色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

某漫画家さんのアシスタントをしています。
漫画を作る作業がしたくて、アシスタントに入ったのですが‥‥
パソコンに『コミックスタジオ』というのがあって、
ネームを作るのも、ペン入れも、トーン貼りも、全部パソコンです。
トーンやベタ塗りもペイント感覚で貼るし、全く『漫画を描く』という感覚ではありません。
漫画家に憧れてアシスタントになったのに、何だか空しいです。

時代なので、仕方ないかと思いますが、
漫画を描くよりパソコン作業をしている気がします。
コミックがいざ出来上がっても、『描いてない』という事実に困惑し、
友人から、自分が担当した箇所を誉められても、マウスをクリックするだけで終わったので、素直に喜べず、「頑張って描いた」と返す自分に罪悪感があります。

ただ、漫画に携わる仕事は楽しいので続けたいです。
コミックスタジオが売れる現在では、それはしょうがないのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (11件中1~10件)

確かにPC上での作業は手元に現物が無い状態なので


漫画を描いている実感などを感じづらいかもしれませんね。
実際、デジタルでの仕上げの最終確認はプリントアウトしないとどうにもなりません。


私はアナログからデジタルへ移行した職場でアシスタントをしているのですが、
仕上げの部分に関してはデジタルにしたメリットは大変大きかったです
アシスタントの人数は半分に、その上で制作期間は短縮できています。
当然、それだけ雇う側の金銭的負担も大きく減ってきます。
連載を持つプロの方から見ると、アシスタントの給料による負担は
大変大きなものですから、それだけでも十分なメリットでしょう。

問題としてはgkwrogurさんの言う通り、感覚的な部分が少なくなる事や
誰でも簡単に同じ事ができる事による平均化ですね。
しかし、その辺りの問題は工夫次第です。トーンの削りによる処理や
影の効果的な取り方、網トーン以外での特殊な演出など
漫画的な創作の余地は沢山あると思います。
デジタルは最低限のクオリティや綺麗さ保障はしてくれますが、
そこから上へ行くにはアナログと同じく実力が必要ですから。
作風にもよりますが、デジタルでの職場で仕事をするにあたって
そういった創作の楽しみを見つけてみるのも一向かと思います。
また、それでもアナログにも触れてみたいという欲求があるのであれば
別の場所で学んでみるのもいいでしょう。
両方経験することによって互いの良い面、悪い面が見えてきますし
何より両方できる!ってかっこいいですよね(笑)

ペンに関しては、私はデジタルでのペン入れをしていますが
アナログでの「味」も捨てがたいものがあります。
まぁ、お好みでって所でしょうか。

それでは長文失礼しました。
少しでも参考になれば幸いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

同じ職業の方の意見、大変参考になります。
>アシスタントの人数は半分に、その上で制作期間は短縮
それはありますね!
〆切が迫る‥‥という緊迫感が一切ありません。
>連載を持つプロの方から見ると、アシスタントの給料による負担は
大変大きなものですから、それだけでも十分なメリットでしょう。
それは‥‥あるかもしれませんね。
確かに、アシスタントの数は、前の職場よりは少ないです。
なるほど~と思ってしまいました。
ただお給料貰っていた私です(メリットは大いにあった)。
>誰でも簡単に同じ事ができる事による平均化
これ、今まで口に出しませんでしたが、実は一番怖い部分でもあります。
同人誌を一生懸命作りながら、描いて描いてひたすら描きまくって、自分でもやっとコミック出版して、やっとここまで来たのに‥‥
PC作業をしながら、「これ‥‥誰でも出来ちゃうじゃん」と焦り。
パソコンが出来る人なら、誰でも出来るような気がして、正直怖いです。
実はこのような事を考えてしまったのは、某雑誌のアシスタント募集の欄に、「パソコン使えれば、未経験でも可」と書いてあって、びっくりしたからです。
でも‥‥皆さんのご意見を聞いて、少し勇気が出てきました。
だが、そのような募集が有名雑誌に載ったら本当に脅威かも(汗)。
>何より両方できる!ってかっこいいですよね(笑)
そうなりたいですね。
いざって時に活躍できそう(PCデータが吹っ飛んだ時とか^^;)。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/30 11:08

