色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

正社員の場合、遅刻や欠勤をすると給与はどうなるのでしょうか。
またそれらを繰り返した場合、減俸、解雇などはあるのでしょうか。
東証一部上場クラスの会社の実態を知りたいと思います。

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

人事採用を担当しています。



当社の例

遅刻は基本給から時給換算をし1時間単位で減給です。
(例)
基本給20万円の人が20日出勤の月に1時間・1回の遅刻
  200,000円÷20日÷8時間=1,250円
  つまり、1,250円の減給です。

欠勤は同じく1日分の給与(8時間分)を減給です。

また賞与査定時に遅刻と欠勤はマイナスポイントとして計算します。
相対的なものなので、どのぐらいマイナスかはその時により違います。

減俸は少ないですが、遅刻や欠勤が多ければ降格(結果として基本給や職務給が下がる)になるので損です。
無断欠勤が2週間以上続くと解雇です。
連絡をしても「病気なら医師の診断書」「それ以外なら理由書」の提出がないと退職勧奨になったり、異動(普通はそこで退職する)になったり、結果的に辞める様になります。

欠勤等は有給休暇から消化するようにある程度は甘めの処理をしますが、人事査定の面から考えれば、しないに越したことはないと思います。
昇格の対象になったときに遅刻や欠勤が多い人物は見送られる例もたくさんあります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

より具体的な回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2007/10/30 21:19

私の会社では、


欠勤や遅刻早退部分は欠勤控除として、給与を減額します。
昇給や賞与の評価の対象にもします。
年俸制であれば減俸も検討します。

度重なるのであれば、始末書や医師の診断書を要求することもあるでしょう。

始末書などの提出を拒んだり、無断での欠勤などで正当な理由(一人暮らしなどの急病など)がなければ、懲戒処分の対象とします。

懲戒処分には、厳重注意なども含まれますし、一番重い場合解雇となります。場合によっては解雇予告手当を法的になくす手段を取る場合もありますし、会社へ損害を与えれば損害賠償も可能だと考えています。

零細企業の私の会社でここまでの規則があります。上場企業であればさらに厳しいものでしょうし、関連会社や取引先でも雇ってもらえなくなることもありうるでしょう。

基本的にノーワーク・ノーペイの原則です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

より具体的な回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2007/10/30 21:20

会社の就業規則で決まっています。


私のところは、5分遅刻が3回で1日欠勤、それ以上の場合は欠勤扱い。賞与に関係します。
無断欠勤3回で解雇です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2007/10/30 21:19

会社規定によりますとしか・・・



大手になれば、この辺りの規定は厳しい場合が多く
遅刻x回で 1日欠勤扱いとする事も多いようです。
欠勤が給与で直接控除されるばあいと
賞与査定で大きなマイナスとなる場合といろいろあるようです。

無断欠勤は解雇に直結する場合が多く

通常の欠勤(有給を使い果たした等)を繰り返せば
訓告なり昇給なし=事実上の減法などで対処されるようです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2007/10/30 21:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング