皆様よろしくお願い致します。

どんな鳥でもいいのですが、エベレストの山頂を飛び越すくらいの高さを飛べる鳥っていうのはいないのでしょうか?
勿論、常にその高度を飛ぶ必要は無いとしても、「頑張ったら」飛べる種類とか…。

実はその昔、中学の時の先生が、
「生物のいる空間は、マリアナ海溝の底からエベレストの山頂までの高さの間だ!」
っておっしゃっていて、私が、
「その山の上を鳥が飛んだらどうなんですか?」
って聞いたら、
「屁理屈いうな!!」
って怒られまして、回答が得られず(笑)、最近になって思い出してしまいました。
(マリアナ海溝より深いところには、石油を食う微生物なんかが居そうですけど……)

どんなお答えでも構いませんので、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アネハヅルが、ヒマラヤ超えをするのは、有名な話です。

中央アジアで繁殖し、東アフリカやインド北部で越冬するため、ニルギリ峰(7061m)やダウラギリ峰(8167m)を超えていきます。
アネハヅル以外でも、オオハクチョウが8200m以上の空を,ダイシャクシギが1万mの上空を飛んでいたことがレーダーなどで確かめられてるそうです。
ちなみに人間なら、高山病になりますが、鳥の場合、吸った空気が一度肺の下の気嚢にたまり、一方通行で肺の中を流れ、上の気嚢に溜まってから吐き出されるしくみになっています。これにより、人間の呼吸の10倍の酸素を身体に取り入れることができるので、高いところを飛んでも大丈夫なのです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

endersgame 様
お答え有り難うございました。
私の近くでも観る事の出来る、あの白鳥サンさえも、そんなに高く飛ぶ事が出来るなんて……。氷の上をトボトボ歩いている?彼ら?を見る目が変りました(笑)!!!!
空気の薄さだけでは無く、気温も低いだろうと思う処を飛ぶという、そのタフさが凄いです。
この度はどうもお世話になりました。

お礼日時:2001/02/04 06:57

高等動物が居た確かな証拠がある最高高度は、高度38万km。

最初に確認されたのは1969年のことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

stomachman 様
御回答有難うございました。
高度38万kmの高さに高等生物がいた、との事。
すごいです。何なのかなぁ……。
今回はホントにどうもお答え有難うございました。

お礼日時:2001/02/04 06:34

そうそう、アネハヅル。


高校の生物の教科書にヒマラヤ山脈を越えていく写真が載ってましたよ。
雨期のあけた頃、チベット方面から南へ向けて、氷河の上昇気流に乗って8000mの山々を越えていくそうです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~XR3F-MRY/monarch.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sakana21 様
参考のURLまでお教え頂きまして有難うございました。
高校の教科書に載ってたんですか!
わ、私の高校時代の教科書には、そのような事は載っていなくて……。古いんでしょうかね、私って…(笑)。
画像まで拝見する事が出来まして感謝しています。
ホントにアリガトウございました♪

お礼日時:2001/02/04 06:38

鳥類の飛行高度についての詳細は知りませんが、チョモランマやヒマラヤ山脈へはしばしば行きます。


標高7000m付近でも鳥は飛んでいますネ。
標高5000m付近では鳥葬が行われていますし‥
強い上昇気流を利用すればチョモランマを飛び越えることができるかもしれませんネ。
また、空中の浮遊菌類を考えると、生き物はもっと高いところにも存在します。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kawakawa 様
お答えどうも有り難うございました!!!
私の別カテゴリの疑問にもお答えをお寄せ下さいまして、ダブルで感謝しています。ホントに有難うございます。
実際に「見た!!!」というお話は、聞く(読む?)だけでも凄いなっと思います。7,000m以上ですと私のような一般人では苦しくて死にそうなんでしょうけど、鳥サンとそしてkawakawa様、これまた「凄い」です。
実視の御体験をお聞かせ頂きまして、有難うございました!!
「浮遊菌類」なんて聞くと風邪のウィルスもやっぱり居るんでしょうか?とまぁその辺は別の質問の時に御うかがいしますね。
また何かの私の質問でお世話になるかもしれませんけど、またその時はよろしくお願いします。今回はホントにどうも有難うございました。

お礼日時:2001/02/04 07:15

エヴェレストの上はどうか判りませんが、ヒマラヤ山脈を南北に行き来して越える鶴(種類は失念)がいます。


 NHKの番組で見た記憶があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Eivis 様
御回答有り難うございました。
もしかして何方からも、お話が頂けないのでは?なんて心配していました。お早くにお答えを頂けまして感謝しています。
NHKでしたら再放送の期待をしたいところですケド、もう終わってしまったでしょうね、残念……。
この度はどうもお世話になりました。

お礼日時:2001/02/04 07:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建物の10階くらいの高さまで鳥は飛んできますか?

スズメや、小さい野鳥などは、
ビル、マンションの10階くらいの高さまで飛んできますか?

Aベストアンサー

東京都23区の西部地区に住んでいます。
400m離れて、公園が有りますが、
スズメ位の大きさで少し細身な鳥が飛んできます。
15階です。

Q北海道で夜飛ぶ鳥はなんという鳥?

夜、早朝にビービビビビ(ビービュビュビュ?)とあまりキレイな鳴き声ではない鳥は何という鳥でしょうか?鳴き声と一緒に飛んでいる翼のバサバサという音が聞こえる事もあります。
教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

たぶん、オオジシギという鳥です。
湿原などにいて、バサバサバサという羽音をたてながら急降下してきます。下記URLで声が聞こえるので、確認してみてください。

参考URL:http://miura1.cool.ne.jp/SYMBOL/yacho/ichiran.htm

Q鳥が群れで飛ぶ行為について

秋も深まったせいか最近鳥の群れをよく目にする気がします。しばらく見入っていると、全ての鳥が誰が合図したともなく同じ動きをして飛んでいるように見えます。
何十、何百羽という群れが、寸分のくるいも無く飛ぶことが出来るのは何故なんでしょうか。
コウモリのように超音波を出して障害物を感知したりしているわけではないと思いますが。。
ご存じの方いらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
鳥はどうして集団で行動し、何の合図もなしに一斉に方向転換できるのか。
質問者さんと同じ疑問を持ったひとりの学者さんが、公園に行って鳥の群の集団行動を備に観察し、そのメカニズムをコンピューター・シミュレーションで解明しました。その結果、以下のような条件が導き出されました。

1. 鳥は、仲間の方へ集まろうとする。
2. お互いに同じ速さで飛ぼうとする。
3. ぶつからないようにする。

この三つの条件を与えるだけで、コンピューターの画面の中に鳥の集団行動がそっくりそのまま再現できたそうです。このシミュレーションは、クレイグ・レイノルズというひとがプログラミングした「boid(ボイド)」というもので、複雑系科学の分野ではたいへん有名です。
これだけでは、鳥が何故そのような習性を持っているのかに就いては分りませんが、一見、たいへん複雑だと思われていた鳥の集団行動ですが、実は極めて単純な規則で実現できるのだということが確かめられたことになります。

この実験から言えることは、
このような鳥の群にはリーダーはいません。
そして、リーダーの指示や、仲間同士の意思疎通はありません。
もちろん、瞬時に意思疎通を計るような超能力もありません。
ですが、逆にリーダーなしで、仲間同士の意思疎通が全くなくとも、上記の三つの条件が整いさえすれば、整然とした集団行動が何の問題もなく実現できてしまうということです。

では、どうして鳥にそのような習性があるのかといえば、仲間同士が集まろうとするのは、どう見ても本能です。速度を合わせようとするのも同様のものだと思います。そして、ぶつからないように気を付けるのは、動物なら当たり前のことですよね。このように、1羽1羽がただ与えられた本能に従って行動しているだけで、集団になると自然に統制が取れたような性質が現れてしまうことを、「複雑系に於ける自己組織化現象」といいます。

何かに驚くのか、公園のハトが一斉に飛び立つのを良く見掛けますよね。これは、誰かが危ないと叫んだわけではありませんし、全員が一斉に同じ危険を感じ取ったというわけでもありません。ですが、どれか1羽が何らかの危険を察知して飛び立つならば、何の合図もなしに自然と集団行動が実現してしまいます。これは、群の中の1羽が何かの危険を察知したならば、群全体が即座に退避できるということです。

V字飛行というお話も出ていますが、もしリーダーがいるとすれば、これは質問の中で述べられているハトやスズメの集団行動とは別物です。上記の三つの内、何れかは当てはまるかも知れませんが、やはり、こちらは渡り鳥の習性なども調べてみなければ何とも言えないと思います。
クレイグ・レイノルズのシミュレーションは、良く映画のコンピューター・グラフィックに使われます。恋人同士が再会を果たす感動のラスト・シーンなどでは、白いハトの群が一斉に飛び立ってゆく背景は絶対に欠かせませんよね。

こんにちは。
鳥はどうして集団で行動し、何の合図もなしに一斉に方向転換できるのか。
質問者さんと同じ疑問を持ったひとりの学者さんが、公園に行って鳥の群の集団行動を備に観察し、そのメカニズムをコンピューター・シミュレーションで解明しました。その結果、以下のような条件が導き出されました。

1. 鳥は、仲間の方へ集まろうとする。
2. お互いに同じ速さで飛ぼうとする。
3. ぶつからないようにする。

この三つの条件を与えるだけで、コンピューターの画面の中に鳥の集団行動がそっくり...続きを読む

Q鳥が飛ぶ仕組み

 鳥がなぜ空を飛べるのか、ということについて調べています。
 特に、ハリオアマツバメなどの高速飛行系の鳥が、なぜそんなに速度が出せるのかを知りたいのです。
 おすすめの資料、もしくはヤフーで効率よく検索できるキーワードをお教えいただけるだけでもかまいません。
 鳩が宙に浮く理由を子供に説明する程度の予備知識はありますので、計算式がバリバリ出てくるような資料でなければ多少は専門的なものでもかまいません。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

近辺でなければスイマセンが、稲永ビジターセンターに遊びに行ったときに、私のような素人にも判るように、渡り鳥を中心に飛ぶ仕組みなどを詳しく説明されました。
関心は別のことなので、十分覚えていないのは申し訳ない気持ちですが、機会があれば出かけて見てください。

http://www.fujimae.org/fujimae_centers.htm

Q少し飛ぶ鳥について

ヤンバルクイナやにわとりとかは少し飛べますよね。
どうして、完全に飛ばなくならないんでしょうか。
その少し飛ぶんのエネルギーが、無駄なような気がしますが。

Aベストアンサー

 面白い質問なので答えます。

 ニワトリは少し飛べる理由。
 進化生物学からニワトリを分類すれば、ニワトリの祖先はキジである事に当たる。遺伝子的にニワトリはキジ肉なのである。
 よく考えて下さい。キジも少しは飛べるでしょう。つまり、キジ科にとって空中を飛ぶ必要がなくなり、また少し飛ぶことで逃げるときに有利なら残ります。だから、羽は空中を飛ぶ羽から、地上で跳ねる程度の飛ぶに目的に変えたのです。ですが、ニワトリは地面を走っているイメージがありますね。つまり、彼らは陸地での環境がよく、天敵がいなかったら陸に棲むようになった。
 棲み分けという複雑な言葉を使ったので説明します。鳥は水辺に棲む合鴨や白鳥、陸を走るダチョウ、木に止まるワシやタカやカラスやスズメ、氷の上を歩くペンギンがいます。彼らは棲む場所が違うため、生物間競争がなく強い種だけが一種残るなんて事は起きません。棲み分けをし、違う場所に棲んでいるから生態系が多様、つまり弱肉強食というか、強い種のみが生き残るなんていう事が起きないのです。
 ハトは天敵がいるから飛ぶ。ツバメは渡り鳥で、自分に都合のよい気候を旅してまわり生活している。ダチョウは天敵がいなかったから飛ぶことを止めた。
 飛ぶ事が進化で、飛ばないことが退化という考えは捨てましょう。自分たちが飛ばない選択を選んだ種は、自分たちが安心して住める場所を手に入れ固定して住めるようになったという事です。ペンギンは陸で棲み飛ばなくなったのは、南極が彼らの天敵がなく棲みやすかったからです。
 生物進化は、生物が都合がよい方しか進化しません。進化とは、ある部分の退化を伴います。
 あなたの「少し飛ぶ分のエネルギーが、無駄な気がする」は、ニワトリの戦略を無視した話です。ニワトリは、少し飛ぶことで敵から早く逃げられると思ったからです。
 ついでに、チャボが好きならキジの生態を観察してきなさい。行動がよく似てますよ。

 面白い質問なので答えます。

 ニワトリは少し飛べる理由。
 進化生物学からニワトリを分類すれば、ニワトリの祖先はキジである事に当たる。遺伝子的にニワトリはキジ肉なのである。
 よく考えて下さい。キジも少しは飛べるでしょう。つまり、キジ科にとって空中を飛ぶ必要がなくなり、また少し飛ぶことで逃げるときに有利なら残ります。だから、羽は空中を飛ぶ羽から、地上で跳ねる程度の飛ぶに目的に変えたのです。ですが、ニワトリは地面を走っているイメージがありますね。つまり、彼らは陸地での環...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報