 最近のマンガはデジタル処理の物が多いのですか…そのせいか、すごく薄っぺらなものを感じて読む気がしなかったのですが…。

 
 gkwrogurさんはデジタル処理も出来るところがすごい!と思いますが、そのアナログへの拘り、持ち続けて下さいね!いつでも、また最終的に物を言うのは、自分の頭や身体を使った技術だと思います。デジタルはほとんど同じでも、個人の技は個性が出ますものね。 
 少し話が違いますが、今は安いということで、中国製のものが多く出回っていますが、そのために、国産で作り出す技術はどんどん低下しているそうです。ほとんど中国に頼って、ある日突然、中国が日本への輸出を止めることにしたら、もう技術者もいない日本はどうしょうもなくなるそうです。
 また、お金持ちになることを夢見た絵描きさんが、悪魔と契約してお金持ちになる、というマンガがあったのですが、最後に悪魔が「肉体の飢えよりも魂の飢えの方が激しいものだ。楽して暮らして何年か後、もう一度絵を描こうと思っても、自分にはひとかけらの才能も残っていないと気付いた時に、悪魔に支払った本当の代償によやく気付くはず」、と去っていく絵描きの後ろ姿に心の中で呟くシーンがありました。
 いつ、突然にパソコンが使えなくなる時代が来るかもしれないし、またデジタルのデメリットにみんなが気付くかも知れません。
 それに、デジタルが溢れている中でのアナログのマンガって、魅力的に思えます。
 なんだか変な文になってしまいましたが、アナログの技術が衰えないように、頑張って下さい。私は手描きの素朴なマンガが好きです~。
 確か、宮崎駿さんも、手描きに立ちかえったんではなかったでしたっけ。「金魚のポニョ」でしたっけ?
    • good
    • 2

趣味で同人誌作っていますが…コミックスタジオが便利だと聞いて購入したものの、トーン貼りは出来ますが、その他はうまく扱えません(^^;)


コミックスタジオの全てを扱えるgkwrogurさんは、デジタルは精通している、ということになりますよ。

漫画家さんによって、全てデジタル、とか全てアナログ、と違いがあると思います。
gkwrogurさんの思想と同じ漫画家さんにめぐり合えると良いですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんのご意見を聞いていると、やはり『時代の流れ』『利便性』ですので、逆行は出来ないかも。
私と同じ考えを盛ってくれる漫画家さんに出会える日を夢見てがんばります♪
ただ‥‥ALLデジタルだと、インクの匂いが一切無いので部屋はピカピカです。
メリットは‥‥そこにもあるのかしら?
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/30 10:50

友人に漫画家をしている人が何人かおりますがどの人もアナログ派です。

デジタルもやったりしているようですが主線まではかならず自分の手でやってから取り込んでます。(遊びで作るような漫画だけデジタルでやっているようです)
その人たちからの意見を聞いたりしますがやはりデジタルのほうが楽だし、早い! そうです。けれど仕事はすべてアナログで自分の手で描いていてそうするのはやっぱり描くのが好きだから、という理由とアナログにばっかり頼っていると自分の絵ではなくなるからだそうです。
絵は1日でもペンを握らなかったら絶対変わるものだからと、仕事が入っていてもいなくても毎日描いているそうです。
私も絶対アナログ派なのですがアナログなのかデジタルなのかは見てすぐに分かります。デジタルのあのなんともいえないペッタリした感じは正直きれいだなとは思えません。
もちろん、デジタルでも手書きのようにすばらしい処理をされる方もいらっしゃいますがそれでもやっぱりアナログのほうが好きです。
gkwrogurさんが将来的にアナログで描いていきたいのなら毎日でなくても手で描いた絵を描くことをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>やはりデジタルのほうが楽だし、早い!
確かにそれは感じます。
ネーム→ペン入れ→印刷まで「早っ!」でした。
『自分の絵』ってありますよね。
漫画家さんは、「タッチペンか本物のペンかの違いだけ」と、既にペンを持たない主義だとか‥‥(汗)。
>デジタルのあのなんともいえないペッタリした感じ
わかります。
時代の流れなので、逆らえませんが、毎日、1枚は絵を描いてインクにまみれております。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/30 10:46

>漫画家に憧れてアシスタントになったのに、何だか空しいです。


考え方の違いでしょうね。漫画を「描くもの」と考えている方にとっては、PC作業ばかりでは空しさを感じるかも知れません。
でも漫画を「作るもの」と考えている方にとっては、PCだろうとペンだろうと作品を作る際に使う道具が異なるだけですから、あえてアナログに固執する必要がないのだと思います。

>コミックスタジオが売れる現在では、それはしょうがないのでしょうか?
利便性が求められるのは時代の流れですから仕方ないと思います。カケアミ等の効果線だって、今でこそスクリーントーンが発売されて使用されていますが、20年前は手書きでしたからね。
でも時代に関係なく、質問者さんのようにアナログを好む漫画家もいると思いますから、「描く作業」を学びたいならアシスタント先を変えてみても良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。
利便性があるから利用されるんでしょうね。
スクリーントーンも、そういえば‥‥とドッキリ。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/30 10:42

「マウスをクリックするだけ」というのがむなしいなら、「インクを紙に載せただけ」が空しいって見方もできると思いますが。

所詮は道具。使う人がダメならダメなものしかできないですよ。

 ちなみに自分は元々活字派で、マンガでも絵よりストーリー重視。「ストーリーは思い出せるけど絵は思い出せない」ってこともよくあるぐらいです。絵の好き嫌いがないとはいいませんが、正直二の次、三の次。手書きでつまらない話より完全CGでも面白い方がいいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>所詮は道具。
そうですね‥‥ペン描きしたものだって、所詮はインクを伸ばしただけ‥‥(汗)。
私はtiltilmitilさんに同感で、ストーリー重視です。
漫画家さんは、ストーリーは面白いので、働いてて楽しいです。
今は、自分の職場に文句を言わず働き、アナログとデジタルの両方が出来るように頑張ります!
ありがとうございました。ちょっと元気出ました♪

お礼日時:2007/10/28 19:05

やっぱり漫画家のイメージといえば、汗とインクにまみれて漫画描いている姿ですよね。


質問者さんがビッグな漫画家になって、手書き派の良さを伝えていけば良いと思います。
個人的にはよくわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手書派ですが、それも失われつつあるのが寂しいです。
パソコン作業ばかりしていると、手がなまりそうです。
いつか、自分が作る時が来たら、汗とインクにまみれていたいです。
漫画家さんの家は、全部パソコン作業の為か、ムチャクチャ綺麗です。
インクの匂いではなく、芳香剤のバラの香りが‥‥(笑)。
今は、そういう職場も有りだと、自分で認識しながら仕事をこなしていきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/28 19:02

小林よしのりの会社はむしろ逆でアシスタントが


コンピュターを導入したがっていたけども
小林よしのりが断固アナログにこだわって
未だに完全手書きだそうです
最近の傾向ですがアニメなんかも最近はCGだらけで
なんか味気ないです昔の手書きセルのほうが
良かったと感じます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

へぇ‥‥逆バージョンもあるのですか(汗)。
断固アナログの方が、私は好きですね。
アニメも今はCGだらけですものね。
snowplus13さんと同感です。なんでもかんでもCGCGで、
漫画もPCPCで、味気ないですね。
アシスタントをしていても事務職みたいで味気ないです。
小林よしのりさんの職場は素敵な職場ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/27 18:59

こんにちは。



質問者さんはきっとすごく職人気質の方なんでしょうね。
手でものを作ることが好きというのは素晴らしいと思います。

コミスタの普及はめざましいものがありますが、やっぱり実際に引いた線の迫力にはかなわないと
使ってない先生もたくさんいらっしゃいますし、質問者さんみたいなアシさんを探してると思います。
パソコンでマンガかあ…と思われるのであれば、職場を変えたほうがストレスにならなくてよいのでは。

参考URL:http://www2.plala.or.jp/JAC/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

あんなソフトが無ければ‥‥と思ってしまったりもしましたが、コミックスタジオを恨むのはお門違いですね。
とにかく今は、原稿をミスっても際限なくやり直せるPCの世界にいる為、緊張感が無くなりそうで怖いです。
職場を変えてみるのも良いですね。
HPありがとうございました。

お礼日時:2007/10/27 18:42

時代の流れで、今後はどんどんPC作業中心になってしまうでしょうね。


編集側も、電子入稿を奨励する様になってくるでしょうし……。
何より、これでPC中心になってくれば、ペンやスクリーントーン、原稿用紙などが売れなくなり、価格の高騰や種類の減少などもあり得、さらにPCで描かざるを得ない時代がやってくるのではないでしょうか。マンガ家さんの側も、消耗品が少なく(と言うか、印刷さえしなければ無きに等しいのでは?)、簡単にやり直しの効くPCでの執筆はメリットが多いですし。

一応、ファンの側、消費者の側からの意見としては、これまでと同様、あるいはそれ以上のストーリー、これまでと同様、あるいはそれ以上の絵が提供してもらえるなら、PCだろうが手描きだろうが、どちらでもいい、と言うのが本音だと思います。大体、下手をするとどちらで描いたのか、雑誌や単行本では見分けが付かない場合も多いですし。

と言うわけで、デジタル化は時代の流れだとは思います。
今後の事を考えれば、PCでの描画技術は身に着けておいても損はないかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>編集側も、電子入稿を奨励する様になってくるでしょうし……。
え‥‥電子入稿ですか‥‥。そこまで進んでしまうのですか!?
>簡単にやり直しの効くPCでの執筆はメリットが多いですし。
確かにそうです。間違ってもやり直しは出来ます。
でも、緊張感が無いですね‥‥(間違っても良いやになっちゃうので)。
>PCでの描画技術は身に着けておいても損はないかと思います。
そうですね。描画技術を身につける意味でも良いですね。
タッチペンよりペン持ちたいけど‥‥時代ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/27 18:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング