痔になりやすい生活習慣とは?

ステンレス(SUS304)の板面に4mm径×10mm長のスタッドボルトを溶接しそこに4mmのネジ穴が施工された円柱形のアクリル樹脂を固定したいのですが、スタッドボルトが垂直に溶接されていないとステンレス面とアクリル樹脂面の接触部に隙間ができます。またスタッドボルトが溶接不良だとアクリル樹脂がスタッドボルトとともに脱落する危険もあります。
垂直に溶接されているか、また正しく溶接されているかの確認方法について良いアイディアや手法、技術がありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 垂直に溶接されているか



Vブロックを横倒しにしてミゾ部分にボルトをあてがって
スキマがないことを確認すればいいと思います。

(または、アングル材を切断したものでも充分かも)

尚、溶接作業をする時に、同じようにあてがえば、垂直に溶接できます。
溶接の火花がくっつかないような工夫は要りますが。

Vブロックの例
http://www.monotaro.com/c/026/083/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Vブロックという精密測定工具があることを初めて知りました。
早速検討してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/07 10:16

ANo.1 です。


> Vブロックという精密測定工具

Vブロックには目盛りなどなく、測定はできません。

本来の使い方は、例えばボール盤(上からドリルが垂直に降りてきて穴を開ける工作機)で、
丸棒に横から穴あけする場合、丸棒が転がらないように
V溝に置いて安定させます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Vブロックについて勘違いをしていました。

丁重なご説明を補足いただきありがとうございます。

お礼日時:2007/11/08 09:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング