ミクロ経済学の試験についてお聞きしたいのですが。
あさってミクロ経済学の試験なんです。
それで今まで勉強して理解したつもりなんですが、
ミクロ経済学の試験は初めてなので不安です。
そこでお聞きしたいのですが、
ミクロ経済学の試験ではどのような問題が出題されるのですか???
先生は「グラフを用いて説明させる問題が1問とゲーム理論の問題が1問出る」
と言っていました。
グラフを用いて説明する問題の試験範囲は
『企業の活動』と『完全競争市場と独占市場』です。
それなので、
この範囲内での試験問題の例を教えてください。
もちろん解答は無しで良いです。
できるだけたくさんの例題をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>『完全競争市場と独占市場』


完全競争と独占の場合では価格付けと生産量の決定にどのような違いがあるか
ということが問われるでしょう。
完全競争の場合はP=MC(価格=限界費用)で生産量が決まりますが,
独占ではMR=MC(限界収入=限界費用)で生産量が決まり,これに対応した
需要曲線上で価格が決まります。

>ゲーム
学部レベルでは囚人のジレンマが出るのではないでしょうか?
クールノ・ナッシュ均衡がどこにくるのかわかればそれでよいでしょう。
これはどのミクロのテキストにもでていますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な解答ありがとうございました!自分が理解してるところが出るようなので、結構自信も湧いてきました。頑張ってきます!!!

お礼日時:2001/02/01 00:42

ここで聞いている時間があるならば同じ講義を聞いている学生の人たちと問題を考え合っていれば自然と自分の頭にはいると思いますけれど、いかがでしょう。


ちゃんと講義を聴いていれば分かるような問題ではないかと思います。大学の試験ってそういうの多いでしょ?
がんばれ!!
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサービス業について

私の親戚の子が今度就職します。希望はサービス業
だそうです。しかし私は疑問を感じます。一生続けられる
仕事なのか?確かにサービス業は身近です。そこで
接客する人は気のせいか若い人や、アルバイトなどの
人が多いです。もちろん末端で働く人を高給取りの
社員にする事はないと思います。しかしサービス業の
会社の平均年齢とか見るとどこも若いですねえ。
やはり若くして入って数年で辞めるのがサービス業
なんでしょうか?

Aベストアンサー

サービス業、といってもいろいろな職種があり、これもなんともいえませんが。
たぶんスーパーを考えているのではという事で
 確かにきついかもしれませんが、慣れてしまえば
別にきつくありません。(これもお店によりますが)
 やはり、仕事のコツを覚えてするのと、覚えないで
やる方と人の差が出る仕事ではないでしょうか?
やる仕事はたくさんあります。あきらめないでがんばってほしいですね

もし、就職なさるなら資格を取る(販売士)そして冬休みにコンビニでもいいですが、アルバイトをなさった方がいいと思います

Qミクロ経済学について教えてください。 2期間モデルを用いて、消費者の消費・貯蓄配分問題を考える。消費

ミクロ経済学について教えてください。
2期間モデルを用いて、消費者の消費・貯蓄配分問題を考える。消費者は第1期にも第2期にも働いて、それぞれY₁≥0、Y₂≥0の実質賃金を得るとする。実質利子率r>0とし、消費者は第1期に貯蓄及び借入を行えるとする。消費者は異時点間の予算制約のもとで、第2期に得られる効用の和U(C₁,C₂)=u(c₁)+u(c₂)が最大となるように第1期の消費、第2期の消費の最適な水準を決定している。各期の効用関数は対数関数(u(C)=logC)であるとする

この場合の予算制約の式はどういうやり方で求められるのでしょう?

Aベストアンサー

No1の回答を読んだのですか?それでもわからないのなら、どこがわからない?
とくに予算制約

C1 + C2/(1+r) = Y1 + Y2/(1+r)

どうしてこうなるのかわからないということでしょうか?もう少し詳しく書いてみましょう。
この消費者の第1期の予算制約は、貯蓄をSと書くと

S = Y1 - C1                            (*)                          
第2期の予算制約は、この貯蓄Sを利子率rで運用するなら、第2期の期首には第2期の所得Y2のほかに、貯蓄を運用したときの元利合計(1+r)Sが第2期の消費にあてることができるので

C2 = Y2 + (1+r)S                          (**)

となる。(*)を(**)の右辺のSに代入し、整理するなら、求める式(一番上の式)を得る、ということです。

No1の回答を読んだのですか?それでもわからないのなら、どこがわからない?
とくに予算制約

C1 + C2/(1+r) = Y1 + Y2/(1+r)

どうしてこうなるのかわからないということでしょうか?もう少し詳しく書いてみましょう。
この消費者の第1期の予算制約は、貯蓄をSと書くと

S = Y1 - C1                            (*)                          
第2期の予...続きを読む

Q警察官はサービス業?

30年くらい前、学校で
第1次産業・第2次産業・第3次産業、を習いました。
1~農林水産業
2~工業
3~サービス業
こんな感じだったと思います。
で、1・2以外は、公務員も警察官も医師も、
第3次産業=サービス業、と習った記憶があります。

2~3年前に、警察官と話した時に
私が、警察官はサービス業でしょう、と言うと、そのかたは違うといました。

どちらが正しいのでしょうか。
習う内容が変わったのでしょうか(1,2,3、に分けない、とか)
どうなんでしょう。

一応調べましたが、サービス業とも言えなくはない、とか、はっきり書かれたものが見つけられず、
質問いたします。

Aベストアンサー

総務省の発表では警察官はサービス業には含まれていませんでした。
http://www.stat.go.jp/data/service/2004/bunrui.htm

Qミクロ経済学を学ぶ前にマクロ経済学を学んでもきちんと理解できますでしょ

ミクロ経済学を学ぶ前にマクロ経済学を学んでもきちんと理解できますでしょうか?

大学の履修上、ミクロの授業がとれず、マクロのほうはとれます。

両方興味がありますので、とりあえずマクロから履修しようかと思っております。
ただ、ミクロからマクロへと勉強したほうが理解しやすいというのを耳にしたことがあります。

この情報は確実ではないのでよくわかりませんが、もし本当なのでしたらやはり来年にミクロを取ってからマクロを取ろうかなぁとも思っております。


どちらがいいでしょうか?

Aベストアンサー

経済学履修経験者としての参考意見です。

>大学の履修上、ミクロの授業がとれず、マクロのほうはとれます。

つまりミクロとマクロは分化しているという前提のカリキュラムだと思います。

より実質的にも、ミクロ経済分析は個々の経済主体の合理的行動のありかたを分析するのに対し、マクロ経済分析は、全体としての経済の動きを分析する学問であり、分析方法に差異があります。いずれも丁寧な講義がなされるでしょう。一般論を言うなら、それほど心配しなくても良いのではないかと思います。

Q統計上のサービス業とは?

内閣府の統計によると、名目GDPの構成要素として、11の産業が分類されています。

農林水産業 鉱業 製造業 建設業 電気・ガス・水道業 卸売・小売業 金融・保険業
不動産業 運輸業 情報通信業 サービス業
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/__icsFiles/afieldfile/2011/12/22/seisan20111226.pdf

一方、総務省の統計によると、「産業別規模別事業所・企業数」として、16の産業が分類されています。

鉱業 建設業 製造業 電気・ガス・熱供給・水道業 情報通信業 運輸業 卸売・小売業
金融・保険業 不動産業 飲食店、宿泊業 医療、福祉 教育、学習支援業
複合サービス事業 サービス業(他に分類されないもの)
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h21/h21/html/k9100000.html

そこで質問なのですが、
「産業別規模別事業所・企業数」として分類されている16の産業のうち、
名目GDPの構成要素として分類されているサービス業に当てはまるのはどれですか?

つまりは、サービス業の企業数を知りたいのです。

ご教授よろしくお願いいたします。

内閣府の統計によると、名目GDPの構成要素として、11の産業が分類されています。

農林水産業 鉱業 製造業 建設業 電気・ガス・水道業 卸売・小売業 金融・保険業
不動産業 運輸業 情報通信業 サービス業
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/__icsFiles/afieldfile/2011/12/22/seisan20111226.pdf

一方、総務省の統計によると、「産業別規模別事業所・企業数」として、16の産業が分類されています。

鉱業 建設業 製造業 電気・ガス・熱供給・水道業 情報通信業 運輸業 卸売・小売業
金融・...続きを読む

Aベストアンサー

産業別GDPを参照したい
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/otoiawase/qa8.html

より経済活動別分類を詳しくみてみると、、

サービス業は主に3つに分けられて

●公共サービス
-教育、研究、医療・保健衛生、
その他の公共サービス業

●対事業所サービス
-広告業、業務用物品賃貸業、
自動車・機械修理、
その他の対事業所サービス業

●対個人サービス
-娯楽業、飲食店、
旅館、洗濯・理容・美容・浴場業、
その他の対個人サービス業


とあるから総務省の統計では「飲食店、宿泊業 医療、福祉 教育、学習支援業」と計上されている後ろの5つの項目が内閣府ではサービス業として分類されていると思われます。。

Qミクロ経済学・マクロ経済学の入門書

法学系の授業で経済学の話が出てきたので、
ミクロ経済学とマクロ経済学の入門書が読みたくなりました。

数学があまり得意ではないので数式がどうの、という内容だとあまり・・・
という私にお勧めの入門書はありますか?

経済学の入門書でも可です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経済学部の者です。


経済学部生が1年生で使う教科書だと、
例えば伊藤元重のミクロ・マクロやマンキューのミクロ・マクロというのが定番です。
かなり分かりやすく書かれていますが、「経済学部」の学生向けなので最低限の数式もありますしとっつきにくさは残るかもしれません。


専門ではなく「一般教養程度」となると、小暮太一のシリーズがオススメです。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%A8%E6%9A%AE-%E5%A4%AA%E4%B8%80/e/B0048ZM0DI/ref=ntt_athr_dp_pel_1


さらに、時事問題を扱う程度なら細野の経済本があります。


法学系の経済学で数式もちょっとというのであれば小暮のシリーズが無難かもしれません。

Q医療はサービス業か否か??

こんにちは。最近は‘患者さま‘と呼ぶ医療機関も表れはじめ医療もサービス業色が強くなってきました。
ここでも患者の権利意識が高くなったのか‘我われは医者を選んでやっている。王様のように扱わないのはけしからん!!‘といった感じの質問も多々見かけます。
はたして医療機関もサービス業なのでしょうか?
サービス業というのは支払った対価に見合うサービスしか受けれないのが資本主義においては原則です。
例えば飛行機でもエコノミークラスとファーストクラスにおいては受けられるサービスは異なります。エコノミーの料金しか支払えない人はファーストクラスのサービスは受けられません。ホテルも一般客とスイートルームの宿泊客では待遇が違います。
しかしながら日本では医療においては経済格差に関係なく同じ扱いをされることになっています。(表向きには)
宿泊料金すら支払えない経済力の人間がスイートルーム並みのサービス(医療行為)を求めることが正当なことになっています。
そう考えると医療はサービス業としては成り立たないのではないでしょうか?(全額自費の美容外科などは100%サービス業ですが)

こんにちは。最近は‘患者さま‘と呼ぶ医療機関も表れはじめ医療もサービス業色が強くなってきました。
ここでも患者の権利意識が高くなったのか‘我われは医者を選んでやっている。王様のように扱わないのはけしからん!!‘といった感じの質問も多々見かけます。
はたして医療機関もサービス業なのでしょうか?
サービス業というのは支払った対価に見合うサービスしか受けれないのが資本主義においては原則です。
例えば飛行機でもエコノミークラスとファーストクラスにおいては受けられるサービスは異なります...続きを読む

Aベストアンサー

確かに医療機関もサービス業なのです。
但し、資本主義の原則には則しません。
何故なら、日本の医療保険制度は「社会主義制度」だからです。診療報酬制度に縛られて、診療行為別の報酬が国によって決められて、医療側には裁量権が有りません。
詰まり、1点10円の単価が決められて、値引きも、上乗せも一切認められていません。更に、医師や看護師の人数や、病院の廊下の幅や階段の段の高さ、病室の面積等々細部にわたって規制されています。
もし、これを侵して値引きなどをやれば、保険医取り消しになり、保険診療は出来なくなります。
更に、日本の保健医療制度は、医療機関は保険者(社会保険・国民保険)との契約で、被保険者(患者)に現物給付(医療行為)を行って、報酬は保険者から貰います。患者からは貰いません。
現実に患者が窓口負担で3割払いますが、これは患者が保険者に払うもので、医療機関はその代行者として、仮に受け取っているだけのものです。
被保険者(患者)は保険者に保険料を払う事によって、医療を受ける権利の契約をします。
詰まり、医療保険制度上は医療機関と患者の間には経済的契約関係は有りません。医療機関と患者の間に有る契約は診療契約だけで、これには経済的な事は含まれません。「ファーストクラス並スイートルーム並みのサービス」に関しては、個室料とかでの差別は有ります。
これを資本主義にしようというのが、「医療への株式会社の参入」論議です。株式会社は資本主義そのものですから。
私としては、患者に「様」付けをするのは、泥棒に様を付けるのに等しい行為だと思います。

確かに医療機関もサービス業なのです。
但し、資本主義の原則には則しません。
何故なら、日本の医療保険制度は「社会主義制度」だからです。診療報酬制度に縛られて、診療行為別の報酬が国によって決められて、医療側には裁量権が有りません。
詰まり、1点10円の単価が決められて、値引きも、上乗せも一切認められていません。更に、医師や看護師の人数や、病院の廊下の幅や階段の段の高さ、病室の面積等々細部にわたって規制されています。
もし、これを侵して値引きなどをやれば、保険医取り消しになり...続きを読む

Qミクロ経済についてです。 独占企業が2つの市場を持っており、おのおのの市場における需要曲線は、 P1

ミクロ経済についてです。

独占企業が2つの市場を持っており、おのおのの市場における需要曲線は、
P1=90−5•Q1
P2=190−20•Q2 です。
この企業の限界費用が30のとき、この企業のそれぞれの生産量を求めてください。

という問題があるのですが、解き方をみてもよくわかりません。
解答ではP1=90−10•Q1に変えているのですが、なぜQ1の前を2倍にするのかがわかりません。
もしよければ教えてください。

Aベストアンサー

>それならまわりくどい言い方をしず、そのまま言ってもらいたかったです...
あなたの中では「ベストアンサーにする」=「解決」と思っていても僕の中ではそうなっていません。
自分の中の当たり前をみんなの当たり前かのごとく言ってくるのは誤解をまねきやすいので気をつけた方が良いかと...

要するに、マナーの問題なのです。マナーについてお説教するのは気が引けるのです。たとえば、最近回答したこの人はどう思います?たくさん付き合ったのに、「逃亡」してしまった質問者!こんな質問者には2度と回答したくなる。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9580923.html

苦情はこれぐらいにして、あなたの質問に向かいましょう。

この独占企業の利潤最大化問題は利潤をΠとすると

Π = P1Q1 + P2Q2 - 30(Q1 + Q2)
= (90 - 5Q1)Q1 + (190 - 20Q2)Q2 - 30(Q1 + Q2)

利潤最大化の1階の条件は
0=∂Π/∂Q1=∂Π/∂Q2
で与えられる。微分すると、
90 - 10Q1 - 30 = 0 ⇒ Q1 =30
190 - 40Q2 - 30 = 0  ⇒ Q2 = 40
となる。分断された市場を持つ独占企業はそれらの市場を1つの市場として扱うのではなく、各市場を別個に扱い、各市場の限界収入と限界費用が等しくなるように、生産を配分したほうが利潤は高くなる、ということ。

あなたのコメントについていうと、いま独占企業の利潤は限界収入=限界費用となる生産量(あるいは価格)を選択するとき最大化される。ここで、限界収入というのは、生産を1単位増やしたとき得られる追加的収入のこと。いま、市場需要曲線が
P = a - bQ
で与えられたとき、限界収入曲線は
MR = a - 2bQ
で与えられることを覚えておくと便利。
以上で質問があったら、遠慮なく。たとえば、MR曲線はどうやって導きのかとか。。。

>それならまわりくどい言い方をしず、そのまま言ってもらいたかったです...
あなたの中では「ベストアンサーにする」=「解決」と思っていても僕の中ではそうなっていません。
自分の中の当たり前をみんなの当たり前かのごとく言ってくるのは誤解をまねきやすいので気をつけた方が良いかと...

要するに、マナーの問題なのです。マナーについてお説教するのは気が引けるのです。たとえば、最近回答したこの人はどう思います?たくさん付き合ったのに、「逃亡」してしまった質問者!こんな質問者には2度と回答した...続きを読む

Q沿道サービス業とは?

すごく気に入った土地があるのですが、
農家資格または、沿道サービス業でないと
購入できないそうです。
沿道サービス業にはどんな種類があるのでしょうか?
詳しく教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>沿道サービス業にはどんな種類があるのでしょうか?

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu0_2.htm
都市計画法の34-8
(8) 道路の円滑な交通を確保するために適切な位置に設けられる給油所・ドライブイン等の施設。(9号)

基本的に
敷地が500m2以上

ドライブイン=飲食店
と覚えましょう。

500m2以下は
34-1で対応できます。

(1) 日常生活上必要な物品の販売、加工、修理を営むための店舗等の施設及び公益上必要な建築物

うちの県基準で
34-1の業種一覧です。

店舗等の用途は、別表に掲げるものとする。
http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/34-1beppyou.html

>沿道サービス業にはどんな種類があるのでしょうか?

あなたが言う
沿道サービスとは
34-1のことで
専門家が言う
沿道サービスとは
34-8のと
根本的に違います。

Qミクロ経済学は経済学の中で難しいと思いますか?

通っている大学に、「ミクロ経済学入門」というのがあります。来週に試験があるので問題集を解いているのですが、解けない問題が多いです。普段の授業も分からないことが多くて戸惑っています。
需要と供給のような超基礎的な用語や均衡価格を求める計算、余剰くらいはできます。しかし、関数をはじめ、多くのことができません。クルーグマンの「ミクロ経済学」という本(東洋経済新報社)を参考にしてやっていますが、解けない問題が多いです。
分からない問題はオフィス・アワーに教授のところに行って質問する予定ですが、ミクロ経済学は経済学の中では難しいと思いますか?それとも、私が経済学に向いていないだけなのでしょうか?こんな私でも受験のときは苦労しなかったのですが。
センター試験の現社の点数は8割5分で、経済分野・国際経済分野の問題は、ほぼ満点でした。失点したのは政治分野と倫理分野です。

Aベストアンサー

経済学の体系というのは、ミクロ経済学(それと最近ではゲーム理論)とマクロ経済学があって、その上に応用分野として国際経済学、財政学、産業組織論等があってこれらの応用分野は当然ながらミクロ経済学の知識が前提になります。ミクロ経済学は一つの分野というより、経済学の基礎理論です。ですから、ここがおろさかにされると、他の応用分野も分からなくなることになります。それに、最近ではマクロ経済学も、ミクロ経済学と並んで経済学の基礎理論というより、方法論的にもミクロの一つの応用分野と考えられるようになっています。

ちなみに、アメリカの大学院に進むと、一年目というのは一年かけてマクロとミクロをしっかり学びます。ほかには、数学、統計学を他学部へ出かけて学んだりします。自分の専門の応用分野を学ぶのは2年目以降です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報