AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

100万円ほどで外貨預金しようと考えていたのですが
MMFのほうがいいと色々な人にいわれました。
野村證券等でもドル建てのMMFを扱っており、運用実績
が年利3.5パーセントくらいと記載せれていたのですが、
ここでの利率には為替損益も含めまれているのでいるの
でしょうか?
そうだとすれば為替リスクを考慮しても預けた方がいいように
思うのですが・・
元本割れの可能性といたしましてはローリスクローリターン
商品でほとんどないとも伺いました。
100人がMMFをしてどれくらいの人が元本割れになっているのか等
アバウトでもわかればお教えいただきたいです。
単純に50%以下ならやる方がいいような気がします。
後税金についても為替差益が出た場合源泉されないともききました。
満期までもたなければという条件付らしいですが。
野村證券のページを見るとTTSとTTBの差が調度一円ありましたが
円からドル、ドルから円に換えるための手数料は無料と書いて
おり、ここでも外貨預金では手数料=TTSとTTBの差×?ドル
だったので困惑しております。
手数料(管理料?)が一番安い会社はやはり松井証券なのでしょうか?
ソニー銀行も安かったです。
こちらのサイトを見る限りでは野村證券が多くでてきているのですが
何とも管理料などが高いイメージが払拭できません。
後MMF等は投資信託なので証券会社が運用してくれるということでしょうか?運用してくれるといっても私が売り買いしないといけないですし
今いち管理料を支払わないといけない意味がわかりません。
また、ドルの場合で100万円預けるとした場合管理料はだいたいどれくらいでしょうか?野村證券の場合管理料のようなものが全部あわせて0.65%と書いてあったので勝手に6500円くらいと思っているのですが。
ど素人で間違ってる部分がたくさんあり、質問も飛び飛びで、理解に苦しむ質問かもしれませんが、初心者ということでお許しください。
ではアドバイスのほうよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

利回りはMMFのもので、為替差益は別です。


TTSとTTBの差が、為替手数料というもので、その他に申込手数料がかからないことを「無料」と言っているのです。
管理料は投資信託の信託報酬に相当するもので、引いた後で利回りがでます。

参考URL:http://www.nomura.co.jp/retail/fund/ffund/gaikam …

この回答への補足

お返事誠にありがとうございます。
申込手数料または換金手数料はかかりませんと記載されて
いるのですが換金手数料というのは為替手数料とは別だと
いうことですね。
でももしそうなら、イーバンク等の外貨預金の方がTTS
とTTBの差額が20銭ですので100万預けた場合には為替
手数料2000円でしかも信託報酬は発生しないので特かと素人
判断では思ってしまうのですが、それだけ証券会社は上手に
運用してくれるということなのでしょうか?
具体的にどのようにリスクを分散し運用してくれるのでしょうか?
ドルコスト平均法等なら外貨預金でもやろうと思えば可能ではないでしょうか?
三ヶ月ごとに25万円ずつ預金していくといったように。
定期なら利回りもいいですし。為替差益も20万以下なら課税されない
ですし。
後、管理料は投資信託の信託報酬に相当するもので、引いた後で利回りがでます。との事ですがその時に為替差損益は考慮にいれないにしても
、為替手数料に関してはどうでしょうか?為替手数料も管理料と一緒
に引いた後の利回りでしょうか?
知ったかだらけで申し訳ございませんが、正直全くわかりませんので
よろしくお願い致します。

補足日時:2007/11/06 23:00
    • good
    • 0

このサイトで、基礎から勉強することをお勧めします。



参考URL:http://gaikatoshi.com/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング