ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

どうして不動産業界で働く人は独立しようとしない人が多いのでしょうか??給料がいいから??楽しいから??お金に困ってないし、ぎゃくにそんな独立するようなお金はない??どんな理由があるのかを是非おしえていただきたいです!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

不動産業界で働く人とは、どのような会社をイメージしているのでしょうか?賃貸仲介業(アパマン業者)?売買仲介業?マンションデベロッパー、総合デベロッパーでしょうか?不動産ファンド系?仲介業であれば比較的独立しやすいでしょうね。

ただし、会社設立、運転資金として相当な費用はかかりますよ。私自身は若い頃に会社設立しましたが今はまた、サラリーマンに戻りました。資金的にやりたいことできなかったことと、リスクを負い切れなかったからです。会社にいれば資金は潤沢なので、大規模な商業開発や住宅開発も可能ですが、独立するとなると現実的には資金及びリスクが最小限な仲介等(賃貸仲介・ブローカー)が現実的なところでしょうか。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは。ご回答有難うございます。
すいません、私が不動産業界の事がよくわかっていないもので、
質問の仕方が中途半端になってしまいました。

私の意味の不動産業界とは、賃貸・売買の仲介業者で働く人のことです。NATTIN79さんはどんな会社を設立されたんですか??賃貸中開業とかですか??店舗はどのあたりで営業されていたのでしょうか??実際独立された方って資金繰りに苦労されるんですか??

私は、これから不動産の仲介業に就職して働きたいんですけど、独立を目指してやってみたいなという望みがあります。(実現できるかどうかは分かりませんが・・・・)現実的にどのあたりに苦労されるものなのか、実際どのくらい費用がかかるものなのか等、よろしければ教えていただけないでしょうか??是非よろしくお願いします!!!!

お礼日時:2007/11/02 23:17

私は不動産関連ではありませんが


No.1さんも言っておられるとおり資金面が大きなネックだと思います。
世の中仲介だけで儲けられるような甘い世界はあまりありませんしね
仲介で商売を成り立たせるにはかなりの人脈が必要です、
それにいい土地なら仲介している間に売れてしまいますし利益は単なる
仲介ですから少ないのは当たり前ですよね
いい土地の売買をしようとすればやはりいい物件が出たときはその土地を即金で
買って押さえる資金が必要であり売れ残っても耐えられる資金力も必要です。
どんな土地でも右肩上がりのバブル時代ならなんとかなったでしょうが
今は大変だと思います。不動産は売れ残ったときのリスクが大きいですからね
あと、知り合いの資格を持っている人が言ってましたが看板を上げて
商売する(不動産だけなら看板上げる必要がある?)にはなんかわからんが
業界団体に登録料?を預ける必要があるとか言ってました。(定かではない)
まぁー聞いた話では100万円以下だったと思うし廃業時は返ってくるといってましたので
それ程気にする必要はないと思いますが売れなきゃ無駄に思えますよね

業界関係なく、法人化する必要があるような業種は初期費用がかかるので
独立したくでも出来ないというのが現実ではないでしょうか?
ITなどで独立が多いのは個人事業の範囲など裸一環からはじめられますが
不動産は法人からはじめないと難しいでしょうね。
不動産は資本が必要ですので難しいですしね
その分、資本金面で最初の壁は大きいと思います。
ただ、これは多くの業種で同じですのでたぶん貴方が知っている範囲が
狭いだけだと思います。不動産屋の看板上げなくても工務店も資格もって
家建てるために不動産もセットで扱っていますしね
不動産専門ではない関連事業の方で起業している方もいると思います。

私は起業が多い業種は廃業も多いと感じますので決して不動産業界の方が
独立しないわけじゃないと思います。
事業を起した人にとってはやはりサラリーマンは資金繰りやリスク面では楽に
感じますからね
これらは実際に経験してみないと理解するのは難しいと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですね。やっぱり経験しないと分からない事って沢山ありますもんね。サラリーマン一本で行くかどうかも考えながら働いていきたいと思います。
ご回答有難うございました!!

お礼日時:2007/11/03 20:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先が見えた50歳サラリーマン、「宅建」の可能性は?

某有名企業のサラリーマンですが、現在は非管理職で年収は800万円弱。4年後に55歳になると2-3割かそれ以上給料が減ります。

会社ではまったく昇進や、転配先のポストの確保という「メがなくなっている」ので、55歳をめどに転職か起業できないかと考えています。

これまでの仕事は、約25年間を企画・調査畑に従事。営業現場はもちろん、総務、経理、人事など一般事務の経験はありません。

資格も転職、起業に役立つモノはありません。
要はつぶしがきかない中高年です。

妻は専業主婦(最近は時々パートやアルバイトに出ています)、子供は私立中高に通う男児が1人だけ。
息子が大学を卒業するまで、そして私が仮に60歳の定年年齢に達するくらいまでは、できれば600万~700万円台の収入を確保したいです。

現況、上記のように、55歳で500-600万円に給料は下がると思いますが、それまでにどういう準備をすればいいと思いますか?

友人に聞いたら、「50歳過ぎても宅建を持っていたら不動産屋で雇ってもらえ、30万円くらいの月収は確保できる」というのです。
不動産、住宅業界は私が調査、研究対象としたこともあるのでまんざら知らないわけではありません。
宅建の資格も半年ほどの勉強で2-3割は合格できるとか。
とりあえず、宅建にチャレンジし、
55歳以降に、それで転職または起業できないか、と思っています。
合わせて、住宅、不動産関連の資格でマンション管理士などにも手を出せば、その後、食いつないでいけないかな、と考えています。

このままでは、60歳すぎてできるのは警備員か掃除くらいしかない、という感じです。

実際に、50歳過ぎで不動産関係などの道への転身をした人、考えた人、または今そういう年齢で会社から離れた生き方をした方のアドバイスを知りたいです。
よろしくお願いします。

某有名企業のサラリーマンですが、現在は非管理職で年収は800万円弱。4年後に55歳になると2-3割かそれ以上給料が減ります。

会社ではまったく昇進や、転配先のポストの確保という「メがなくなっている」ので、55歳をめどに転職か起業できないかと考えています。

これまでの仕事は、約25年間を企画・調査畑に従事。営業現場はもちろん、総務、経理、人事など一般事務の経験はありません。

資格も転職、起業に役立つモノはありません。
要はつぶしがきかない中高年です。

妻は専業主婦(最近は時々...続きを読む

Aベストアンサー

約25年間を企画・調査畑で現在51歳、年収800間年弱。
丁度、定年後をどうするか考える時期ですね。
でも営業経験のないあなたが宅建程度の資格で転職。これは反対です。
不動産業界はそんなに甘くはないです。
回答者の皆さんが書いておられる通りで間違いありません。

それならどうするか、25年間やってこられた”企画調査”業務を生かす方法はないのですか?
この仕事を址年間でもっと磨き、生かす方法を考えられるべきだと思います。
企画の立案の仕方、調査方法のノウハウ等は、誰もが知っている業務ではありません。
一般のサラリーマンと比べたら貴重な存在のはずです。
今の仕事も奥が深く、様々なノウハウの蓄積ができるはずです。
どうしても違う職業にと思っておられるのでしたら、今のお仕事上で法律の関係も多い
でしょうから行政書士か司法書士を目指せば良いとお思います。
少なくとも宅建よりは有利と思います。

また、長い定年後が待っていることも考え、今から健康面でのケアも忘れないように
して過ごすことも必要です。60歳近くなったら、いろんな症状が出てきます。

Q不動産仲介業は?

宅建の資格は持っているのですが、実務経験はありません。
そんな私が、不動産仲介業をいきなり開業して(コネなど一切ありません)やっていく事はできるでしょうか?
また賃貸仲介をする場合に貸主さんを探すのはどういう風にするのですか
 まったく知らないため恥ずかしい質問をしているかもしれませんが、どうかよろしくお願いします

Aベストアンサー

開業する為に・・・
宅地建物取引主任資格者であられると思います。
2年以上の実務経験またはこれと同等の能力を有すると認められた場合真の「宅地建物取引主任者」として登録が出来ます。
不動産近代化センター(確かそんな名前だったと思います)によって毎年行われている、2年以上の実務経験と同等の能力を有するという公認がいただける試験(事前に通信教育あり)をパスすれば、晴れて登録できます。

そしてまた別に「業者」としての登録を行うのですが、受付の書類をそろえ提出したあと、審査があります。この審査に合格して、更に更に「保証協会」への加入が義務付けられていますので(または管轄法務局へ1000万円の供託、金額が金額なのであまりこの供託の方法は採用されていません)面接を受け、認められて初めて、業者としての登録番号が入った免状を受け取れます。

あなたが、主任資格者から主任者となり、業者の免状が取れたとして、やっていけるかどうかはわかりません。
本当にあなたの戦略次第です。

始めは誰でも「まったく知らない」時がありますが、その状態で開業するという人であるからには特別な戦略を持っておられるものとご推察します。

不動産賃貸仲介業界は他業者との縦横の連携がとても大切です。他の業者さんでたくさん物件を管理されていたり、専属元付けとしてられる会社があれば、その物件をjunpanさんが営業し、入居するお客さまをご紹介する。(客付け)そして仲介手数料を頂く。

客付けとして業がなりたつには、かなりの集客力を維持しなければなりません。

どうやって集客するかが大切ですよ。
業界の慣習、常識、市場の動向など踏まえ、各社とも必死で模索しているテーマでもあります。
また、業者はコンサル的な色合いも強い立場ですので、経験や知識は「人並み」程度では話にならないと思います。

長くなりましたが、本当に開業される意志があるのなら、実務経験を積まれたほうがいいです。
私は強くそう思い、お尋ねのものとは若干的が違うかもしれませんが、あえてここに書き込みました。

開業する為に・・・
宅地建物取引主任資格者であられると思います。
2年以上の実務経験またはこれと同等の能力を有すると認められた場合真の「宅地建物取引主任者」として登録が出来ます。
不動産近代化センター(確かそんな名前だったと思います)によって毎年行われている、2年以上の実務経験と同等の能力を有するという公認がいただける試験(事前に通信教育あり)をパスすれば、晴れて登録できます。

そしてまた別に「業者」としての登録を行うのですが、受付の書類をそろえ提出したあと、審査があり...続きを読む

Q宅建業の独立開業について

宅建の資格を取って登録実務講習を受講して独立開業した場合、
実務経験無しでもやっていけるでしょうか?
宅建業界にお詳しい方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

不動産業の独立開業は簡単ですが、事業としてやっていけるかといえば
かなり難しい問題です。
売り物件の情報をどのように集めるか、買い情報の顧客をどのように見つけるかは、非常に難しい作業です。

まず、信頼できる同業者との交流、これにより売り物件情報を入手することができます。買い情報は地元の「住宅情報誌」や「新聞広告」そして無料配布されている「生活情報誌」などに広告を出すという手段で顧客を確保しています。

開業される多くの方は、まず不動産会社に勤務し、経験をつみ同業者とも親しくなって、独立開業します。いきなり開業しても、まず経営が成り立てないでしょう。

この業界は未だに旧態然とした営業をし、宅建業法違反をやっている業者もいます。無責任な業者と付き合えば、大きな火傷をします。
扱う金額が大きく、一度トラブルに巻き込まれると、賠償金額も半端ではありません。

貴方が目指している収益物権は金額も高価であり、そうそう簡単に買い手は見つかりません。私の町でも賃貸ビルは空きが多く、オーナーは家賃が減少し、四苦八苦しています。

学生相手の賃貸ビルも、学生の減少と新しいビルができると、当然設備もよく、そちらに人気が集中し、古いビルは空きが多くなります。

この業界は同業者も多く、競合も激しいのです。不動産に対する知識は無論、税務知識、金融関連知識(住宅ローンの手続きなどの知識)、登記実務、損保の知識など、身につけなければならない知識はたくさんあります。

十分に計画を練って、「宅地建物取引主任者」や「FP」などを取得し
営業能力を身につけて開業を実行してください。

結論をいえば、実務経験なしでは無理だと思います。

不動産業の独立開業は簡単ですが、事業としてやっていけるかといえば
かなり難しい問題です。
売り物件の情報をどのように集めるか、買い情報の顧客をどのように見つけるかは、非常に難しい作業です。

まず、信頼できる同業者との交流、これにより売り物件情報を入手することができます。買い情報は地元の「住宅情報誌」や「新聞広告」そして無料配布されている「生活情報誌」などに広告を出すという手段で顧客を確保しています。

開業される多くの方は、まず不動産会社に勤務し、経験をつみ同業者とも親...続きを読む

Q町の不動産屋。

宅建とFP2級で持って、何の地盤も無い人間が、賃貸を中心に、街の不動産屋を自営して居る方がいらっしゃいます。
場所は、広島市の衛星都市、呉市です。
彼が言うには、
「わしは、医者並みに稼いで居る!」
と、仰ってますが、宅建レベルの資格で、医師並みの年収を叩き出すのは難しいと思うのですが、彼の言って居る事は本当なのでしょうか?はたまた、強がってるだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

 補足がありましたので再度回答させていただきます。
 仕事柄、不動産屋さんをたくさん知っています。
私の知り合いは、銀行の退職者といっても幹部経験者ではなく、毎年たくさんの退職者が出ている中でいつまでもコネが使えるわけではありません。
私の知り合いは、大口の売買物件を年に2件程度まとめるのが収入の多くを占めていて賃貸などの仕事は、宣伝と割り切って収入をあてにしていないそうです。
 不動産屋さんに関わらず、自営業者の収入は青天井です。
地盤があるなしに関わらず不動産屋さんは営業力がすべてです。
具体的なことは、営業機密ですから何も話されませんが、私は、この営業力で一番大事なのは口コミだと思います。
最初の1人のお客様に気に入られた結果次々とお客様が舞い込むこともあります。
 医者の収入がどれくらいか知りませんが、他業種のトップセールスが不動産屋さんを開業したらプロ野球選手並みの収入も無理ではないと思います。

Q未経験 不動産 開業について

 私の父(53歳)が、不動産開業を目指しています。

 約9年間、「ロバート・キヨサキの金持ち父さん貧乏父さん」、「不動産・アパート経営関係」等の本を読んだりして勉強しているみたいですが・・・。
 それがきっかけで、アパート経営を始めました。
 昨年、宅建の資格も取得しました。

 不動産に務めた経験の無い父ですが、開業できると思いますか?

 皆さんは、どのようにして成功しましたか?

 すみません、私は何の知識も無くて・・・
 学校を卒業して、私はまだ社会経験が全く無いので、一度働いた方がいいのかと思い、職場を探しています。
 しかし、否定はしていませんが、父はそっちより開業の方を手伝って欲しいそうです。自信満々の父ですが・・・失敗しそうで怖いです。

 宜しくお願い致します。

 

Aベストアンサー

自分で開業して成功するには、

1 コネや人脈があり、客が向こうから来てくれて、値段に関しては文句は言われない。
2 営業力があり、どんなものでも客を丸め込んで売ってしまう事が出来る
3 技術力があり、同業他社が、まねのできないサービスを提供できる。

上記三点のうちどれかに当てはまれば大丈夫でしょう。

しかし、ずっと会社勤めで、一般客相手の営業をした事がまったく、コネも無い上に、技術力も無いと言う様な人は、失敗します。というか起業した人の9割以上は、失敗してますよ。

特に開業前に自信満々の人は、高確率で失敗します。開業に当たっては、失敗したときの対策や、仕事をしていく上での不安定要素など考えれば、恐ろしい事が沢山あります。

それらを事前に見つけ出して、対策を取れる人が成功します。自信満々の人は、それらのリスクが見えていないので、結果失敗になるわけです。

Q私は、40代後半になりますが、宅建の資格をとれば、私のような年齢でも、

私は、40代後半になりますが、宅建の資格をとれば、私のような年齢でも、関連業界に就職は
できますでしょうか?
ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者様の今までの職歴が分からないので何とも言えませんが、年齢的に宅建資格だけでは就職は厳しいと思いますよ。

賃貸物件の仲介営業は、若い営業マンが中心で、求人の応募上限年齢が30歳までとなっている場合も多いですし、土地・建物の売買仲介営業は、質問者様くらいの年齢だと実務経験が無いと、これまた厳しいと思います。

住宅販売や大東建設、東建のようなアパート経営提案営業は40代でも採用される可能性はあると思いますが、ノルマも厳しく離職率も高いという話を聞くので、よほど覚悟がないならお勧めはしませんけどね(^_^;)

宅建の資格を取得する事自体は、応募できる仕事が増えたり、少し評価が上がる事もあるので悪いことではありませんが、即就職につながる資格ではないので、過度な期待はしないほうが良いかと思います。

尚、No.1の回答者様が書かれている「名貸し」は違法行為です。
私は不動産関連の仕事をしていますが、まともな不動産業者は、このような行為は行ってはいませんので、勘違いなさいませんようご注意下さい。

Qこういう小さな不動産屋ってどうやって儲けてるの?

自分、尼崎市に引っ越す予定なんですが、こないだ町を散策していたら町の不動産屋って感じのお店を見つけました。普段なら全然気にならなかったんですが・・・。

こんな小さな所でもちゃんとホームページがあるし、見ると物件自体はそんなにない。
賃貸マンションばっかりやってたり、新築戸建ばっかりやってたりするけど大抵物件数が少ないです。
例えば
http://www.ienohashira.co.jp/
とか
http://www.estate-waizu.co.jp/
とか・・・

入ろうかと思ったんですが、一体どうやって儲けているのか不安になってやめました。結局大手の方が安心なのかも知れませんけど、なんとなく町を歩いて、見つけたお店に入って知りあいになってってのも憧れるんですけど。

質問としてはこういう小さな不動産屋ってどうやって儲けているのでしょう?

正直、少ない物件では成り立たない気がするんです。もし、問題がなければ地元の小さなお店を活用したいと思います。とりあえず尼崎市で賃貸マンションか、賃貸アパートを考えています。得意分野によっても違うのでしょうか? よろしくお願いいたします。

自分、尼崎市に引っ越す予定なんですが、こないだ町を散策していたら町の不動産屋って感じのお店を見つけました。普段なら全然気にならなかったんですが・・・。

こんな小さな所でもちゃんとホームページがあるし、見ると物件自体はそんなにない。
賃貸マンションばっかりやってたり、新築戸建ばっかりやってたりするけど大抵物件数が少ないです。
例えば
http://www.ienohashira.co.jp/
とか
http://www.estate-waizu.co.jp/
とか・・・

入ろうかと思ったんですが、一体どうやって儲けているのか不安になってや...続きを読む

Aベストアンサー

たいてい社長だけで回してるかパートのおばちゃんだけでやれる範囲しか取り扱いません。

収益は自社管理物件か他人の管理物件から徴収することで成り立ちます。
古い、小さな不動産屋が長く存続できるのはそのためです。

その証拠に店を覗いてみましょう。
その不動産屋に談笑しにくるおばあさん、おじいさんいるでしょ?
事務員もせっせと仕事しています。
新規の若い客が来なくても物件の管理を任されているのです。

私の知り合いの不動産屋社長は表向き廃れた小さな不動産屋(8坪)ですが、芦屋に豪邸をもち、ある駅前一帯の地主です。

資産数十億なので税金対策が大変と恨み節を唱えてました。
儲かってないようで裏ではちゃんと儲かってるんですよ。
それでも朝ボーリングでちゃんと割引してもらうんですよ。
金持ちはそういうものです。

Qフルコミッションの不動産仲介をしようと思ってますが、どうでしょうか?

