痔になりやすい生活習慣とは?

民主党の今回のごたごたは、国民をなめているように思えます。
小沢一郎は、代表を辞めると記者会見までしたまた戻ってくるのでしょうか?
民主党の人気ももう終わりでしょうか?
私はこんな政党に投票する気は全くなくなったのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

前回の参院選で民主党が勝ったのは、民主党の人気が高まったというよりも、自民党への批判票が民主党に集まったという方が正しい見方だと思います。



私もどちらかというと民主党には一票入れたくない立場ですが、理由としては、やはり政権政党としての信頼性に欠けるということです。

他の方の回答にあるように、小沢氏自身は、それなりに信頼しています。
また、個人的に前原氏には好意をもっています。
しかし管だの興石だの、いわゆる民主党左派は、まったく信頼できません。
自民党も右派・左派混在ですが、左寄りだと言われていた福田首相も、党内バランスに配慮した安定感のある政権運営をしているので、少しはマシです。

今の民主党において、小沢氏は民主党左派勢力の支持の上に立っている構図です。
その小沢氏率いる民主党が仮に政権の座についたとして、安定感のある政権運営ができるかどうか、非常に疑問に思っていますし、そもそも小沢氏自身が首相になることはないだろうと、私は予測しています。

そういう意味では、国民のほとんどが支持していなかったとはいえ、自民・民主の大連立は、政治的には非常に意味がある方策だったと思います。
民主党には政権担当暦がないため、いざ政権の座を決める衆議院選挙になったとき、どうしても民主党に不安感をもつ人が出てきます。
それで、消極的な選択として自民党に票を投じる人が、けっこう多いのです。

しかし連立政権で民主党がそれなりに存在感を出し、自分たちでも政権の一翼を担うことが可能だという実績を残せば、その実績を参考にして消極的自民党支持層だった人たちが、多く民主党に投票するようになるでしょう。

ただ、私も後からわかったのですが、このことを理解していたのは、おそらく小沢氏とその取り巻きの一部だけで、大多数の民主党員も、そして国民もわかっていませんでした。
そういう意味では、小沢氏の党内の調整不足、およびマスコミ対策が不十分だったことが原因ではないかと思われます。

他の方の回答を読むと、自民党を倒せるのは小沢氏だけだという意見も見受けられますが、そんな血気走った意見だけでは、とうてい本当の山場である衆議院選挙を勝ち抜くことはできないでしょう。
小沢氏が心臓に不安を抱えていることは、前回の参院選のときから既に指摘されています。
彼の健康も考慮した上で、本気で民主党に政権をとって欲しいのであれば、もう少し大人の思考で応援して欲しいものです。
    • good
    • 0

まだまだ、これからだと思います。



2大政党制の大きな流れは、変わらないと思います。
    • good
    • 0

 そうでしょうか。

私は、小沢氏でなければ今の与党は倒せないと思います。何故ならば、他の党首候補者は、この国のグラウンド・デザインを描ける人間だと私には、とても思えないからです。

 彼は、この国が国連憲章、日本国憲法の枠組みの中で世界に対してどの様な役割が出来るのかを真摯に考えています。与党の様に現実を追認し「戦闘地域」、「非戦闘地域」というレトリックを使い米国に盲従する事は彼はしません。

 私は、彼の様に世界が向かう方向はやはり国連主導で安全保障が進んでいくのが有るべき姿だと思うんです。確かに現在の国連は、第二次世界大戦の日本を含む枢軸国に対して敵国条項、連合国には拒否権がありフェアな国際機構だとは思えません。ですが、それが世界が進む方向だと思うんです。

 私は、EU諸国と連携して日本は、国連改革の国際世論をつくるべきだと思います。そして、イラク戦争の様に米国の大義がない戦争に対して、日本が間違っている事は間違っていると意見を唱える事が出来る国になって欲しいと思います。そういう国の有り様と強行採決で教育基本法を変えるのとどちらが、自国に対して誇りが持て、愛国心が持てるでしょうか。

 又、前回の参院選では連合の高木会長が前面に立って民主党を支持しました。この野党の躍進で労働運動が高まり労組が方針転換し、非正規雇用の対策に乗り出しました。この様な変化は、私は小沢氏が変えたものだと思います。

 現在の日本の高い自殺率、ワーキング・プア問題、ネットカフェ難民は、全て労働問題が原因で起きている事だと私は思います。これを是正するためには90年代から改悪された労働法を改正する必要があるのです。ですが今の与党は、財界の意のままの為、これが出来ないんです。

 だから私は、政権交代を実現するしか、現状を是正できないと思っているんです。そして現実的に考えてそれが出来るのは、小沢氏しかいないのです。
    • good
    • 0

