今年、初めてしもやけというものになりました。
というより、しもやけみたいなものが出ました。

しもやけってどんな物なのか良く分かりませんが、
きっとそうかな?とおもいます。

右足の薬指がちリリと痛くて、少し赤黒くなっています。
さわると少し堅いような気がします。
まだかゆいと言ったことはないのですが、
友達は、それはしもやけだというのです。
暖かくなるとかゆくなるから、良くマッサージして、薬を塗らなくてはいけないと言うのです。

どんな薬がいいのでしょうか。
ほっておいたらどうなるのでしょう。

あまりにも有名なしもやけの話、
知らなかった私にどなたか教えてください。

血行が悪くなるとかかると言われましたが、歳を取ったと言うことなのでしょうかねえ・・・・。

ちょっと寂しい・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

しもやけは痛がゆくてつらいものです。

ご質問の変化がしもやけかどうかという問題はありますが、しもやけの場合には保温に努めるという日常の注意が必要となってまいります。

 しもやけは低温刺激による皮膚及び皮下組織の炎症ですので、起きてしまったところは刺激しないよう保護しなくてはなりません。マッサージなどしすぎて傷つけないよう注意すべきです。軽い変化(部分的に赤くなる程度)でしたら市販のかゆみ止めなどにて数日保護すれば一週間程度で改善します。少しつらいなと感じるようでしたら、皮膚科ないし近くの内科などで外用剤(ヒルドイド軟膏ユベラ軟膏アンダーム軟膏など)と痒み止めとして抗ヒスタミン剤をもらうのがよろしいかと思います。

 近年暖房設備や家屋の改善にて通常の生活をしている方にしもやけが多発することは多くありません。特に変わったこともしていないのにしもやけが多発する方もおりますが(女性に多い)、体質的に末梢血管の抵抗が高く、皮膚の血流が低下し易い方が多いようです。
 レイノー現象と言って膠原病などの症状として手指の血流が低下する場合もありますが、まれな病気であり、冷たい刺激で手指が蒼白になることより、通常のしもやけとは区別されます。このような症状の場合には内科または血管外科を受診する必要があります。

 予防としては保温に努めることが必要ですが、毎年起こる方は、秋口より血管拡張剤のユベラニコチネートという薬を飲み出すことである程度予防できます(病院診療所ならたいてい処方します)。市販のビタミンEでは血管拡張作用がほとんど無いため、期待するほど予防にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
詳しく教えていただいて、良く分かりました。
薬についてもわかりやすく、早速購入して症状の改善に努めたいと思います。指先だけで、我慢できないほどではないので、病院には行かずに治したいと思っていますが、これ以上ひどくなるようだったら病院に行ってみます。

お礼日時:2001/02/03 08:55

 改めて、書かせていただきます。


 専門家の方が書かれていますので、単なる民間療法と思ってください。そしてあまりに時代が異なります。毎年30から40センチの積雪の中での生活ですし、薬も富山の置き薬が中心でしたから。
 さて、唐辛子の件ですが、1個または切れ端をガーゼに包み靴底に入れて通学していました。靴下を通して効果がありました。直接肌に触れるとやけど症状を示します。気をつけてください。
 次に、針で血を出す件ですが、痛かったです。しかもあとから猛烈に痒くなった記憶があります。悪い血が溜まるから出してしまわないと腐ってくると言われ時々しました。(いわゆる「オ血:オにあたる漢字がありません」治療です)
 現代は栄養もよく住環境もいいため、momo-さんが書かれている方法が、正しいと思います。
 靴下の件ですが、寒い場所で、冷たいコンクリート上(氷がはることが多い場所や冷蔵室作業など)では汗などの水分が凍結状態に近くなりいわゆる局所的寒冷状態を作り出しますので、取替えをお勧めします。しかし、そうでないなら、必要はありません。保湿効果のある軟膏などを塗っておくことで対応できます。
 周りを見渡すと意外に、しもやけ様症状を訴える人がいます。誰でもかかるみたいですね。お若い人。素敵な肌をお大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良く分かりました、実際若くない年齢ですが・・・・(きわどい)
お肌を大事にしまーす。
その都度の質問に、丁寧な回答をありがとうございました。

お礼日時:2001/02/03 17:56

 私も小さい頃、よくしもやけになりました。

雪合戦や雪かき、新聞配達、川での大根洗いでよくて足の指などを赤黒くさせ、痛いの痒いのと大騒ぎをしたのを思い出しました。だから年のせいではありませんよ。
 治療法と言うわけではありませんが、先ず手でこすってマッサージ、ぬるま湯に入れる。メンソレータムを塗る。それでも痒くてたまらない場合は、一番紫色が強く腫れた場所を糸で縛り、針を刺し血を絞り出したりしました。どす黒い血が出たのを思い出します。
 足の指なら、唐辛子を1本薄いガーゼやティッシュに包み靴下に入れ足の血行を良くして直しました。
 常に寒冷な状態を続けると、ただれて跡が残ります。痒くなったら直ってきた証拠ですが、痛くなってきたら要注意です。靴下は汗を持ったら1日23回は替えて下さい。寝る前にぬるま湯で足を、またお風呂で身体をゆっくり暖めるのがよろしいです。
 お大事に
    • good
    • 1
この回答へのお礼

歳のせいではない、と言うことでホッとしました。(ウフフ!)
唐辛子療法やってみたいと思いますが・・・・・、ちょっと不安。
靴下の方は1日23回替えると言うのも仕事の関係でなかなかできませんが、汗をかいたら交換する努力をします。
一番手軽なマッサージとおふろ療法と薬で治してみたいと思います。
imasaさんのしもやけは今どうですか?
1度かかると毎年かかると言われましたが、治りますでしょうか?

針で中の血を出されたそうですが、出した後痛みはないのでしょうか新たな疑問が生まれてきました。
良かったらもう一度教えてください。

お礼日時:2001/02/03 09:07

しもやけは正式には凍瘡(とうそう)といい、寒冷に暴露されてから12~24時間で手足や耳介、鼻など循環障害のおこりやすい末梢部に赤みや腫れが生じ、しだいに紫紅色となりかゆみや痛みを伴います。



原因は静脈循環障害の遣伝的な素因に加えて寒冷暴露と日内の大きな温度差が考えられています。気温4~5度、一日の温度差10度前後が発症の最適条件とされていますので、厳寒期よりも晩秋や春先に多いのです。また、手足の多汗症がありますと悪化要因になります。

似た症状を呈する病気としてエリテマトーデスという膠原病 (こうげんびょう〉やクリオグロブリン血症という耳慣れない病気があり鑑別が必要です。暖かくなっても治らないときはエリテマトーデスを考える必要があります。

治療はビタミンEの外用や内服、消炎鎮痛剤、かゆみ止め、桂枝茯苓丸などの漢方薬が有効です。また、保温に努め局所マッサージを行なったり、多汗症の場合は通気性のよい靴をはき、靴下を頻回に替える必要があります。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/simoyake.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お答えいただきありがとうございました。
参考URLの方もありがとうございます。
膠原病がどんな病気か分からないので調べてみます。たぶん私のはしもやけだと思いますが、素人ですので、症状に大きな変化があったら病院を訪ねてみます。

お礼日時:2001/02/03 09:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qしもやけ対策ってどうされていますか?

この季節になるといつもしもやけに悩まされて困っているのですよねー。血行障害だといわれて、お風呂の中で両手の指先や、両足の指先をしっかりと揉み解したりして自分なりの対策をなんとかしているのですがどうにも上手くいきません。結局現実はかきむしって余計に悪化させているのですよねー。

特に夜眠るときなんて痒くって痒くってたまりません。なんとかこの状態から抜け出せる方法がないかと色んな人に聞いてみても皆さん悩みはいっしょなんですが特にこれといった解決策は持ち合わせていらっしゃらないようです。それだけにこうやってインターネット上で皆さんからのご教授を頂けたらとても嬉しいです。

Aベストアンサー

質問者のnobu3 さん自身も書かれていますが、しもやけは血行障害です。

「手足をよくもんで」とあるのですが、指先の方にむかってもみほぐしをしているのではありませんか。
血行障害になる場合は、そこに老廃物などが蓄積していることがあると考えられます。ですから、その老廃物をとる意味でも、指先から体の中心に向かってもみほぐしをおこなってみてください。老廃物がとれれば、おのずと、そこに血流がながれていくことになるはずです。一度ためしてみてください。また、指さきだけでなく、手のひらや足の裏、もう少し体に近い部分つまり手首や足首あたりも同様にもみほぐしてください。これは、運動などで筋肉痛になった時のもみほぐしかたですが、あながち、まとはずれでは無いと思います。

あと、中国の気功の考え方ですが、気脈の流れがとどこおっているという考え方があります。その考え方を応用すると手であれば、腕の付け根から、指先に向かって流れがあると考えてみてください。そして、今度、指先にまでその流れがあると感じたら、その流れが、体の中にもどってくると考えてみてください。はじめのうちは、何がなんだかわからないとおもいますので、左手であれが右手で、肩から順にに右手で腕をなぞりながら指先へ、そして、指先から今度は肩へと右手でなぞってみてください。中国では、気功師という人がそれぞれの人の気脈の乱れを判断して治療しているということを聞いたことがあります。中国の漢方薬がすぐれていることもあるので、あながち、うそでは無いと思うので、勧めています。

さらに、手袋や靴下を重ねてもあまり暖かくならないはずです。それは、もともと、血流が流れにくくなっているからです。これは、薬剤師や医師と相談して薬を決めてもらいたいのですが、とんがらしの成分で、血管を広げる性質の物が含まれている軟膏のようなもの(ハンドクリームのようなもの)があるはずです。これをつけてから、靴下や手袋をはめるようにしていれば、かなり、血行がよくなり、暖かくなると思います。

私は、「しもやけ」ではなく「あかぎれ」で苦労したことがありますが、これは、ハンドクリームをかかさないようにして、防げるようになりました。
おつらいでしょうが、がんばってください。

助言にでもなれば、幸いです。tukitosan でした。

質問者のnobu3 さん自身も書かれていますが、しもやけは血行障害です。

「手足をよくもんで」とあるのですが、指先の方にむかってもみほぐしをしているのではありませんか。
血行障害になる場合は、そこに老廃物などが蓄積していることがあると考えられます。ですから、その老廃物をとる意味でも、指先から体の中心に向かってもみほぐしをおこなってみてください。老廃物がとれれば、おのずと、そこに血流がながれていくことになるはずです。一度ためしてみてください。また、指さきだけでなく、手のひらや足...続きを読む

Q孫が全身に湿疹が出ました。かゆい、かゆいと言うので小児科に行きました。

孫が全身に湿疹が出ました。かゆい、かゆいと言うので小児科に行きました。
塗り薬をもらいましたがなかなか治りません。何か方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

原因がわからないのであれば皮膚科も受診してみてください。
その際には、処方された薬も持って行きましょう。

Qしもやけとひょうその違い

皮膚科に行ったところ、霜焼けと診断されました。
似ている症状に「ひょうそ」もあると思うのですが、その見分けは皮膚科で解るものでしょうか?
パっとみて、霜焼けと診断されたのですが、皮膚科医は見てその違いをすぐ解るものでしょうか?

Aベストアンサー

NO.2です。

爪の下が化膿していればひょうそ。一見して分かります。
ヒョウソは軽い内なら抗生物質で散らせますが、化膿が進んでいると切開です。
若い頃数回経験しました。いずれも注射一本で散らして貰いました。
素手で汚い仕事をしていると、ごく小さな傷口からバイ菌が入り化膿します。
ヒョウソの痛さはとてもキーボードになど触っていられません。

Q◆声帯の血行◆を良くする方法なんて

ダメもとで質問します。

昔から、声が細く、出にくく、しょっちゅう、人から「え?何て?」と聞き返される者です。

特に、疲れた時、緊張時には顕著です。

しかし、カラオケや飲み会などで、よくしゃべった翌朝は絶好調です。

医者に相談しても「カラオケの翌日に声が出なくなるなら判るけどなあ」といった感じです。

WEBで いろいろ調べていると、どうやら声帯の血行が悪いようなのです。
が、対処方法がわかりません。

できれば一生、無理なら、ほんの一時的(2時間ぐらい)でも声を良くしたいのですが、薬や運動などで、
何か良い方法はご存知ないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 コーラスをやってますが、歌う前には必ず首、喉、肩をはじめ身体のあらゆる筋肉のストレッチを行います。考えてみるとこれは筋肉をリラックスさせて血行を促進させることが目的なのでしょう。
 声が出るということは適度の呼気(吐く息の流れ)があって、その呼気が声帯を通過することで声帯を震動させて”音が発生し”その音が喉の空間で共鳴し、それが口や舌の形で変化して様々な声に変化するものです。ということで理詰めに考えると、聴き取りやすい声つまりよく響いて張りのある声は、適度の量の呼気と良く震動する声帯、それに声を共鳴させる広い空間が備わっていれば得られるといえます。
 まずは呼気ですが、これは必ずしも大きな肺活量を必要とするわけではなく、途切れない安定した息の流れがあればよいわけで、それには吸気の際に無意識に(不随意筋的に)使っている横隔膜を呼気の際に意識的に(随意筋として)使います。俗に言う「腹に力を入れ」て腹腔内の圧力を高めることで、安定かつ力強い呼気が得られるはずです。ここでいう「腹に力を入れる」ということは、決して割れ目がどうのという直腹筋に力をいれることではなく、「へそ下三寸」に力を入れることすなわち腿の付け根の上に位置する斜腹筋と、それに対向する横隔膜に力を入れることで、同時に背筋も使うことになります。そして「へそ下三寸」を意識することで、呼気の際の声帯の力みを防ぐという重要な効果も得られます。
 次に声帯ですが、声帯は実に複雑に組み合わされた骨格と筋肉群から構成され、それらを十分に使いこなすことが良い発声つまり声帯の震動に繋がるのだと考えられます。前述した方法で声帯の力ませないことに加えて、喉とその周辺しいては身体のあらゆる部位を動かし、揉み解し、ストレッチすることで血行を促進し、最終的には声帯とそれに密接に関係する筋肉や靭帯の血行を促すことにより、呼気が効率よく声帯を震動させることが可能となるでしょう。
 共鳴については、喉の奥をできるだけ広げることを意識すれば十分だと思います。
 以上まとめてやさしくいうと、「喉に力を入れないで腹に力を入れ、喉の奥を広げて」しゃべれば、聴き取りやすい声が出ると思います。通常の話し声は歌の発声と異なり、先に述べたようなことを意識しないわけですが、発声ということでは基本的には同じなので、歌う際の発声と同じことを意識すれば聞き取りやすい声になってくると思います。

 コーラスをやってますが、歌う前には必ず首、喉、肩をはじめ身体のあらゆる筋肉のストレッチを行います。考えてみるとこれは筋肉をリラックスさせて血行を促進させることが目的なのでしょう。
 声が出るということは適度の呼気(吐く息の流れ)があって、その呼気が声帯を通過することで声帯を震動させて”音が発生し”その音が喉の空間で共鳴し、それが口や舌の形で変化して様々な声に変化するものです。ということで理詰めに考えると、聴き取りやすい声つまりよく響いて張りのある声は、適度の量の呼気と良く...続きを読む

Qしもやけ 【画像あり】 冬や雨の日には必ずと言っていいほどこうなります。 でも、すぐにひく時もあれば

しもやけ

【画像あり】

冬や雨の日には必ずと言っていいほどこうなります。
でも、すぐにひく時もあれば長い時もあります。



これって霜焼けですか?

指を曲げると麻痺したような感じになりヒリヒリします。


手がかなり赤いです。

裏の面も表の面も腫れていてヒリヒリしてます



これってしもやけですか?それともなんか違うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

しもやけじゃないかなという気がします
すぐに引くようなものではないし。
すでにあるように、寒冷じんましんやアレルギーの可能性を考えたほうがいいかも

指さきは露出していて、雨の日に濡れたりしやすいからでは

私の場合は耳たぶなんかから出やすいです

外出時はなるべく冬は手袋などして、寒暖差がないようにしたほうがいいでしょうね。
防水のものとか。

Q血管が細いと良く言われる

59歳の男性です。先日検診を受けた時に血液を採取されましたが注射器の針を射す時看護婦さんに「血管が細いですね」と言われました。
私は毎回ではありませんが過去に時々この様な事を言われた経験があります。
今まではあまり気にしていませんでしたが、3年前に最高血圧が160を超える様になり現在ノルバスク2.5mgを1日2回服用しておりますが血管が細い事と血圧が高い事と関係が有るのか気になる様になりました。
血管が細い事により発病し易い病気や血管を太くする方法等あるのかお分かりになる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人の為専門てきなことは言えませんが、血管が細い事と、血圧が高くなってきたことは関係ないと思います。血圧が上がる要因はいろいろあります。特定の病とか、最近塩分の多い食事とか、運動を始めたとか?特に記憶に無いようなら、病院で主治医にしっかり相談することです。
ちなみにわたしは腎臓が悪く、血管は太いですが、血圧が180/90になったこともあります。薬は朝と夜で血圧の薬を6錠飲んでいます。むしろ血管が太いとか、細いとかは関係なく、日常の健康管理に気をつかったほうが宜しいかと思います。看護婦さんは血管が細い人には、採血するとき、針が刺しにくいのですぐその言葉がでるようですよ。私も入院している時、よく言われている人が居ました。看護婦さんの(血管が細いですね)は血管が細い人にはお決まりの言葉です。
特に血管を太くしようとして無理な運動は辞めてください。なおさら血圧が上がります。血圧は病院だけでなく、家庭でも血圧が測れるといいですよ、手首で測る血圧計は誤差がありますのでそれ以外をお勧めします。朝、昼、晩とそれ以外でも決まった時間に測定できれば良いですね
測定の際は食事前ですね、食後は血圧が上がりますから、その血圧を毎日記録して病院の医師に診てもらうとよいですよ。

素人の為専門てきなことは言えませんが、血管が細い事と、血圧が高くなってきたことは関係ないと思います。血圧が上がる要因はいろいろあります。特定の病とか、最近塩分の多い食事とか、運動を始めたとか?特に記憶に無いようなら、病院で主治医にしっかり相談することです。
ちなみにわたしは腎臓が悪く、血管は太いですが、血圧が180/90になったこともあります。薬は朝と夜で血圧の薬を6錠飲んでいます。むしろ血管が太いとか、細いとかは関係なく、日常の健康管理に気をつかったほうが宜しいかと思いま...続きを読む

Qしもやけ

しもやけの対策法教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

対策法というのは予防なのでしょうか?
それとも、なってしまったしもやけの応急処置法なのでしょうか?

しもやけとは冷たい状態に長時間さらされることによって、四肢の末端や鼻や耳などの血流が滞り、最終的には毛細血管や細胞が破損してしまった状態または、その一歩手前の状態のことです。つまり、凍傷ですネ。

原因が寒さによる血行障害ですから、防止するためには寒くならないように、また、風をうけて熱が奪われないようにすればよいのですネ。或いは、血行を維持できるようにすればよいのです。

水で濡れた状態の部分は熱が奪われ続けますから、濡れた部分はきれいに水分を除きましょう。
風を受けたり、或いは、冷気に直接さらすと熱が奪われますので、布1枚でもよいので、覆ってください。
トウガラシを靴や靴下の先に入れておくというのも効果的です。
それでも、しもやけになってしまったら‥
温めて血流を良くしてやればいいのですネ。
脇の下や股に患部を挟むか、或いは、40℃以下程度のぬるま湯(熱い湯はダメです)に20~30分つけてやるというのがお勧めです。また、身体の中から温めるために、暖かいスープなどの飲み物を摂るようにしましょう。
絶対にしてはいけないことは、患部を強くこすって温めようとすることです。それをすると患部は非常に強いダメージを受けてしまいますからネ。
以上kawakawaでした

対策法というのは予防なのでしょうか?
それとも、なってしまったしもやけの応急処置法なのでしょうか?

しもやけとは冷たい状態に長時間さらされることによって、四肢の末端や鼻や耳などの血流が滞り、最終的には毛細血管や細胞が破損してしまった状態または、その一歩手前の状態のことです。つまり、凍傷ですネ。

原因が寒さによる血行障害ですから、防止するためには寒くならないように、また、風をうけて熱が奪われないようにすればよいのですネ。或いは、血行を維持できるようにすればよいのです。

...続きを読む

Q血行が悪いとなぜ赤くなるの?

しもやけは皮膚が赤くなります。血行が悪いからだそうですが、なぜ血行が悪いと赤くなるんですか?血行が良くても悪くても同じ血液なのに。たとえば血行が悪いと赤血球が多くなるんでしょうか。

Aベストアンサー

血行が良い時は、毛細血管が広がって皮膚が赤く見えますが、しもやけ状態の時は逆に血流が滞り、うっ血状態で皮膚その物が炎症を起こし赤くなります。

Q耳がしもやけ

冬になると耳がしもやけになります。何かいい対策法はないでしょうか? 私は冷え性で、特に末端が冷たいです。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「しもやけ」

ご参考まで。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/simoyake.htm

Qしもやけについて

母が冬になると足先の指が赤くなって痛痒く悩んでいます。持病があり、内服薬は飲めないので、市販のお薬を色々試していますが、なかなか治りません。良い治療法方がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

市販の薬だとエスエスの新コルジール軟膏ですね.

身内か親しい家に赤ちゃんがいれば,使用後の産湯に手を浸けときます.何回かやるとよくなります.

末梢血行不良ですのでVEなんかいいのですが,飲む薬駄目なら,VEを含む食品を摂ります.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報