フルコミッションの不動産仲介をしようと思ってますが、どうでしょうか・・?

不動産売買の仲介会社に勤めて3年程たちます。もっと給料が良い不動産会社に勤めようかと思ってるのですが、なかなかありません。
フルコミッションの不動産仲介の仕事に応募しようと思ってます。
仲介会社に働いていても固定給+歩合なので、もっと稼ぎたいところです。今の会社は歩合も少ないので。

チラシや広告・オープンルームなど自由にできるのであれば、チャレンジしてみたいところです。
フルコミ経験者の方、どうですか? フルコミを経験して、良かったこと悪かったことはありますか?
もちろん、人それぞれだと思いますが、、自分のモチベーション管理次第では稼げそうな気がします。

Aベストアンサー

私はフルコミ営業しています。ただ、私の場合は独立してる不動産会社の知人が多く売主物件を販売活動しています。仲介手数料に対する歩合でなく物件価格のマージンを業務委託料としてもらってるので稼げてます。物件によりますが。横のつながりは大事ですよ。コネクションを活用できるのであれば稼げるでしょう。やり方次第です。
不動産業で稼ぐには仲介手数料だけだと稼げません。物件情報の仕入れやリフォームや保険など色々なところに稼ぐアンテナをはっておくことが大事ですよ。
稼げる人は稼げます。稼げない人は稼げないです。

参考までに、下記サイトのように歩合率重視してる不動産会社もあるようです

http://matome.naver.jp/odai/2144180845992498901

http://www.home-way.jp/Recruit2.html

Q生命保険代理店としての独立を検討中している40代の男性です。

生命保険代理店としての独立を検討中している40代の男性です。

勤務歴:外資系金融機関よりヘッドハンティングにより、
大手日本社生保コンサルティング部署にて4年間勤務。現在に至る。

収入:年収を4年平均すると750万円位。(過去最高は990万円)

表彰:海外での招待旅行2回。MDRT社内基準クリア(登録はしていません)

資格:AFP、専門、変額、損保上級


現在、日本社生命保険会社に勤務しておりますが、6月末に退職し代理店独立を検討中です。
現在の勤務先には代理店独立の制度はありません。
そこで、複数の生命保険会社を比較検討しようとしているのですが、
(1)アリコジャパンの専属代理店のELP、ELAという組織。
(2)オリックス生命
(3)ING生命

どの会社も数年間は乗合は駄目で1社専属となるようですが、将来は乗合で複数の保険商品の中から
顧客に最適な保険商品を提案販売できるようにするつもりです

そこで、当面はどれかの専属となりますが、同タイプの保険商品を販売できた場合、
(1)のELPとELA、あるいは(2)と(3)では収入はどれらが善いのでしょう?
またそれぞれのメリット、デメリットについても保険代理店の方や業界に詳しい方お知恵を頂ければ幸いです。


宜しくお願いします。

生命保険代理店としての独立を検討中している40代の男性です。

勤務歴:外資系金融機関よりヘッドハンティングにより、
大手日本社生保コンサルティング部署にて4年間勤務。現在に至る。

収入:年収を4年平均すると750万円位。(過去最高は990万円)

表彰:海外での招待旅行2回。MDRT社内基準クリア(登録はしていません)

資格:AFP、専門、変額、損保上級


現在、日本社生命保険会社に勤務しておりますが、6月末に退職し代理店独立を検討中です。
現在の勤務先には代理店独立の制度はあ...続きを読む

Aベストアンサー

正業は経営コンサルタントです、保険を含め様々な業界を見ているので数字はデタラメを書いた訳ではありません

さて保険ビジネスは大きなブランド力もった商品を扱えるので一見華やかな業界に見えますが得てしてこういう業界ほどやり方は生かせず殺せず方式です
そもそも代理店だとかフランチャイズという仕組み自体は大手が代理店から搾取するやり方ですので一人舞台で儲けようとするのは難しい話です

現に保険代理店で独立している方たちのほとんどは年収が1000万程度と
極低所得層から抜け出せません
ここから営業に掛かる経費、車代やその維持費を捻出、事務所代まで負担するとなれば
サラリーマンをやっていた方が手取りが多かったりする場合があります

保険ビジネスは入り口と出口が決まっている世界ですから収入源は手数料だけです
しかも親元が設定した手数料だけです
この手数料体系というのは時代背景によりまたその時の都合により条件が変わる訳です

そのために複数の経営者が何人か集まってボリウムアカウントを多く取れるひとつの代理店にしようと固まる傾向もよく見られますがうまく行ってはいません
摩擦や衝突が起きるからです

質問者の方は自分自身で保険代理店をすることに夢見ているのではなく
サラリーマンを続けられない背景に追いやられているのでしょう
コンサルティング部ですから実際はあまり顧客を持っていないかもしれません
単に業界を知っているだけだと・・・

保険代理店で成功するか否かは顧客数をどれだけ持っているかに関わっていることには
違いがありません
保険を知らない方に何がわかるのか疑問かもしれませんが
保有件数が少なければ辞めておかれた方が見のためだと思います
全てのビジネスに共通することだと思います
それと大手ほど生かさず殺さずのやり方が上手だと考えておかれた方がよいでしょう
最後に質問に対する直接の回答ではなかったことを謝罪しておきます

正業は経営コンサルタントです、保険を含め様々な業界を見ているので数字はデタラメを書いた訳ではありません

さて保険ビジネスは大きなブランド力もった商品を扱えるので一見華やかな業界に見えますが得てしてこういう業界ほどやり方は生かせず殺せず方式です
そもそも代理店だとかフランチャイズという仕組み自体は大手が代理店から搾取するやり方ですので一人舞台で儲けようとするのは難しい話です

現に保険代理店で独立している方たちのほとんどは年収が1000万程度と
極低所得層から抜け出せません
ここから...続きを読む

Q宅建は持ってて損はないですか?役に立ちますか?

こんばんは。今年27歳になる女性です。
今の会社に勤めて2年目になります。
今の仕事は不動産とは全く違う業務ですが、他で不動産会社も経営しています。

最近上司に、宅建の資格を取って貰いたいとのことを言われました。
今の業務と並行して、不動産の仕事も多くなるみたいです。
宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。

しかし、正直不動産にはあまり興味なかったし、今のところ不動産の仕事をしてみてもずっと続けるつもりはありません。
元々、事務やPCに向かっている作業よりは動いている仕事(接客や販売など)の方が自分に合ってると思い、いずれは転職しようとも思ってました。

こんな自分ですが、宅建をとっていて、今後将来何か役に立つと思いますか?持ってて損はないですか?
例えば、結婚して一旦仕事を辞めて、また仕事を始めるときに持っていたら有利なんでしょうか?
やっぱり不動産業界でないと、持ってても何の役にも立たないのかなとも思いますが…。
あるとすれば、自分がアパートや部屋を借りるときや、マイホームを建てるときくらいでしょうか。

宅建の資格を取るのは簡単なものではないし、勉強する動機が曖昧で甘いかもしれませんが、よろしくお願いします。

こんばんは。今年27歳になる女性です。
今の会社に勤めて2年目になります。
今の仕事は不動産とは全く違う業務ですが、他で不動産会社も経営しています。

最近上司に、宅建の資格を取って貰いたいとのことを言われました。
今の業務と並行して、不動産の仕事も多くなるみたいです。
宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。

しかし、正直不動産にはあまり興味なかったし、...続きを読む

Aベストアンサー

当方、不動産業には従事しておりませんが、資格だけは所持しております。

> 宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等
> 調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。
極端な事を書けば、不動産の賃貸借契約や売買契約に際して、「契約内容の説明」と「説明書類への押印」が出来ます。
社内での地位とは無関係に、不動産の契約に於いては現場責任者であると認識する必要が有るのではないでしょうか?

> こんな自分ですが、宅建をとっていて、今後将来何か役に立つと思いますか?
> 持ってて損はないですか?
知識を増やしたり、身分証明書が増えるだけです。それに対して価値を認めるかどうかは人によって異なりますね。
資格取得当時、私は諸般の事情で宅建主任者証を身分証明書として使う必要が有りましたので、高い手数料(更新も含め)を支払っておりますが、もし、知識を増やすだけでよければ、登録は不要です。

> 例えば、結婚して一旦仕事を辞めて、また仕事を始めるときに持っていたら有利なんでしょうか?
> やっぱり不動産業界でないと、持ってても何の役にも立たないのかなとも思いますが…。
私がこの資格を持っていた役に立ったと思う事を列挙いたします。
総じて、不動産業以外であったとしても、総務部門に勤めた場合に役に立つのではないかと思います。
・不動産登記簿の内容が多少は理解できる
 ⇒同僚がマンションを購入して親元(1戸建て)から転居した際に、分厚い登記簿を持ってきて、アタフタしていたので『区分所有』の謄本はこれが正常である旨と、ローン等の書類で聞いてきている箇所の説明が出来た。
・立ち退き要求に対して、(旧)借家法に基づく抗弁を入れ知恵した
 ⇒阪神淡路大震災の時、大家が倒壊物件の立て替え後に居住者を追い出そうとしていた。偶々、そのことで相談を受けたので、コピーした契約書を斜め読みした上で、抗弁できる根拠を教えた。
 [当時は、インターネットが普及していないので、資格者だと言う事で重宝がられましたね]
・賃貸料相場の妥当性の判断
 ⇒実務経験が無い人は、合格後の研修で不動産の売買価格や賃貸料の適正相場(比較による推測)の算出を教わります。偶々、今勤めている会社の家賃が適正なのか知りたいから不動産屋に問合せてくれと家主[親会社]から依頼がありました。家主が求めているズバリの物件(土地面積、使用形態など)情報が無いので、私が資料添付の上で計算結果を渡したところ、文句無く通ってしまいました。

> 宅建の資格を取るのは簡単なものではないし、勉強する動機が曖昧で甘いかもしれませんが、
> よろしくお願いします。
他の方の回答にも書きましたが、私が受けた頃と比べるのは的外れかもしれませんが・・・
私は、試験申し込み期限である8月のお盆過ぎに専門学校へ講座申し込みを行い、試験直前までの土曜・日曜に講義(模試や答錬を含む)を受けて、合格いたしました。
私のプロフィールを見ていただくと法律の知識が多少はあるように感じるかもしれませんが、法律が絡む資格では宅建が一番最初に取得しており、法律は疎い方でした。興味が湧いたから最後まで講義に出席できましたし、過去問集で何度も復習したお陰で合格できたと思っております。
あと、動機なんて何でも良いのではないでしょうか?社労士を目指す人の中にも『この資格は固定客を掴めば儲かると聞いたのですが』という言う方が居ます(私はそれでも良いと思っています)。

当方、不動産業には従事しておりませんが、資格だけは所持しております。

> 宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等
> 調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。
極端な事を書けば、不動産の賃貸借契約や売買契約に際して、「契約内容の説明」と「説明書類への押印」が出来ます。
社内での地位とは無関係に、不動産の契約に於いては現場責任者であると認識する必要が有るのではないでしょうか?

> こんな自分です...続きを読む


人気Q&Aランキング