エストロゲンと補酵素としてのビタミンB6(ビリドキサールリン酸)との関係について教えてください。
trp→NAD 間でエストロゲンによっておきる阻害の仕組みや
Glu→GABA 間での影響はどうようなのか等お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ご存知かもしれませんが、以下の参考URLの回答でakiyamharukaさんが紹介されている以下のサイトで検索してみて下さい。

「Review」をかけて検索されて適当な論文があればその参照文献を探した方が能率的かもしれません。
小生は名乗る程ではありませんが、ベースは化学の技術屋で、医学・薬学関係も仕事上少し勉強しました。最近はバイオマス関連技術開発に興味を持ってます。
それで、この分野に詳しい方はたくさんおられると思いますが、久しぶりに充実した時間を過ごさせて頂きました。
まだ、時間をかけて調べたいと思ってますが・・・?

時間を少しおいて別に質問があれば投稿してください。

今後ともよろしくお願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=34782
    • good
    • 0

少し検索してみました。

以下の参考URLサイトの論文は如何でしょうか?この参照文献(未確認!)も含めて関連文献があれば良いのですが・・・?
-----------------------------------
Am J Clin Nutr 1975 Jan;28(1):4-9
Functional capacity of the tryptophan-niacin pathway in the premenarchial phase and in the menopausal age.
-----------------------------------
Pyridoxine supplementation partially corrected the inhibition especially that of 3-hydroxykynurenine transaminase enzyme.
-----------------------------------
少し古いのが心配ですが、「kynurenine」*「estrogen」で1件だけのHITでした。
他のkeywordで検索すれば・・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cm …

この回答への補足

ホントにありがとうございます

この論文、結構良さそうです。
trp→NADについてはなんかいいかんじです。良く検討してみます。

昨日の補足でもうかがったんですが、MiJunさんってどんな方か教えてはいただけないんでしょうか?
院生ですか?私はしがない学士卒の一般人です。

補足日時:2001/02/01 11:30
    • good
    • 0

何度も投稿して申し訳ありません。

ポイント外れで周辺(?)をうろついてばかりで・・・・?
以下の参考URLサイトに以下の記載があります。
==========================
3。精神症状;興奮、錯乱、幻覚、痙攣、過換気症候群(蓄積するALAがGABAと 構造が類似ーGABA(抑制性神経伝達物質)受容体で拮抗し、GABAの作用を障害。 トリプトファンピロラーゼの活性低下ートリプトファンの増加ーセロトニンの増加) 
==========================
後はキーワードを組み合わせて、データベースで検索された方が早いかもしれませんね?

あるいはUSAのサイトで検索した方がHITする可能性が高いと思います。

ご参考まで。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3218 …
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトでは、参照文献は記載がありませんが、


==============================
ステロイド:肝のトリプトファンピロラーゼの活性を賦活してセロトニン経路からキヌレニン経路に代謝を変化
==============================
経口避妊薬:セロトニンの合成に必要なピリドキシン(B6)の利用の減少によるという説
----------------------------
前の論文との関連?

いずれにしても、トリプトファンピロラーゼの活性がポイントでしょうか・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://wwwsam.hi-ho.ne.jp/tootake/1997.11.1.htm
    • good
    • 0

大分的外れかもしれませんが、以下の参考URLサイトの論文は参考になりますでしょうか?


その中で以下の記載があります(全文は未読!)。
=============================================
Oral contraceptives given with pyridoxine, or vitamin B6 (a competitive inhibitor of estrogen), can help mitigate some of the milder depressive symptoms.21,22
=============================================
この参照文献の21の方が参考になるかもしれませんね・・・?

補足との関連で、
http://www.genome.ad.jp/kegg/metabolism_links/ma …
(Tryptophan Metabolism)
で阻害されると考えられる反応はどこでしょうか?

補足お願いします。

参考URL:http://www.mmhc.com/jgsm/articles/JGSM0005/parry …

この回答への補足

ありがとうどざいます。
参考URLに関して簡単に目を通しましたが、PMSやメラトニンについてまで、気になっていることが多く網羅されているようです。
また、肝心な仕組みに関してですが、PLPとエストロゲンの競合という方向が見えてきただけでもありがたいです。
上記のサイトに記されていた他の論文に関しても読んでみたいと思っています。
Trp→NADの経路ですが、ここまで詳しい物は実ははじめてみました。
NADまでの物質が多く省略されているようですが、セロトニン等に関してわかりやすく、勉強になります。
阻害されると思うのは、3-Lヒドロキシキヌレニンから3-ヒドロキシアントラニル酸への間で、図で言うところの「3.7.1.3」と書いてあるところです。(このような表現でよいのでしょうか)
結論としては、体内全体でのPLPとエストロゲンとの関係がGlu→GABAに影響するかをはっきりさせたいところです。
ちなみに、MiJunさんについて教えていただけませんか?
何をしている方ですか?

補足日時:2001/01/31 18:18
    • good
    • 0

以下のサイトは補足で


「trp→NADの課程で、酵素:キヌレニナーゼ、補酵素:PLP(ピリドキサールリン酸)の段階をエストロゲンが阻害するらしい」
との事の動物実験でしょうか?
http://www.shc.usp.ac.jp/shibata/1/7.html
(トリプトファン-ナイアシン転換率を左右する因子に関する研究)

以下の参考URLサイトは詳しそうですが・・・?

また、補足してください。

参考URL:http://www.shc.usp.ac.jp/shibata/1.html
    • good
    • 0

以下のサイトは参考になりますでしょうか?



どのような観点から調べらているのでしょうか?

補足お願いします。

参考URL:http://www.oralchelation.com/technical/vitaminb6 …

この回答への補足

MiJunさん、ありがとうございます。
↑上のサイトも、じっくり読んでみようと思います。

補足ですが、trp→NADの課程で、酵素:キヌレニナーゼ、補酵素:PLP(ピリドキサールリン酸)の段階をエストロゲンが阻害するらしいと言うことがわかっています。ただ、私の疑問としては「エストロゲンが何をするからPLPが補酵素として働かなくなるのか」が、わかりません。
血中濃度全体で変化するのか、trp→NADに限ってのことなのか、どちらにしてもなぜそうなるのか、この辺りに関してはあまり詳しく書いてある書籍や論文を見たことがありません。
それによって、脳内での、Glu→GABA間での補酵素としてのPLPにも関係があるのかないのかという問題があります。
個人的にとても気になっています。教えてください。

補足日時:2001/01/31 13:51
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の成書は参考になりますでしょうか?


-------------------------
エストロゲン/鈴木秋悦∥〔ほか〕編…/メジカルビュー社/1999.4 
エストロゲン補充療法の基礎と臨床/尾形悦郎/メディカルレビュー社…/1997.5 
エストロゲンによる血管のアポトーシス誘導制御及びその作用機序に関する検討 / 研究代表者 江頭正人. -- 江頭正人, 1999
エストロゲンによる肥満抑制の分子機構の解析 / 研究代表者 倉智博久. -- [倉智博久], 2000
エストロゲン補充療法の基礎と臨床 / 尾形悦郎監修. -- メディカルレビュー社, 1997
エストロゲン誘導体,2-メトオキシエストロゲンの抗高脂血症作用に関する研究 / 河野伸造研究代表. -- [河野伸造], 1995
下垂体腺腫の腫瘍化機序および浸潤性に関する基礎的研究 : エストロゲン誘発下垂体腫瘍の分子生物学的検討. -- [出版者不明], 1998. -- (科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書 ; 平成7-9年度)
子宮内膜癌の癌化機構 : エストロゲン、特にエストラジーオルとc-erbB-2を中心として / 萩野雅弘研究代表. -- [萩野雅弘] ,1995.3, 1995. -- (文部省科学研究費補助金一般研究(C)研究成果報告書 ; 平成5年度、平成6年度)
--------------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月経周期と月の満ち欠け

月経周期と月の満ち欠けが同じであるという話を聞いたのですが、とすると、不安定な人を除いてほとんどの女性の月経周期はだいたい同じということなんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

またまた#3です。

何だか面白くなって来たので「満月の夜 産卵」で検索してみました。サンゴや魚、カニ(笑)、満月の夜に産卵する動物は多いみたいですね(私もサカナ並??)。
お医者さんが書いた、こんなコラムも発見。
http://www.mbcl.co.jp/data/column/02.html
あと看護婦さんの調べたデータで「月と死」は関係ありそうでない?というのも発見しましたです。
http://homepage3.nifty.com/Nowral/46_Kango/46_Kango.html#moonage

参考URL:http://www.mbcl.co.jp/data/column/02.html

QNADやFADなどの酵素について

高校生物からの質問です。
NADやFADの酵素の分類で混乱しています。
デヒドロゲナーゼ(例えばNADやFAD)は酵素と補酵素のどちらなのでしょうか。
また補酵素だとしたらアポ酵素はなんなのでしょうか。NADやFADは、
アポ酵素+NAD

↓水素が結合

<NAD+水素>がアポ酵素から離れる


水素がNADから離れる
のように働くのでしょうか?水素が離れたNADはいつアポ酵素と結合するのでしょうか。
まとまりのない質問ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まずNADの方はNAD+です。

とりあえず簡潔に書きます
>デヒドロゲナーゼ(例えばNADやFAD)は酵素と補酵素のどちらなのでしょうか。
まず、NAD+やFADはデヒドロゲナーゼではありません NAD+の方はデヒドロゲナーゼの補酵素として働きます
FADの方はクエン酸回路ではデヒドロゲナーゼの補欠分子族として働いたり、β酸化では補酵素として働きます。つまり、どちらにしてもデヒドロゲナーゼの補因子として働きます


様々な酸化還元反応に関わっているので一概には言えません

Q月経周期と基礎体温

月経周期と基礎体温について疑問がいっぱいです。どなたか教えていただけませんか?
月経周期はよく28日を基本的に考えられているようですが、基礎体温では低温期14日・高温期14日と聞いたのですが・・・月経周期が28日以上の場合、基礎体温では低温期と高温期どちらが長いんですか?
いまいち、低温期と高温期の境がわかりませんし、たぶん高温期らしい時期にガクンと1日だけ下がったりと・・・
基礎体温をとるには4時間以上の睡眠といいますが、へんな時間に起きてしまって眠れなくなってしまった(布団でごろごろ)や、夜中にトイレ行った。などの場合は測定値としていいのでしょうか?

Aベストアンサー

とても長文になってしまいました。。。読んでいただければ幸いです。

月経周期が28日よりも長い場合ですが、低温期が長くなります。高温期は14日で、誰でもだいたい同じです(±2日くらいは個人差があります)これは、排卵の後にできる黄体の寿命が約14日間と決まっているためです。黄体の寿命が尽きると生理が来ます。

低温期と高温期の境目がハッキリしないのは、ホルモンバランスが崩れているせいかもしれません。低温期と高温期の温度差は0.3℃以上あれば合格だと言われています。そして低温期→高温期は、長くても2日くらいですばやく移行するのが理想です。(ダラダラと階段状に体温が上昇したり、そういう場合は妊娠しにくい可能性があります)低温期の最後に【ガクンと体温が落ちた日】が排卵、という話を過去にはよく聞きましたが、これはすべての人に当てはまるとは限りません。それに、寝苦しい夜があったり、いつもと違う時間に目が覚めてしまったり、毎回きっちり正確に計れるとは限らないので、お手本のように【ガクンと下がった】排卵日が現れるとは限りません。私は、低温期と高温期境3~4日間を排卵日と考えています。体温が上がりかける時に排卵する人も多々見受けられるそうです(婦人科の先生談)。バッチリこの日!と分かるには、病院で診てもらう以外に方法はありません。

この時期、寝苦しくて夜中何度も目が覚めますよね。。。私は毎晩のように2時~3時の間にトイレに行きます。トイレに行くくらいなら測定値に影響はなさそうな感じです。規則的な2層のグラフができているのでそう思います。ひどいときには明け方にも暑くて起きてしまいますが、毎朝5時に体温を計っているので、その時間近くで目が覚めたときはそのときに計るようにしています。大切なのは「時刻そのもの」よりも、「体が眠った状態のままで計る」ことです。いつもより30分早く目が覚めたからと、いつもの時刻までゴロゴロした後に測定するようでは意味がありません。

