最新閲覧日:

ミクロ経済学の試験についてお聞きしたいのですが。
あさってミクロ経済学の試験なんです。
それで今まで勉強して理解したつもりなんですが、
ミクロ経済学の試験は初めてなので不安です。
そこでお聞きしたいのですが、
ミクロ経済学の試験ではどのような問題が出題されるのですか???
先生は「グラフを用いて説明させる問題が1問とゲーム理論の問題が1問出る」
と言っていました。
グラフを用いて説明する問題の試験範囲は
『企業の活動』と『完全競争市場と独占市場』です。
それなので、
この範囲内での試験問題の例を教えてください。
もちろん解答は無しで良いです。
できるだけたくさんの例題をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ここで聞いている時間があるならば同じ講義を聞いている学生の人たちと問題を考え合っていれば自然と自分の頭にはいると思いますけれど、いかがでしょう。


ちゃんと講義を聴いていれば分かるような問題ではないかと思います。大学の試験ってそういうの多いでしょ?
がんばれ!!
    • good
    • 2

>『完全競争市場と独占市場』


完全競争と独占の場合では価格付けと生産量の決定にどのような違いがあるか
ということが問われるでしょう。
完全競争の場合はP=MC(価格=限界費用)で生産量が決まりますが,
独占ではMR=MC(限界収入=限界費用)で生産量が決まり,これに対応した
需要曲線上で価格が決まります。

>ゲーム
学部レベルでは囚人のジレンマが出るのではないでしょうか?
クールノ・ナッシュ均衡がどこにくるのかわかればそれでよいでしょう。
これはどのミクロのテキストにもでていますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な解答ありがとうございました!自分が理解してるところが出るようなので、結構自信も湧いてきました。頑張ってきます!!!

お礼日時:2001/02/01 00:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報