プロが教えるわが家の防犯対策術!

今まで日本人同士の世界タイトルマッチを4試合見ました。
鬼塚対松村、辰吉対薬師寺、畑山対坂本、亀田対内藤
亀田対内藤戦を除く試合は、打ち合いになって良い試合になりましたよね。特に打ち合いを挑んだら不利と言われてた方の松村、薬師寺、畑山が積極的打ち合いを挑みましたよね。何か意地になって打ち合いを挑んでいきましたよね。特に畑山対坂本戦は畑山が打ち合い挑んで、今まで見た試合の中では1番良い試合でした。畑山は試合前に控室に激励に訪れた元師匠の名トレーナーのリュウワリュウさんに「今日の試合打ち合うよ」と言い、リュウさんは「それはだめだよ危険だよ」と反対されたり、試合中もセコンドの反対を押し切って打ち合いました。薬師寺や松村も打ち合ったら不利と言われてたのにあえて打ち合いを挑みましたよね。なぜ日本人同士の世界タイトルマッチだとなぜ意地なって打ち合いを挑むんですか?たまたま見た日本人同士の世界タイトルマッチがそうだっただけかもしれませんが。

ちなみに亀田内藤戦は打ち合いを避けるために内藤がクリンチばかりであまり面白くありませんでした。内藤が徹底的に勝つボクシングしましたよね。クリンチばかりでイライラしました。まあそれが経験を積んだ老獪さだし、どんなボクシングしようが内藤選手の勝手ですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

鬼塚対松村戦の場合、松村はもともとファイタータイプです。

彼はタイの怪物
カオサイ・ギャラクシーとも打ち合った選手ですし、リーチで鬼塚に劣って
いたのも確かですから、不利だろうがなんだろうが打ち合いに挑むのが最善
だったと思います。

古い試合は知りませんが、確かにその三戦は派手な打ち合いでしたね。
同じ日本人、同じ階級であればファンやマスコミに何かと比較されることが
多いので、いざ試合となれば戦略より負けん気の方が勝ってしまうのでは
ないでしょうか。

特に畑山の場合は日本タイトルマッチでも、やはり強打のコウジ有沢と激しく
打ち合っていましたから、気合いによるところが一番大きかったのでしょう。

薬師寺-辰吉の場合、マスコミの取り上げ方は明らかに辰吉偏重でしたから
(今回の亀田のような明らかなえこ贔屓はありませんでしたが)、薬師寺は
その辺りを見返してやろうとして打ち合いに出たとも考えられますね。

・・・で、内藤-亀田戦ですが、あまりにあほらしい気がして見ませんでした。
ニュースとか見ていると、見なくて正解だったようですね。
よかった、よかった。いや、内藤には罪はないのかも知れませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/12/02 13:49

多分似たタイプのファイター同士が対戦するからだと思います。

日本人で綺麗なアウトボクシングをして世界に挑戦するような選手はほとんど見たことがありません。なぜなら世界とはリーチなど体格的に不利だからです。同じアウトボクシングをしても自分の距離で戦うことができずなかなか世界レベルまで行けないのでしょう。
従って、世界戦を戦うレベルの選手は同じような日本人として世界に通用するタイプとなってしまうのだと思います。
あとは、同じ階級のライバルとして長年にわたり戦うか意識をしている同士ですから、気持ち的な問題で打ち合いに成るのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/12/02 13:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング