ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

養子が死亡した場合、養子に来る前の親族への遺産の相続はありえるでしょうか?
1)遺言がない場合
2)遺言で養子に来る前の親族以外に相続する旨が書かれている場合遺留分が発生するのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

養子縁組を行っても、実親などとの血縁関係は「そのまま」です。



相続に関しては原則次のようになります。

養子が死亡したときに配偶者と子供がいるときはそのものが相続人になります。

養子が子供がいない状態で死亡した場合は、実親及び養親が相続人となります。
養子が婚姻していた場合はもちろん配偶者も相続人です。

子供も実親・養親もいないか死亡している場合は、実の兄弟及び養親の他の子供(義理の兄弟)が相続人になります。
    • good
    • 11

配偶者の有無は別にしても、養子本人に直系卑属(子・孫など)の立場での


相続人(・代襲相続人)が存在しない時、特別養子(実親子関係が消滅)を
除いた普通養子(=実親子関係が継続)の場合には、
法定相続人の順位は次のようになります。
(あくまでも、現行民法に限定したお話です)

1.生存する養父・養母・実父・実母(実・養にかかわらず相続分平等)
2.1が一人も生存しない場合
  生存する養祖父・養祖母・実祖父・実祖母(同上)
3.2が一人も生存しない場合
  生存する養曾祖父・養曾祖母・実曾祖父・実曾祖母(同上)
(3.以上に高齢の直系尊属は省略)
以上までの相続人には遺留分権があります。

4.養方の兄弟姉妹・実兄弟姉妹
  又は養・実の兄弟姉妹の子(被相続人の甥・姪)
上記の相続人には遺留分権がありません(民法1028条)。

以上のことから、普通養子本人に直系卑属も直系尊属も誰も存在しない
場合には、実の兄弟姉妹(又はその子)にまで相続権が及びますが、
兄弟姉妹には遺留分権は認められていません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

なるほど。ありがとうございます。
養子に行ったとしても、実の親子や兄弟との相続関係は
保ったままなんですね。
養方、実方に差はないわけですか。
よくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/02 19:58

「養子に来る前の親族」の意味がいまいち分かりません。

この回答への補足

言葉足らずですいません。
どう表現すればいいのかわからないのですが、
Aの戸籍からBの戸籍に養子に行った場合、養子に行く前のAの戸籍にいる
血のつながった兄弟などの親族ってことです。
実の親は死亡していませんので、実の兄弟です。

補足日時:2002/09/02 17:26
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弟が養子に行った場合の遺産相続はどうなるの?

弟が養子に行きました。残った兄弟で両親の遺産を相続するのでしょううか?それとも、養子に行った弟にも相続の権利があるのでしょうか?その場合、弟は養子先の遺産と自分の両親の遺産を両方受け取る事が出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

通常養子は実親と養親双方の相続権があります。

〔説明〕
通常の養子縁組(普通養子縁組)をしても実親との親子関係は切れませんので、実父母からの相続権を失うことはありません。ですから、あなたには実のお父さんの相続権があります。もちろん養親の相続権があります。

但し、昭和62年から始まった特別養子縁組制度は、実親との親族関係が消滅するタイプの養子縁組ですので、特別養子縁組の場合には実親の相続権がありません

〔民法の参照条文〕
第809条  養子は、縁組の日から、養親の嫡出子たる身分を取得する。
第887条  被相続人の子は、相続人となる。
2  被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によつて、その相続権を失つたときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。但し、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3  前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によつて、その代襲相続権を失つた場合にこれを準用する。

第817条の2  家庭裁判所は、次条から第817条の7までに定める要件があるときは、養親となる者の請求により、実方の血族との親族関係が終了する縁組(この款において「特別養子縁組」という。)を成立させることができる。

第817条の9  養子と実方の父母及びその血族との親族関係は、特別養子縁組によつて終了する。ただし、第817条の3第2項ただし書に規定する他の一方及びその血族との親族関係については、この限りでない。

通常養子は実親と養親双方の相続権があります。

〔説明〕
通常の養子縁組(普通養子縁組)をしても実親との親子関係は切れませんので、実父母からの相続権を失うことはありません。ですから、あなたには実のお父さんの相続権があります。もちろん養親の相続権があります。

但し、昭和62年から始まった特別養子縁組制度は、実親との親族関係が消滅するタイプの養子縁組ですので、特別養子縁組の場合には実親の相続権がありません

〔民法の参照条文〕
第809条  養子は、縁組の日から、養親の嫡出子...続きを読む

Q独身兄の相続人は?

初歩的な質問ですみません。
41歳独身の兄、既婚の私(39歳)、シングルマザーの妹(36歳・姪(9歳)、甥(7歳))の3人兄弟です。

兄が亡くなった場合、法定相続人は誰でしょうか?
ちなみに母は亡くなり、父(71歳)は存命です。

Aベストアンサー

「兄」が独身のまま亡くなった場合には、まず、「兄」に本当に「子」がいないかを確認しなければなりません。
亡くなった時点で独身であっても、生涯結婚していなくても「子」がいる可能性はあります。
実子はいなくても、実際には養っていなくても、書類だけの関係でも「子」がいないかを確認しなければいけません。

さらに、「兄」が誰かの養子になっていないかも確認しなければなりません。

そして、全く「子」がいなくて、誰の養子にもなっていなくて、「兄」が「父」よりも先に亡くなれば、法定相続人は「父」1人です。
相続割合は「父」100%です。

「兄」より先に「父」が亡くなっていれば、法定相続人は、「私」と「シングルマザーの妹」の2人です。
相続割合は「私」と「シングルマザーの妹」、同等に50%ずつです。
ただし、これも「兄」と片親でも同じくする兄弟姉妹(これまた血縁の有無に限らず・書類上の問題)が、他にいないことが前提です。

なお、既婚で実家を出ているとか、シングルマザーで兄や父と実家で一緒に生活し、面倒を見ている-ということであっても、法律面では関係ありません。

もし、一旦なりとも「父」に相続させたくないのでしたら、「私」と「シングルマザーの妹」が「兄」と養子縁組をする-という手段もありますよ。
または、「私」や「シングルマザーの妹」の子たちを「兄」と養子縁組するとか。
そうすれば、法定相続の順位は変わります。

「兄」が独身のまま亡くなった場合には、まず、「兄」に本当に「子」がいないかを確認しなければなりません。
亡くなった時点で独身であっても、生涯結婚していなくても「子」がいる可能性はあります。
実子はいなくても、実際には養っていなくても、書類だけの関係でも「子」がいないかを確認しなければいけません。

さらに、「兄」が誰かの養子になっていないかも確認しなければなりません。

そして、全く「子」がいなくて、誰の養子にもなっていなくて、「兄」が「父」よりも先に亡くなれば、法定相続...続きを読む

Q養子の相続人について教えてください。

養子の相続人について教えてください。
被相続人が養子である場合の相続人について質問です。
被相続人は実親、養親ともに亡くなっていて、子どももいません。配偶者はいます。
この場合、配偶者と実の兄弟姉妹のほかに、養子縁組後の兄弟姉妹も相続人となるのでしょうか?

Aベストアンサー

養子縁組の前に死んでいる人間がいる場合は別ですが、
養父・養母の子と養子とは、相続においては兄弟姉妹にあたります。
養子縁組前に生まれていても「兄」弟「姉」妹です。
但し、養子縁組は、養父のみ・養母のみとも行うことが可能ですので
片方のみと養子縁組していた場合には、
養親の子は900条4項父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹になります。
http://www.kfs.go.jp/service/JP/68/14/

Q養子のある相続関係説明図の書き方は

相続人に養子がいる場合の相続関係説明図の書き方について、図で教えてほしいのですが、(1)実子がなく養子が1人の場合、(2)実子が1人と養子が1人の場合、どのように書いたらいいでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下手な図になりますが、
・夫婦養子
父=======母
   |
   養子

・夫婦養子(実子有り)
父======母  又は  父======母
   |            |  |
  ---          養子  実子
  | |
 養子 実子

・片親との養子縁組
父=======母
|   |
養子  実子

どの場合も、養子の所に「○年○月○日養子縁組」と記載します。養親ごとに縁組みの日が異なる場合は、双方から線を引っ張ってきてそれぞれに「○年○月○日養子縁組」と記載します。

相関図を何にご利用するか分かりませんが、そもそも相関図は厳密に決まっているものではないと思います。

Q親が養父と養母の場合の相続について

養子の相続についてご質問があり、投稿させて頂きました。
以下のケースの場合、最後に残った子供(養子)は相続できるのでしょうか?

 養父が死去
  ↓
 子供がこの時点で相続放棄をして、養母(養父の配偶者)がすべてを相続
  ↓
 養母が死去
  ↓
 一度、相続放棄をしている子供(養子)は、養母の遺産を相続できるの?

ご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

ご質問と直接関係ありませんが

>  子供がこの時点で相続放棄をして、養母(養父の配偶者)がすべてを相続

あなたの家裁でした相続放棄の結果、相続人は養母(配偶者)だけだったのでしょうか?養父の兄弟姉妹(甥姪)までが推定相続人の範囲ですので、すべて養母にではなく、養母にいった遺産のみ養母の財産となり、それだけしかあなたの相続になりません。

まさかの養父相続で遺産分割協議が未済ですと、亡養母を代位して相続の揉め事にまきこまれます(亡養父相続人が養母のみでしたらこのことはありません)。この面でも戸籍取り寄せ、養父からみた身分関係を確定しておくべきでしょう。

Q養子の相続~養親の子 と 養子の兄弟 の関係

養子であるAがなくなった時の相続関係について
養親Bに子CD(CDのもう1人の親であるBの配偶者とAは縁組していない)、実親EFに子GHがいる場合で、
BEFはAより前に既に死亡しており、Cは縁組の日以前に生まれており、Dは縁組の日より後に生まれたという場合、
CDGHは全員がAの兄弟としての相続分があるという理解であってますでしょうか?
なお、Aに配偶者・子はいないです。

Aベストアンサー

その理解で正しいと思います。

民法727条によって、AとCDの間には兄弟の関係が生じます。(Cは縁組前の子かどうかは関係ありません)

そして、GHもAとは兄弟です。

そして、Aには子もなく、実方、養方双方の親が亡くなっていますから、兄弟姉妹が相続人です(889条)。

ただし、相続分は異なります。
900条4号ただし書き後段によって、CDの相続分はGHの相続分の2分の1です。

AはBの配偶者とは親子関係がありませんから、CDはAと「父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹」となるからです。

Q司法書士・行政書士が職権により、戸籍等を閲覧・取得することについて

 私が6人の法定相続人の一人となっている、相続案件があります。
 相続内容について、色々の事情があり、1対5で主張が対立し、手続きが遅滞しています。
 1人は、早く不動産等を処分・現金化したいとの思惑と思われ、5人はその1人との前段整理が決着しなければ、感情的に協議の席には着け
ないと考えています。
 私は5人のうちの1人で、他の4人とまったく同じ主張です。

 対立はさておき、対立する1人の相続人の弟が、我々と同一市内に事務所を構えるT司法書士・行政書士事務所に相続の事務手続きを依頼しました。
 以下T司法書士・行政書士をTとします。

 T事務所より、法律の定めるとおりに遺産を配分するとの内容で、関係書類が5人に送付されてきましたが、その書類は関係者の本籍・住所
等が既に印字され、ただ署名・捺印するのみのものでした。

 なぜTから送付されてきた書類に本籍・住所等が印字されていたのか疑問に思い、本日、T事務所を訪ね確認したところ戸籍・除籍・住民票を取得した事を認め、「司法書士・行政書士は職権により戸籍等を閲覧・取得できる事が認められているので、問題ない」との回答でした。

 実は私は、弁護士や司法書士・行政書士等は職権により、登記簿や戸籍等を閲覧・取得できる事をしっていましたが、基本的には当人の了解を得るか、通知した後と考えていました。

 私が「戸籍等は個人情報であり、〔職権により取得することができる〕と〔取得する〕は意味が違うのではないか。依頼者はともかく、
該当する当事者に関しては了解を得るか、最低限通知するべきではないか」と続けたところ、「そんな事をしていたら、仕事にならない」
との答えが返ってきました。

 私が、「今言われた〔そんな事をしていたら、仕事にならない〕という発言は、この発言を文字通り解釈していいのですね?」と確認した
ところ黙り込み、少し間を置き、「当事者の所在が分からず、連絡が取れない場合も多くある。」と答えました。
 「一般論では、そういった事もあるかもしれないが、我々の場合は全員市内に居住し、容易に連絡もとれる、所在が分からない
ということは無いはずだ。依頼者からその程度の情報は入手できたはず。もし、それをしなかったのなら仕事として怠慢。」といったところ、「全員が市内に居住している事は、戸籍・住民票を取得して初めて分かった。怠慢ではない」との答でした。
 続けて私が「取得した戸籍は謄本か、抄本か、謄本ならば相続人以外の情報も記載されているが、それらの情報はどうするつもりか」
と尋ねたところ、「それについては答えられません。」との回答でした。

ここで本題です。

1 司法書士・行政書士が職権により、戸籍・住民票等を閲覧・取得しようとした場合、行政側は、どのような取扱いをするのですか?
2 司法書士・行政書士が職権により、戸籍等の閲覧取得を求めた場合、「取得されようとする人の了解を得ているか、否か」は戸籍等の開示の要件たらず、無条件に開示し、閲覧・取得させているのでしょうか?
3 謄本により開示・取得された場合、法定相続人以外の情報も外部へ出る事になりますが、この事に関してどのように解釈しますか?
 ※ 例えば私の場合では、私の戸籍抄本が取得できた段階(除籍ではないことが判明した段階)で私の同一戸籍内の妻や子供の情報は不要となり、謄本を取得する必然性は無くなるはずです。

以上3点につき、詳しい方にご教授頂ければと思います。よろしくお願いします。

 私が6人の法定相続人の一人となっている、相続案件があります。
 相続内容について、色々の事情があり、1対5で主張が対立し、手続きが遅滞しています。
 1人は、早く不動産等を処分・現金化したいとの思惑と思われ、5人はその1人との前段整理が決着しなければ、感情的に協議の席には着け
ないと考えています。
 私は5人のうちの1人で、他の4人とまったく同じ主張です。

 対立はさておき、対立する1人の相続人の弟が、我々と同一市内に事務所を構えるT司法書士・行政書士事務所に相続の事務手続...続きを読む

Aベストアンサー

>1 司法書士・行政書士が職権により、戸籍・住民票等を閲覧・取得しようとした場合、行政側は、どのような取扱いをするのですか?

司法書士の場合ですが、例えば、職務上請求書に、使用目的「相続登記」・提出先「法務局」と記載されていれば、行政側は交付します。
使用目的が「身元調査」と記載されているような場合は交付されません。

2 司法書士・行政書士が職権により、戸籍等の閲覧取得を求めた場合、「取得されようとする人の了解を得ているか、否か」は戸籍等の開示の要件たらず、無条件に開示し、閲覧・取得させているのでしょうか?

 依頼人の依頼の範囲内で、かつ、司法書士の職務の範囲内であれば取得される者の了解は不要です。
相続登記の依頼を受けた場合は、戸籍謄本等を取得し相続人を確定することが最初の仕事になります。

 一度だけ戸籍を取り寄せる前に遺産分割協議書を作成したことがあります。数日後に相続人の一人が海外に転出するというので時間がなかったからです。依頼に基づき亡妻名義の不動産を夫である依頼人が相続するという内容の遺産分割協議書を作成し、署名押印して貰った後で戸籍を取り寄せたら、離婚していました。依頼人に、離婚した夫は相続人にならないと連絡したところ、プロならそのくらい分るやろと怒鳴られました。いくらなんでも離婚の有無までは推察できません。えらい目に合いました。

 戸籍を取り寄せることによって認知した子の存在が判明することもありますし、除籍謄本の保存期間が経過し廃棄されている場合は、上申書を作成し相続人全員の署名押印を貰わなければなりません。後から戸籍を取って他にも相続人がいましたとか、追加の書類に相続人の署名押印を貰ってくださいでは、それこそプロとはいえません。

>3 謄本により開示・取得された場合、法定相続人以外の情報も外部へ出る事になりますが、この事に関してどのように解釈しますか?
 ※ 例えば私の場合では、私の戸籍抄本が取得できた段階(除籍ではないことが判明した段階)で私の同一戸籍内の妻や子供の情報は不要となり、謄本を取得する必然性は無くなるはずです。

 相続登記に添付する相続人の戸籍は抄本で事足ります。また、個人情報保護の観点からも抄本の方が望ましいのかもしれません。
ただ、相続登記に添付した戸籍等はすべて還付されますので、それを預金の名義変更等に使いまわすことができるのです。銀行はどういうわけか相続人についても戸籍抄本ではなく戸籍謄本を要求しますから。
要するに同じ450円使うなら戸籍謄本を取るのが親切かなという程度のことです。

 なお、法務局も戸籍謄本のコピーは取りませんし、司法書士も登記完了後には依頼人に戸籍を返却します。コピーも取りません。(取ってたら事務所が戸籍で埋まってしまいます)

 ですから、戸籍のことはあまりご心配されることはありません。

 

>1 司法書士・行政書士が職権により、戸籍・住民票等を閲覧・取得しようとした場合、行政側は、どのような取扱いをするのですか?

