今日、家の近くのスーパーに、節分そばなるものがあり、節分にそばを食べる云々
と書いてあったのですが、こんな話はじめて聞くのでどこまでが本当なのか悩んでいます。こういう風習が本当にあるのか、また、あったとしたら、どの地方の風習なのか、わかる方いたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

旧正月は、立春を中心にして、前後15日にあります。

季節的には、一致しています。節分の立春の前の日です。ですから、大晦日にそばを食べる風習を、そのまま、旧正月に移行したものと思います(もともとは、旧正月時代からの風習です)。月遅れの大晦日(1月31日だと違和感がある)のようなものでしょう。下のURLには、昔から食べたような表現になっていますが、旧正月時代は、やはり、12月30(29)日でしょう。

参考URL:http://www.shimadaya.co.jp/jyouhoukyoku/soba/rig …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。その後、自分でも調べて見たのですが、どうもこれが一番説得力のある根拠みたいですね。ただ、いまのそばの売り方を見ると、便乗商法的な売り方かなという感じがしますが。そのあたり、惑わされないようにしないといけませんね。

お礼日時:2001/02/03 16:24

lamuleさんには申し訳ないですけど・・・”節分の太巻き一本まるかじり”も最近の便乗商法らしいです。

gooの過去問、NO・24614のneiさんの質問とその答えに詳しいことが載っています。大阪生まれ、大阪育ちの私の40すぎの友人も「あれは、私の子供の頃には絶対になかった!誰かの陰謀ちゃう~」といっておりました。(笑)
おそばについてはわかりませんが、私の近くのスーパーにもそのようなそばがここ2,3日積まれていたと思います。
夏の土用にうなぎを食べる習慣だって、江戸時代、暑さでうなぎの売上の落ちたうなぎやが平賀源内に頼んで、健康にいいとのキャッチコピーをつくってもらったのが始まりですし・・・
習慣、風習ってこうして作られていくのかもしれませんね。
(ちなみに、バレンタインの”義理チョコ”も私が学生の頃はありませんでした~)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。太巻きの件は意外でした。誰かが仕掛けた話だとは。
事実は意外なものですね。となると、そばも?という感じになってきます。
ただ、それなりの根拠があるだけ、まだマシともいえます。何の根拠も無い
ホワイトデーよりは。
このあたり、面白そうなので、一度調べてみようと思います。

お礼日時:2001/02/03 16:18

徳島では巻きずしを恵方に向いて、一本まるまる食べます。

(切ったらダメらしい。)無言で(笑)。そばは便乗商法じゃないですか。でも温まっていいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。実際の所、そう思われても仕方ない所はありますね。
巻寿司の話は関西で聞いてびっくりしたことを思い出しました。

お礼日時:2001/02/03 16:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石油由来成分の入った化粧品が敬遠される理由。

アトピー性の乾燥肌です。

基礎化粧品を試すのも怖いくらいなのですが、それでもなんとか肌に合うものを見つけないとどうしようもないくらい乾燥してしまうのでいろいろ使ってきましたが、最近は高い化粧品に手を出すより、ワセリンがとってもいいなぁと思っています。

でも、ワセリンって石油由来なんですよね。
以前知人が石油由来を全否定していて、その時は「肌に悪いものなんだな」くらいに思っていたのですが、具体的に石油由来成分は何が悪いんでしょうか?

そもそも石油由来を敬遠する人は、天然由来を推してきますが、石油って天然資源ですよね?
自然の中にあるものなのに、天然由来と区別されるのは何故なんでしょうか。

確かに植物由来ではありませんが、「植物由来だから体(あるいは肌)にいい」と言う人のその根拠もよくわかりません。
植物でも毒になる物は沢山あるし、かぶれなど人体に害を与えるものも沢山ありますから。

でも、石油由来が敬遠される理由がそれなりにきちんとあるのであれば、今後の使用も考えていかなければならないと思います。
詳しい方がいましたら、回答をお願いします。

アトピー性の乾燥肌です。

基礎化粧品を試すのも怖いくらいなのですが、それでもなんとか肌に合うものを見つけないとどうしようもないくらい乾燥してしまうのでいろいろ使ってきましたが、最近は高い化粧品に手を出すより、ワセリンがとってもいいなぁと思っています。

でも、ワセリンって石油由来なんですよね。
以前知人が石油由来を全否定していて、その時は「肌に悪いものなんだな」くらいに思っていたのですが、具体的に石油由来成分は何が悪いんでしょうか?

そもそも石油由来を敬遠する人は、天然由来を...続きを読む

Aベストアンサー

joh35さん、こんばんは

このよう話題に関しては種々のご意見がありますので
あくまで私の一意見として受け取って頂ければと思います

それでは私見を言わせて頂きますと…

●いわゆる『石油由来』であっても安全性の高い原料(油剤・界面活性剤)は多く存在します
●その中でも,幾つかのメーカーのワセリンは原料としては最高レベルの安全性を持ちます
●過去の話ですが,精製技術がまだ未発達だった頃の『石油由来』原料の中には粗悪品が存在したのは事実です
●今では原料の安全性基準はかなり詳細に整備されています


『天然由来を推してきますが、石油って天然資源ですよね?
自然の中にあるものなのに、天然由来と区別されるのは何故なんでしょうか』
『「植物由来だから体(あるいは肌)にいい」と言う人のその根拠もよくわかりません。』

非常に鋭いご指摘だと思います

何が『天然由来』なのかは定義は科学的にはあいまいな部分も多いのが実情です

今、特に欧州の方で新しい自然由来原料の区分が提案されているような
そのような状況です

私の個人の印象では,何由来であろうが、合成だろうが関係なく
『安全性の高い原料は高い,低いものは低い』です

要注意な植物油もありますし、アトピーに適した天然油もある

一次刺激性の高い合成品もある一方、医薬品グレードの高い安全性を誇る合成品もあります

一見同じ成分でもメーカーによっても全然違いますし配合量によっても随分差が出ます

あまりに長くなってしまうのも焦点がぼやけてしまうので今回はこの辺りにしておきますが
joh35さんのご参考になれれば幸いです

そして、あなたのお肌が少しでもすこやかになる一助になれれば更に幸いです

joh35さん、こんばんは

このよう話題に関しては種々のご意見がありますので
あくまで私の一意見として受け取って頂ければと思います

それでは私見を言わせて頂きますと…

●いわゆる『石油由来』であっても安全性の高い原料(油剤・界面活性剤)は多く存在します
●その中でも,幾つかのメーカーのワセリンは原料としては最高レベルの安全性を持ちます
●過去の話ですが,精製技術がまだ未発達だった頃の『石油由来』原料の中には粗悪品が存在したのは事実です
●今では原料の安全性基準はかなり詳細に整備されてい...続きを読む

Q節分にイワシの頭とヒイラギを飾る風習がありますが、今まで一度も飾った事がありません。今年こそは手作り

節分にイワシの頭とヒイラギを飾る風習がありますが、今まで一度も飾った事がありません。今年こそは手作りの飾りを飾りたいと思うのですが、あの飾りを作る場合、イワシは生のままで良いのですか?腐ったり嫌な匂いがしそうなのですが、焼いたり茹でたりはしないのでしょうか。
上手な飾りの作り方を教えてください。

Aベストアンサー

イワシの頭を焼いたものを使ってください
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%8A%E9%B0%AF

http://wadainotansu.com/wp/1935.html

Q「地名が由来の普通名詞」を表す単語

最近はやりの「地名が由来の普通名詞」ですが、それを英語では eponym というとして、「人名が由来の普通名詞」に関しては、それとの類推から toponym というのかというとそうではなく、toponym は地名に関する研究だそうです。
ならば、「地名が由来の普通名詞」を表す単語はあるのでしょうか?
「地名が由来の普通名詞」の例はウィキペディアを参照ください。

Aベストアンサー

Wikipediaでは、toponymで検索するとtoponymyに転送(redirect)されるようなので、それで勘違いされたのではないでしょうか。

toponymは「地名(に由来する名前)」
toponymyは「地名に関する研究」
だと思います。

Q我が家の節分の風習

毎度、お世話になりますっ!!

