7月に100-0の交通事故にあいました。(私が被害者です)

約3ヶ月の治療を行っても首の曲がりが片側だけ悪く
痛みも相当強いため、リハビリ中心の整形外科に
転院しました。

事故から3ヶ月はお医者さんの言われるように
できるだけ毎日けん引に通いましたが
最初に比べるとよくなったものの首の曲がりや
手の痺れ、さらにかばうからか障害のある側の足腰が
悪くなってきていると現在のリハビリの先生に
言われており、「当分毎日通うほうがいいよ」
といわれてます。

母の看病などもありますし、病院までの距離も結構あるため(でも
電車で行くより、自転車の方が面倒でないので自転車で行ってますから
交通費は出ません)、待ち時間も長く毎日の通院に結構時間が
かかってしまい、正直毎日通うのに疲れてます。

しかし、知人から(別の専門のお医者さんです)
「交通事故は毎日絶対通うようにしないと保険屋に
 あとで適当にあしらわれるぞ。」
といわれ、担当の保険屋がとてもいやな人だけに
毎日通うことで話がスムーズに行くなら、頑張っていこう・・・と
思ってますが・・・。

保険屋との最後の交渉の際、毎日通っているのと
週3回くらいにするのとではやはりかなり状況が変わるのでしょうか?

治療は健康保険で通っています。事故後3ヶ月を経過し4ヶ月目です。

ちらっと聞いたところによると「一ヶ月に15日以上通っても、保険屋との交渉には意味がないので15日くらいで抑えたほうがいい」という話も聞きましたが、それとも毎月出来るだけ毎日通うのと、交渉に有利なのはどちらでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

以前ある判例を目にしたことがありますので参考までに。



Aは3年にわたる通院期間を経て、裁判において通院慰謝料等を請求しました。しかしAは2年分の通院慰謝料しか認められませんでした。その理由のひとつが下記のようなものでした。

Aは最初2年間は週2回通院していたが、あとの1年は2週間に1回しか通院していなかったので・・・

後遺障害や休業補償も絡んでいたので大変な金額だったみたいですが。
    • good
    • 171

障害慰謝料


 事故の後症状固定までの機関に受けた、精神的、肉体的苦痛に対する補償です。
(自賠責保険)の算出方法
4,200円×通院実日数×2倍=自賠責の傷害慰謝料
(日数は「通院実日数」の2倍と「治療期間」の日数を比べてどちらか少ない日数)
「通院実日数」は「入院」「通院」「実ギブス」が対象。鍼灸、マッサージ等への通院の場合は実日数のみで計算され2倍はされません。
・総治療期間(最初に病院に行った日から最後に病院に行った日までの期間)と実治療日数(実際に通院した回数)の2倍のうち小さいほうに4,200円かけます。

なので必要以上に毎日病院に行ってもしんどいだけだと思います。
私も事故で怪我をして毎日病院にいっていました。でも後からこの計算方法をしって、毎日行く必要はなかったなとおもいました。でも自分の身体のことなのでしっかり最後まで治してください!!
    • good
    • 120

ANo.7 です。

 
自賠責使うといればすぐに利用できます。
任意保険屋には関係ない、交渉不要、自由に利用可 
治療費個人負担した分は病院がら貴方へ払い戻しされます。
自賠責でも 日確か4200円休業と 交通費出ます。 後遺障害も出ます。
総額120万円を超えると任意保険でカバーします。
    • good
    • 92

No.5です。

誤解しないでくださいね、あなたを疑ってなんかいませんよ。実は、保険会社の人身担当って、他の職業(例えば自衛隊や警察など)からの退職者が多く採用されてます。まず若い人では勤まらないのと、そういう組織から多額の保険の団体契約をもらっているので、双方の利害が一致しているんですね。ずっと業界でやってきた人たちではないので、中には教育も出来ずに変な人も結構いるようです。そんな人に当たったら、きちんと会社に抗議しましょう。それからできるなら損保の担当とは仲良くしておいた方がいいですよ。あなたの担当みたいな人なら仕方ないけど、担当もやはり人間(しかも自分の事故じゃないのに誠意がないとか、心がないとか言われる)ですから、頼られて悪い気はしないものだそうです。あくまで人によりますがね。対物(物損)は、経験が必要なのでもともとは技術系の男性社員が主体です。今でも難しい話しになると専門の男性社員が女性に代わって出てきますね。
    • good
    • 75

1.通院は月間12日を目安にして下さい 2.通院期間は半年以上合計120日以上頑張ってください 3.交通費はあえて保険屋に話していなければバス費用を請求するのが賢明です 4.健康保険使用は正解です、これを利用せずに6ヶ月を経過すると保険屋の不払い勧告で不要な悩み事が発生します。



ここからは賠償の話になりますが、
任意保険基準は既に廃止されて久しく、今は各保険会社が勝手に任意保険基準といった自社に都合の良い基準を言っているだけです。自賠責と任意保険の両方からお金が出ますのでくれぐれも忘れないで下さい。多くのアドバイスは自賠責に集中しますが、任意保険からももらえます(よく保険で対人無制限といわれるのは、こちらからは上限無くもらえるからです)、ただし保険会社は請求しても絶対に払ってくれません、「交通事故紛争処理センター」または「裁判」で初めてはらわせることが出来ます。当然主婦の休業補償も全通院期間(通院日数ではありません)で1万円弱はらってもらえます(5700円/日は最低の公的保証で本来は無保険の加害者の場合の基準で任意保険に入っている加害者は前記述まで支払わせられます)。詳細は交通事故110番のサイトに詳しく書いてありますので是非参照下さい。
民事は謝罪を求める事が出来ません、謝罪=お金と考えて下さい。解決したらそのお金でゆっくり静養してください

この回答への補足

(文章が長くて補足欄とあわせて使わせてもらいました。)
ああ・・もう、本当にすっきりとした回答を頂きありがとうございます。
感激です。

今まで健康保険で通ってたことも、第3者行為の手続きを保険屋さんが
書類を持ったままほったらかしにしててだんだん「これでよかったのだろうか・・・?」と後悔しかけていたところでした。
とても安心しました。

保険屋さんの最初の話ではまず「自賠責の120万を使ってしまったらその後は
我々の会社から治療費をお支払いします。ただしその頃にはすでに怪我の状態が今よりよくなっているのが常識ですから、休業補償も慰謝料もどんどん減ってたいした額にはなりませんから、(治療の)時間をとられるだけ、あなたにとって負担になるだけです。3ヶ月くらいで示談するのが労力的にも最もお得ですよ。」といわれました。
私もまさか3ヶ月経ってもこんな状態だとはその時は思ってませんでしたので3ヶ月もあれば治ってるし~と気にしてなかったのですが、この3ヶ月(いわゆる120万枠)を超えた後の任意保険のことでしょうか?

私の方の保険会社や、役所の方に「あまりにも相手の保険会社が酷いのでいざとなったら紛争処理センターに相談する方がいい」といわれてましたが、保険屋の嫌がらせがこわく(気のせいかもしれませんが・・・前回保険屋さんとの話で『もうあなたが怖いのでお客様相談室に電話して担当を変えてもらうようお願いする』と言ったところ、すごく怒りだし、「こっちがおとなしく聞いてたら何いいだすんですかぁ~?」とすごまれ怖くなってなだめて帰ってもらいました。その翌々日、私の車の窓ガラスが割られており、車上あらしではなく嫌がらせだなぁとおまわりさんから言われ心当たりがないか聞かれました・・・。もちろん、偶然だとは思うのですが・・・、うちの家はその保険会社からもとても近いため、いつでも来やすいこともあり、他に心当たりがありません・・・。まあ、そこまでする人も居ないとは思うのですが・・・。)そんなことも続いて、腹立たしい思いももちろんあるのですが、とにかく恐怖が先にたってしまい、向こうの保険会社との交渉や話をする場を出来るだけ少なくしたい思いがあります。

おっしゃられるような、任意保険の権利を主張するということはかなり知識と労力が要りますよね・・・?
どのように話を持っていくべきものなのでしょうか?紛争処理センターに行くだけでいいならそのほうがいいのですが、前の話のときに保険屋さんに「紛争処理センターというとこに相談しようかと思ってます。」と言ったときも「紛争処理センター?そんなとこも持ってったら、もめてあなたがもっと時間的にも精神的にも不利になりますよ(笑)?ボクだからこんなに穏便なんですから、裁判みたいなことに巻き込まれても嫌でしょう?ますますお母さんの介護なんか出来なくなりますよ~?」といわれました。
なにせはじめての事故処理なので私もわけがわからないので、この人が「穏便」かどうか??保険屋の中では「穏便」なほうなのか判りませんが、いちいちびびってしまいます・・・。

補足日時:2007/10/26 15:21
    • good
    • 73
この回答へのお礼

(上から続きの文です)

Blue_Gailさんのすっきりしたご助言と
ここで皆さんにいろいろ言葉を頂いて
かなり元気出てきました。
ほんとにありがとうございます  <m(__)m>

お礼日時:2007/10/26 15:22

自賠責の範囲内(120万円)以内なら2日に1回通院するのが一番効率の良い通院方法です。


実治療日数×2または総治療日数のどちらか少ないほうに4200円を掛けますので理解できると思います。
任意保険の基準では月10日以上は通院するべきと考えます。
月平均1~4日の場合1/3~1/2減額、5~9日の場合1/2~2/3に減額されます。
この辺りを良く考えて通院してください。
    • good
    • 65
この回答へのお礼

2日で一回でよければ精神的にも大分気が楽になります。

大変具体的で判りやすいご助言ありがとうございます!

気を抜くことが下手ですので、「できれば毎日」といわれると
「毎日行かなくては!」と思い込んでしまい必死になってしまうたち
ですので、力の抜きどころがわかりませんでした。

判りやすいご助言本当にありがとうございます!

お礼日時:2007/10/26 14:43

診断書と検査結果です。

 
事故後 3ヶ月過ぎれば
月に1回でも30回でも何も貴方への受取には変わり無いです。 
在宅でもリバビリ出来ますので。。 

病院を代える場合 医師紹介なら保険屋に申告不要ですが
何かと言ってきます。 
保険屋からガタガタ言ってきたら
その時 すみません体が痛いので、横になりたいので
このへんで電話切らせてくださいと言う。
お大事にしか言いません。
 
    • good
    • 43
この回答へのお礼

>その時 すみません体が痛いので、横になりたいので
>このへんで電話切らせてくださいと言う。
>お大事にしか言いません。

なるほど~。今まで、ここで電話切って逃げたら駄目だ!
と怒鳴られても必死に頑張ってましたが、
もう逃げてもいいのですね。^_^;

電話とかしてると途中でかなり威嚇されて
泣いてしまったこともあるので
これからはこの手も使わせてもらいます。
気が楽になりました。
ありがとうございます(*^_^*)

お礼日時:2007/10/26 14:40

No.2の方が言われることが正解ですよ。

治療が必要だとの医師の診断があれば、心配するような不利な状況にはなりません(自賠責限度を超えてあまり長いと、保険会社指定医での診断を要求されますが)。毎日が辛いのであれば、医師に相談しましょう。週に3日程度なら特別視されることはないのが普通です。事故はある意味お互い様(いつ自分が加害者になるかも知れないという意味です。例え自転車でも、です。)ですが、正当に受けられる補償はきちんと受け取りましょう。それにしても、なんだかなぁ、という感じのアドバイス?が多いですね。この際一儲けしようなどと企むから揉めるんです。
    • good
    • 31
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございます。

なにぶん、今までの私の質問にもありますように
保険屋さんが本当にちょっとキツイのといい加減なので
こちらが知識がないと本当にむちゃむちゃされそうなのです。

実は、その偶然なのですがある機関に相談したところ
その担当者さんが同じその損保会社のその支店のことで
他からも相談を受けてたらしく、かなり要注意しておいた
方が良いといわれました。

自分でもしっかり調べておかないとこれは
まずいなぁと思い、調べています。

一儲け・・・というか、
母の介護のことや、壊れた物品のことや
保険会社が動いてくれないことで私が
やっていることでも(例えば、記録用のレコーダを
購入したり、向こうから連絡がないためこちらから
何度もする通信費もバカになってません。)
どんどん経費がかさんでおり、しかも加害者の方は
事故前と同じように普通に車も運転して出かけていたりするので
なんで私の方がこんなに・・・??と
釈然としない感情もやはりあります・・・。
もともとタクシーを使うような
生活をしてたわけではないので
そんな無駄遣いも出来ません。
首がちゃんと動いて車も運転できれば
母の介護ももっと楽にきちんと可能なのですが
それも出来ず、しかも保険屋からはキツイ言葉を浴びせられ・・・
やはり悔しい気持ちもあります。

「事故で一儲け」とか、
そのように取られたのでしたら大変残念です・・・。
出来たら私も事故には遭いたくありませんでした・・。

お礼日時:2007/10/26 14:37

保険屋からすれば毎日通われるのは非常に


困りますよ。慰謝料の計算に大きく関わって
きますし治療費だって払わなければなりませ
ん。

できる事なら月一回の診察+湿布や痛み止め
の薬くらいで対応してもらった方が保険屋か
らすれば大いに助かります。

なのでリハビリ中心の整形外科に転院したこと
保険屋にいいましたか?
逆に断られる可能性もありますよ。
    • good
    • 28
この回答へのお礼

なるほど~・・それで保険屋さんは
怒りくるってたのですね^_^;

リハビリ中心の整形外科というよりは
もともと通ってた病院が「保険屋に請求」という
手続きが出来ないとこですべて自分で立て替えて
通ってたのですが、
その立替分の支払いを保険屋さんがまったくしてくれないので
(領収書はちゃんと送っていました)
他にも、してもらわないといけない手続きをまったくして
くれず、不安になり、きちんと保険屋に請求してくれる
病院に転院をしました。

また、きちんと診断書と新しい医師宛の書類も
書いてもらいました。

ご心配ありがとうございますね(*^_^*)

お礼日時:2007/10/26 14:23

私も今年3月に車にはねられて軽症打撲で通院しました。


病院は自転車で15分のところで毎日ではなく週2回くらいでした。
最初に病院に1万円の預け金を払ってから交通事故の場合は健康保険は使えないので保険会社から連絡させるようにとのことでした。健康保険を使うと後々の処理が面倒になるそうです。
保険会社と病院の連絡がついたら預け金1万円は返却されました。
交通費も自転車通院でしたがバス代往復分を請求できました。
タクシーを使用の場合は当然レシートが必要です。
診断で全治2ヶ月と言われましたが痛みが消えないということを
担当医と相談した後保険担当者に伝え通院期間を延期しました。

私の場合ですが、通院日数が46日で通院日は休職とみてもらい
休職手当て月給の日割り×通院日数も保障してもらいました。
最終的には任意保険基準で通院日数46×3倍=138日
任意基準¥126,000×138日/30日(4.6)=¥579600と休業補償金と往復通院交通費をいただきました。

自転車通院していることを保険会社には伝えず痛みがひどいのでタクシーを使うと言って頻繁に領収書を清算してもらうのがよいですよ。
あと健康保険の件は早めに確認してもらってください。
事故後の通院や処理は結構精神的に辛いものですが一つ一つきちんと
対処していかないと後でもっとやっかいになりかねません。
毎日通うようにと担当医から言われたのには治療に必要だからですか?
それであればまずはご本人の健康回復を考えて医師の指示にしたがうべきでしょう。 担当医から週3回でも構わないと言われたら後々の交渉に影響はないと思います。医者の診断書と通院状況を保険会社は確認して最終的に示談交渉をしてきますので医師と話し合ってみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 38
この回答へのお礼

3月に事故にあわれたばかりなのですね。
ご自身も大変でしたでしょうに、ありがとうございます。

そうなんです・・・タクシーの領収書も病院の支払いも
病院への連絡も、健康保険の手続きも・・・

こちらが何度もお願いしても
とにかく何もやってくれないので困っているのです。

病院に関しては、お医者様は「しばらくは毎日通ってリハビリ受けて
よくなるかどうか試してみましょう」とおっしゃってました。
それから2週間。できるだけ毎日通っているのですが
下記でも書いたように、あまり首の状態は変わらない状態で
一生懸命やってくれるリハビリスタッフさんに申し訳ない気分に
なってきたのと、リハビリの時間に半日はつぶれるため
時間的にも精神的にもちょっと負担があるなぁと思って・・・。

お医者さんの方では「週一回の診察と『できるだけ』毎日のリハビリ」
といわれてます。
ある意味、自主的にこの「毎日」いくか「週3日ほど」か調整できるので
ちょっと悩んでいるといった状況なのです。

優柔不断なので余計駄目ですねー・・
でもここで皆さんの意見を聞かせてもらって
大変参考になります。

ご助言ありがとうございました(*^_^*)

お礼日時:2007/10/26 14:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故慰謝料と弁護士の関係をおしえてください

交通事故に弁護士を入れたら、慰謝料2~3倍!というサイトを良く見ます。

何故、弁護士が入ると2~3倍になるのか?理屈がわかりません。
保険会社は、弁護士が出てくるまで安く慰謝料を提示して、弁護士を立てられたら高くだすのでしょうか?

何故、はじめから保険会社は、高い慰謝料を提示しないのでしょうか?ずるいです。

この理屈だと、弁護士を雇う余裕のあるお金持ちは、高い交通事故慰謝料をもらえて、貧乏人の私みたいな人が交通事故にあっても、安い交通事故慰謝料しかもらえない。つまり、貧乏人の慰謝料は安くしておけっていうことなんでしょうか?保険会社は、所得で交通事故被害者を差別しているように感じたので質問いたしました。どなたか、わかりやすく、弁護士が入ると保険会社が提示する交通事故慰謝料が変動する、この不公平な制度を解説してくださると助かります。

Aベストアンサー

保険会社は被害にあった人より、保険会社が好きだからですよ!保険会社は慰謝料の金を牛耳る手先だったのです!もうびっくりですよ!わたしもやられました!
http://xn--3kq2bx53h4sgtw3bx1h.jp/isharyo

Q昨年12月に交通事故にあいました。当方が被害者で過失割合は0/100。

昨年12月に交通事故にあいました。当方が被害者で過失割合は0/100。現在通院加療中です。
MRI診断により頸椎ヘルニアがみつかりました。
症状や現在の状態から手術の適用だと言われ、相手の保険屋に伝えました。
「そのヘルニアが事故と関係しているかを検討して、因果関係をハッキリ出来ない場合は手術の補償はできない」との事で、現在結論待ち(手術の話が出て保険屋に報告してからすでに2ヶ月経過)です。


保険屋が「そのヘルニアは補償対象外」といってきた場合、当方は手術を受けずに現状のまま症状固定もしないで通院加療するつもりでいますが、それは可能でしょうか?
ちなみに現在は
治療費・休業補償ともに保険屋がキチンと負担しております。


・弁護士に相談
・根気よく保険屋と交渉
等の回答は遠慮いたします。


宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ヘルニアの手術治療費は、保険会社は支払わないことが多いです。
「被害者の事故前からの持病であるから交通事故とは関係がない」などと言ってくるのが常套手段です。

保険会社がいつまで治療費支払いを続けるかは、保険会社の考え次第です。
NO.2さんの仰るように、6か月をめどに打ち切られる可能性はあります。

>その通告を承諾せずに通院する事は可能でしょうか?

とのことですが、その場合、保険会社は治療費を出しませんので、自腹での治療費支払いになります。
自腹で払った後で、その分を加害者に対して損害賠償請求(又は加害者の自賠責保険に対して被害者請求)することになります。
請求して裁判で勝てるかどうかは、「治療の必要性」に関する裁判官の判断次第ですね。

ご質問については、「治療費が加害者側から回収できないかもしれないリスクを前提として、自腹で治療を続けることは、可能である。」というご回答になります。

Q交通事故の慰謝料について

交通事故の慰謝料は、通院に対する手当て(日当)の他に精神的な慰謝料のようなものは出ないのでしょうか?

Aベストアンサー

出ますが
事故それぞれに違う為に、一概にいくらとは言えません
後過失割合などもかかってくるために、一概に言えません
相手の保険会社と、良く話し合ってください
又怪我の状況によっては、ほとんど出ない事も有りますが、
保険会社の方から、支払いの明細が送られてきますので、そちらを参考にして、
納得行かない場合には、示談をせずに話し合ってください
示談書を交わした後ですと、よほどひどい示談でなければ、裁判でも覆りません
保険会社の方も、判例を参考にして査定して居ますので

Q交通事故 100:0の物損扱いの人身事故

先日、交差点侵入の際、信号無視してきた車に衝突されました。
事故を起こした日は、体に違和感ぐらいしかなかったのですが、次の日から体中に激痛が走り、通院期間52日間、実治療期間42日間通院しました。
痛みのなくなったので、最後の治療日に病院にも保険会社にも「今日で、事故の治療を最後にします」と報告しました。
こういったケースの場合、示談書は、いつぐらいに送られてくるのでしょうか?
最後の治療日は8/13です。
早く事故のことを忘れたいのですが・・・

Aベストアンサー

病院からの請求の集計などあるので、どんなにがんばっても半月はかかるでしょ。

Q交通事故の慰謝料についての質問です。昨年交通事故に合い、6ケ月ほど通院

交通事故の慰謝料についての質問です。昨年交通事故に合い、6ケ月ほど通院しました。後遺障害などの認定はありません。100対0の私が被害者です。保険会社のほうから慰謝料額の提示があったのですが、自賠責基準で計算されています。私としては弁護士基準での慰謝料を希望したいと思っています。そこでなのですが、私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが、結構時間がかかったりするのでしょうか?教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが

交通事故紛争処理センターについて、誤解があるようです。センターは、質問者様に代わって相手保険会社と交渉はしません。
センターの役割は、(1)被害者からの相談、(2)和解の斡旋、(3)審査会による審査と裁定です。

利用者は、まず電話で相談日時を予約をします。初回の相談日に事故状況及び損害内容を立証する書類等を持参し、センターで弁護士に相談・質問をし、必要な助言を受けますが、弁護士は中立な第三者の立場で相談・助言を行います。
このとき、次回以降の手続き・相談日の打ち合わせも行われますが、事案によっては弁護士会等を照会し、相談のみで終了する場合もあります。

利用者が、和解の斡旋を要請した場合で、弁護士も和解の斡旋が必要と判断した場合(要は、利用者が歩み寄りを見せ、中立の立場で和解による解決が図れる可能性が高いと判断されるケース)は、センターから相手方へ和解の斡旋に応じるかどうかの打診を行います。
相手が保険会社の場合は、和解の斡旋に応じることになっていますので、和解の斡旋手続きに入ります。
和解の斡旋は、1回あたり1時間程度で、人身事故の場合は3回程度で和解が成立することが多いようです。原則として、利用者本人とその親族、相手保険会社または代理人弁護士が出席できます。

和解の斡旋が不調に終わった場合は、審査会による審査を申し立てることができます。
審査が受理されると、審査会の日時が通知されます。審査は審査員が争点や事故の内容について当事者それぞれに説明を求め、双方の意見を聞く場であって、相手方と交渉する場ではありません。よって、原則として当事者(利用者と相手保険会社または代理人弁護士)だけが出席できます。

審査会で審査の結果出された裁定について、利用者はその告知から14日以内に同意・不同意の回答を行います。(期限内に回答がない場合は、不同意とされる)
利用者は、裁定に拘束されません(不同意と回答してもOK)ですが、保険会社は利用者が同意した場合には裁定に従うことになっていますので、和解が成立することになります。

利用者が不同意とした場合は、訴訟を提起するなど別の手段に移行せざるを得ません。

>結構時間がかかったりするのでしょうか?

前記のような流れになりますので、事案によって必要な日数はまちまちです。

極端な場合、初回の相談で終了してしまうこともあります。(相談担当弁護士が、双方の主張が激しくかい離して和解が困難と判断したケースなど)

「私としては弁護士基準での慰謝料を希望したいと思っています。」という考えであれば、司法手続きの説明を受けたり、弁護士会を紹介されて、終了となる可能性が高いです。
センターは、中立の立場から利用者に助言を行ったうえで、双方の歩み寄りによる和解を斡旋するもので、利用者の味方ではないし、相談担当弁護士も利用者の代理人ではありません。

>私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが

交通事故紛争処理センターについて、誤解があるようです。センターは、質問者様に代わって相手保険会社と交渉はしません。
センターの役割は、(1)被害者からの相談、(2)和解の斡旋、(3)審査会による審査と裁定です。

利用者は、まず電話で相談日時を予約をします。初回の相談日に事故状況及び損害内容を立証する書類等を持参し、センターで弁護士に相談・質問をし、必要な助言を受けますが、弁護士は中立な第三者の立場で相...続きを読む

Q12月に交通事故にあいました。追突事故で10:0の被害者です。

12月に交通事故にあいました。追突事故で10:0の被害者です。
事故後、10日ほど休みその分の休業損害をもらいました。
そのあと職場復帰し1月、2月と働いたのですが痛みに耐えられず休みがちになり職場にも迷惑をかけるため退職し治療に専念していました。
2ヶ月無収入だったため生活が厳しくなってきたので3月、4月分の休業損害をくださいと保険屋さんに電話したのですが退職したら休業損害は払えませんと言われました。
現在も通院していてこのままだと家賃も払えず通院することも出来なくなってしまいます。
明らかに交通事故でおきた損害なのに、この場合は請求できないのでしょうか?それか保険屋さんが払えないのなら加害者に直接請求してもいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

交通事故における損害は、被害者が受けた損害です。加害者は、不法行為として被害者の損害に対する賠償責任を負いますので、被害者から賠償の請求を受けると賠償責任にしたがって賠償する形になります。しかし、この様な原則的な形態しかないとすると加害者に賠償するお金がない場合、被害者は、賠償金(交通事故で生まれた被害者の損害を埋め合わすためのお金)を受取ることが困難になります。

そこで、自賠責法は、不法行為に関わらない自動車の保有者と使用者を運行供用者と定義して、賠償責任を負う者の範囲を運行供用者に広げています。そして、自賠責法は、運行供用者に自賠責保険の被保険者になることを義務付けています。

運行供用者が被保険者になるには、保険契約者が保険料を支払うことを約束しなければなりません。そうすると、保険会社は、保険会社と契約者の保険事故(保険会社の保険金支払義務を具体化する事故)で被保険者に損害(運行供用者が被害者の損害に対する賠償責任を負った結果、運行供用者が支払わなければならない金額)が生まれた場合、保険会社に被保険者の損害を埋め合わすためのお金(保険金)の支払義務が生まれます。

運行供用者が負う被害者の損害(自賠責保険の被保険者の損害)は、それ自体が保険事故で独立して存在するのでなく、交通事故の加害者が負う被害者の損害(被害者の損害)を基礎として存在しています。
不法行為で賠償責任を負う加害者と不法行為で賠償責任を負わない被保険者が同じ者であっても、被害者が保険会社から受け取れるお金は、保険会社に支払義務のある保険金(損害賠償額)であって、加害者に賠償義務のある賠償金でありません。

被保険者である運行供用者が法律上の賠償責任を負うときは、加害者の不法行為で被害者に損害が生まれ、そして、保険会社が保険事故で被保険者に損害が生まれたと判断したときです。被害者は、交通事故で被害者の損害が生まれるだけでは保険金等を受取ることができません。
したがって、被害者は、保険会社から賠償金を受取ることができませんので、加害者に賠償金の請求ができなければならないと思います。

交通事故における損害は、被害者が受けた損害です。加害者は、不法行為として被害者の損害に対する賠償責任を負いますので、被害者から賠償の請求を受けると賠償責任にしたがって賠償する形になります。しかし、この様な原則的な形態しかないとすると加害者に賠償するお金がない場合、被害者は、賠償金(交通事故で生まれた被害者の損害を埋め合わすためのお金)を受取ることが困難になります。

そこで、自賠責法は、不法行為に関わらない自動車の保有者と使用者を運行供用者と定義して、賠償責任を負う者の範囲を...続きを読む

Q至急です。交通事故による慰謝料について

お世話になります。
交通事故の慰謝料についての質問です。
9月8日に交通事故に遭いました。
私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
それから毎日整形外科でリハビリ通院しています。
そこで慰謝料の支払われる期間ですが、
事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。
このサイトで以前、3ヶ月以上になると
1日4200円の慰謝料が減額されるというのを
見たことがある様な気がします?
実際はどのくらいまでOKなのでしょうか。
ご教授ください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.自賠責保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html

2.任意保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#02

3.弁護士会基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#03

>私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
>事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。

今、事故対応(治療費の負担等)は誰がしていますか?
相手が任意保険を使う場合と使わない場合では金額が違います。

表を参照していただければわかると思いますが、

自賠責のみなら、6ヶ月までは1日当り一律4200円で、
それを超えると2100円で計算されます。
しかし、全ての補償額の合計が120万円までと制限があります。
(相手が1台の場合)
また、自身の過失が70%未満の場合は減額されません。
(過失割合分の相殺はないと考えて下さい。)


任意保険の場合、それぞれの会社の規定がありそれに沿って損害額が算定されます。
たとえば、
・慰謝料の全体に対して過失割合分の相殺をする。
・3ヶ月目から、1日当りの慰謝料を減額(2100円等)する。
任意保険の担当者は自賠責より少ない金額で示談を行なうことが成績となるのです。

担当者と交渉して、補償額を多少上げてもらうことは可能ですが
自賠責よりも多く貰うことは余程の専門知識と交渉力がなければまず無理です。

また、治療費の合計が120万円を超えた時点で、慰謝料の過失相殺は絶対に行なわれます。

現在、治療を続けておりまだ治癒する見込みがないのなら、
「第三者行為の届出」を出し健康保険扱いで治療をすると
治療費が約半分に下がり、慰謝料としてもらえる枠が大きくなります。
(健康保険は1点当り10円、自由診療は一点当り最高20円)
任意保険の担当者と示談交渉するときも補償額アップの要因となります。)


また、社会保険が負担した70%の治療費は最終的には自賠責から
回収されるのですが、治療が全て終わってからの請求(被害者の優先)となり、
120万円を超えた部分は事故の加害者に請求され、
20%の過失分は貴方の健康保険が負担してくれることになります。


また、治療の終わるときに貰う診断書に
『治癒』と書かれてあればその日までが治療期間となり
『中止』と書かれてあれば7日加算される
という点についても注意してください。

あとは、平均して半分以上(2週間あたり、7日以上など)
通院していれば、紹介した基準表どうりの額を貰えます。

2割の過失分を引かれない為には、常に
治療費がいくらかかっているか気を配っておく必要があります。

1.自賠責保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html

2.任意保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#02

3.弁護士会基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#03

>私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
>事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。

今、事故対応(治療費の負担等)は誰がしていますか?
相手が任意保険を使う場合と使わない場合では金額が違います。

表を参照してい...続きを読む

Q交通事故の被害者です 通院治療を受けます

交通事故にあいました、私が徒歩で相手は自動車です
診断書では、全治3週間です。

相手は 保険で補償すると返答があり書類が来ました
でも 自賠責保険の書類だけです。

任意保険も補償してもらえないのでしょうか??

警察で話を聞かれたとき 医療費及び補償は、どうするか
聞かれて相手の保険と言いましたが それが妥当かわかりません。

通常 通院1日につき いくらと聞きますが
自賠責では、そのような項目がありません。

人身事故にあったのが初めてですので 
ちゃんと 受けれる補償はちゃんと受けたいです 教えてください。

Aベストアンサー

>任意保険も補償してもらえないのでしょうか??
補償についてはNO1さんの書き込みのとおりです。
状況についての、書き込みがありませんので、わかりませんが通常あなたに過失が少なければ、加害者が任意保険加入なら一括払いという形で、被害者にムダな手続をとらせることなく任意保険で対応し、示談後、任意保険会社が自賠責に求償します。

自賠責の書類を郵送したということは、任意保険未加入か、等級落ちを回避するため自賠責のみで対応しようとしているかですね。

>通常 通院1日につき いくらと聞きますが自賠責では、そのような項目がありません。

そんなことはありません。何処の保険屋でも良いですから自賠責請求の案内を入手すれば具体的補償内容はわかりますよ。

>警察で話を聞かれたとき 医療費及び補償は、どうするか聞かれて相手の保険と言いましたが それが妥当かわかりません。

それは警察の事務的処理の問題でしょうね? 人身事故処理する場合、被害者によく聞きますね。
初対面の当事者にそんなことを聞いてもどうするかは相手次第、わかるわけないですよね。
別に気にする必要はないと思います。

>任意保険も補償してもらえないのでしょうか??
補償についてはNO1さんの書き込みのとおりです。
状況についての、書き込みがありませんので、わかりませんが通常あなたに過失が少なければ、加害者が任意保険加入なら一括払いという形で、被害者にムダな手続をとらせることなく任意保険で対応し、示談後、任意保険会社が自賠責に求償します。

自賠責の書類を郵送したということは、任意保険未加入か、等級落ちを回避するため自賠責のみで対応しようとしているかですね。

>通常 通院1日につき い...続きを読む

Q交通事故の慰謝料の控除

交通事故の慰謝料の控除について
昨年末 交通事故にあい1ヶ月 休業補償を受け
職場復帰しましたが その後 体調不良により
パートになり現在 主人の扶養に入っています
保険会社と示談は成立しました
交通事故による慰謝料 通院費 休業補償など
個人年収に入るのでしょうか?
また 相手の保険会社からの口座への振込通知など
今後 必要になってくるのでしょうか?
よろしく お願いいたします

Aベストアンサー

慰謝料は、原則として収入の枠外ですから、所得税の対象となりません。
ただし、その慰謝料の根拠となる、発生原因により、課税される場合もあります。
休業補償についても原則課税対象外です。
医療費なども非課税となります。立て替えた交通費も医療控除競れますが、自家用車でお出でになった交通費は認められません。
領収書は全て保管してください。

不審点は、URLから検索してみましょう。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shotoku.htm

Q交通事故の慰謝料もらうのに、通院日数の数え方

息子(7歳)自転車と、自動車とぶつかりました。
人身事故扱いで保険屋との交渉中です。100%保証してもらえます。

前歯損傷(乳歯なので抜けてすっきりした)と、頭部打撲と、ひじ・両ひざ打撲と、頚椎捻挫の診断でした。

さて、通院に当たりその日数分の慰謝料が出るそうですが、計算方法が分かりません。

1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?
4、通院回数×4200円×2といわれましたが、×2ってなんですか?

通院の付き添いで、+2050円もらえるのも回数重ねればいい金額です。
どうせ、慰謝料もらえるなら出来るだけ多くほしいとおもいます。

そのほか、知っておくと良い事などおねがいします。

Aベストアンサー

>1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
治療延日数で計算されますので確実に入ります。

>2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
 
通院が重なっても1日分です。
ただし、交通費は実費が出ますので個別に自宅からの額を請求してください。
また保護者が有給休暇を使って付き添った場合でも休業損害を請求できます。

>3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?

  通院が重なっても多くなりません
  
 
>4、通院回数×4200円×2といわれましたが、×2ってなんですか?

痛くなくなるまでリハビリ(クビの牽引や電気治療など)のある整形外科で
週4回以上治療しましょう。

そうすれば、 治療延日数×2>通院期間  となります。

また、治療を終えるときには「治癒」ではなく「中止」としてもらえば
通院期間に +7日 加算されます。

自賠責の基準や計算方法は下記URLを参照してください。

http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/isyaryou-kijun-01.htm#No.0008

>そのほか、知っておくと良い事などおねがいします。

自賠責で120万円使うと任意保険の基準になり、過失0%でも
もらえる金額がかなり下がります。
3ヶ月までは4200円、4ヶ月目は3366円、5ヶ月目は2933円、6ヶ月目は2533円、7ヶ月目は2100円です。

そうならないためにも治療費を抑えることが重要です。
交通事故の場合、多くの病院は自由診療の最高の1点20円で請求されます。
これは社会保険の2倍で単純にいえば2倍の治療費がかかっています。
(良心的な病院は事故でも1点10円のところもありますが・・・)

接骨医院などは上限がなくかなり高い額を請求するようです。
(リハビリで1日、5千~1万円)

病院側は、交通事故などの第三者行為のとき儲かる自由診療にしたがりますが
健康保険を交通事故の療養に使うと1点10円の計算で治療できます。
(使うといっても後から社会保険事務所が自賠責に請求するのですが・・・)
結局、自賠責での枠を広げることになり被害者が直接もらう枠が広がります。
まだまだ、治療が長引く可能性があるなら是非、社会保険事務所に相談に
いって用紙をもらい申請して下さい。(郵送依頼もも可能です。)

参考URL:http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/isyaryou-kijun-01.htm#№0008

>1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
治療延日数で計算されますので確実に入ります。

>2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
 
通院が重なっても1日分です。
ただし、交通費は実費が出ますので個別に自宅からの額を請求してください。
また保護者が有給休暇を使って付き添った場合でも休業損害を請求できます。

>3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?

  通院が重なって...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング