はじめまして。
最近「きけ、わだつみの声」や「ひめゆりの塔」を見て戦争映画に興味を持ちました。
邦・洋・新・旧問わず、おすすめの映画を教えてください。
ちなみにドンパチやらかすシーンも好きですが、
史実とは関係ないようなやつは控えたいです。

戦争の悲惨さや人間ドラマが濃い映画で、
歴史上の事実に基づいた映画がいいですね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

邦画界にもの凄い活気があった昭和50年代。

 東映と東宝が、戦争巨編を競いあった・・・

(1)「二百三高地」(東映) 55年
(2)「連合艦隊」 (東宝) 56年
(3)「大日本帝国」(東映) 57年

「二百三高地」
本来ならアカデミー賞をとるはずでしたが、政治的な思惑から受賞を逃しました。
 
「連合艦隊」 
監督の松林宗恵は「反戦映画ではない」と力説。 それでいて、見事な「反戦映画」になっています。 これを観たら、「男たちの大和」はかなり見劣りしてきます。
なお、宇垣纏の人物像がどうも変です。演じ手の年齢からしてもミスキャストですし・・・ その点が無ければ、かなり良い出来の作品です。

「大日本帝国」
一度観たら辛くて、以後見直すことができずにいます。 

 



 
    • good
    • 0

既出のものもありますが、人間ドラマ的要素の濃い戦争映画をいくつか…



邦画
「父と暮らせば」
「拝啓天皇陛下様」
「火垂るの墓」

この夏に公開された「夕凪の街桜の国」は、原作通りであれば、「父と暮らせば」に似通ったものがあります。
どちらも、戦争そのものの描写はほとんどありませんが、戦争が遺す傷を見事に描いています。

「火垂るの墓」は一度見たら、二度目は見れなくなるくらい辛いと多くの人がいいますが、誰でも一度は見るべき映画だと思います。

洋画
「かくも長き不在」
「西部戦線異状なし」
「ひまわり」

「かくも長き不在」は私にとって一番の戦争(反戦)映画です。思い出すだけで泣ける場面があります。これは正に、戦争の傷跡がテーマです。

洋画の戦争映画で、戦争の傷跡を捉えたものは、ヨーロッパ映画が多いです。アメリカ映画は、戦争そのものをリアルに描いたり、時には武力も仕方がないと言ったスタンスのものが多いと思います。
ずっしと来る戦争映画なら、ヨーロッパ物です。

大戦ものではなくても、内戦や紛争を描いた人間ドラマ的映画だと、
「キリング・フィールド」
「ホテル・ルワンダ」
をお勧めします。
    • good
    • 0

恐らく、少し古い映画なんですが『月光の夏』。


確か新潮文庫からも、同タイトルで本が出てます。
切なくて、生々しさも適当で、おすすめです。
特攻隊員が主役で出ると、色んな事を考えます。

最近の映画なら『紙屋悦子の青春』、おすすめです。
戦争的なシーンは全く無いのに、小さなところで
戦争に対して持っているイメージや記憶と結びつく画面やセリフが
珍しいと思います。
笑いどころもあるので気軽に見られますよ。

見てないけど気になるのは『陸に上がった軍艦』『特攻』です…。
    • good
    • 1

「ゆきゆきて、神軍」(1987)日本



http://www.amazon.co.jp/%E3%82%86%E3%81%8D%E3%82 …
    • good
    • 1

明治天皇と日露大戦争


日本海大海戦
ハワイ・マレー沖海戦
トラ・トラ・トラ!
さらばラバウル
はだしのゲン
戦場にかける橋
私は貝になりたい
太陽の帝国
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はだしのゲン…懐かしいですね。
小学校の頃に図書館で必死に読破しました。
なんだか読みたくなったので、ちょっと古本屋にでも行ってきます。
そういえば、ゲンはビデオにもなってましたね!
何巻かにわかれてた記憶があります。
興味アリです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/11 10:47

「戦争のはらわた」は絶対観とくべき

    • good
    • 1

「人間の條件 第1部~第6部・1959年~1961年)



監督 小林正樹 脚本 松山善三 原作 五味川純平
出演 仲代達也 新珠三千代

全編通して9時間38分という超大作。
自分の生き方に忠実なあまり、愛する妻と引き裂かれ、しかも戦争には完全に同化しえないという苦悩を背負いながらも、生き抜いていく男の姿をとおして、戦争とはなにか?人間とはなにか?ということを骨太に描いた小林監督のライフワークともいえる作品。


「戦争と人間 第1部~第3部・1970年~1973年」

監督 山本薩夫 脚本 山田信夫 武田敦 原作 五味川純平
出演 滝沢修 芦田伸介 高橋悦史 浅丘ルリ子 北大路欣也
   三国連太郎 高橋英樹 加藤剛 栗原小巻 夏純子
   ほかオールスターキャスト

張作霖爆殺事件・満州事変(第1部)
二・二六事件・西安事件・日中戦争勃発(第2部)
ノモンハン事件(第3部)
などを背景に、軍部と財閥が結託した侵略戦争の構図のなかで、戦争に翻弄され呑み込まれていく人々の運命の過酷さと愚かさを描いている。
第3部のノモンハン事件の凄絶な戦闘シーンは旧ソビエトでロケがなされ、当時の凄まじい状況を再現している。


「ビルマの竪琴・1956年」

監督 市川 崑 脚本 和田夏十 原作 竹山道雄(ドイツ文学者)
出演 安井昌二 三国連太郎 北林谷栄 

太平洋末期、ビルマ戦線で白骨になった日本兵の御霊を慰めるためにビルマの僧となって一生をビルマに捧げた水島上等兵と所属していた井上部隊の戦友の物語。
井上部隊は音楽が好きで、特に水島の弾く竪琴に心を癒されていた。
終盤、金網で分断された場所に立った水島が、金網の向こうにいる戦友たちの「みずしま!一緒に日本に帰ろう!水島!・・・」という声に応えて、無言で「埴生の宿」を演奏する。
それでも「水島!一緒に日本に帰ろう!」と叫ぶ戦友たちに向かって「仰げば尊し」を切々と弾き、一礼して去っていくラストは何度観ても涙でかすむ名シーンだ。

まだまだ、紹介したい作品はありますが、人間が戦争という極限状態におかれながらも、人間として生きようとする姿を描いた作品で私が好きなものを選んでみました。

どの作品も有名なのですでにご存知かもしれませんね。

 
    • good
    • 1

[連合艦隊]



中井貴一のデビュー作です。
日本がどうして戦争をするはめになったか、真珠湾攻撃、ミッドウェイ海戦、戦艦大和による沖縄特攻など、登場人物もあわえてほぼ史実どおりになってます。

特に宇垣纏中将はよく特徴をとらえていると思います。
それと、小澤中将役が丹波哲郎さんであったり草鹿参謀長役が三橋美智也さんは、なんとなくぴったりのような気がします。
    • good
    • 0

ちょっと異色なものとして、


「出口のない海」
「夕凪の国 桜の国」
    • good
    • 1

古いですが


『戦場のメリークリスマス』

これ見とかなきゃ。。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q邦画の戦争映画でカラーで古いものは

邦画の戦争映画のカラーで古いものを探しています。
カラー撮影が始まってまもなくの頃の戦争映画を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1957年(昭和32年)
の新東宝の「明治天皇と日露大戦争」からですね。カラーの戦争邦画は。
新東宝は、明治ものだけでなく、
「戦争と皇室とわが民族」「太平洋戦争と姫ゆり部隊」
など太平洋戦争もカラー化している。

 円谷英二の東宝では、1960年(昭和35年)の「太平洋の嵐」
が最初。戦闘シーンがアメリカ建国200周年記念映画「ミッドウェー」
に流用され、実際に戦場で撮影したものと思っている人も多い\(^^;)...

Q「明治天皇の日露大戦争」と「太平洋戦争とひめゆり舞台」のことで少しでも教えてください

こんばんは。

私は映画が好きですが映画の仕組み、歴史、映画館、配給などの方の興味もいっぱいあります。

先日、大阪にある千日前国際シネマが休館になってしまいました。なんと46年にできた劇場で映画の歴史の1つでした。
シネコンに押されてというより配給会社が単館に良い作品を配給してくれないということで大阪の映画館はほぼ全滅してしまいました。

ちょっと遠かったですが入場料金が¥500円ということもあるし最後の雄姿を見たく行って来ました。

上映作品は「明治天皇と日露大戦争」で日本初のシネマスコープ、初のカラー作品、超大作、新東宝製作配給作品で高島忠夫や丹波哲郎なんかも顔出ししてるんでびっくりしました。制作費は3億だったかしら?

この映画は日本映画史に残る大ヒットとなり続編にあたいする作品が3本できてどれもヒットしたようです。

ヒット理由の大きな点はタブーとされていた天皇を描いたことでしょう。これはショッキングであるしカラー作品、超大作となればみんな見に行きたかったと思います。

新東宝の社長が大蔵社長でいろいろ問題があり大蔵社長は退社になってしまったようですが映画への情熱が強かったのか新しく大蔵映画を立ち上げました。
その1作目が日本で3本しかない?70ミリ作品「太平洋戦争と姫ゆり部隊」(150分)なんとこの映画の戦闘シーンでは戦車がいっぱいでてくるとか・・・
戦車と言えば「戦争と人間」は中国に協力してもらって、「野性の証明」はアメリカに協力してもらって・・・というぐらいで他の邦画で戦車がいっぱい出てくる映画はまったく知りません。
「明治天皇と日露大戦争」と同じような豪華さインパクト、そしてタイトルが「太平洋戦争と姫ゆり部隊」だと今リメイクされても超大作で「男たちの大和」よりも描く舞台が壮大だし「姫ゆり部隊」これはきっと「天皇」と同じぐらいタブーでありながらも興味を持ってしまう歴史でないかと思うんです。

と、ところがこの作品はヒットしなかったようで(私はビデオやテレビでもまだ見る機会がないですが)大蔵映画は撮影所の一部を娯楽施設にし大蔵映画チェーン(劇場)も名だけが残る現在になってしまったようです。

でも大蔵映画は別のジャンルの作品へ生き残る道を見出し今も固定ジャンルの映画を配給しています。

ここまで書きましたが私が一番知りたいのはなぜ「明治天皇と日露大戦」が歴史的なヒットをしたのに「太平洋戦争と姫ゆり部隊」はなぜヒットしなかったかなのです。どんな時代でどんな要因でそうなってしまったのでしょうか?

何かからの情報、推測、ご覧になった方(当時含め)のご意見など是非是非少しでもお聞かせください。

またもしこれらの時代の映画や映画館の状況が読めるような本でもありましたらご紹介ください。

どうぞよろしくお願い致します。

こんばんは。

私は映画が好きですが映画の仕組み、歴史、映画館、配給などの方の興味もいっぱいあります。

先日、大阪にある千日前国際シネマが休館になってしまいました。なんと46年にできた劇場で映画の歴史の1つでした。
シネコンに押されてというより配給会社が単館に良い作品を配給してくれないということで大阪の映画館はほぼ全滅してしまいました。

ちょっと遠かったですが入場料金が¥500円ということもあるし最後の雄姿を見たく行って来ました。

上映作品は「明治天皇と日露大戦争」...続きを読む

Aベストアンサー

 なぜ昭和37年(1962)公開の「太平洋戦争と姫ゆり部隊」がヒットしなかったのか-という質問ですが、それより先の昭和28年(1953)今井正監督の名作「ひめゆりの塔」が大ヒットし好評を博していたからです。監督も小森白という無名の人で、内容も二番煎じ--とあれば、期待できなかったでしょう。私も昭和32年(1957)の「明治天皇と日露戦争」は見ましたが、後者は見に行く気が起りませんでした。
 なお、「…日露戦争」は、わが国初のシネスコ版カラーではありません。「…日露戦争」は昭和32年の4月29日封切ですが、同じ年の同じ4月3日に、東映から「鳳城の花嫁」という映画が公開されており、これが日本初の大型カラー作品です。(この項は、私の手元にある『キネマ旬報』1957年度決算版によります。私は戦後の『キネ旬』各年度決算号をすべて持っています。あなたが熱心なので貸してあげたいくらいですが、不可能ですね)

Qおすすめ戦争映画

私は戦争映画が好きです。みなさんのおすすめの戦争映画を教えて下さい。

Aベストアンサー

 戦争物はどうしても時代が第二次大戦にかたよってしまいます。申し訳ありませんが、その中で私が秀作と感じる作品を挙げさせてもらいます。


「史上最大の作戦」
The Longest Day が原題です。
ノルマンジー上陸作戦を描いた映画です。豪華キャスト競演で見ごたえたっぷり。

「バルジ大作戦」
ノルマンジー後のドイツ軍による起死回生の反撃。

「ナバロンの要塞」
ドイツ軍の砲台破壊を任務とする連合軍兵士たち、
小気味良いテンポでスリル満点。

「カサブランカ」
イングリッド・バーグマン主演、反ナチ抵抗組織に属する彼女の悲恋。

「愛の嵐」
ナチ物。これはちょっと特殊です・・・。舞台はむしろ戦後になります。

「シンドラーのリスト」
これも重いテーマですがラストが考えさせられます。

「トラ!トラ!トラ!」
黒沢明監督の日米合作。真珠湾奇襲攻撃。スカッとします。

「七人の侍」
時代はずうっと前です。黒沢作品の代表格。村人が盗賊対策に雇った七人が繰り広げるクライマックスは圧巻。

 「大脱走」、「ライフイズビューティフル」など他にもありますが、前の回答者さんたちとダブるのでこの辺にしておきます。

 戦争物はどうしても時代が第二次大戦にかたよってしまいます。申し訳ありませんが、その中で私が秀作と感じる作品を挙げさせてもらいます。


「史上最大の作戦」
The Longest Day が原題です。
ノルマンジー上陸作戦を描いた映画です。豪華キャスト競演で見ごたえたっぷり。

「バルジ大作戦」
ノルマンジー後のドイツ軍による起死回生の反撃。

「ナバロンの要塞」
ドイツ軍の砲台破壊を任務とする連合軍兵士たち、
小気味良いテンポでスリル満点。

「カサブランカ」
イング...続きを読む

Q悲しい日本の太平洋戦争の戦争映画

悲しい日本の太平洋戦争の戦争映画
40代です。もう40年以上前、ほんの幼少のころ、小学校前にみたテレビです。映画かドラマかです。

子供にはあまりにも凄惨なシーンでした。
日本軍の輸送機に何人の兵士が搭乗しています。
途中米戦闘機に襲撃され、機銃が胴体を貫通して中の兵士が死亡します。
操縦士は無事で機は被弾しながらもなんとか飛行をつづけます。

おどろくべきことに
生存兵が仲間の死体を機内からほりなげるのです。
この前がどうだったか、このあとどうなったか、おぼえていません。
あまりにもむごいこの情景だけが記憶にのこっています。

いまからおもえば
・敵機を振り切るため、機体を軽くするためだと思います。
・死体を機内から遺棄するさい、死んだ仲間にかたりかけ、無念そうでした


わずかな記憶から、しらべたのですが
・輸送機はおそらく零式輸送機
・襲撃した米戦は逆ガルなので、F4Uコルセア

・・・・
誰にもこの話をしないまま40年過ぎました。
もちろんむごすぎて話したくもありません。
でもいったいなんの映画だったのか。

Aベストアンサー

恐らく1963年の東宝作品で加山雄三が主演した「太平洋の翼」に間違いないと思います。

Q戦争映画名作

戦争の映画の名作を教えてください。
ただ、ww2は散々見たので、ww1,日清日露、
あたりみたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

戦争映画と言えるかどうかは何とも言えないけれど・・・、
第一次世界大戦で日本側に捕らわれの身となったドイツ人捕虜と松江豊寿収容所長との交流を描いた、

「バルトの楽園」 松平健/ブルーノ・ガンツ主演

・・・辺りは如何!?
(映画評としては辛口に評価されているようだが・・・!?)

名作を教えてくれ・・!
・・・と言う要望には届かないかも知れないが、「板東俘虜収容所」のことを描いた作品として意味があるものと思う・・!

Q最近の日本映画の中で、高く評価されている作品や監督を教えていただけませんか

最近日本映画に興味を持つようになりました。昔の名作はいろいろ見たのですが、最近の作品がよくわかりません。
そこで、世界的に高い評価を受けている最近の映画作品や、映画監督を教えていただけないでしょうか。監督さんについては、なるべく若手の方でお願いします。

Aベストアンサー

#2の方の仰るのは『西川美和』ですね。

彼女は群を抜いてると思います。

代表作は2作目の『ゆれる』です。最近3作目の『ディア・ドクター』が公開されました。

女性でしかもまだまだ若い。これから必ず名を広げていく、センスの良い監督だと思います。


世界的・若いなどの条件というより、良い監督として、

タナダユキ、犬童一心、岩井俊二、三木聡、細田守など。

Q洋画のタイトルがわかりません(;_;) 戦争映画です。最近の映画ではないです。最初はアニメだけど、あ

洋画のタイトルがわかりません(;_;)

戦争映画です。最近の映画ではないです。最初はアニメだけど、ある瞬間から実写に変わるというこの映画の監督独特の技法?が使われているそうです。賞もとっているそうで、ある程度有名なものだと思います。

わかっていることがこれだけしかなくてすみません(;_;)
どなたか、もしかしたらこれかもと思ったら教えてください!

Aベストアンサー

『戦場でワルツを』(2008)はどうでしょう?
https://www.youtube.com/watch?v=2SR7g7Nd9es

Q最近DVDをレンタルして映画をよく見ています 何かおすすめあったら教えてください! できれば邦画で!

最近DVDをレンタルして映画をよく見ています
何かおすすめあったら教えてください!
できれば邦画で!

Aベストアンサー

古くてもよければ、私のお勧めは「けんかえれじい」。 若かりし頃の高橋英樹が主演。 大橋巨泉の奥さん大橋寿々子(浅野順子)が相手役です。 昭和十年頃の旧制中学において「バンカラ」と呼ばれた少年たちが喧嘩に明け暮れる日々を描いた鈴木清順監督の映画です。 高橋英樹が浅野順子を思いながら、彼女が弾くピアノを自分の息子で弾くシーンは、石原慎太郎の太陽の季節の障子破りに匹敵する名場面です。

Qおすすめの戦争映画(邦画)

こんにちは!
邦画はまったく見ないので「おススメの戦争映画(邦画)」を教えて下さい。
戦争や歴史に疎いし、読み物は苦手なので、映画限定で申し訳ないのですが・・・・

希望としては
*あまり古くないもの(カラーの映画)
*実際の歴史を元に描かれているもの(日露戦争など)
*日本主体で描かれているもの
*レンタルになっているもの
(ドキュメンタリータッチでもかまいません)
  
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「ひめゆりの塔」
「ビルマの竪琴」はおすすめです。 古いものもあるけど、リメイクされて、カラーの映画もあります。

また、わざと白黒でとった映画で、「黒い雨」というものがあります。 広島の原爆と、その後遺症に苦しむ家族の話です。

それと、分類としては洋画になってしまいますが、「硫黄島からの手紙」は全て日本語、日本人俳優で、歴史にも忠実だと思います。 実在の人物がモデルになっています。

Q小松左京氏原作の「日本沈没」と「復活の日」の映画(実写)について。

どちらかでも観られた方は教えて下さい。
原作はもう購入していますが、色々買い溜めしている中で夢中になっている物(村上春樹、筒井康隆、星新一、安部公房等)があるのでまだ読んでいませんので、先に映画を観てから原作読むのも解り易いかなと思いましたので御願いします。

聞いたところ、どちらとも最後には皆死ぬらしいですね。
では、それぞれどんな亡くなり方、消え方なのでしょうか??

最も残虐なシーンはどんなのかもあればそれぞれ教えて下さい。
沈没と言っても海面上昇とかありますか?鮫とかは特に出ないそうですね。

では待っています。

Aベストアンサー

復活の日なら。

え最後に皆死んだかな?
ほとんど死滅したけどごく僅かは生存して無毒化したか?免疫ができて・・・と言うような感じだったように記憶しているが
なにぶん遙かな昔(原作も映画も)なので、記憶が定かでないが

映画は一度だけだが、原作は当時何度か読み返したので原作の方のイメージが強いですが。

内容を質問して良いのですか?
原作を読む時の新鮮さが無くなりませんか?

残虐なシーン(描写)ってあったかな?
亡くなり方が衝撃なのではなく、着実に死が拡がっていくことの不気味さというか無力感というかそういう感じなのですが


人気Q&Aランキング

おすすめ情報