バレーコードよりパワーコードのほうが簡単で、音もカッコイイということでやりたいと思っているんですがパワーコードがわかりません;;
あるサイトの例でFコードは↓のようになると書いてあったのですが何故そうなるのかわかりません。
他のコードなどもパワーコードにしたいのですが仕方が全くわかりません;;
┏┳━┳━┳━┳━┳━     
┃┣━╋━╋━╋━╋━
┃┣━╋━╋━╋━╋━
┃┣━╋━╋━╋━╋━     
┃┣━╋━╋●╋━╋━
┗┻◎┻━┻━┻━┻━ 
HPで検索して探したのですが全て「完全五度(またはその転回形の完全四度)の関係にある二つの音のみを同時に鳴らすことによって得られる和音である」など「長三和音(または短三和音)から第3音を省略した和音に相当する。」「根音がXのとき、X5の記号で表示する」と、書いてあり自分は音楽に詳しくないので全くわかりません;;
超初心者なもので詳しく教えていただけると幸いです><
読みにくいですがお願いします。
   

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ども。



このアスキーアート(になるのかな?)
┏┳━┳━┳━┳━┳━     
┃┣━╋━╋━╋━╋━
┃┣━╋━╋━╋━╋━
┃┣━╋━╋━╋━╋━     
┃┣━╋━╋●╋━╋━
┗┻◎┻━┻━┻━┻━
が、ちょっと新鮮なのでこれを使って説明すると。

Fのバレーコードで音がなっているのは、こんな感じ。
┏┳◎┳━┳━┳━┳━     
┃┣●╋━╋━╋━╋━
┃┣━╋●╋━╋━╋━
┃┣━╋━╋●╋━╋━     
┃┣━╋━╋●╋━╋━
┗┻◎┻━┻━┻━┻━  
   ↑
  この音がルートですよね。
┏┳◎┳━┳━┳━┳━     
┃┣●╋━╋━╋━╋━
┃┣━╋●╋━╋━╋━
┃┣━╋━╋●╋━╋━     
┃┣━╋━╋●╋━╋━
┗┻◎┻━┻↑┻━┻━  
         ↑
       この音が5度の音(第5音)

なんですよね。
パワーコードっていうのは、
「ルート音 + 5度」だけを発音させているんですね。

これがロック系の人に愛用されるのは、
 ・ルート音の低音の響きとザクザクした音感が心地よい
 ・メジャーコードも、マイナーコードも
   パワーコードにすると、指の形が同じ。
っていうのが大きな理由ではないでしょうかね?

ちなみに、指の形をそのままにして、単純に抑えるところを
 ズラしていくと、そのままコードチェンジできます。

Gならば
┏┳━┳━┳━┳━┳━     
┃┣━╋━╋━╋━╋━
┃┣━╋━╋━╋━╋━
┃┣━╋━╋━╋━╋━     
┃┣━╋━╋━╋━╋●
┗┻━┻━┻◎┻━┻━
         ↑
       ここがG音ですよね。
 指の形はFのまま、2フレット移動です。

大切なのは、6弦ルートならば、
 絶対に1~4弦の音を出さないこと
 ですね。

参考になれば良いのですが。
    • good
    • 0

ハードロック、ヘビメタでパワーコードがよく使われるのには、もうひとつ理由があると思います。


ギターにディストーション系のエフェクトをかけている場合、3音以上のコードで弾くと倍音の関係で音がにごって非常に耳障りです。5度とか4度の音程で2音だけ鳴らすと、それをさけられ、しかも単音ディストーションに比べると迫力が増します。弾いてみればわかります。
    • good
    • 0

パワーコードというのは、基準となる音に、その完全五度上の音程を重ねた二つの音程からなる複音を指します。

厳密な定義をすれば、これはコードとしては成立していません。伴奏などで単音では迫力に欠け、またコードでは響きが複雑になりすぎたり、あるいは響きの長短がはっきりしすぎる、奥行きがありすぎると言うようなケースで選択されることの多い手法と言えます。

と、いきなり小難しいことを書きましたが、そうした小難しいことを抜きにして言うのであれば、パワーコードと言うのは「ある音程に対して、その7フレット分(5音分)上の音を重ねたもの」です。
ギターは事実上、一つの弦では1つの音しか出ませんので、7フレット分上の音については隣の弦上で出すことになります。一般的には、基準となる弦のポジションに対して、その高音側に隣の弦の+2フレットのポジションを加えます(隣の弦との音程差は2-3弦間の4フレット差を除き、すべて5フレット差でチューニングされます)。(あるいは、基準となるポジションに、その低音側に隣の弦の同一フレットのポジションを加える場合もあります)

具体的には、質問文に挙がっているFのパワーコードであれば、Fの音は6弦1fにあり、それに対して高音弦側に隣の弦の+2fですので、5弦3fを重ねます。これは質問文の例にある通りです。
他のパワーコードについては、基準を取る弦の位置が6~4弦までの間であればこのフォームを平行移動させることで対応できます。例えば、Eのパワーコードであれば、6弦開放がEですので、それに5弦2フレットを加えます。Gのパワーコードであれば、6弦3fがGですので、5弦5fを加えます。Aのパワーコードであれば、5弦開放がAですのでそれに4弦2fを加えます。あるいは、6弦5fもAですので、それに5弦7fを加えるフォームも考えられます。

このあたりは、ギターの音程の並びを把握して、それを基に考えるのが良いでしょう。ギターの配置図については、教本などに載っていることもありますし、ネット上で掲示しているところもあります。あるいは、自分で紙に図を書いて作成するのも良いでしょう。それらの資料を利用するなりして、目的の音程が出るポジションを探し出せば、そのポジションを基準としてパワーコードのフォームを作るだけです。これは、それほど難しいことではありません。単純に考えるのが良いでしょう。

なお、老婆心ですが、コードなどの複音に関しては、その構成音を具体的に捉えるように努めるのが良いでしょう。言い換えれば、どのポジションを押さえているから、どの音程が出る、ということを整理して把握するように努めるのが良いでしょう。指の形がこうなっているから、とフォームだけで覚えてしまうと、音楽的な理解が難しくなります。余裕ができてきたら、具体的にどういった音程が出ているのかを意識的に整理するようにすることをお勧めします。
また、これも老婆心ですが、バレーコードについてもすぐにできないからと敬遠せず、できるように練習すると良いでしょう。できないことを避けていては、いつまでもそのできないことはできないままです。腹を括って向き合うことも、いずれは必要になるでしょう。バレーコードが弾けるようになるだけで、コードに対応できる幅は格段に広がります。それに、バレーコードをパワーコードに置き換えると、当然ながらコードの響きが変わってしまいます。曲の雰囲気などにも影響し、曲の再現性も下がることには注意が必要でしょう。

参考まで。
    • good
    • 0

三度の音でそのコードがマイナーコードかメジャーコードかが決ります。


Cなら
C E G で Cメジャー
C E♭ G で Cマイナー
でもパワーコードでは C G の二つだけしか使わないのでマイナーコードかメジャーコードかが確定していません。
どちらでも使えるわけです。
    • good
    • 0

その検索したのがまさに詳しく書いてあるわけです。

でもよくわかんないのはその説明が理解できていないだけですね。簡単に出来るようのなれる説明をします。

いまの上のフォームはFコードの6弦と5弦だけです。これぐらいはわかりますね?Fコードも分からなかったらこの先はたぶん分からないのでFコードの押さえ方をコード表でチェクしてみてください。

2重丸がキーとなる音。ファです。Fのキーはファだから2重丸の音は必須なんです。でこのファと5弦の薬指を同時に弾けば簡易低音部Fコード、つまりFのパワーコードのできあがりです。このフォームで順番にフレットをひとつずつ上がってゆけばF♯、G、A♭、A、B♭、B、C、D♭、D、E♭、E、F~って順番にコードになります。あまり上りすぎてもなんなんで適当な所で5弦と4弦に切り替えてください。いや、切り替えないでも良いですし、どっちでもいいです。音が同じのとこがありますでしょ。弾きやすくて、音の響きがいい方を選んでください。このへんは弾いてみれば今なにを言ってるかが分かると思います。

まあ、極めて単純なことです。自分でいろいろ弾きながら発見していってください。ただし!これはあくまである種の効果を狙った簡易版ですから通常のコードもちゃんと練習しないとダメですよ。カッコいいのは良いですけど、本来は逆なんです。コードをちゃんと響かせられてからパワーコードも使うという。まあ、楽しみながら練習してください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパワーコードの耳コピ方法なんですが

パワーコードの耳コピ方法なんですが
パワーコードだけで、アニソンとかを耳コピしたいのですが
そもそも耳コピのやり方がわかりません。
パワーコードなら簡単だと聞いたので、パワーコードで耳コピする方法を教えてください。

Aベストアンサー

えーと、質問者さんはギターをやるということでしょうか?
パワーコードというのは、2音または3音だけで作られたコード(和音)のことで
ギターで弾く時には、ルート音がきまれば自動的にほかの音の位置も決まります。
パワーコードなんかで検索してみれば出てくると思いますが、指の押さえ方はとても簡単です。

ルート音が決まればパワーコードが決まるので、耳コピするならまずルート音を聞き取る必要があります。
ルート音というのは、そのコードの中で一番低い音という認識でいいと思います。
ピアノがあれば楽なのですが、なくてもまずは6弦または5弦上からルート音を探してみてください。
音源を聞きながらフレットを1つずつ移動していって、同時にならして同じ音なら、それがルート音のはずです。

Q耳コピはギターソロよりもコード進行からやったほうがいいですよね?

耳コピはギターソロよりもコード進行からやったほうがいいですよね?

Aベストアンサー

コードが分かった方が、組み立てやすいでしょうね。

Qパワーコードとバレーコードについて

パワーコードはRootに5度を足した音でバレーコードは人差し指でセーハなどしたコードのことを言って、パワーコードとバレーコードはまったく別のものですよね?以前、友達がパワーコードのことを人差し指でセーハして・・・とか言っていたので。

Aベストアンサー

一般的には、バレーコードという言葉はコードフォームを形容した表現で、音楽的な根拠を持つ用語ではありません。ギター系楽器特有の俗語のようなものです。具体的には、人差し指でほぼすべての弦をバレーしながら押さえるコードフォームや、そうしたコードフォームを使って出すコードのことを指します。

一方、パワーコードというのは音程に根拠を持つ用語で、ご質問文にある通り特定の音程に完全5度の音程を加えた二つの音程からなる複音を指します。
基本的な和音は、基盤となるルート音、ルート音の響きを補完する完全5度、メジャー・マイナーの別を決定付ける3度(短3度or長3度)の3つの音程からなりますが、パワーコードはこのうち3度の音程を除いたものになります。ただ、単純に3度をオミットすればよいと言う訳ではなく、これにギター上で低音弦側を中心に展開するものという条件が加えられることも多々あります。
厳密なことを言えば、パワーコードには響きの長短を決める音程が欠けているため、コードとしては成立していません。その代わり、パワーコードでのバッキングにメロディーを載せる場合、スケールの選択の幅を広く取れるという特徴があります。あるいは、単音では響きが物足りない場合に、雰囲気を壊さずに響きを厚くすることができます。

パワーコードとバレーコードとは、定義が異なる用語になります。分けて捉えておくのが妥当です。
参考まで。

一般的には、バレーコードという言葉はコードフォームを形容した表現で、音楽的な根拠を持つ用語ではありません。ギター系楽器特有の俗語のようなものです。具体的には、人差し指でほぼすべての弦をバレーしながら押さえるコードフォームや、そうしたコードフォームを使って出すコードのことを指します。

一方、パワーコードというのは音程に根拠を持つ用語で、ご質問文にある通り特定の音程に完全5度の音程を加えた二つの音程からなる複音を指します。
基本的な和音は、基盤となるルート音、ルート音の響きを...続きを読む

QDコードやパワーコードを弾く時に・・・

こんにちは。
質問なんですが、ギターでDコードやパワーコードを弾く時に鳴らしたくない弦まで鳴らしてしまって困ってます。
(Dなら5弦、パワーコードなら押さえている弦以外の全部みたいな感じです。)
特にダウンピッキングとアップピッキングを交互に弾くと毎回鳴らしてしまいます。
なにか改善する方法でしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

非常に単純なことですが、鳴らしたくない弦をミュートすることと、余計な弦をピッキングしないことを徹底するのが良いでしょう。

ピッキングについては、余計な弦まで勢いで弾いてしまわないように、うまくコントロールするように気を遣うと良いでしょう。 単純にピックを振って弦を弾けばいいと、ずさんな意識にならないように、丁寧にピックをコントロールすることを意識することをお勧めします。 ピッキングに関しては、繊細なコントロールが必要で、見た目以上に難しいものですので、よく注意して取り組むと良いでしょう。
ピッキングのコントロールについては、手首をうまく使うようにすることをお勧めします。 スナップを利かせるとよく言われる動きになりますが、手首を回す動き(鍵を回す、扇子で扇ぐ、水滴を払うなどの動きを連想すると良いでしょう)をうまく活かすと、だいぶ楽になりますし、コントロールもしやすくなるでしょう。 力任せにピックを振り回すのではなく、力まないようにしてピックをうまく運ぶように気を遣うとより良いと思います。
また、ピックを動かす時に、ピックの先がどのような軌道を描くのかを、三次元的に把握することもお勧めします。 ピックの先の軌道については、あまり直線的に動くのは好ましい状態ではないように思います。 弧を描くような軌道の方が、動きとしては自然でしょう。 そうした軌道を意識した上で、その軌道がうまく目的の弦とだけ交錯するようにイメージしながら、ピッキングしてみるのも良いかと思います。

また、鳴らしたくない弦については、ミスピッキングでのノイズや、共振によるうなり等を防止する意味で、開放弦のままにしないようにするのが良いでしょう。 常に体のどこかが弦に触れているくらいでも、やりすぎにはなりませんので、積極的にミュートをかける癖をつけるのも良いと思います。
ミュートの方法については、とにかくどんな方法でも良いので、演奏に支障がなく、効果のある方法であればどんどん取り入れるのが良いでしょう。 弦を押える手でいえば、空いている指は鳴らさない弦に添える、弦を押えている指の指先を隣の弦のミュートにあてる、弦を押えている指を寝かせるような具合で指の腹で高音弦側をミュートする、親指を5~6弦あたりのミュートに当てるなど、ピッキングする手でいえば手の腹を低音弦側に載せる、ピックを持っていない指先を弦に触れさせるなど、色々とやれることはあると思います。 思いつく限りの方法を採用するのが良いでしょう。
Dコードで5弦を鳴らしたくない場合は、親指を伸ばして5・6弦をミュートするのが現実的かと思います。 パワーコードに関しては、弦を押えている人差し指をバレーの要領で寝かせてしまい、指先で押えているポジションの低音弦側の弦、腹で高音弦側全体をそれぞれミュートするのが良いかと思います。 また、薬指を使っているのであれば薬指も寝かせて腹で高音弦側をミュートするのも良いでしょう。 加えて、中指が遊んでいるのであれば、その指も伸ばして低音弦に触れてミュートするのも良いと思います。 いずれにしても、演奏に支障のない方法であれば、どんな手段でも使ってミュートするのが良いでしょう。

なお、ピッキングにしても繊細なコントロールが必要な操作になりますし、また音を出すだけではなく音を鳴らさないこと(ミュート)についても弦楽器では重要な操作になります。 上達を目指す上では、そのあたりの点についてよく注意を向ける必要があると思います。 そのあたりも意識して、丁寧に練習・演奏するように心掛けることをお勧めします。

参考まで。

非常に単純なことですが、鳴らしたくない弦をミュートすることと、余計な弦をピッキングしないことを徹底するのが良いでしょう。

ピッキングについては、余計な弦まで勢いで弾いてしまわないように、うまくコントロールするように気を遣うと良いでしょう。 単純にピックを振って弦を弾けばいいと、ずさんな意識にならないように、丁寧にピックをコントロールすることを意識することをお勧めします。 ピッキングに関しては、繊細なコントロールが必要で、見た目以上に難しいものですので、よく注意して取り組む...続きを読む

Qパワーコードって?

1年前からギターをはじめたのですが、ある程度のコードは覚えました。しかしパワーコードの事がさっぱり分かりません。パワーコードのダイヤグラムが載っている本ってありますか?
あともう1つ。
アーティストの方はパワーコードで弾いているのですか?(アコギのアーティスト以外)

Aベストアンサー

パワーコードはルート+5度+1オクターブ上の3音で構成されています。(3度抜きコード)
コードがCですと、5弦3フレット・4弦5フレット・3弦5フレットで、Fなら6弦1フレット・5弦3フレット・4弦3フレットになります。
パワーコードが良く使われているのはハードロック系が多いかと思います。

Qギターはローコード、ハイコード、パワーコードの三つが基本ですか?

ギターはローコード、ハイコード、パワーコードの三つが基本ですか?

あとはソロですよね。

Aベストアンサー

いや、ギター弾き語りの場合は、パワーコードなんか使う事は、よっぽど特殊な技を使う時だけですから、パワーコードは基本じゃないです。

ギター弾き語りの場合は、
「ローコードとハイコードの使い分け(使い分けの上手さ)」

「アルペジオ(のバリエーション)」
の2つが、超基本中の基本です。

ギター弾き語りベースのソロは、バックにコード感を作ってくれるベース等の楽器が居ない事が前提ですから、ソロもどっちかと言えばアルペジオの延長線上のやり方をしないとダメですし。

Qこの曲のパワーコード知っていますか?

こんにちは。
私は初心者の軽音楽部(担当はエレキギター)なのですが、今年の文化祭でGO!GO!7188さんの「こいのうた」をやることになりました。
「こいのうた」はエレキの初心者でもパワーコードでなら十分弾けると聞きいたのが理由です。

ですけど、「こいのうた」のパワーコードがわかりません。
調べてもなかなかでてこないので困っています。
もし、「こいのうた」のパワーコードを知ってるひとがいたら教えてください。
それ以外にも、パワーコードのサイトなど知っている方は是非教えてください。

Aベストアンサー

コードなら↓

http://music.j-total.net/data/010ko/020_GO_GO_7188/002.html

そのコードの上2つ弾くだけ、とかでいいんではないかと。

Qコード進行内のバレーコード練習法

 曲を演奏する上で必要不可欠なのは、バレーコード。

 おれは今曲を仕上げるのに必死で特訓をしているのですが、どうしてもコード進行内にでてくるバレーコードをテンポ良く弾けません。3秒くらい指の準備の時間があればキレイに音が出せるのですが、それでは曲が途切れてしまう。
 すばやく運指をするには、どのような練習法がありますか?

 回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

C♯m7-5(TAB:1弦から、00024X)

Cm(3Fセーハ+Am)

G(3Fセーハ+E)

Am7(TAB:010200)


これはCmを6弦から(X3134X)

Gを(32003X) にするとバレーコードがなくなりますし、流れも綺麗かと思います。メロディとの兼ね合いもあるので、あくまでほんの一例です。

個人的にですが、バレーコードの響きがあまり好きでは無いので積極的には使いません。ルート、5度、ルートという6弦~4弦、または5弦
~3弦にかけての音列が分厚くてアンサンブルでは馴染みません。アコギの弾き語りなんかではその分厚さが良い方向に行く事が多々ありますが。



G(TAB:300023)

C♯m7-5(TAB:1弦から、X5454X)

Cm(3Fセーハ+Am)

Bm7(TAB:10101X)

B♭7(1Fセーハ+A7)

Am7(TAB:010200)

↑これはC♯m7-5が何故この形なのでしょうか?弾き語でこのGからの流れだとさっきの形の方が良いと思います。

Bmは6弦から(X20202)の間違いですか?


もしバレーコードが本当にできないのであれば3つくらいの音だけで弾くという手もあります。ただ、生のアコギで他のコードは6,5つの音で一つのコードだけいきなり3つだと少し落差があるかもしれないので、その前後のコードも音を削るなどといった方法も考えられます。

他にも色々自分で試してみてください。

アドバイスをするならばコード間で移動が少ないのはスムーズな動きという事です。フィジカルな面でという事ではなくて音列的にスムーズという意味です。それが必ず良いという訳ではないのですが、コード間であまりにも音がバラバラに聞こえる場合に見直す一つの方法です。

