GタンパクによりCaイオンチャネルを開けるのはどんな細胞で見られるんでしょうか?教えてください。

A 回答 (2件)

細胞と聞いておられるのが、プライマリーなのか培養細胞なのか、それとも組織レベルのような意味で聞いておられるかわからないので答えにくいのですが、


とりあえずPubMedでG protein Ca channelでひかれればたくさんでます(700ほど)。

調べ方のヒントをもう少し差し上げると、G proteinを介したシグナルトランスダクションでCa++活性型のプロテイン(CaM-kinaseなど)をマーカにみている実験でなおかつG proteinのインヒビターを使っているものならばまずあたりのはずです。

Ca channel G protein CaM kinase cell でひいた結果をのせておきます。
ざっとみていくつか引っかかっているようです。
トライメリックは専門ではありませんが(small Gが得意)少しはわかるので何かあれば聞いてください。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov:80/entrez/query.fcgi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2001/02/01 01:07

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは如何でしょうか?



どのような観点で調べておられるのでしょうか?
 
補足お願いします。

参考URL:http://www.mmbs.s.u-tokyo.ac.jp/Oka/oka-essay.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞

ある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞が40個分裂期の細胞が10個あったとします。
核一個あたりのDNA量が一倍の細胞(G1期の細胞)は100個、DNA量が二倍の細胞は(G2期と分裂期の細胞)は40+10=50個、S期の細胞はDNA量が1.25倍のもの、1.5のもの、1.75倍のものなどさまざまですね。それをグラフにすると次のようになります。
グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。
ちんぷんかんぷんです。
分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

>G1期の細胞が100個
S期の細胞が 50個
G2期の細胞が 40個
分裂期の細胞が 10個

>グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。

「低い」とはグラフの縦軸のことをおっしゃっているのでしょうか?
それならば、縦軸は「細胞数」と書いてあります。

G1期の細胞が 100個
S期の細胞が 50個

ですから。。。。

Q細胞内Caイオンの役割

細胞はCaイオンの流入や放出を行っていると聞きました。
では、いったいどういう時にこのような反応を示すのでしょうか?
Caイオンが多すぎたり少なすぎて良くないことが何かあるのでしたら、教えてください。

Aベストアンサー

Caイオンは情報伝達物質として働いている場合が多いです。

細胞外からある種の刺激が与えられると、細胞内のCaイオンの上昇し、それによって神経の興奮や細胞死などが引き起こされたりします。ただ、Caイオンの細胞内の役割はまだ良くわかっていません。

Q血漿caイオンと血中ca濃度の違い

血液中のカルシウム濃度は、副甲状腺ホルモンの作用によって調節されていて、副甲状腺ホルモンは、血中カルシウム濃度を上昇させるホルモンであることは
確認がとれたのですが、血漿caイオンとの違いがイマイチ理解できませんでしたのでよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 少しはご自分で調べましたか?
 言葉の定義をきちんと把握しないと、一流の(まともな)知識は身に付きませんよ。

 血中カルシウムと血漿カルシウムは同義です。というのは、血液中のカルシウムを測定する際には細胞成分を除くからです。
 そう、もうお分かりですね。

 血液 - 血球 = 血漿

 ということです。

 ちなみに血中カルシウムは、遊離して[Ca++]の状態のもの、アルブミンに結合したものの2種類あります。
 従って、

 血中カルシウム濃度 = アルブミン結合分 + イオン化カルシウム

 となります。

Qタンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

膜タンパク質の性質や特徴は図書館で調べたら出てきたんですが
可溶性タンパク質の方は調べても出てきませんでした。
なので、水溶性タンパク質の性質や特徴を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くあるので、膜タンパク質と言えば、何となく脂溶性(水溶性でない)タンパク質かな?と
玄人は連想できますが。

で、「膜タンパク質」は、そのタンパク質が機能する場所である膜に存在するタンパク質の総称なので、
調べると「膜でどのような機能を持っているタンパク質たちである」と本に書いてあると思いますが、
一方の「水溶性タンパク質」は化学的な性質を言ったものたので、どのようなタンパク質がと言われても
「水に溶ける」くらいしか共通点は挙げれません。
(っていうか水溶性と言っている時点でそれはわかることなので、いちいち解説する必要ないでしょ?)

つまり、何が言いたいかというと、
そういう分類は一般的じゃなく、もし、「膜タンパク質と水溶性タンパク質」に分ける人がいるとして、
その「水溶性タンパク質」と言っている人が、ある程度何かを想定して言っているはずだということです。

なので、その人に「何のことを指しているのか?」って聞くしかわからないのと、あとは
No1様のおっしゃるように自分で決めて調べるしか無いと思います。

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くある...続きを読む

Q細胞図を見ると、DNAはよく表示されてますが、RNAは見かけません! RNAは細胞内のどの場所にある

細胞図を見ると、DNAはよく表示されてますが、RNAは見かけません!
RNAは細胞内のどの場所にあるのですか?

Aベストアンサー

おおざっぱにいえば「いろんなところ」にあります.

例えば mRNA は核 DNA をもとに合成され, そこにリボソームがついて蛋白質が作られていき, 最終的に不要になれば分解されます. そしてリボソームで蛋白質を作るためにはアミノ酸をもってくる tRNA が必要. さらにはリボソーム自身が rRNA を持っています.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報