名古屋大学大学院の電気系専攻をうけたいんですが、私が外部受験をしたいため情報があんまりありません。どんな事でもいいんで知っておられる方おしえてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は博士後期課程に入るときに大学を移りました。


ほかの方がアドバイスされているように教授、助教授にコンタクトをとるのは、大事ですが、そこの研究室に在籍している院生の人に連絡を取ってみるのもいいと思います。公式には聞けない話を聞くことができる場合があります。
大学院の入試問題は公開されていることが多いですが、その種本はなにかということまでなかなか教えてくれません。こういう情報は院生が持っているので教えてくれると思います。
研究室のホームページや、関連する学会の会場などで、行きたい研究室にいる院生の人を捜すと良いと思います。
    • good
    • 0

 どこの大学院でも同じですが、行きたいと思っている研究室のボスにまず連絡を取ることから始めます。

現在のボスが知りあいならばボスに頼んで連絡を取ってもらってもいいですし、自分で電話やメールで連絡を取ってもいいです。電話やメールは大学のホームページに載っていることが多いので調べてみましょう。そして、自分がその研究室に興味があること、一度研究室を訪問してみたいことを伝えます。普通は研究室の見学は歓迎してもらえると思います。研究室見学のときには、その研究室の詳しいことを教えてくれると思いますので、本当に自分の志望と一致しているかを確認できます。(違っていたら断ればいいのです。)また、入試の方法の説明や、時には過去問をくれるところもあります。(内部の受験者の数との兼ね合いもありますが、、)双方とも相手を知ることが出来るので、研究室訪問は重要です。
 
 研究室は決まっているけれども、研究の内容をもって知っておきたいという場合には、専門雑誌を見てみましょう。大学の図書館に行けばおいてあるはずです。または、学会の予稿集を見るのも一つの手です。これなら日本語のことが多いですからね。

 もし、行きたい研究室が決まっていないときには、まず大学のホームページで研究室の研究内容を見て決めておいたほうがいいです。どのみち願書には志望の研究室を書く必要があります。しかし突然志望されても、書かれたほうの研究室としても、相手の人物も経歴も何もわからないので困惑してしまいます。(たまにいるのですが、、)やはり、連絡をとることをお薦めします。

 とにかくそこの大学であればどこでもいいという場合は、大学院の事務に連絡をとって特に人員を必要としている研究室を探してもらうと言う手もあります。この時期は忙しいので困難かもしれませんが、親切な事務官の人であれば研究室に回覧をまわしてくれます。内部の学生が来ない研究室はどこの大学にもあるものなのです。

 がんばって下さいね。
    • good
    • 0

工学系ではなく薬学研究科の大学院を出ていますので,一応経験者として。



文系の大学院は知りませんが,理系の大学院では教授あるいは助教授の研究テ-マに関連した研究を行なうのが通常です。そのため,大学院受験に際しては,志望研究室の教授または助教授と事前に連絡をとる事と明記されている所が少なく有りません。

この際に,教授側は志望者について,自分の研究テ-マに興味を持ってくれるか,自分の研究を行なう能力があるか,研究室の他のメンバ-とやっていけるか,等々を判断します。
勿論,あなたの方も研究室のテ-マや雰囲気について思う事を尋ねれば良いわけです。
その上で,両者が合意できれば,研究室の院生などから過去問や面接の際の注意点などを教えてもらえます。

逆に,この際に教授側のあなたに対する印象が悪かった場合,あなたの成績が他の人に比べてよほど良くない限り,その研究室には受け入れてもらえないと考えた方が良いです。

こう書くと恐れをなすかも知れませんが,まず教授なり助教授なりに電話連絡して,気軽に研究室を訪問されてみれば良いと思います。面接とはいっても,雰囲気的には雑談的な雰囲気の場合が多いですから(でも,教授はあなたを観察している事はお忘れなく)。
    • good
    • 0

 うちの知り合いが岐阜から名古屋を受けたんですが、まずこれって来年度入学予定ですか?


 通常院試験は半年前か後期ですと2月ぐらいですが、願書はその1ヶ月前だと思います。

 うちの受けた人の話しを聞くと、まず受けたい所の研究室の教授、助教授にお会いして話しを聞くところから始まります。
 これは、自分が何故そこへ入りたいのかという明確な意見が出れば、教授や助教授が納得して戴けます。プレ面接ですね。
 院試験の面接だけで、その人は判断出来ないと思いますから。

 それが出来ないのであれば手紙なり、工学部の庶務へ行って願書をもらうなりしないとまずいのでは??

 以下のURLを参考にしてみてはいかがですか??

参考URL:http://www.engg.nagoya-u.ac.jp/index.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熊本大学の理学部数学コースを出たあとに 大学院は 数学専攻ではなく、 理学専攻の生命科学に 入学する

熊本大学の理学部数学コースを出たあとに

大学院は
数学専攻ではなく、
理学専攻の生命科学に
入学することはできますか?

Aベストアンサー

大学に
問い合わせるのが一番だろう

Q研究テーマに合う大学(院)・専攻等を探してます

少子高齢社会のデフレ経済の問題や、グローバル化に伴う社会インフラ(職業訓練、医療・福祉等社会保障等)の整備といった政策的な課題に関心があります。

公共事業よりも人的・社会的資源(ソーシャルキャピタル)への投資を促す財政・金融政策、社会構造の変革を研究したいと考えています。

最近、ユニバーサルデザインをテーマとした論文執筆に取り組む機会がありました。内容は少子高齢社会のデフレ経済の問題を論じています。(1)主にディマンド・サイドに着目し、パレート最適とICFの観点からユニバーサルデザインとバリアフリーを組み合わせ、より一層政策的に、社会的資源(インフラ)として導入する (2)このことによって、労働需要を増やしながら総需要を押上げる (3)金融政策等、サプライ・サイドを刷新してデフレ脱却に近付ける・・・といったものです。

このテーマを今後もライフワークとして研究していきたいのですが、東京首都圏で研究できそうな大学・大学院、学部・学科・研究科があるとしたら、どの大学・大学院のどの学部・学科・研究科になりますでしょうか。

テーマからしまして、経済学・政治学・社会学・ユニバーサルデザイン・バリアフリ-等、学際的な知見が必要なテーマだと思われますが、具体的にどのような専攻が適切でしょうか。

よろしくお願いいたします。

少子高齢社会のデフレ経済の問題や、グローバル化に伴う社会インフラ(職業訓練、医療・福祉等社会保障等)の整備といった政策的な課題に関心があります。

公共事業よりも人的・社会的資源(ソーシャルキャピタル)への投資を促す財政・金融政策、社会構造の変革を研究したいと考えています。

最近、ユニバーサルデザインをテーマとした論文執筆に取り組む機会がありました。内容は少子高齢社会のデフレ経済の問題を論じています。(1)主にディマンド・サイドに着目し、パレート最適とICFの観点からユニバーサル...続きを読む

Aベストアンサー

具体的な情報は持っていませんが、或いは次等が参考になるのではと思われます。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6706002.html
大学学部一覧

http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja
http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnllist_ja.php
ジャーナル一覧

http://eritokyo.jp/independent/aoyama-column1.htm
http://eritokyo.jp/press-link1.htm

http://globalresearch.ca/index.php

http://www.world-newspapers.com/

Q早稲田大学から中央大学法科大学院に入れるんですか?

今高3で進路を決めているものなのですが、早稲田の法科大学院は既習者も三年通うみたいなんです。金銭的にもキツイし、せっかく法学部に在籍していたのに未習者と一緒の条件はどのようなものかと・・・。やはり初めから中央に通うべきでしょうか?

Aベストアンサー

っていうか、入れます。さらにいうと、それなら国立のロースクールに行けばいいんじゃないの?