それと、メロディとトップの音(一番高い音)の関係には気を配ると良いです。半音でぶつかっていると濁ったりします。まぁこれは耳で聞いておかしいと思えば変えれば良いだけです。

C♯m7-5(TAB:1弦から、00024X)

Cm(3Fセーハ+Am)

G(3Fセーハ+E)

Am7(TAB:010200)


これはCmを6弦から(X3134X)

Gを(32003X) にするとバレーコードがなくなりますし、流れも綺麗かと思います。メロディとの兼ね合いもあるので、あくまでほんの一例です。

個人的にですが、バレーコードの響きがあまり好きでは無いので積極的には使いません。ルート、5度、ルートという6弦~4弦、または5弦
~3弦にかけての音列が分厚...続きを読む

Qパワーコード

パワーコード

1、2、3弦を押さえるパワーコード(?)の一覧表を見たいのですが、ありますでしょうか?

Aベストアンサー

一覧表探すより仕組みを覚えたほうが早いですよ。

同じフォームのまま、1フレットネック側に移動すると半音上がったことになります。

cのパワーコードを押さえていて、2フレットネック側に移動したらBになります。

C(ド)、C#(ド#)、D(レ)、D#(レ#)、E(ミ)、F(ファ)、F#(ファ#)、G(ソ)、G#(ソ#)、A(ラ)、A#(ラ#)、B(シ)の順で並んでるので(6弦0フレットはE、1フレットはF)、覚えたら表見るより早いです。

参考URL:http://www9.ocn.ne.jp/~knatsu/powerchords/powerchords.html

Q4音パワーコード? リフ

2音、3音パワーコードは聞いたことがあるのですが4音パワーコードというのは存在するのでしょうか?またどのようにやるのでしょうか?
またギターリフという言葉を良く聞くのですがそれはなんなのでしょうか?すごく情けない質問で申し訳ありませんがどなたかご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

少し音楽理論的な説明をすれば、パワーコードと言うのは、ルート音とルート音の5thに当たる音の2つの音程で構成される複音のことです。
私見ですが、音程的にこの二つの音だけで構成されていれば、とりあえずはパワーコードと称しても良いと思います。 (一般的には、6弦にルート、5弦に5thの音を配置したフォームか、5弦にルート、4弦に5thの音を配置したフォームのみをとってパワーコードと称するという説もあります。)
3音のパワーコードは、ルート音の1オクターブ上の音を加えたフォームのことだと思います。 これは、同時に鳴らしている弦の数は3つですが、鳴っている音名はパワーコードの構成音に含まれる2つの音だけです(オクターブ差の同音名の音が含まれます)。
それと同じ要領で考えれば、鳴っている弦が4本のパワーコードと言うのも、できないものではないと思います。 その場合は、ルート音ないし5thの音のオクターブ差の音程を加えることになりますね。 例えば、少しフィンガーストレッチに慣れている必要はあるでしょうが、6弦1f-5弦3f-4弦3f-3弦5f(F)のようなフォームとか、5弦1f-4弦3f-3弦3f-1弦1f(Bb:2弦は小指などでミュート)と言うようなフォームなどが考えられるでしょうか。
ただ、現実的に4つ弦を鳴らす形のパワーコードを使っている例は、珍しいと思います。


ギター・リフと言う言葉については、ギターが演奏しているリフのことを指しています。
リフと言うのは、riffという英語で、曲中で反復して繰り返し演奏される短いフレーズの事を指します。 曲のバッキングとして、1小節とか2小節とかの短い単位で、同じフレーズを繰り返し演奏しているものを、リフと言います。
このリフを、ギターが弾いていれば、そのことを指してギター・リフと表現することもあるでしょう。

参考になれば。

少し音楽理論的な説明をすれば、パワーコードと言うのは、ルート音とルート音の5thに当たる音の2つの音程で構成される複音のことです。
私見ですが、音程的にこの二つの音だけで構成されていれば、とりあえずはパワーコードと称しても良いと思います。 (一般的には、6弦にルート、5弦に5thの音を配置したフォームか、5弦にルート、4弦に5thの音を配置したフォームのみをとってパワーコードと称するという説もあります。)
3音のパワーコードは、ルート音の1オクターブ上の音を加えたフォームのことだと思います。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報