プロが教えるわが家の防犯対策術!

息子を亡くした親は逆縁といって花輪は出さないと葬儀屋さんに言われたのですが、香典も出さないものなのでしょうか?

A 回答 (3件)

地域的なしきたりの様なものなのかもしれませんね。


一般的によく耳にするのは、逆縁(親が子を、夫が妻を亡くしたとき)の場合は、葬列に出ないとか、火葬場に行かない、などですが、それが質問者様のお住まいの地域では、葬儀屋さんからお聞きになったようなことなのでしょう。
もう少し詳しく葬儀屋さんにお聞きになってみては如何でしょう?(色々検索してみましたが、花輪を出さない・・・というのはヒットしませんでした)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり地域的なものがあるのではないかと感じました。
さっそく葬儀屋さんに聞いてみたいと思います。

お礼日時:2007/11/03 06:34

その葬儀屋さんがそういうなら従っといた方が良いですね.香典の話は何処か間違っているように思えますから要確認ですね.



親がわが子を送るという事はこれ以上の無い深い悲しみの中、精神的な苦痛を和らげようと「逆縁だから火葬場には親は同行しないもの。」などと忌みづけ配慮したそうです。親が喪主にならない習慣も ありましたが、こうしたしきたりは無くなりつつあります。
最近は精神医学的にあえて悲しみの中の現実から逃避してしまってはかえって心の傷を深くしてしまう。という見解もあります。
 http://www.syouwa-kaidou.co.jp/kaido/machida/faq/
    • good
    • 0

花輪を出さないという風習は存じませんが、逆縁でも密葬ではなく普通の葬儀を行うのなら、香典は出すはずです。

そうしなければ、葬儀が成り立ちません。
当方の家族や親戚で数回の逆縁(子が親より先に亡くなる)がありましたが、常に花輪や香典はありました。その際に親は、火葬場へは行かなかったものの、葬儀には参列していました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきまして、家族に伝えたいと思います。

お礼日時:2007/11/03 06:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q息子の葬式に親が出す香典の金額(相場)はいくら位でしょうか?

息子の葬式に親が出す香典の金額(相場)はいくら位でしょうか?

代理質問です。

伯父が亡くなり、今日明日で通夜葬儀が行われる予定です。
伯父は別で住んでいて、伯父の実親(私の祖父母にあたります)は、私と一緒に住んでいます。
喪主は伯父の妻(つまり伯母)がつとめることになっており、
家計も別なので、祖父母から伯父へ香典を出すことになったのですが、
この場合いくらくらい包むのが普通なのでしょうか?

ネットで検索しても、親が子に香典は出さないのか、全く情報が見つからなく、相場がわからず困っています。
子が親に出す場合の相場は10万円くらいらしいので、親からもその程度でしょうか?
あまり多いケースでは無いと思うので経験された方は少ないかもしれませんが、
宜しければアドバイス戴けると幸いです。

必要な情報があれば追記致します。
宜しくお願い申し上げます

Aベストアンサー

まずはお悔やみ申し上げます。

親族間、それも極めて近い関係ですから、香典の相場というものはありません。実の息子ということですから、ご両親(質問者さんの祖父母)は終始「主催者席」にいるべきものですから。
あとはご両親の経済状態とのバランス次第ですね。

それと主催者の一員となると、葬儀の香典だけでなく「通夜見舞い」や「初七日」などいくつかのお供え・現金が必要になります。
しいて言えば、総額で10万円から30万円といったところでしょうか。

Q親の葬式に際して、実家を出た子どもの立場は?

私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。

親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。

親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。

それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。

ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。
逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。

要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。
故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。

>それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか…

喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。

>「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか…

10万円では足りないとお考えなのですか。
まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。
慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。
多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。

冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。...続きを読む

Q子供の死の乗り越え方

内容に不快感を持たれる方がいらっしゃいましたら、申しわけありません。予めお詫び致します。

私は今年の初めに娘を突然亡くしました。前日まで元気でした。
おっぱいをあげてから寝かしつけたのは私です。娘は寝かしつけた1,2時間後に亡くなったようです。深い眠りについてしまった私は、翌日起きるまで、娘の異変に気が付きませんでした。主人も良く眠っていると思ったようで、朝早く、起こさないようにそっと出勤したようです。

発見した時、助からないのは一目で分りました。
冷たく硬直した体を必死で温めて、人工呼吸や心臓マッサージをしたり、動かしたらいけないのは分ってるのに、救急車が来るまで、何かせずにはいられませんでした。目の前にあるのは絶望でした。

警察の現場検証と司法解剖の結果、「原因不詳の死」でした。私は半狂乱で警察の方に「娘は私が寝かしつけました。だから私が殺したのも一緒です。なぜ私は裁かれないのですか?」そんなことを言ったように思います。殺したのか?と聞かれれば決してそんな事していません。

警察関係者、家族、友人誰一人として私を非難する人はいませんでした。非難されれば、それは、とても辛いことなので、感謝しなくてはいけないと思いますし、周りの温かさに随分救われました。なぜ自分は自分を許せないのでしょうね。自分を責める事で自分を守っているのでしょうか。かわいそうと思ってもらいたい、同情して欲しい・・・心の中ではそんな気持ちもあるような気がします。情けないですね。

警察では「現代の医学では解明できない数十万人に一人の割合で起こる原因不詳の死。事故死でも窒息死でも無く、乳幼児突然死症候群とも分類しがたい。8ヶ月で亡くなってしまった事、それが娘さんの運命だったと思います。」そう言われました。

沢山笑ってくれるようになりました。とっても元気にバタバタ手足を動かして、お名前呼ぶと、にや~として。でも、もう何もしてあげられません・・・もう会えません。一緒に桜並木をお散歩するのが夢でした。温かくてふわふわしてたあの子はもういません。娘があまりにも大きな幸せをくれたので、失ったものの大きさに押しつぶされて、泣いてばかりです。小さな小さな体に全身メスを入れられ、本当に最後まで良く頑張ってくれました・・・・。そして最後にかわいそうな事をしてしまいました。

ちなみに、主人は決して、私の前では涙を見せません。一緒にいる時は一生懸命笑わせよう、楽しくしようとしてくれます。でも、私は泣いたり、時に酷い事を言ったり・・・悲しませてしまう。主人が泣いたのを見たのは2回だけです。

これから先、お迎えが来るまで私は悲しみを乗り越えて、生きて行かないといけません。私一人ではどうしても悪い方向に考えてしまいます。皆様の経験談や悲しみの乗り越え方のアドバイスをお待ちしております。どうぞ、宜しくお願いします。

次の子供を作ったらと母乳を止めるために行った病院でも、警察でも言われました。
本当に次に子供を授かる事が出来たら、乗り越えられますか?

私の願いは娘にただ会いたいということです。ママを事を許してくれる?パパとママの事好き?聞きたいことが、話したいことが沢山です。

長文にお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

内容に不快感を持たれる方がいらっしゃいましたら、申しわけありません。予めお詫び致します。

私は今年の初めに娘を突然亡くしました。前日まで元気でした。
おっぱいをあげてから寝かしつけたのは私です。娘は寝かしつけた1,2時間後に亡くなったようです。深い眠りについてしまった私は、翌日起きるまで、娘の異変に気が付きませんでした。主人も良く眠っていると思ったようで、朝早く、起こさないようにそっと出勤したようです。

発見した時、助からないのは一目で分りました。
冷たく硬直した体を必死で温...続きを読む

Aベストアンサー

お嬢様の、18ヶ月の人生はとても輝かしいものだった事と思います。
素敵なお母さんお父さんに愛されて、幸せな一生だったと思いますよ。

私は初めての子(長女)を生後2日で亡くしています。
お腹の中で原因不明の難病にかかり、肺が育たず、しかし体はどんどん浮腫み続け。
医師から、これ以上お腹にいさせたら浮腫みで死んでしまうと宣告されました。30週で帝王切開しました。
けれど肺も育っていないため、呼吸(ガス交換)が出来ず、生後2日目の夜に亡くなりました。

原因不明。お母さんのせいではない。周りからそう言ってもらえて、頭で理解出来ていても、何かに責任を見出そうとせずにはいられないんですよね。だから、自分が悪いのだ、周りもむしろ私を責めてくれた方が私自身も気持ちのやり場が出来るのに、と思ってしまう。
どうかご自分を情けないなんて思わないでください。
私も自分の妊娠中の生活のあらゆる些細なことを責めました。あの時食べたあれがまずかったんじゃないか、あの時自分がしたあの行動のせいだったんじゃないかと…
だけど、私が自分を責める事を亡くなった娘が望むのか?と考えるようになりました。
娘はあらゆる検査で異常を出しませんでした。医師は特発性と言っていました。私にはそれが、娘の優しさのように思えてきました。「誰のせいでもないんだよ、だからお母さん、自分を責めないで。」と言ってくれている気がしたんです。
医師から「手術室から(生きて)出られないかも知れない」と言われていた娘、生まれた姿は全身浮腫みでパンパンでした。でも3日間も生きてくれたんです。
おかげで出生届も出せた。生前の写真も撮れた。ありがとう。呼吸が苦しい中よく頑張ってくれたねと娘を誇りに思っています。

今はそうとは思えないかも知れませんが、質問主さまも、亡くなられたお嬢様に対し、心穏やかに感謝の気持ちを心に満たす事が出来る日が来ると思います。長い年月をかけるかも知れませんが、きっと訪れると思っています。

長女を亡くし2年経ち、次女が生まれ3ヶ月になる今、思い返してみると私は周りに恵まれたと思います。
私も、家族友人みな温かい言葉をかけてくれ、責める人は誰もいませんでした。
長女の死を受け入れられず、お骨箱を抱っこしたり、はだけたおっぱいをあてたり、外出に一緒に連れていった事もありました。そんな私を、周囲は温かく見守ってくれ、気の済むようにさせてくれました。
納骨しろと言う人もおらず、住職さんも「幼くして亡くなった子はまだまだ両親のそばにいさせてあげて良いのですよ」と言ってくれました。
とことん向き合ったおかげで、私は気持ちを押し込める事無く、整理をつける事が出来たと思っています。
質問者さまも、周りのかたの温かさに救われておられるとの事。
同じ立場の者として、本当に良かったと思いました。
どうかたくさん、たくさん泣いて下さい。
そしてどうか、ご主人も気持ちのままに、泣きたい時は泣いて欲しいと願っています。
私の夫は「男は妻を支えなければならないのだ」と過剰に思い込んでしまっており、自分もお骨箱を抱き締めて泣きたいのを押さえ込んでいた為ほとんど泣かず、最近になって堰を切ったように号泣していました。私は夫の状態に気付けなかった事を悔やみ、以後「子供の親である立場として、夫婦は対等な立場なんだよ」と言葉をかけています。夫婦で肩を抱き合って泣くという事が大事だと気付かされました。質問者さまのご主人が、「自分が妻を支える為にも泣いてはいけない」と思わないよう願っています。

亡くなった我が子に会いたいですよね。
ほんとに会いたいです。そして娘と話がしたい。たまにテレビで、第六感にすぐれている外国の方が出ていますが、もしあのように、亡くなった家族と話せる人がいたら、ぜひ我が家に来て欲しい。…なんてありもしない想像をしてしまいます。


>本当に次に子供を授かる事が出来たら、乗り越えられますか?

私自身、いまだに自分が「乗り越えた」状態であるとは思えません(どういう状態になれば「乗り越えた」になるのか定義も曖昧ですし)。
ただ、確かに次女を授かってからは、より自分の今の生活を思いやれるようになりました。
長女が亡くなって間もなくは、頭の中は長女の事ばかり。家の事は何も手につかず、起こった出来事すべてを長女に結びつけ涙してばかり。
だけど日々暮らしていくうちに、やらなければいけない事(買い物、振込み、冠婚葬祭)に少しずつ目を向けられるようになり、涙の量が減っていき、生活に支障はなくなり。
そうしていくうちに、今後の生活に目を向けられるようになり、感情をコントロールできるようになり(小さい子を見ても激しく落ち込んだりしなくなる)。
そして次女を妊娠すると、今まで長女一色だった頭は長女:次女=50:50になり、妊娠生活を健康に過ごすことに頭を使えるようになり。
次女が生まれ、初めての子育てで頭がいっぱいになっている今、長女の事は大切な大切な思い出となって私の心の中にあります。

この過程を経た今、私は確かに今の生活にしっかり目を向けて過ごす事が出来ている。という事だけははっきり申し上げられます。

子供を亡くしたとき、次の子を作る時期は早すぎないほうが良いと聞きます。
次の子に亡くなった我が子を重ねず次の子として捉えられる自信がついた時が、次の子を作る時期なのだとおもいます。


長くなってしまい申し訳ありません。

最後に、参考になるかは分かりませんが、風呂敷に包んだお骨箱を子供だと見抜いた方(お骨を抱えて行った沖縄旅行で出会った、初対面の方)から、後日に頂いた言葉を貼りますね。


「娘さんはとっても笑顔が素敵でした!
本当は産まれる前に寿命でしたが、
あなたの笑顔が見たくて、がんばって産まれてきたってよ。
でも、すぐ亡くなって、お母さんが毎日悲しんでるのを見て辛かったみたいです。

だから、その日はあなたに笑って欲しくて沖縄へ!
念願の誰からも「愛される娘を夢見たあなた」に娘からのプレゼントです!

願いを叶えたのは娘さん。
そしてママの笑顔をありがとう!
最高のプレゼントをありがとう!と
私に笑いかけてくれました。

わかりますか?娘さんはあなたの笑顔が望みなんです。
「産まれて愛される娘」が彼女の望みではないのです。
優しいあなたの笑顔が好きと言ってましたよ。

で、伝えて欲しいと言っていたのはもうひとつ。
「もうすぐ新しい命がやってくるから、心配しないで!その子の為に笑ってて、もう少し待っててね」ってさ。」

お嬢様の、18ヶ月の人生はとても輝かしいものだった事と思います。
素敵なお母さんお父さんに愛されて、幸せな一生だったと思いますよ。

私は初めての子(長女)を生後2日で亡くしています。
お腹の中で原因不明の難病にかかり、肺が育たず、しかし体はどんどん浮腫み続け。
医師から、これ以上お腹にいさせたら浮腫みで死んでしまうと宣告されました。30週で帝王切開しました。
けれど肺も育っていないため、呼吸(ガス交換)が出来ず、生後2日目の夜に亡くなりました。

原因不明。お母さんのせいではない。周り...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q子供に先立たれた経験がある方、教えて下さい。

 つい最近、2歳の一人娘を病気で亡くしました。発病から2ヶ月という短い期間でした。
 私、42歳、妻、40歳で、共に両親はいなく、相談できる人もおりません。
 そこで、こちらに相談させて頂きました。
 これから、何を楽しみに生きていけばよいのか?何を生きがいにすればいいのか?情けないとは思いますが、
同じ経験をされた方がどうやって立ち直ったかお話を聞かせていただければと思います。
 このまま一生悲しんで過ごすしかないのでしょうか? 

Aベストアンサー

No.5で回答した者です。
たびたびの投稿失礼します。

「葉 祥明」さんの
『ひかりの世界』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479670416/qid=1138201501/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/503-1105559-6303963,
『もういちど会える』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4333018412/qid=1138201476/sr=8-8/ref=sr_8_xs_ap_i8_xgl14/503-1105559-6303963

という本をお勧めします。共に、悲しみを癒してくれる手助けになるかと思います。

少しでも、質問者さんの心が温まりますように。

Q"Can you celebrate?"ってどういう意味??

安室奈美恵さんの「Can you celebrate?」
という曲がありますが、そもそもこの英語はどういう意味ですか?
(誰が誰に対して言っている言葉なのでしょう・・・)
「Will you celebrate our marriage??」
とかならわかるのですが、celebrateが自動詞ではおかしいと思うのですが・・

Aベストアンサー

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。

結論を言うと、「Can you celebrate?」は微妙なところだと思います。「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。

慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...続きを読む

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。

Q妹の死の受け入れ方

妹が突然亡くなりました。まだ、20代でした。
病気もせずとても健康的な妹でした。
朝、元気に出掛けて行ったのに、出先で突然
倒れそのまま意識が戻りませんでした。
家族皆、あっという間の別れに心の整理が
未だにつきません。
「いつまでもこんな気持ちでも妹の為にはならない、頑張ろう」
と前向きに思える時もあるのですが、
「仕事も充実していて明日も色々予定を
立てていたんだろう。。。
自分でも分からないうちに
亡くなってしまったんだろうか?」
と急に妹の事が可哀相でたまらなくなり
何も手につかなくなります。
方法等ないのかもしれませんが、
妹の死をどのようにして受け入れていけば良いのか
何かアドバイスを頂きたく投稿しました。
参考になる本、WEB等でも良いのでお願いします。

Aベストアンサー

大変でしたね。そして、残念でした。本当にお辛いですね。

私は学生のとき、父が突然倒れて1時間もしないうちに亡くしてしまいました。病院で蘇生手当てをされる父を見ながら、「これ、ホント?」ていう感じで、現実の展開についていけませんでした。

父を亡くした直後は、今振り返るといろんな面で空回りしていました。しっかりしなきゃ、泣いてばかりじゃダメだ、と。お葬式で親戚・知人みんなに「お母さんを支えてあげてね」と口々に言われ、何ができるのかもわからないのに「私がなんとかしなきゃ」と意味のわからない使命感に燃えていました。
一方で、たくさんの後悔にかられました。父の抱える問題を、私が何かしていれば解決できていたのではないか。父の好物を見てはもう食べさせてあげられないんだ、何年も前に何かを誘われたのを断ったことを思い出しては悔やんだり。夜中に家中の引き出しを開けて父の写っている写真を探し、父の部屋から父の匂いが消えていくのがせつなくて泣きました。

無理に前向きになろうとしなくていいんです。頑張ろうという気持ちは、たくさん泣いて、いろんなことを後悔して、心の中で段段と整理がついて、初めて自然に湧き上がってくるものです。そのステップを踏まずに先に悲しい気持ちを無理に押し殺そうとすると、必ず後でひずみが出ます。返ってこじれて長引きます。私はいろんなことを気負いすぎて結局心身を壊し、返って家族に迷惑をかけてしまいました。ある日「ああ、私はパパが死んで悲しかったんだな」という単純なことにやっと気づくことができました。そして、この世でのお別れがあっても、私は父を愛していて、私も父に愛されているという事実は変わらない、今はそう思ってとても穏やかな気持ちでいます。

後悔、疑問、やりきれない、切ない気持ち、自責の念、心配、怒り、色んな感情や考えがぐるぐるになって一気に自分を襲いますが、その内悲しみだけになって、最後には愛情だけが残ります。私は残念ながら霊感は全く無いんですけど(^^; 亡くなった方はきっと、私たちのこと全部お見通しなんだと思ってます。あなたとご家族がいかに妹さんを愛していたか、大切に思っていたか。そしてあなたが今悲しんでいること、会いたくて会いたくて、せつなくて泣いていること、そして妹さんを亡くしても変わらず、いや今まで以上にやっぱり愛していること、みんなわかってくれてると思います。そして、あなたが考えてること全ては、妹さんも同じだと思います。こんなに早く別れるとは思わなかった、もっと伝えたいことたくさんあったのに。思うことはお互い同じです。だから心配はいらない。あなたが泣きたいときは十分泣けばいい。涙も悲しみも後悔も、全部妹さんは受け入れてくれています。

たくさん泣いてください。でも、自分を責めてはいけません。責めることは間違っています。そして、一人で考える時間も必要かもしれませんが、できればお友達、家族、妹さんのお友達とたくさん話をしてください。どんなことでもいいんです。一人で閉じこもっていてはいけません。どんな形でもいいから、必ず誰かとつながっていてください。今のあなたの気持ち、後悔、妹さんの思い出、家族みんながどう思っているか。泣いてもわめいても、みっともなくても後ろ向きでもいいんです。感じるまま、あるがままを受け入れてください。そうやって口に出していくと、いつしか心が整理されて、悲しみや後悔などのマイナスの感情だけが消化されてプラスの感情が育ちます。自然と立ち直るときが必ずきます。今は、無理して立ち上がって笑うときではありません。体と心にたまっているものを全部吐き出しましょう。「悲しみを乗り越える」というのは、乗り越えようと努力するのではなく、おのずと自分が成長して、振り返って初めて気づくものです。
この悲しみを忘れると妹さんまで忘れてしまいそうでイヤだ、そんな心配はしなくてもいいです。時がたっても忘れはしません。形が変わるだけです。深くて純粋な愛情だけがあなたの体の一部になります。私は父を亡くしてもう10年経ちましたが、今でも思い出すと時々涙がでます。でもそれは苦しい涙ではないです。父の話をするのは好きです。愛情しか残っていませんから。

長々と書きましたが、ほんの少しでも、参考になるところがあると幸いです。辛ければ、いつでもまたここで皆さんに相談してくださいね。

大変でしたね。そして、残念でした。本当にお辛いですね。

私は学生のとき、父が突然倒れて1時間もしないうちに亡くしてしまいました。病院で蘇生手当てをされる父を見ながら、「これ、ホント?」ていう感じで、現実の展開についていけませんでした。

父を亡くした直後は、今振り返るといろんな面で空回りしていました。しっかりしなきゃ、泣いてばかりじゃダメだ、と。お葬式で親戚・知人みんなに「お母さんを支えてあげてね」と口々に言われ、何ができるのかもわからないのに「私がなんとかしなきゃ」と...続きを読む

Q大至急 嫁いだ娘の香典

嫁いだ娘が急死しました。しかし入院から亡くなるまで三か月 お世話をしておりました。この場合お香典はおいくら包めばいいでしょうか?それと供花などはするほうがいいでしょうか。娘は30歳でした。

Aベストアンサー

香典とは、故人にではなく喪主に対する儀礼です。
大事な娘さんを亡くされて、第一当事者であるとの思いは否定しませんが、あくまでも婚家に対して礼を尽くさねばなりません。

香典や供物については地域による習慣の違いもあるかとは思いますが、参列者の中ではもっとも高額な香典、ならびに供物や供花も必要ではないかと思います。
私の感覚では、香典、供花、供物など合わせて最低でも 10万は用意されるべきと考えますが、ともかく親類の長老とご相談ください。

Q身内の死が受け入れられていない?

中1の時に、病気で姉を亡くしました。もう12年も前のことです。
その時は自分なりに姉の死を認め、受け止めていたつもりでした。

しかし、つい先日、職場の人たちと食事をした際、同僚が妹を連れてきており、とても仲良くしているのをみて、「私にもお姉ちゃんがいたのに。なんでいないの?」寂しさ・悲しさ・悔しさでいっぱいになり、涙がとまらなくなってしまいました。
今までは仲のいい姉妹を見ても、そういった感情が出てきたことはなかったので、自分の感情に対する驚きと負い目のようなものもあり、このまま消えてしまいたいとも思いました。

今後また姉妹を見たときに、同じような感情にとらわれないかと思うと、とても不安です。少し落ち着いたあとに考えたのですが、亡くなった人に対し「なぜいないのか」という気持ちが出てくることは、死を受け入れられていないことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

人間は、人の死を二つの形で受け入れます。
ひとつは、理性的に、ご臨終と火葬を経て、その肉体と魂がこの世になくなった事を認識
します。
もうひとつは、感情的に、お通夜、告別式、初七日、四十九日、一周忌・・そういう儀式
を経て、自分の心のなかに、すこしづづその死を定着させていきます。
(わたしの家は仏教なので仏教儀式のみあげました。他の宗教の方申し訳ありません。)

わたしも13年前、母をガンで亡くしました。

理性が母の死を受け入れるのは簡単なことでした。
骨壺に小さく収まった遺骨があまりにもリアルにそれを示してましたから。

しかし、感情が母の死を受け入れてくれるのは何年もかかりました。
わたしは実家を離れて暮らしているので、実家に帰ると母がいないことに気がついて
「お・・(母さんは?)」と口に出て、そして亡くなった事を思い返すのです。
夢も一ヶ月に一度はみました。朝方の起きる時の夢に母をみて、起きて母の死に気がつい
て、毎回泣いていました。
そんな事を繰返ながら段々と心の方にも母の死が落ち着く場所を見つけたようでした。

ところが、この頃、残された父が体が弱くなっていくのを見て、実家に度々帰るように
なったら、また心が乱れるのです。
父にお茶を出しながら、母が生きていたらこのお茶は母が入れてくれたのかもしれない。
そして、三人でにぎやかに話をしてたのかも知れない。
わたしがいない時でも、父と母二人でお茶を飲み昔を懐かしがっていたのかも知れない。
食事を作ってあげて父に出すにつけ、洗濯をするにつけ、そこに母の姿を見てしまうの
です。母が生きていたら、わたしじゃなくて母がしていたんだと。

質問者の方は、ふとしたきっかけで、わたしと同じ様に亡くなったお姉様の姿をそこに
見てしまったのだと思います。
しかし、それを「死をうけいれていない」と表現するかはまた別の問題だと思います。
亡くなった方を偲び悼むことは誰にでもある感情だと思います。ましてや血のつながった
姉妹であれば当然です。

では、どうすればいいか。わたしは自分の事を含めて「なすがまま」にしかできないと
思っています。
お姉様を偲び悼む気持ち、時には涙をながす時もある自分を、素直に無理をせず認めて
あげることしかないと思うのです。
それが今の自分の気持ちなんだと思って。
そのような感情を持つ事も、自分の今の姿なのだと思って。

なにか工夫してうまく回避する事ができるのかも知れません。だけどそれはなにか無理を
することに繋がるように思います。
例えば、自分の気持ちを拒んで「死をうけいれていない」と否定的に捉えるのも、逆に
受け入れて「まだ憶えているんだ」と肯定的に捉えるのもどちらも辛い事だと思います。
否定的に捉えればより辛くなり、無理して肯定的に捉えれば表面的な辛さは薄れますが、
心の奥底に辛さが隠れるだけです。

わたしは、「死をうけいれらない」とか「受け入れる」とかの選択の問題ではないと思い
ます。
自然に湧き出てきてしまう気持ちだったらそれをあるがままに認める、それが一番自分
らしく、亡くなった方を偲び悼む事になる。そのように思います。
そして、それを何回か繰り返していく中で、少しづつですが、自分の中で本当に自分らし
い気持ちとして落ち着いていくのではないかと思います。
そのようになった時には「死をうけいれらない」とか悩む事無く、お姉様を偲び悼む
気持ちだけが、そこにあると思います。

人間は、人の死を二つの形で受け入れます。
ひとつは、理性的に、ご臨終と火葬を経て、その肉体と魂がこの世になくなった事を認識
します。
もうひとつは、感情的に、お通夜、告別式、初七日、四十九日、一周忌・・そういう儀式
を経て、自分の心のなかに、すこしづづその死を定着させていきます。
(わたしの家は仏教なので仏教儀式のみあげました。他の宗教の方申し訳ありません。)

わたしも13年前、母をガンで亡くしました。

理性が母の死を受け入れるのは簡単なことでした。
骨壺に小さく収ま...続きを読む


人気Q&Aランキング