最新閲覧日:

坂口安吾に『子を連れて』という小説がありますか?
他の無頼派の方の作品かも知れませんが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ANo.#1と2の指摘通りです。



現在入手可能なのは:

哀しき父・椎の若葉/ 講談社文芸文庫/葛西 善蔵 (著)/
¥951/1994.12.01発行/ ISBN: 4061963023

アンソロジー集です、代表作のみですが。

P.S.ちょっと渋いというか「忘れ去られる作家」に近い葛西善蔵も「子を連れて」があるからかろうじて文庫入手可能なのでは?(新潮など他社の文庫はとっくに品切れです)

無頼派なら石川淳(でも無頼派とか何々派というのは大抵作家本人は迷惑な、メディア側の押付分類。第三の新人とか‥)

ちなみに、坂口安吾逝去の際の「安吾のいる風景」は凄い文章です!

では~♪♪♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご回答ありがとうございます。
「子をつれて」のタイトルと暗い内容のみの曖昧な記憶でした。

お礼日時:2002/08/31 07:28

『子を連れて』は葛西善蔵です。

暗~い私小説です。あまりの貧乏に、自分は落伍者であると煩悶しながら子を連れてさ迷い歩くという内容だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。暗い内容のみ曖昧な記憶でした。

お礼日時:2002/08/31 07:30

こんばんは。


確か、「子を連れて」は葛西善蔵だったと思うのですが…?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
葛西善蔵でしたか。作者名すっぽり記憶から抜け落ちておりました。

お礼日時:2002/08/31 07:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報