いつもと違う何かがあった時には、グラフにメモしておくといいですよ。例えば、「夜中にトイレ」「遅くに就寝」「寝坊」「特別暑かった」あるいは「特別寒かった」などなど。。。

個人的にはあまり神経質にならずに、まずは続けるのが第一かな~って思います。長文、失礼いたしました。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/kanpo-shinkai/kisotaion/taion-iroiro.html

とても長文になってしまいました。。。読んでいただければ幸いです。

月経周期が28日よりも長い場合ですが、低温期が長くなります。高温期は14日で、誰でもだいたい同じです(±2日くらいは個人差があります)これは、排卵の後にできる黄体の寿命が約14日間と決まっているためです。黄体の寿命が尽きると生理が来ます。

低温期と高温期の境目がハッキリしないのは、ホルモンバランスが崩れているせいかもしれません。低温期と高温期の温度差は0.3℃以上あれば合格だと言われています。そして低温期→高温期は...続きを読む

QビタミンB6酵素の細胞内局在

ビタミンB6酵素の細胞内局在について知りたいのですが、おすすめの文献などありませんか?特にミトコンドリアに局在しているかどうかを知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>特にミトコンドリアに局在しているかどうかを…
関係はありそうです。
古いし英語ですが「ラット肝臓ミトコンドリア内におけるビタミンb6の代謝」↓
http://www.jbc.org/cgi/reprint/256/12/6041.pdf
肝臓内のB6の20%はミトコンドリア内にあるとの事です。

Q月経周期

月経周期が40日~45日なんです。基礎体温を測定すると二相性になっていて高温期になってから大体10日程度で生理が来ています。月経周期が長いような気がするのですが、これが病気のサインであったり妊娠等に影響を与えたりするのでしょうか?分かる方がいらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.kao.co.jp/laurier/health/031/000.html
ここが、参考になるかと思います。
ちゃんと二層に分かれているのなら、妊娠は可能だそうです。
基礎体温表を持って、産婦人科を受診なさることをおススメします。

Q豆乳に含まれる酵素阻害物質について

豆乳にはトリプリンインヒビターという酵素阻害要素が含まれていますが、その含まれている量はどのくらいなのでしょうか?出来れば市販で売られている豆乳と、自家製のような市販では売られていない豆乳、それぞれに含まれるトリプリンインヒビターの量が知りたいです。よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

トリプシンインヒビター(trypsin inhibitor)のことでしょうか?
ネット上で見つけられるのは、具体的な量ではなく、活性残存率というもので、これは一概に13%という数字表記になっています。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rakusyotei/daizu2-27.html

Q月経周期

毎日のように顔を合わせる仲の良い友人同士(女性)の月経周期は同期するということを聞いたのですが、なぜそんなことが起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

「女子寮効果」として古くから知られている現象でしょう。

フェロモンによると考えられています。
一方の女子の腋をぬぐった綿を嗅がせることによって(嗅がされても臭気としては感知されません)、嗅がされたほうの女子の月経周期がひっぱられるということが報告されています(かのNature誌に採択されています)。
(↓その論文のpdfダウンロード)
http://www.plantpath.wisc.edu/CZA%20WS%20530/Stern_&_McClintock'98.pdf

たぶん、まだそのフェロモンの実体はわかっていないと思います。
しかし、マウスでは同様のフェロモン作用を示す物質が同定されています。

Q逆転写酵素の阻害実験

 大学の実習でHIVの逆転写酵素の阻害の実験したのですがこの時反応液の調製を発泡スチロールの箱に氷をいれそれにアルミブロックを置いてその上で行ったのですが理由が解りません。教えてください。

Aベストアンサー

サンプル調整中の酵素活性を抑えるためです。実験は反応条件(こん場合は温度、時間)を必ず決めてやりますが、室温でサンプル調整を行うと調整中から予定外の反応が起こってしまうのです。

Q月経周期について

標準的な月経周期は30日前後ということだと思うんですが、毎月の月経周期が30前半と後半で交互にやってくる場合は何か問題があるのでしょうか。
 女性には子宮が二つあり隔月で交互に月経になる、と前にどこかで知った覚えがあるのですが(正しい情報か未確認ですいません)、そう考えると上に書いた場合、1つの子宮が30日前後で、もう1つが40日前後になるかと思います。このような状態は、その人の周期として問題はないのでしょうか。それとも、片方の子宮が正常で、遅い方の子宮に何か問題があるのでしょうか。

 現在ホルモンバランスの崩れと診断されて、婦人科に通っています。先生に聞けばいいのですが、すごく混んでいて診断時に聞き逃すかもと思い、この場をお借りして質問させていただきました。 ご存知の方いらっしゃいましたら、暇な時にでもご回答いただけると有難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>毎月の月経周期が30前半と後半で交互にやってくる場合は何か問題があるのでしょうか。
普通に考えたら、問題ないようにも思いますが。
正常な生理周期は25~38日です。
いつもの生理周期から1週間くらいのずれなら問題はなしです。

>女性には子宮が二つあり隔月で交互に月経になる、
子宮は二つありません。一つだけです。二つあるのが左右にある卵巣です。
卵巣からは毎月排卵されますが、毎月左右交互ではなく、片方ばかりから排卵することもあるのです。

生理周期に違いが出るのは、生理開始日から排卵するまでの日数が決まっていないからです。
排卵をコントロールしているのは脳下垂体からの指示です。
ストレスなどがあると排卵は狂うことがあります。そのときによって早まったり、遅くなったりします。いくらでも排卵はずれます。

<HPより引用>
2)ストレス
排卵は、脳の中の間脳・脳下垂体というところで調節されています。
ストレスというのは脳における自律神経の調節機構を乱す原因となりますが、この間脳・脳下垂体というのは自律神経の中枢と言える場所ですから、容易にストレスの影響を受けて調節機構に乱れを生じ、無排卵になってしまいます。ショックな出来事で生理が止まったり、スポーツ選手の生理が乱れたりするのもこういうことが原因となって起こるものといえます。  

<HPより引用>
卵子の放出は左右の卵巣間で交互に起こるのではなく、ランダムに起こると考えられています。片方の卵巣を切除した場合は、残った卵巣が卵子を毎月放出します。

http://www.esampo.com/health/wc/gekkei/
http://www.woomb.org/bom/cycles/index_jp.html
http://www.ladys-home.ne.jp/faqsite/ans-files/FAQ-E/FAQ-E5.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec22/ch241/ch241e.html?qt=%E6%8E%92%E5%8D%B5%20&alt=sh#sec22-ch241-ch241e-44

>毎月の月経周期が30前半と後半で交互にやってくる場合は何か問題があるのでしょうか。
普通に考えたら、問題ないようにも思いますが。
正常な生理周期は25~38日です。
いつもの生理周期から1週間くらいのずれなら問題はなしです。

>女性には子宮が二つあり隔月で交互に月経になる、
子宮は二つありません。一つだけです。二つあるのが左右にある卵巣です。
卵巣からは毎月排卵されますが、毎月左右交互ではなく、片方ばかりから排卵することもあるのです。

生理周期に違いが出るのは、生理開始日か...続きを読む

Q酵素反応阻害の速度論

競合阻害のラインウィーバーーバークの二重逆数プロットのもととなる式の導き方がよく分かりません。本には、Km(1-[I]/Ki)をKmに代入すると・・・と書いてありますが、なぜ(1-[I]/Ki)をかけるのですか?たぶん、EI→E+Iとかを使ってミカエリスさんの式を求めたようにやっていけばいいのかなと思うんですが、うまく導けません。本当にここ二日困っているんで、助けてください!!

Aベストアンサー

質問者の方の方針でできるはずです。つまり、EI複合体の解離定数をKiとおけば、Ki[EI]=[E][I]ですから、Et=E+ES+EIのESはvで、EIは[E][I]/Kiで、またEtはVmaxでおきかえて、ミカエリス・メンテンの式を導いたのと同じやり方で、できるはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報