最新閲覧日:

『世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし』の返歌である『散ればこそいとど桜は愛でたけれ…』
の後半部分と詠み人の名を教えて下さい。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

もう一つ参考となるHP載せておきます。


返歌の方は特に名前は記されていないようですね。

参考URL:http://www.iz2.or.jp/essay/9-2.htm
    • good
    • 0

世の中に絶えて桜の無かりせば はるの心はのどけからまし


散ればこそいとど桜はめでたけれ 浮き世になにか久かるべき

詠み人は~??
    • good
    • 10

すみません、又人のよめる歌としか分かりません。


以下のURLへ

参考URL:http://plaza16.mbn.or.jp/~mizugaki/column02.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁度良いサイトを教えていただきありがとうございました。お礼に10Pをお受けとり下さい。(^-^)

お礼日時:2001/01/31 13:07

伊勢物語の歌ですよね.


「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」
は在原業平ですね.

返歌の方は
「散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき」
ですね.
確か,桜を見ながら惟高親王はじめみんなで(身分を問わず)酒盛りしたときの歌で,
たぶん身分の低い人の歌だったので,作者を書いていなかったような.

今,手元に本がないので,記憶だけで書いています.
歌自体は間違っていないと思いますが.
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。おかげですっきりしました。

お礼日時:2001/01/31 13:05

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