今日は『節分』ですねぇ~。
今夜の夕食は、鰯の丸焼きに、恵方巻きです。(昨日、母上殿が言っていました。/笑)

さて最近では、あまり「鬼は外ぉ~!福は内ぃ~っ!!」という声が聞こえてこないのですが
我が家では、毎年きちんと豆まきをしています。
(ただ、子どもの時のような大声ではないんですがぁ…/笑)
逆に、子どもの時はやっていて今はしていないことがあります。
といっても、毎年節分の時にやるのではなく、『年男・年女』にあたる時にやらされました。

それは…

  【年の数の豆を紙につつんで、家から一番近い四つ角に置いてくる。】

…というものであります。
しかも、豆を置いて帰ってくるまで、後ろを振り向いたらいけないんです。

私、これはどこの家でもやっていると思っていました。
しかし、この地方ではそんなことする人はいないということが数年前に発覚しました。(笑)

両親共に同県人ですが、我が家は転勤族でもあったので、
どこかの県にいた時に教わったのかもしれないと思い母に訊いたところ
どうもそうではないらしいです。
イベント好き(笑)な母方から伝わったやり方のようです。
しかし、その母方も、やっぱり同県在住。
謎は深まるばかりですが、手がかりとしましては母方の母(祖母)あたりがあやしいようです。
(「あやしい」って…/笑)
祖母は松山出身ですが、やはり転勤族であちこちに行っていたようです。
中部地方の方にも行っていたので、ひょっとしたらそこらへんの風習かもしれないね…
…と我が母上とムリヤリ結論づけました。

もし、これと同じ、または近い風習を御存知の方、
または「やってるよ♪」という方がいましたら、お答えいただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

毎度、お世話になりますっ!!

今日は『節分』ですねぇ~。
今夜の夕食は、鰯の丸焼きに、恵方巻きです。(昨日、母上殿が言っていました。/笑)

さて最近では、あまり「鬼は外ぉ~!福は内ぃ~っ!!」という声が聞こえてこないのですが
我が家では、毎年きちんと豆まきをしています。
(ただ、子どもの時のような大声ではないんですがぁ…/笑)
逆に、子どもの時はやっていて今はしていないことがあります。
といっても、毎年節分の時にやるのではなく、『年男・年女』にあたる時にやらされました。...続きを読む

Aベストアンサー

面白い風習があるんですね~風習好きの私としては調べずにはいられません.

鹿児島では「お金を包んで誰にも見られないようにしてまいてくる」というのがありました.厄年に関係あるようです.
http://www.ne.jp/asahi/toku/home/y010130-010203.html

江戸時代の古い風習として,長生きを願い「節分の夜、自分の歳の数(歳の数より一つ多くという説もありますが)だけ豆をと小銭を入れた紙包みを作り、それを人に見られないようにして四つ角に置いてくる」というのがあったそうです.
http://member.nifty.ne.jp/yukazo/n-back3.htm

防府地方・高知地方などでも「四つ角に豆」の記述がありました.
「後を振り返らない」というのもありました.
「病や疱瘡を祓うために辻に豆を置く」ということもあったそうです.

おそらく江戸時代の風習で年の数だけ(数え年なので現代より一つ多い)の豆とお金を紙に包んで四つ角に置いてくる風習があって,それが少しずつ形を変えて各地に残っているのだと思います.特に西日本に多く残っているようです.

四つ角=四辻というのは古来から異世界との出入り口で,そこに鬼(厄・病)を祓う豆を置くのは納得できます.
またその際に「後を振り返らない」というのもギリシャ神話のオルフェウスの話や古事記の黄泉比良坂のくだりを彷彿とさせます.

是非この風習を続けてくださいね.

面白い風習があるんですね~風習好きの私としては調べずにはいられません.

鹿児島では「お金を包んで誰にも見られないようにしてまいてくる」というのがありました.厄年に関係あるようです.
http://www.ne.jp/asahi/toku/home/y010130-010203.html

江戸時代の古い風習として,長生きを願い「節分の夜、自分の歳の数(歳の数より一つ多くという説もありますが)だけ豆をと小銭を入れた紙包みを作り、それを人に見られないようにして四つ角に置いてくる」というのがあったそうです.
http://member.nifty...続きを読む

Qビフィズス菌 ヒト由来ってどういうこと?

某ヨーグルトの試食をバイトでやることになりました。
そのヨーグルトの資料を見ていたら
ビフィズス菌には動物(ネズミ・豚など)由来のと、ヒト由来のがあってこのヨーグルトはヒト由来(健康な乳児)と書いてあったのですが、健康な乳児由来のビフィズス菌ってどういうことですか?
健康な乳児から採取して培養したってことですか?
ちなみに安いビフィズス菌は動物由来のが多いのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

>健康な乳児から採取して培養したってことですか?
そうです。

ヨーグルトメーカーが新しい乳酸菌を探す時、菌がいそうな所を片っ端から探して回ります。ビフィズス菌は腸内細菌ですから、動物の腸は真っ先に探す候補でしょう。

>ちなみに安いビフィズス菌は動物由来のが多いのでしょうか?
菌を採取した場所と値段は関係ありません。

Q時期外れですが、節分の風習(^^;)

岐阜県東濃地方で生まれ育った者です。
小学生の頃の節分といえば、
短冊の上部に鬼の顔の絵を描き、下部には
その年がうるう年ならば「十三月」・
うるう年でなければ「十二月」と書き、(その逆だったかも)
それを各々の玄関に貼り付けておきました。

夜になると子ども達が家々を巡り歩き、この短冊を剥がして集めます。
翌日学校に持って行き、誰が最もたくさん集めたかを競ったものです。

現在は廃れてしまっているようですが、
同様の想い出をお持ちの方はいらっしゃいますか?
それはどちらの方面でのことですか?
十三月と十二月の区別は私の記憶通りでしょうか?
変わった風習はないかと検索しましたが、巻寿司を食べるとか、
「鬼も内と言う」とかの類しか見当たりませんでした。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えください。

Aベストアンサー

こんにちは。

地方によって色々なやり方があるようですね。

十三月と書くのは存在しないので鬼が混乱して逃げていくと言う意味のようです。
ここでは区分は見当たりませんね。
http://www.forest.minokamo.gifu.jp/data_box/dougu/2_07.html
2004/01/14(水)
http://f-culotte.hp.infoseek.co.jp/diabak12.html

オニギのところに丸太の二つ割の面へ十二月(旧暦に閏があれば十三月)とありますが。
http://www.iida.co.jp/~dozeu/hougen5.htm

長野県でも「細長い、板に閏年は十三月と書いて、平年は十二月って書く」とあります。
http://www.icon.pref.nagano.jp/usr/ryokuzan/kihon/saiziki-2_setubun.html

「十一日」のところに「十二月鬼(閏月あれは十三月鬼)と書く」と言うのがありますが、関係があるかどうかわかりません。
http://homepage2.nifty.com/kyogoku/memeki-files/memeki-bunsyo/memekinosyogatu.html

参考URL:http://www.forest.minokamo.gifu.jp/data_box/dougu/2_07.html,http://www.iida.co.jp/~dozeu/hougen5.htm

こんにちは。

地方によって色々なやり方があるようですね。

十三月と書くのは存在しないので鬼が混乱して逃げていくと言う意味のようです。
ここでは区分は見当たりませんね。
http://www.forest.minokamo.gifu.jp/data_box/dougu/2_07.html
2004/01/14(水)
http://f-culotte.hp.infoseek.co.jp/diabak12.html

オニギのところに丸太の二つ割の面へ十二月(旧暦に閏があれば十三月)とありますが。
http://www.iida.co.jp/~dozeu/hougen5.htm

長野県でも「細長い、板に閏年は十三月と書いて、平年...続きを読む

Qinchとcmの由来について

単位の名称の由来を調べています。
inch と cmの名称の由来を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

インチは親指の横幅の長さからきています。
インチの 語源はラテン語の1/12を表すウンシアからきているようです。
メートルとは地球の極と赤道間の距離の1000万分の1としたことから始まっていますが、現在では、299792458分の1秒の間に光が真空中を進む長さということになっています。
ラテン語「計る」を表すメトラムが語源のようです。
センチというのは、1/100という意味です。
ラテン語の「centum」の意味は「100」です。

http://www.orbit.jp/~izaki/mame/03.html

参考URL:http://www.cc.kurume-it.ac.jp/home/general/sibhome/unit/unit5.html,http://www.hokuriku.ne.jp/fukiyo/math-osy/meter.htm

Q節分・恵方巻疲れ。恵方巻っていつから始まったんですか?海苔巻きっていつの時代からあったのでし

節分・恵方巻疲れ。

恵方巻っていつから始まったんですか?

海苔巻きっていつの時代からあったのでしょう。

江戸時代以降ですよね・・

江戸時代以降に出来た恵方巻文化にもう疲れてきた。

海苔巻きならごはんに味付け海苔巻いて今年の恵方の方角?向いて食べても恵方巻な気がする。

貧乏くさいけどわざわざ大量生産された恵方巻を高い値段出して食べる気がしなくなった。

年の性かな。

Aベストアンサー

恵方巻の起源には様々な説がありますが、大阪高裁が用いた記述によると
1.江戸末期から明治の始め、大阪の船場が発祥の地で、商売繁盛,無病息災,家内円満を願ったのが事の始り。

2.大阪を中心に「節分の日にその年の恵方に向いて無言で壱本の巻寿司を丸かぶりすれば其年は幸運に恵まれる」と言い伝えられ,遅くとも昭和7年ころには大阪の一部地域において,節分に恵方を向いて巻き寿司を丸かぶりする風習が行われるようになった。

ということですから、(1)に関して、中に入れる具は縁起のよい七福神にちなんで、七種とされるのも、商人たちがはじまりなら納得がいきます。(2)も大阪の一部での節分の日の行事だからこそ、東日本や他の地域にはなじみがなく、それをマーケティング戦略でスーパーやコンビニが大々的に広めて今日に至るということですね。

Q臍帯の細胞は母子どっち由来?

哺乳類の臍帯、特にヒトの臍帯を構成している細胞は、
主に母由来の細胞でしょうか?
それとも胎児由来の細胞でしょうか?
あるいは、混じっているのでしょうか?

Aベストアンサー

胎盤は脱落膜が母体由来、絨毛膜及び羊膜が胎児由来ですから、それよりも胎児側にある臍帯は母体由来ではないでしょうか?羊膜に包まれていますし。自信はありません。

Q韓国に節分はありますか?

韓国に特別な節分行事はありますか? 今日は「節分だね」といって何か特別な事をするということはあるのでしょうか?巻き寿司の丸かぶりはさておくとしても、鰯の頭を玄関にぶら下げるとか、豆まきをして自分の年齢の数だけ食べるとか。。。ご存じの方がいらしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日は違いますが、
韓国では日本の節分のような日を「정월대보름」(チョンウォルデポルム(正月満月))と言い、
1年の最初の満月の日『デポルム』と言います。
特別な日として五穀飯(オゴッパッ)を食べます。
いつものお米だけのではなく、麦、きび、豆、もち米、小豆、米などを入れてご飯を炊いて食べるそうです。
(各家庭によって少しずつ種類は変わると思いますが、五穀飯というように5種類の穀物を入れます。)
そしてその日に、日本が豆まきで鬼退治するように
韓国は落花生を噛んで、その出る音で鬼退治をするそうです。

クルミ、松の実、落花生(殻をむいてない物)など、硬い殻をもった実を歯でかみ、音を出すことを「プロム」
と言うそうで、一年間、体にできものや腫れ物が出ないようにと行うものだそうです。
また大きな音を立てて割って食べると鬼が音に驚いて逃げていくそうです。

こんなふうに歯で大きな音を出した後『ポルムカムネ』と言います。それを続けて3回言います。
『ポルムカムネ!ポルムカムネ!ポルムカムネ!』
それで、驚いた鬼が外へ逃げ、一年間 寄りつかなくなるとか( ^^) _旦~~

日は違いますが、
韓国では日本の節分のような日を「정월대보름」(チョンウォルデポルム(正月満月))と言い、
1年の最初の満月の日『デポルム』と言います。
特別な日として五穀飯(オゴッパッ)を食べます。
いつものお米だけのではなく、麦、きび、豆、もち米、小豆、米などを入れてご飯を炊いて食べるそうです。
(各家庭によって少しずつ種類は変わると思いますが、五穀飯というように5種類の穀物を入れます。)
そしてその日に、日本が豆まきで鬼退治するように
韓国は落花生を噛んで、その出る音で鬼退治をする...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報