司法書士の場合ですが、例えば、職務上請求書に、使用目的「相続登記」・提出先「法務局」と記載されていれば、行政側は交付します。
使用目的が「身元調査」と記載されているような場合は交付されません。

2 司法書士・行政書士が職権により、戸籍等の閲覧取得を求めた場合、「取得されようとする人の了解を得ているか、否か」は戸籍等の開示の要件たらず、無条件に開示し...続きを読む

Q特別養子に出した後の親の戸籍について

私の娘が、レイプの果て産んだ子を、特別養子に出しました。
その当時、娘は20歳で、一人で悩んだあげく、打ち明けられたのはもう中絶が出来なかったほど、妊娠期間が長かったのです。

「環の会」というNPOを通じて特別養子に出しましたが、最近本当に優しい彼氏が出来て、来年大学を卒業します。

娘は出来ることならナイショにしておきたいと考えています。

戸籍を移動すれば、その子の出産記録はどういった扱いになるのかを教えてください。

娘にも幸せになって欲しいのです。
娘が産んだ子の事は、環の会を通じてご連絡いただけ、その子も本当に新しい両親の元で幸せです。

でも、出来るだけ娘の結婚が上手く出来るような方法をお教えください。すべてを打ち明けるのが良い事は分かっていますが、その話をするだけで、又娘の記憶がよみがえると思うと、親にとっては耐えられないことです。

「打ち明けなさい」以外の答えを希望します。

Aベストアンサー

特別養子縁組は特殊な手続きになります。
とりあえず戸籍の流れについて説明します。

ご質問の場合まずお子様が生まれ出生届が出された時に娘さんは親の戸籍を離れて娘さんを筆頭とする戸籍が作られ、そこにお子様が入りました。
次に特別養子縁組によりお子様がその戸籍から除籍となります。

現在はそれが記載された状態になります。ただ養子縁組が平成15年以前の話ですとコンピュータ化による改製が行われている可能性があり、その記載された戸籍は改製原戸籍として既に除籍になり、現在の戸籍には何も記録がない可能性があります。ただ多分現在22才であれば改製のあとの話のように見えますのでそれであれば記載は残っていると思われます。

さて、このたび婚姻するとのことですが、2点重要なことがあります。一つは婚姻によりどちらの姓を名乗るのかです。もし相手の姓を名乗る場合ですと、娘さんの現在の戸籍は除籍簿となり、婚姻相手を筆頭とする戸籍に入りますので、婚姻後の戸籍には何も記載されていません。
もう一つは婚姻届けをどこに出すのかです。

婚姻届けを本籍地に提出する場合は戸籍の添付が不用ですから、一度も子供が生まれたことのわかる戸籍を取得することもなくその戸籍は除籍簿となります。しかし、本籍地以外に届ける場合に一度その戸籍を取り寄せて婚姻届けに添付する必要があるので、可能性は低いかもしれませんが、そのときに婚姻相手が見てしまうという可能性は否定できません。

この場合の対処としては戸籍を一度転籍するという方法があります。転籍とは他の市町村に戸籍を移す、つまり本籍地を変更することを言います。これにより前の戸籍は除籍簿となり、新たに作られる戸籍には何も記載がありません。本籍地は日本全国どこでもおくことが出来ますので、たとえば今現在本籍地以外の市町村に住んでいるのであれば現住所に移してもよいですし、人によっては皇居に置いたりすることもあります。

このようにして一応現在の戸籍から子供が生まれたという記録は消すことが出来ます。
ただ通常は婚姻まで親の戸籍に入っているものが親と離れた戸籍になっているので、相手は少し疑問に思うかもしれません。親の戸籍を離れるのは、代表的なもので
 ・婚姻
 ・20才以上で分籍届けを出した場合
 ・出産(女性のみ)
 ・養子縁組
がありますのでまあこれのどれかを理由にするしかないですね。もし相手が娘さんの戸籍をみて気がついて聞かれたら。

ただ2点注意をしておきます。除籍簿となった戸籍は80年保存されます。またその気になれば除籍簿を取り寄せることは可能です。通常はそういうことはする必要がないので行いませんが、たとえば娘さんが天命をまっとうしたあと、娘さんの相続人を確定する際にはこれら除籍簿を全部集めることになるのでそのときには少なくとも娘さんの相続人は気がつくでしょう。(もちろん特別養子縁組により親子関係はなくなっていますので、そのお子様が相続人になるわけではありませんが)

あともう一つの注意点はご質問者、つまり自分達の戸籍です。娘さんが戸籍を離れるときにはその理由がかかれます。婚姻で除籍となる場合、分籍届け(20才以上で出来るようになる)を出すことで親の戸籍を離れるなどがありますが、ご質問の場合はお子様が生まれたことで離れたということが記載されています。

配偶者の親の戸籍を取り寄せるような機会はほとんどありませんが(そもそも直系親族ではないのでよほど正当事由がなければ配偶者は取得できない)、気になるのでしたら自分達も一度転籍すればとりあえず現在の戸籍からその記載は無くなります。

ただご両親であるご質問者がお亡くなりになった時には相続の手続きで娘さんなりが親の戸籍をやはり除籍簿まで取り寄せることになるので、それは少し注意した方がよいですね。
まあ戸籍は素人が見てもなんのことかわからないという場合も多いですけど。

蛇足ですが、娘さんの戸籍から離れたお子さんは養父母の戸籍に実の親子の形で入っています(ただし特別養子縁組であることはわかる記載は残りますが、普通の人が見てもそれが特別養子縁組とは気がつきません)。

特別養子縁組は特殊な手続きになります。
とりあえず戸籍の流れについて説明します。

ご質問の場合まずお子様が生まれ出生届が出された時に娘さんは親の戸籍を離れて娘さんを筆頭とする戸籍が作られ、そこにお子様が入りました。
次に特別養子縁組によりお子様がその戸籍から除籍となります。

現在はそれが記載された状態になります。ただ養子縁組が平成15年以前の話ですとコンピュータ化による改製が行われている可能性があり、その記載された戸籍は改製原戸籍として既に除籍になり、現在の戸籍には何...続きを読む

Q遺産分割協議書は何通必要なのでしょうか?

亡父の49日を目途に土地、建物、預貯金、有価証券などの僅かですが遺産を母と妹と弟で相続の話を決めたいと思っています。遺言書はありません。
預貯金は地元の金融機関2行にあるようです。解約(名義変更?)には遺産分割協議書が必要らしいのですが、土地、建物の相続登記にもこの遺産分割協議書が必要と言われました。
○遺産分割協議書は提出先別に複数枚作る必要がありますか?
○相続財産項目別に遺産分割協議書を分けて作る必要がありますが。(銀行用、法務局用etc)
○被相続人と相続人は上記の通りですが、集める戸籍や住民票はどのようなものでしょうか。
 また、遺産分割協議書が提出先別に必要であれば戸籍や住民票もその枚数が必要でしょうか。
 同様に相続人の印鑑証明書も複数必要でしょうか。
○相続関係図も必要らしいのですが、これも提出先別に作る必要があるのでしょうか。
○1つの相続関係図と遺産分割協議書で提出先に対応させることは出来ないのでしょうか。
いろいろお聞きしてすみません。

Aベストアンサー

○遺産分割協議書は提出先別に複数枚作る必要がありますか?
○相続財産項目別に遺産分割協議書を分けて作る必要がありますか?
土地と建物だったら法務局用に1通、預貯金と有価証券は各金融機関用に1通です。
あとそれ以外に、遺産分割協議者それぞれでも1通ずつ保管する必要があります。
この場合は、質問者さま、母親、妹、弟の計4通です。

○被相続人と相続人は上記の通りですが、集める戸籍や住民票はどのようなものでしょうか。
必要な書類は次の通りです。
遺産分割協議者全員の戸籍謄本、住民票、印鑑証明。
なお、ご家族のようなので戸籍謄本は1通あれば全員が記載されていると思います。

○また、遺産分割協議書が提出先別に必要であれば戸籍や住民票もその枚数が必要でしょうか。同様に相続人の印鑑証明書も複数必要でしょうか。
金融機関に必要なのは、遺産分割協議書と協議者全員の印鑑証明です。戸籍などは必要ありません。
 
○相続関係図も必要らしいのですが、これも提出先別に作る必要があるのでしょうか。
相続関係図は作成しても作成しなくても結構ですが、これはお互いの関係を示すものなので、作成した方が法務局への説明がしやすいと思います。
なお関係図を作成した場合は、戸籍、住民票などの書類は返却されます。
もし提出するならば、法務局のみで結構です。

○1つの相続関係図と遺産分割協議書で提出先に対応させることは出来ないのでしょうか。
重要なのは、被相続人と相続人の実印のある遺産分割協議書です。
相続関係図を作成しても必要なのは法務局のみです。
金融機関などには先ほどの言いました通り、遺産分割協議書と印鑑証明となります。

なおこれ以外に必要な書類として「不動産評価証明書」があります。
市役所で申請します。
これは、相続不動産の平米数、構造などが記されていて、これを元にして法務局に支払う手数料が算定されます。
書類一式法務局に出す場合は手数料がかかりますが、手数料は相続不動産の平米数などで決まります。法務局窓口で該当金額分の収入印紙を購入して、これを書類に貼って納めます。

○遺産分割協議書は提出先別に複数枚作る必要がありますか?
○相続財産項目別に遺産分割協議書を分けて作る必要がありますか?
土地と建物だったら法務局用に1通、預貯金と有価証券は各金融機関用に1通です。
あとそれ以外に、遺産分割協議者それぞれでも1通ずつ保管する必要があります。
この場合は、質問者さま、母親、妹、弟の計4通です。

○被相続人と相続人は上記の通りですが、集める戸籍や住民票はどのようなものでしょうか。
必要な書類は次の通りです。
遺産分割協議者全員の戸籍謄本、住民票、印鑑証明。...続きを読む

Q死者を登記権利者とする相続登記申請書

お世話になります。

以下の事例について、以下の質問につきご教授願います。

・被相続人X 相続人は亡A(Xより後に死亡)とBの2名
・亡Aの相続人は、甲と乙の2名
・X所有の不動産を、亡A持分2分の1、B持ち分2分の1とする登記申請書

目  的 所有権移転
原  因 平成年月日相続
相続人 (被相続人X)
      Aの住所
      持分2分の1  A
      甲の住所
      上記相続人甲
      乙の住所
      上記相続人乙
      Bの住所
          2分の1 B
以下省略

質問(1) 上記申請書の書き方に、誤りはございますでしょうか?申請書に亡は書かないですよね?

質問(2) 上記の場合、甲か乙どちらかのみから委任を受けて申請も可能と思いますが、その場合は申請する甲か乙のどちらかの頭に(申請人)と記載すれば良いでしょうか?

質問(3) 質問(2)のように一人からの申請であっても、亡Aの登記識別情報は発行されますでしょうか?

すみませんが、お解りになるかたがおられましたら、宜しくお願いいたします。

お世話になります。

以下の事例について、以下の質問につきご教授願います。

・被相続人X 相続人は亡A(Xより後に死亡)とBの2名
・亡Aの相続人は、甲と乙の2名
・X所有の不動産を、亡A持分2分の1、B持ち分2分の1とする登記申請書

目  的 所有権移転
原  因 平成年月日相続
相続人 (被相続人X)
      Aの住所
      持分2分の1  A
      甲の住所
      上記相続人甲
      乙の住所
      上記相続人乙
      Bの住所
          2分の...続きを読む

Aベストアンサー

受験ではどうなっているかはわかりませんが,
質問(3)は受験では出てこない問題ですよね,きっと。

(1)
いいと思いますが,「亡」は書いています。

(2)
ご指摘のとおりだと思います。

(3)
実務としては発行されていたように思います。
考えてみるに,申請人となるAの相続人は,形式的には
不動産登記法第21条の「申請人自らが登記名義人となる場合」になりませんが,
登記名義人Aの権利義務を承継し,Aの地位において登記申請を行う者であり,
不動産登記規則第62条1項の者に準じた者として扱われるのかな…と。

もっとも実務ではその次の登記まで一括で申請してしまうでしょうから,
ここを気にする実務家はあんまりいないかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報