金無いんだったら、ローはやめた方がいいですよ。予備校にも通わなければならないしねぇ。「司法試験=資方試験(お金の使い方試験の揶揄)」なんで、最初からお金に不安がある時点でやめた方がいいですよ。

とてもお金がかかる試験なのはわかりきっているんでねぇ。大学に進んだ後、ロー受験生は普通、司法試験予備校に通うのが慣例です。既修コースだと、既修者受験コースとセンター対策と二重に予備校代がかさみますから。予備校代に年間80~100万×大学四年間と、ロー入学後の予備校代年間80~100万×二年間も想定に入れておいた方がいいですよ。

私大も辞めるべきです。どうせなら国立大→国立大ローにすべきです。資金力が無い人は司法試験は無理ですよ。親の経済力が参りますから。

Q名古屋大学大学院

私は、名古屋大学大学院の受験を検討しています。
国際言語文化研究科と文学研究科のどちらが自分に合うのか分かりません。
将来携わりたいのは日本語教育で、研究として興味があるのは日本語学なのです。

現在、国立大学の4年生です。やはり、外部の大学院に進学するとなると、難しいのでしょうか?学部入試のレベルを比較すると、名大との差は歴然です。やはり、レベルのこと、自分の力に不安を感じずにはいられません。名古屋大学の大学院は相当レベルが高いのでしょうか?
また、大阪大学、大阪外国語大学、広島大学も同様でしょうか?

Aベストアンサー

どの先生について学ばれたいか、ご検討されてはどうでしょう?
おのずと専攻科が決まるようにも思います。。。


また外部の大学院の進学は、やさしくはないものの、大学受験に比べて難しいわけでもないのではないでしょうか?

恐らくestudianteさんの先輩でも、他大学の大学院に進まれた方いらっしゃると思うので、お話を伺ってみてはどうでしょう・・・

Q大学院入試 外部受験者の研究室訪問について

大学院入試の受験を考えています。

希望科は医療経済・経営もしくは公衆衛生(公衆衛生のコースでも医療経済を学べそうでしたので)です。
大学は私立の経済を卒業、後に専門学校で医療系の国家資格を取得しました。
現在、海外勤務ですので帰国後の受験を考えているのですが、希望する大学院には全くコネがありません。
ですので、(医療経済が文系か理系かはさておいて)挨拶を兼ねて研究室が開催している勉強会の見学に行きたいと考えています。
学費の関係で国公立を考えています。
大学院(しかも国公立)はまだ少し閉鎖的な部分もあると伺っていますので、
「そもそも外部生が受験して受かる可能性はあるのか?」や
今まで自分が学んできたことと少し分野が違うこともあり、
「自分の勉強したい分野がしっかりと学べるか?」の確認をしたいと思っています。

しかし、上述しましたように現在、海外勤務で「いつでも挨拶に行ける」という状態ではありません。
来年の大学院説明会時に合わせて一時帰国しようと考えています。
(第一希望に合わせて帰国しますが、近い日程で開催されるようであれば複数参加予定)
受験日直前まで海外在住です。

そこで質問なのですが、
1 大学院説明会のときは通常、指導教官との面接等はあるものですか?
2 もし説明会で面接があった場合、さらに勉強会の訪問や挨拶等はかえってご迷惑になってしまいますか?
3 「説明会に合わせて一時帰国するんですが、説明会周囲の期間で勉強会を見学させていただくことは可能でしょうか?」この依頼は失礼にあたりますか?
  (実際に可能かどうかは先生のご都合もあるので無理なら仕方ないと思っています)
4 1~3月は論文で大変忙しいと思いますので、コンタクトを取るのは3月下旬の大学(院)の卒業式後辺りを考えています。
  説明会は例年5月下旬に開催されているのですが、2か月前のコンタクトは妥当でしょうか?
  (2か月前には航空券も取りたいので)
5 所属している学生の経歴を見ると医師がほとんどなのですが、コメディカルの医療経済の勉強はまだまだ門戸が狭いものですか?


実際の院生や大学院に関わった方からの回答ですとありがたいです。
長文になりましたが、よろしくお願いします。

大学院入試の受験を考えています。

希望科は医療経済・経営もしくは公衆衛生(公衆衛生のコースでも医療経済を学べそうでしたので)です。
大学は私立の経済を卒業、後に専門学校で医療系の国家資格を取得しました。
現在、海外勤務ですので帰国後の受験を考えているのですが、希望する大学院には全くコネがありません。
ですので、(医療経済が文系か理系かはさておいて)挨拶を兼ねて研究室が開催している勉強会の見学に行きたいと考えています。
学費の関係で国公立を考えています。
大学院(しかも国...続きを読む

Aベストアンサー

歯科大学の大学院を終了した歯学博士です。


「大学院の説明会」というのは、これから大学院を受験しようとしている受験生に対して、そこの大学院ではどのような研究を行っているのか等について説明する説明会であると思います。
通常、指導教官となり得る教員は複数います。この「説明会」の時点では、誰が入学するのか決まっていませんから、どの教員がどの学生の指導教官となるのかも決まっていません。複数いる教員の中には、その年は指導教官とはならない教員もいますし、複数の大学院生の指導教官となる教員もいます。そして、説明会の時点では、これらは決まっていません。従って「説明会での指導教官との面接」というのは意味がありません。


通常、大学院では個々の大学院生がそれぞれ研究テーマを与えられて、それについて文献を調べたり、フィールド調査に出かけたり、調査結果をまとめたり、といったことを行っています。これらを総称して「研究」と呼ぶわけです。ですから、大学院生全体での「勉強会」というのはそもそも行われていない場合が多いです。もちろん大学院生を対象とした講義や演習などはあります。これらを有料で聴講することはたぶん可能です。質問者さんが想定しているような「勉強会」が行われているかどうかは、研究室によって異なりますから、わかりません。
研究室ごとに、教員や大学院生の研究の進捗状況を報告する報告会は定期的に行われていますが、これは外部の人間は入ることはできません。誰がどんな研究をしていて、どこまで進んでいるかを知っているという前提で、進捗状況を報告するだけなので、たとえばA講師が「うまくいきそうなのでもう少し広げて見ます。」と報告します。「何が」うまくいきそうなのかは、出席者全員がすでに知っているので、取り立てて言いません。「広げる」というのがフィールド調査の範囲を広げるのか、それとも動物実験で切開の広さを広げるのか、出席者全員がすでに知っているので、「広げる」としか言いません。ですから、前提を知らない部外者に説明をしているとわずらわしいので見学を許可しません。


上記のとおりです。研究室ごとの勉強会があるとするなら、「見学したい」と申し入れることは失礼ではありませんが、許可されるかどうかは、教授の考えによるので、なんとも言えません。


研究室によると思いますが、私の経験では、12月中に論文をほぼ書き上げ、1月に予備審査。予備審査で指摘された補足データを集めて、2月に本審査。その後教授会の承認を得て、3月に受理、というタイムスケジュールでした。12月が、教授に添削してもらいながら、書き直して不足したデータを集めて、などで忙しく、年を空けてからは、提出した論文の審査結果待ちで、むしろ時間がありました。
学科および研究室により異なりますので、研究室にお問合せください。


医学部の大学院の場合は、通常は受験資格として「医師または医師と同等の知識を持つもの」となっているはずです。研究室によっては、医師と同等であるかどうかを調べるための試験を、入学試験とは別に行う場合もあります。そういうわけで学生のほとんどが医師ということになります。


メールで大学院を受験したいことと研究室を見学したいこと、海外にいるので説明会前後に帰国することなどを書いて、見学してよいかを聞いてみてはいかがでしょうか。

歯科大学の大学院を終了した歯学博士です。


「大学院の説明会」というのは、これから大学院を受験しようとしている受験生に対して、そこの大学院ではどのような研究を行っているのか等について説明する説明会であると思います。
通常、指導教官となり得る教員は複数います。この「説明会」の時点では、誰が入学するのか決まっていませんから、どの教員がどの学生の指導教官となるのかも決まっていません。複数いる教員の中には、その年は指導教官とはならない教員もいますし、複数の大学院生の指導教官となる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報