歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

株式会社設立にあたり、役員と社員になるか迷っております。
税法上どちらが得か、役員と社員のメリット・デメリットなどを教えて頂けると助かります。宜しくお願い致します。

具体的には3人で会社を興します。
(1)1人が役員(代表)(株95%)+2人(社員)(株5%以下)
(2)3人が役員(株は3等分)
私としては(1)の社員か(2)の役員の選択になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

税法の専門家の書き込みもあるようですので、トピックとして読んでください。



僕の経営している中のある会社で、一番の高給取りは、実は役員ではありません。
有能なセールスマンで、彼のみ他のセールスと全く違う歩合にしているため、役員に出来ないともいえます。

実質的に経営に参加しているし、僕が引退後は、その会社は彼が後継者として一番ふさわしいように思いますが、現在の法人税法では、そのほうがお互いにメリットがあるようです。

因みに彼は現在のところ、当該法人の株式は所有していません。

社員の方が有利と言う一つの例として読んでください。
    • good
    • 1

役員は会社と委託契約です。


自ら給与(報酬)を決めることが出来るため利益操作される危険性があり税務上の取扱いが厳格です。
簡単に言えば…
 (1)報酬について決算期ごとの上限がある。
 (2)役員賞与を支払場合には税務署に対し事前届出が必要
 (3)株式をオーナーグループで持株割合等が90%以上であることにより
  一部が費用として認められずに税金を支払う場合あり

※改正があったばかりですので注意が必要です。

社員は雇用契約となり、基本的に役員のような制限はありません。
(オーナグループと特殊関係にある場合などを除く)

役員は株式を保有していなくても就任できますし
社員であっても株を過半数(50%超)保有し、経営に参画してる
などの条件が揃えば、法人税法上「役員」とみなされます。

具体的な状況など判らないため具体的なアドバイスは
正直難しいと思います。

個人的には今後のこと(設立関連、決算等)もあるので
事前に税理士等に相談した方がよろしいかと思います。
    • good
    • 0

特殊支配同族会社


 (1)の場合、一人で95%の株を持つのですから特殊支配同族会社となる
  場合があります。この場合役員報酬のかなりの部分が損金となりません。
   ※ただし、残りの2人分は従業員ですから従業員分全額が損金となります。
 (2)の場合は、3人の関係が分かりませんので断定はできません。
  税務署もしくは税理士に確認してください。
   http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5207.htm

役員の給与
  役員の給与は、状況によっては損金とならない場合があります。これに対
  し、従業員の給与は全額損金となります。
  よって、法人税の損金だけの話ならば社員の方が自由度が高くなります。
   ※給与も賞与も従業員ならば支給した額が損金になります。
   ※従業員兼務役員の場合は従業員部分は損金となります。
   http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5206.htm

   ※税法上、役員のメリットは特段ありません。

具体的には、三人の給与の額及び三人の関係が分からない限り、どちらが法人
税法上得になるかは回答を出せません。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jo …


税法からは外れますが、(1)の場合ですと会社の全て案件の決定権は1名の
代表者だけで決められます。5%の株式を保有する経営上のメリットはありませ
ん。これがデメリットか否かで判断することになると思われます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q役員のメリットデメリットって?

はじめまして。2児の母&主婦です。
旦那が塗装業の小さい会社に勤めてます。
身内が多い会社で、この度社長の甥にあたる旦那が役員登録する事になりました。代表取締役ではないけど、会社がもしもの場合、負債を役員が抱える事ってあるのでしょうか?

小さい会社ですが業績は良くなく、職人なので役員登録したところで役員手当はないのですが・・・。
急いで印鑑証明をとるように言われて、なんだかよく
わからないので、いいのか悪いのか困ってます。
どなたか、よいアドバイスください!!

Aベストアンサー

取締役の責任としては、小さな会社の場合、本人が意図していなくても、次のようなものがあります。
1.会社に対する責任
2.法令・定款違反の責任
3.取締役の利益相反取引の責任
4.第三者に対する責任
5.職務懈怠による責任
6.虚偽記載の責任
7.取締役の第三者に対する責任

このように、対外的にも、社内に対してもいろいろな責任がありますから、十分注意されることが必要です。

ただ、取引先に対しては、会社の財産の範囲内での有限責任ですから、個人で、会社の取引に連帯保証人や保証人になっていなければ、個人での賠償責任は発生しません。

社長との関係から断れないようですが、最低限、連帯保証人などにはならないようにしましょう。

取締役の法的な責任については、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.hi-ho.ne.jp/yokoyama-a/torishimariyaku.htm#会社に対する責任

Q役員になる場合のメリット、デメリット

会社から役員になって欲しいと言われました。会社役員になるとどういうメリットとデメリットがあるのでしょうか?
教えて下さい。
それと従業員ではなくなる為、退職になるとの事で退職金が出るらしいのですが、この場合本当に会社を辞める場合はもう退職金は出ないのですか?
ちなみに会社を辞めた時の失業保険などはどうなるのでしょうか?
会社からは名前だけだから何も変わらないと言われて何も教えてくれません。
こちらから聞くにしても何を聞いて、確認しておかないといけないのかがわかりません。
何も知らずに後々こんなはずじゃなかった!となりたくないので、みなさんの知ってる事を教えて頂けたらと思います。

Aベストアンサー

小さい会社ならつぶれたら一緒に自分も破綻してしまいます。あんまりおすすめしませんね。


人気Q&Aランキング