AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

泥酔して器物損壊事件を起こし、警察署に任意同行され調書等をとられて、釈放。後日被害者との示談が成立しました。警察から身元引受書の提出を求められているのですが、示談したのに法的義務はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

器物破損=罪名です。

 
民事で示談が出来ても、警察にその事故の取り下げてない場合
書類送検されます。

多分
この場合 検察は甘いので検挙されませんが
執行猶予が付くか? 
無罪放免なるかは判りませんね。
弁護士はなんと言ってました?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ただ、「警察にその事故の取り下げてない場合」の文意が汲み取れません。
また、弁護士に依頼できるくらいなら、ここで教えを乞いません(賠償額も首を括りそうになるほどですし)。
担当デカとの関係も変に良好。それでも身元引受書の提出は、厳然たる法的根拠がある場合や、親告罪としてよほど不利にならない限りできれば避けたいのです。もう少し勉強してみます。
折角のご回答に対し、失礼な礼分内容をお詫び致します。

お礼日時:2007/11/06 21:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父に身柄引受書が届きました

至急ご回答いただければ嬉しいです。

1月末、市の警察署から父宛の郵便で「身柄引受書」なるものが届きました。
そして書類にサインをするように(母が)言われました。
春先に父は自転車の自損事故を起こしており、その事で警察とやりとりを行っていたため、最初はその件での書類かと思いました。

しかし書かれている内容が、旅行時には届け出ろだのなんだのと、まるで犯罪者扱いであり、自損事故にはそぐわないように思われます。
「身柄引受書」で調べると、刑事事件や、保釈や、罰金など、物騒な言葉がたくさん出てきます。
どういう事なのか父本人に詳しく聞こうとしても、頑固老人のため、口を閉ざして無視されます。
もしかして、父が何か犯罪を犯してしまったのを家族に隠しているのではないか…と、心配になりました。

誰も傷つけていない自損事故でも、このような書類は届くものなのでしょうか?そして、従うべきなのでしょうか?
それとも、何か犯罪を犯してしまったのでしょうか?

父が口を割らなければ直接警察署に問い合わせるつもりですが、その前にこちらで質問させていただきました。
経験のある方、お詳しい方、どうかご教授下さい。

至急ご回答いただければ嬉しいです。

1月末、市の警察署から父宛の郵便で「身柄引受書」なるものが届きました。
そして書類にサインをするように(母が)言われました。
春先に父は自転車の自損事故を起こしており、その事で警察とやりとりを行っていたため、最初はその件での書類かと思いました。

しかし書かれている内容が、旅行時には届け出ろだのなんだのと、まるで犯罪者扱いであり、自損事故にはそぐわないように思われます。
「身柄引受書」で調べると、刑事事件や、保釈や、罰金など、物騒な言葉...続きを読む

Aベストアンサー

ああ、あれね(^_^;

普通犯罪を起こして発行される身柄引受書なら検察か裁判所から来るのですが

警察署からですから、警告文章のひとつと思ってください

夜に徘徊してる酔っ払いのお父さんが警察に発見されて、ただの酔っ払いなのか、ボケ老人が徘徊してるのか判らない状態で発見されたのでしょう、それで話してみると、ただの酔っ払いだと判って(徘徊老人だと判らない場合がある)

後日、こー言うことがあるので家族の方は注意してくださいよーと警告の意味で発行されるものです。

Q不起訴と起訴猶予の違いは何ですか?

よく事件報道の新聞やニュースを読んでいると、不起訴とか起訴猶予という言葉を耳にしますが、どう違うのでしょうか・・・・・
実際、交通人身事故で当方、不起訴処分告知書を戴いた事があるのですが・・・・・

Aベストアンサー

基本的には、No.1、2さんの回答の通りです。

将来起訴されるかどうかと、「不起訴」「起訴猶予」はほとんど関係ありません。

「起訴猶予」も、法律上定められた処分であり、ゆるやかな「一事不再理」の原則があるとされています。

したがって、検察の運用としては、新証拠が出るとか、検察審査会が不起訴不当の結論を出すなどの新たな事情が無いと、いったんした起訴猶予を取り消して起訴することはありません。

他方、「不起訴」の場合も、新証拠が出て、再度嫌疑が生じれば起訴されます。

現実問題として、不起訴が新証拠で覆ることはあっても、起訴猶予は、犯罪事実自体の証拠はすでにあるのですから、それ以上に、情状面の重大な証拠がでるということはほとんどなく、覆ることはありえません。

Q身元引受人について経験者か専門家方教えてください

万引きで捕まった際家族じゃないと身元引受人になれませんか?身元引受人はどの様な基準でどの様に呼び出されるのでしょうか?

Aベストアンサー

身元引受人は、被疑者が成人であれば親族以外でも可能です。

職業等に規制は無く、無職でも可能です。

誰にするかは、被疑者が選ぶ事ができ、友人知人でもできます。

万引きは、窃盗罪ですから金額や手段次第では釈放されない場合もあります。

未成年者の場合は、親権者しかなれません。


人気Q&Aランキング