「ねずみにひかれる」って具体的にそういう意味?
それと、どういった時に使うものですか?

A 回答 (4件)

「鼠に轢かれる」です。

「車にひかれる」「轢死(れきし)」の「轢」ですね。

通常家族と寝ているような人が、たまたま留守番で一人で寝るようなときに、
出かけていく家族が「鼠に轢かれないようにね!」なんて言ったりします。
あるいは今まで家族と同居していた人が一人暮らしを始めるときなどにも
使いますよ。

一人でさびしく寝ているときに、鼠が出てきて体の上を通るような状態を
想起させ、それほどさびしい、頼るものがない状態を表します。

ただ元々一人暮らしであったり、山の中を一人で歩いている状態などのときは
使いません。

あくまで
(1)「今までは一人でなかった」
(2)「これから一人で寝る」
(3)「部屋の中で寝る状態に限る」
(4)「それ以外のさびしさには使わない」

の条件を満たした場合に使用します。
・・・っていっても最近使う人少ないですね・・・。

osapi124でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おかげで、ずーっと 気になっていたことがわかって
すっきりしました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/31 12:23

 男でも女でも好いんですが、ボーッとしているうちに心を奪われる状景を意味します。



 よく使う場面は、女性ばかりの中に一人だけ男性を残して、ほかの男性が出かけるときなど、冷やかし半分「おい、鼠にひかれんなよ」などと言うのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速 お答え頂いてありがとうございます。

お礼日時:2001/01/31 12:25

mickmamaさんの書かれたとおりです。


そこから、1人で留守番をする人に「ねずみにひれないように・・・」と言ったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/31 12:26

「鼠に引かれそう」といった言い回しが一般的で、建物などの中で一人でさびしい様子のたとえです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/31 12:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qますらをぶりとは男性的でおおらかな歌い方とありますが、もう少し具体的にいうとどんな歌風ですか? ます

ますらをぶりとは男性的でおおらかな歌い方とありますが、もう少し具体的にいうとどんな歌風ですか?
ますらをぶり→山や空などの景色を詠った歌 という説明であってますか?

Aベストアンサー

ますらお‐ぶり〔ますらを‐〕【益荒男振り】 の意味
 (出典:デジタル大辞泉)
男性的でおおらかな歌風。賀茂真淵 (かものまぶち) らの歌人たちが和歌の理想と考え、万葉集の歌の中にこれが見いだされると説いたもの。古今集以後の「たおやめぶり」に対していう。

>ますらをぶり→山や空などの景色を詠った歌 という説明であってますか?

 「当たらずといえども、遠からじ」という感じです。
益荒男振りの歌の代表として次のような歌を挙げた人も居ます。

   万葉集(作:舒明天皇)
大和には 郡山あれど とりよろふ
天の香具山 登り立ち 国見をすれば
国原は 煙立つ立つ 海原は 鷗立つ立つ
うまし国そ 蜻蛉島 大和の国は

Q具体的なタイトルに心当たりはありませんか?

漫画や小説などの物語の中で、ストーリーのメインの部分でなくても構わないのですが、主人公に何か重大で致命的な欠陥があって、その欠陥を直す為にその主人公の友達や恋人が自分の身を犠牲にする話、その具体的なタイトルなど、心当たりがありましたら教えて下さい。

例えば、主人公が生きる為に何か特別な物を食べなくてはならなくて、その特別な物を食べさせるために、恋人が自分の体を犠牲にするような感じの。
主人公や恋人など、その役柄は変わっても構わないので、このようなストーリーが出てくる物語に心当たりのある人、ぜひそのタイトルを教えて欲しいです。

曖昧な質問で申し訳ありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
● 『愛の伝説』  (バレエ)
http://www.geocities.jp/yura_ballet/video3.html
原作もあります。 
ある女王が、瀕死の妹を救うために 自らの美貌を犠牲にする,というお話です。

● 『ポーの一族』 (漫画)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%97%8F
あまりにも有名な作品ですね。
主人公が、無理にバンパネラ(吸血鬼)の仲間に引き入れた身体の弱い妹の為に
自らの血を与え さらに新たな犠牲者を求める,というお話。
 

Q「それはそれをしている」の詩

以下の詩の全文と、誰が作った詩なのか、どういう意図で作られたのか、何と言う書籍に載っているのか等の周辺情報が知りたいです。断片でも知ってる方いましたら、よろしくお願いします。
「わたしはそれをしている。わたしがしているそれは、それをしているわたしだ。それをしているわたしは、わたしがしているそれだ。それは、それをしているわたしをしている。わたしは、わたしがしているそれによって、されている。それはそれをしている」
だったかな~?何かでちらっと見ただけなので、かなりあやふやです。

Aベストアンサー

回答の補足。
R・D・レインという,
精神科医の言葉のようです。

Q'春はあけぼのでものの哀れよ'の意味

韓国人で、ひとりで日本語を勉強しています。

いま宮部みゆきの「龍は眠る」(文庫)を読んでいます。p.312の中で

"春はあけぼのでものの哀れよ"

という文句がありますがその意味がわかりません。
源氏物語の中の文句でしょうか。

ぜび教えてください。

Aベストアンサー

「龍は眠る」は読んでいないので正確なことは分かりませんが,No.1の方の回答を参考にお答えします。

「春はあけぼのでものの哀れよ」という文句は,そのままの形ではおそらく古典作品の中には出てきません。
「春はあけぼの」というのは『枕草子』の冒頭で,「春は(一日のうちで)夜明け頃がいちばんすてきだ」という意味です。
「ものの哀れ(あはれ)」というのは,江戸時代の国学者・本居宣長が,平安時代文学の真髄として提唱した概念です。その最高峰が『源氏物語』だとされています。

「もののあはれ」が具体的にどういう感覚かというのは説明しにくいので,Wikiの説明を下に参照しておきます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/もののあはれ

Q「べっ国使」と「剽劫」の意味

今読んでいる歴史の本の中に、「文武天皇二(698)年、政府はべっ国使
(「べっ」は私のパソコンでは出てきません。「采」の字の「木」の部分が
「見」になった字です)を派遣し、…(中略)…べっ国使を剽劫するという
事件が起こっており、…(後略)」という記述があるのですが、
さっぱり意味がわかりません(^^;)
「剽劫」は「ひょうきょう」とふりがなが振ってあります。
辞書などで調べてみたのですが、古い言葉のせいか、見つかりません。
意味をご存知の方、教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

「国覓」または「覓国」と書いて「くにまぎ」と訓むようです。 >
 日本国語大辞典で確認しました。意味として「すむのに適するよい国土を探して歩くこと」とあり、日本書紀に「不見(上下に並べて一字)国、此をば矩弐磨儀(クニマギ)と云ふ」という文があります。

参考URL:http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfblz500/kunimagi.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報