システムメンテナンスのお知らせ

駐車禁止場所なのに白線の中に止めて1時間だけ駐車出来るコインパーキング(300円)ありますよね?

あれは、なんで駐車違反にならんのでしょうか?

駐車禁止場所でも金を払えば駐車禁止にならない意味が不可解です。

その場所に駐車して300円入れずに1時間放置して

駐車禁止のステッカーを貼られれば300円後払いすると主張すれば異議申し立ては通るのでしょうか?

あと、20時までとか制限ついてるのも意味分かりません。

もし、分かる人がいれば教えてください。

gooドクター

A 回答 (5件)

まず原則的に、日本の駐車違反の規制は厳しすぎることを理解してください。

ヨーロッパなどは、裏路地に車が数珠繋ぎに止まっていますが、駐車違反ではないところが多いのです。

さて戦後日本も段々モータリゼーションの波が打ち寄せてきて、交通事故が多発するようになりました。昭和30年代の話です。この時代に速度違反の取り締まりとか、駐車違反などの法律の原型が出来ています。
この法律が出来て困ったのは一般ドライバーです。当時は車が走り始めたころですので、駐車場なんか整備されていません。
ですので、今までは路上駐車していたのですが、法律が出来たことにより違反となってしまいました。

このような苦情を受けて、「駐車場が整備されるまで」という制限をつけて、道路に駐車できるようにしたのが、パーキングメーターの始まりです。
ですので、実態として必要悪とされてきたのですが、実際、車を運転する以上どこかに止めなければなりませんから、必要だったわけです。

またお金は先に払わなければなりません。これはその場所を1時間占有するという約束にかかる費用です。
要するに、きちんとお金を払って駐車違反になりたくない人を、お金を払わずに車を止めることで邪魔しているのですから、取り締まりで廻ってきたときに占有権を主張できずに違反となるということです。

時間制限については場所によって二通りの意味に分かれます。
一つ目は、利用できる時間帯は停めたい車が多いので、時間を区切ることによってより多くの人が止められるようにしている場合(この場合は時間が過ぎると無料でも違反にならないところが多いです。地方の繁華街におおいですね)
二つ目は、元々駐車禁止だけども必要悪として、駐車を認めている場合、(この場合は時間が過ぎると駐車違反になります)

つまり公共の利益に合うように実態をあわせようということです。たとえば、東京の築地の前の道は早朝の時間帯だけ駐車禁止が解除されます。お金もかかりません。
これは朝早いため、市場以外の道路の利用が少ないためと市場利用者が円滑に仕入れを出来るようにするためです。しかも車を縦列駐車です。横じゃなくて縦に車を入れるので、2車線道路がふさがります。
日が昇ると、一般人の仕事時間になりますから駐車違反になってしまいます。

で、話戻って現在ですが、民間の100円パーキングなどが充実してきたために、東京都・神奈川県ではコインパーキングをどんどん廃止しています。役目を終えたということですね。
    • good
    • 0

コインパーキング(俗に「つくしんぼ」と云います。

)は、駐車禁止場所ではないのです。
ただし、1日の内でも一定時間内に、1時間ごとに300円を前払いすることを条件に。
それらの条件を満たさないなら駐車違反に違いないのです。
    • good
    • 0

#1の方のいうとおりです。



ここから持論です。
駐車禁止にするということはその場所が危険だからだと思います。
そこを有料で時間を限って注射をできるように何年か前に法律改正して質問のような状況ができたのですが、根本的に改悪されたのだと思います。
危険性がなければ、時間制限で一定の時間だけ駐車禁止にすれば良いだけでした。
私たちはそのような法案を通してしまう政治家を選んだということです。
    • good
    • 0

>駐車禁止のステッカーを貼られれば300円後払いすると主張すれば異議申し立ては通るのでしょうか?



これが通用するのならスピード違反をしても「減速したら違反にならない」と同じことです。
    • good
    • 0

パーキングメーターですね。

駐車場法で決められています。

http://www.houko.com/00/01/S32/106.HTM#s3


>駐車禁止のステッカーを貼られれば300円後払いすると主張すれば異議申し立ては通るのでしょうか?

通りません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング