設立でエネルギー革命 - 太陽のまちから - Asahi Shimbun Digital[and]
http://www.asahi.com...続きを読む

Q伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏

伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏
は今でも続いているんでしょうか?それとも滅んだんでしょうか?

Aベストアンサー

大名家は直系の子孫は絶えることが少なくなく、親戚周りから養子が入って血脈を継ぐことで氏族としては繋がっています。
北条氏も狭山藩1万石の大名として幕末まで続き、創価学会の北條浩(4代目会長)などが出ています。
徳川氏は家光の(男系の)血脈は館林藩越智清武で絶えていますが、8代将軍吉宗の血脈として、德川恒孝氏が徳川宗家でしょう。
豊臣氏は氏(うじ)ですから、木下家が豊臣氏であり、足守藩木下家として幕末を迎えます。
血筋としては、真田信繁の3男に秀次の血が入っており、出羽亀田藩の家臣として三次氏を称しています。

Q産業革命について。

産業革命について。
第2次産業革命期にエネルギーが石油に変わったり、流通やサービスが変わったり、大量生産に移り変わったりしたと思いますが、この頃に発生した産業や変化した産業をできるだけ教えて頂けますか??

Aベストアンサー

断絶的な変化としての「革命性」への疑義のため
産業革命という言葉自体が、近年は、使われなくなってきたように思います。

それを留保した上で、19世紀末、産業革命の生みの親の英国から
米独へと工業化が波及したとき、
その主導部門が、従来の綿工業中心の軽工業から、
製鉄や化学などの重工業部門へと変化しています。
第二次産業革命は、この主導部門の転換として位置づけられると思います。

Qイギリスの産業革命

イギリスの産業革命があったというのは分かるんですが、具体的にどんなことをして他の国にどんな影響があったか知りたいので教えてください。お願いします。(信頼できて情報が豊富なサイトなどでもいいです。)

Aベストアンサー

去年受験生で世界史は得意でした。



 イギリスで産業革命が起きた理由は4つの条件がそろったからです。
その4つとは、機械、資本の蓄積、労働者、市場です。

 まず、機械。ご存知の通り、ワットにより蒸気機関が改良され、ハーグリーブズやクロンプトン、アークライトなどにより織機や紡績機が発明され、生産力が飛躍的に上昇しました。
 
 次に、資本の蓄積。工場を造るにも、新しい機械を発明・導入するにもお金、つまり資本が必要不可欠ですね。その点イギリスは毛織物工業の発達や、イギリスと西アフリカ、新大陸(北米大陸)を結ぶ三角貿易で資本を蓄積しました。
 
 第3に労働者。機械や工場を用意しても労働者がいなくては動かせません。イギリス政府は「第二次囲い込み」と呼ばれる農業政策を行った結果、大量の失地農が都市に流入し、彼らが工場労働者となりました。

 最後に市場。いくら製品を製造できてもそれを売ることができなければ意味がありません。そこでイギリスは北米大陸や、当時半植民地化しつつあったインドへ生産した、綿織物を売りました。機械で大量に生産したものですから当然安く、世界の綿織物市場を席巻することができました。

以上が産業革命です。

産業革命の他国への影響ですね。
まず、大量の安価な綿織物が世界に出回り、イギリスによるインド植民地化が進行した。
イギリスが覇権を獲得し、イギリスによる平和(パックス=ブリタニカ)時代到来の契機となったこと。
その後産業革命が世界へ広まったことにより、欧米列強による帝国主義時代への突入の道を開くことになった。

まだまだありますが、とりあえずこのくらいでどうでしょうか? 

去年受験生で世界史は得意でした。



 イギリスで産業革命が起きた理由は4つの条件がそろったからです。
その4つとは、機械、資本の蓄積、労働者、市場です。

 まず、機械。ご存知の通り、ワットにより蒸気機関が改良され、ハーグリーブズやクロンプトン、アークライトなどにより織機や紡績機が発明され、生産力が飛躍的に上昇しました。
 
 次に、資本の蓄積。工場を造るにも、新しい機械を発明・導入するにもお金、つまり資本が必要不可欠ですね。その点イギリスは毛織物工業の発達や、イギリ...続きを読む

Q英国イギリスの食が美味しくないのは、産業革命で人が

英国イギリスの食が美味しくないのは、産業革命で人が忙しくなった為だと言っていましたが、産業革命前のイギリス料理は美味しかったのでしょうか?産業革命って人間の仕事が楽になったんじゃなかったんですか?逆に忙しくなったのはなぜでしょう?ロボットが作ってくれて、人間は働かなくなったのではなかったのでしょうか?

イギリス料理が不味いのは産業革命の性ではない気がする。

Aベストアンサー

産業革命は関係ないと思います。

価値観の違いでしょう。

英国の料理が不味いのは、そういう価値観、つまり
食事は栄養の為であって、美味いまずいは二の次だ
ということでしょう。

大体、ラテン系は人生を楽しもうという考えで、
極めて享楽的です。
だから美食にも価値を置く訳です。

質素倹約質実剛健、という気風がなせる技じゃ
ないですか。

だいたい美食にうつつを抜かしている国に
ろくな国はありません。
フランスなどは美食と恋愛にうつつを抜かしている
間に、英国やドイツに差をつけられました。

もう一つの美食大国、中国にいたっては説明の
必要もありません。

近年、日本もグルメブームとやらで嘆かわしい限りです。
このままでは日本も、中国の後追いです。

Q産業革命

各国の産業革命開始時期が、参考書によってバラバラで、どれが正しいのかわかりません。30年くらいの差があったりします。正しいイギリス、フランス、ベルギー、アメリカ、ドイツ、ロシア、日本の産業革命開始年代が分かる方、教えてください。(例;1820年代)

Aベストアンサー

なぜ産業革命の開始時期を各国ごとに知りたいのでしょうか?
もし大学受験と言うことで知りたいのなら、ポイントを教えましょう。
イギリスは、本当に解釈がまちまちですが、機械化の最初がジョン・ケイの「飛び杼」(1733)で、この年号が大切です。よって18c前半が妥当。
フランスは、七月王政期の1830年代に軽工業の分野でゆるやかに生産力が向上した。またロシアなどに資本輸出をしたのが特色。
ロシアは、1861年の農奴解放令を契機に産業革命が始まったとされ、フランスから資金でシベリア鉄道の建設などを実行。
ベルギーは、独立した1830年以降、重工業の分野ではじまる。
ドイツは、ドイツ帝国成立後の1870年代に、アルザス・ロレーヌの鉱産資源を利用して、重化学工業が急速に進展。
アメリカは、1890年代に重化学工業の分野でイギリスの生産を追い越した。
日本は、19c末に日清戦争の賠償金で重工業をスタート。
筋違いでしたら、ごめんなさい。

Qイギリスの産業革命について

イギリスの産業革命について
1755~63年に起こったフレンチ・インディアン戦争のおかげでイギリスは深刻な財政難に陥って、新大陸の13植民地に対して課税を増やしたんですよね?
でもそれって産業革命の最中じゃないですか。産業革命では工場制機械工業があったりして、イギリスはかなりもうかってたんですよね?
なんかすごい矛盾してませんか?
わかりやすく詳細を教えてください。

Aベストアンサー

工場制機械工業云々とか産業革命というのは、19世紀前半になってから「そういえば、あのころから変化したなぁ」というのをまとめた話で、その当時で言えば大した産業ではない。
経済が成長したというのは早くて1800年ころ、あるいは1820年以降(豊かさの誕生 ウィリアムバーンスタイ著 より)最近では、「あんな、ゆっくりの変化を革命って言うかよ?」という説も強い。
http://ameblo.jp/08vg001f/entry-10270847794.html
ヨーロッパという大まかな集計だが、ヨーロッパはそんなに成長していない。

Qイギリス産業革命

イギリス産業革命の前提条件と展開の特徴について知っている方いましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

簡単に、参考程度に回答してみたいと思います。

前提条件

まず、ルネサンス運動や宗教革命を通じて、科学の向上や宗教思想からの解放(?)があります。
そして、その結果、農業革命が起こり、生産量が向上します。
その帰結として、人口増加が起こります。
人口の増加によって、余剰労働力が生まれ、彼らが都市へと流入していきました。
また、大航海時代を通じて海外市場が形成されていきました。

展開の特徴

産業革命というと、18C~19Cの英国を中心に展開された現象を指すことが多いですね。
これは、英国には広大な海外植民地があったことがその原因と考えられています。
製品を作っても、売る場所がなければその産業は成長しません。
英国は、それを植民地に売って儲けたという論理です。

次に、技術革新が新たな需要を作り出したことがあげられます。
例えば、燃料の消費が増えるにつれて森林伐採が問題視されるようになり、木から石炭へと燃料が切り替えられていきました。
すると、炭坑での水が溜まるという問題が生まれてきました。
それを解決するために、蒸気機関が開発されましたが燃料の石炭が益々必要になりました。
また、蒸気機関車の発明なども石炭の需要拡大に拍車をかけていくことになります。
つまり、石炭の需要が高まったことで問題が生まれ、その問題の解決のために技術革新が起こったが、その結果より多くの石炭が必要になったということです。

もっと細かく見ていけば、色々な例が見いだせると思います。
まだまだ私自身勉強中なので、これ以上は言及できませんが、参考になれば幸いです。

簡単に、参考程度に回答してみたいと思います。

前提条件

まず、ルネサンス運動や宗教革命を通じて、科学の向上や宗教思想からの解放(?)があります。
そして、その結果、農業革命が起こり、生産量が向上します。
その帰結として、人口増加が起こります。
人口の増加によって、余剰労働力が生まれ、彼らが都市へと流入していきました。
また、大航海時代を通じて海外市場が形成されていきました。

展開の特徴

産業革命というと、18C~19Cの英国を中心に展開された現象を指すことが多いですね。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報