もう、もと○泉首相、もと安○首相の政権放棄で国会空転で開かれない国会の運営費が毎日一億円消費されたこと、そして後継の総理大臣が密室での数人の根回しで、国民の意思とは関係なく決められたことを…。

自民党の長年の国民無視の政治の隠匿されてきたことが、民主党のおかげで次々明るみに出て、それを解決しようとする努力が自民党内閣で始まっています。元○泉首相の年金をユー○ピアに注ぎ込み、厚○官僚や社○庁の浪費や不祥事で年金を食いつぶしたのを放置してきた自○党、赤字国債を国民1人あたり300万~400万増やした元○○首相、5000万件もの年金記録が宙に浮き、その認証をする第三者委員会で認定される人は数%以下です。25年未満年金を強制的に掛け続けさせられた国民は無年金で救われません。国民年金で保証される額では老人ホームに入れなくなりました(○泉、安○内閣の改革)。そのため老人ホームから強制的に追い出される老人や入所できない老人が増えています。金持ちしか老人ホームに入れません。改革の名の下に階層化社会政策を進め大企業合併でリストラされた人が増え、工業優先で農作物の海外生産輸入で農家が犠牲になって、採算の合わない耕作放棄が全国で進み、地方主要都市での中小企業の倒産とシャッター通りが激増しています。もと首相の低賃金政策と銀行・大企業優遇の低賃金政策の結果で、年収200万以下の労働者が1000万人を超え、1人当たりのGDPは森内閣~○泉内閣~安○内閣~と急激に減少し、反対に大銀行や大企業が右肩上がりの利益を上げています。国民の平均年収がどんどん下がり続けています。物価は上がれば上がるほど、国民の生活は苦しくなりますが、物価上昇にスライドして消費税が増え国の税収は増えます。
○沢党首が、底辺の極貧の地方の国民のもとをくまなく回って要望を聞いたおかげで参院選に大勝したわけです。いま国民の目線で全国を自分の足でくまなく回った政治家はどれだけいるでしょうか?福○、麻○総裁選(自○党員だけの選挙)で遊説したのはほんの数箇所の大都市だけです。
小○党首は、民○党の為というより多くの底辺の国民のために、総理と会談した。でも、それが民○党に受け入れられず民主主義のルールにのっとり責任を取っただけと思います。
大きな責任は、天下り○僚政治や国民をないがしろにしてきた特定の政党による政治を指示して、同じ政治家に選挙をしてきた、われわれ大多数の国民にも責任がありますね。
日本では「人民の、人民による、人民の為の政治」が本当に行われているか疑問ですね。大多数の国民の幸福を実現してくれる政治家はいるでしょうか?いるとしたらそれは誰でしょうか?現在いないとしたら、なぜそういう政治家が育たないでしょうか? このままでは日本はジリ貧で、先進国最低の食料自給率、出生率、一人当たりのGDPの減少率最低、農地耕作放棄と地方中心地のシャッター通りの増加、プアワーカー増加、無年金者の増加と貧しいがゆえの犯罪増加など将来に明るさが見えません。どんな政治家や政党を国民は支持し育てたらいいか、良く考えないと、明日のわが身に返ってきます。ガソリンが6円上昇し、その46%は国の税収増になります。その上昇で物価はまた連鎖上昇しますがその上昇に比例して消費税の総額が増加して国の税収が増加します。どこか間違っていますね。
    • good
    • 0

雨降って地固まるという言葉があります。


小沢氏は元々民主党に置いては外様ですから、今回の辞任劇はやむを得ません。
民主党がこけたら再び自民党の天下です。
参議院で民主党が第1党にならなかったら守屋氏の証人喚問は無視されていました。
また、給油量の間違いは表に出なかったかも知れません。
テロ特措法の過去のいい加減な法案審議も始めて知りました。
さらに厚労省のC型肝炎問題といい、加減な対応が次々と出てきます。

民主党が頑張らないと、日本の政治は極めて悪くなります。
もう少し本質をごらんになってはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

>小沢一郎は、代表を辞めると記者会見までしたまた戻ってくるのでしょうか?


まだなんとも言えませんがその可能性は充分にあるようですね。

>民主党の人気ももう終わりでしょうか?
 どうでしょう?小沢代表が辞めるのであれば次の選挙で勝てる指導者というのがいまいち浮かんできませんが続投するのであれば、それほど後をひくような問題でもないと思います。

>私はこんな政党に投票する気は全くなくなったのですが。
 裏側の見えない駆け引きだけで支持政党を決めるというのも些か腰が軽すぎるのではないかと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング