出産前後の痔にはご注意!

中性化速度の計算をして下さい、岸谷式などがネットにありましたが
難しくてわかりません。次の条件で計算してもらえませんか。
コアー抜きをして中性化試験をして貰いました。
中性化距離は23mm、、、、、打設から1.9年(22ヶ月)でした
セメント水比は 62%
スランプ 15
呼び強度 21
普通セメント
AE減水剤標準1種 5%
鉄筋までのかぶり厚さ、、、62mm
現在の残りの被り暑さは 62-23=39mm、ですが後何年の寿命
でしょうか?、教えて下さい

又、1.9年で23mmも中性化したコンクリートは不良として施工会社に責任を問えるのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#4です。



納入した材料自体が不良品だったということですね。
施工会社は納品時のチェックをきちんとしていたのでしょうか?

通常生コン車ごとに、配合を示す書類=納品伝票(小さな紙一枚ですが)と一定量ごとにスランプ試験(コンクリートの流れやすさをみるもの)を行って確認するのですが。セメント量がかなり違うので、スランプ値が大きかった(つまり流れやすい)可能性があります。

施工業者からはスランプ試験結果と生コンの納品伝票を提出させてください。
記載が配合計画書と異なっていたのに納品を受け付けた場合は施工業者にも責任がありますし、スランプ試験結果が許容範囲外であれば同様です(但しスランプ試験は熟練者なら値をある程度コントロール出来るので、多少柔らかくなっている程度なら適正値になっている可能性があります)
http://www.plaza.across.or.jp/~taka-00/kan2.html

今のところ施工業者は生コン会社の責任を追及しようとしていますので、施工業者に責任があっても、施工業者を味方につけた方がよい場合もありますので、施工業者のミスをあまり攻めないで味方につけて、生コン会社の責任を追及していくのがよいかもしれません。

但し品確法の考えからすると、注文住宅の場合は施工業者が基礎など構造上重要な部分の欠陥については、10年間保証する義務を負いますので、法律上の観点からいうと、納品された材料に問題があっても、施工業者は責任を逃れることは出来ません。

なお、住宅の場合設計施工が一緒のことが多いので、建築士の監理がきちんと行われていないので、本来ダブルチェックになるとことが、シングルチェックになってしまっているようです。


>施工会社ははっきりとこの基礎は寿命がない、対応は打ち直し以外はないと云っていますが

実は中性化したコンクリートの強度は中性化していないものとほとんど代わりはありません。中性化はコンクリートの強度には影響を及ぼしません。中性化の問題は鉄筋を保護するアルカリ性が失われたことにより鉄の酸化(さび)が進行しやすくなることです。中性化だけなら鉄筋のさびを防止するための対策もあるかもしれませんが、コンクリート強度結果がかなり低そうなので、強度的にやり直しが適切な処理だと思います。

>それとも権威有る(資格の有る)中立の立場の方の鑑定書のようなものがあったが良いのかとなやんでいます

裁判になるようならそうした方がよいですが、相手がすなおに非を認めて対応してくれるかもしれませんので、微妙なところです。

なお、建築の専門家と思われる建築士の多くはこの種の問題に対して知識を持っていません(建築設計も分業化が進んでいるので)。
専門家の診断を受ける場合は、建築士会などに構造に強い設計事務所などを紹介してもらうとよいと思います。

また、法的な問題については、建築に詳しい弁護士はあまりいないので、当たり障りのない一般論程度なら、法テラスや消費者生活センターで無料で受け付けてくれると思いますので、まずはこのあたりで相談してみてください。
http://www.houterasu.or.jp/

あとは、自分自身が関与しているわけではないので、保証はできませんが、この種の問題を扱っている団体がありますので、紹介しておきます。
http://homepage2.nifty.com/kekkanzenkokunet/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に有難う御座います。
もしインターネットが無かったなら、基礎の不良に気づかなかったかもしれません、気づいたとしても対応できなかったでしょう、施工業者に基礎の分析などをさせるきっかけは、業者は最初コアーの試験結果表をもって異常有りませんと云ってきました、しかしプラスチックで削れる
のが納得できませんでした。そしたらネットで28日以外の採取の場合
材令補正が必要と知りました、そしてコアーが25mm短くなっている
事にも気づきました。この事をつつ込むと知りませんでしたとの答え
でしたが、この事から協力して原因の調査に動きだして現在に至りました。今までに3回弁護士会や総務省が開く弁護士相談にいきましたがほとんど役に立値ませんでした。役に立ったのはネットの情報とアドバイスでした、この情報で自分に少し知識がついてのがありがたかったです
まだ全て解決はしていませんが、本当に有難うございました

お礼日時:2007/11/09 23:30

#4、6です。



余談ですが、

>そしてコアーが25mm短くなっている事にも気づきました。

>強度については実際はもっと低くいのではないかと施工会社も認めています、理由は150mmの厚さのコアーを125mmまでカットして検査をしています。カットした理由は、上部がスカスカで脆弱だったのでその分をカットした。です

25mm部分は施工不良があるためその部分があると材料としてのコンクリート強度ではなく、施工不良がある部材としての強度試験になってしまうため、材料の強度を行うために、カットしたのは仕方がないかもしれませんが、試験体の長さが短くなれば、その分、コンクリート圧縮試験結果の値は、高めに出ますので、本来の長さでした場合強度がもっと小さくなる可能性が考えられますので、実際の強度はもっと低いという施工業者の推定は正しいと思います。
    • good
    • 0

#2です。



コンクリートの硬化不良や強度不足の時点で
建物に関する重大な瑕疵なので
相手は建築を請負した建設会社になると思います。
細かな分析や評価は現時点では不要と思います。

生コンプラントは建設会社の納入業者なので
貴方が直接話をする必要は無いでしょう。
材料の受入れと生産品質は建設会社とプラント間のことですから
プラントと建設会社の争いに関しては放置でいいのではないですか。
コンクリートの分析結果が欲しいのは建設会社がプラントとの
折衝に必要なだけで貴方との事ではないでしょう。


建設会社も瑕疵を認め誠意を持って対応すると
言っているのでしょう。
基礎を壊してやり直すしかないと思います。
姑息なやり方での補強方法を提案してこないので
建設会社も腹を決めていると思います。
建設会社と意見の一致が得られず争いになった場合に
コンクリートの試料は貴方の所にあるのですから
立証に必要な資料は必要な時点で用意すればいいと思います。
強度不足と硬化不良で十分でしょう。
現実には建設会社は貴方の家をやり直して
掛かった費用をプラントに請求するような流れになるのでは
ないでしょうか。


建設会社との折衝で貴方の側に付く人が
必要なので建築問題に詳しい弁護士に依頼した方がいいと書きました。
条件面での折衝には必要です。
相手側の弁護士は当然依頼された相手の会社が有利になるように動きますので
費用は掛かるでしょうが是非弁護士を貴方もつけてください。
    • good
    • 0

>1.9年で23mmも中性化したコンクリートは不良として施工会社に責任を問えるのでしょうか



かぶり厚62というのは、かなりかぶり厚さが大きいですね。スランプが15というのも建築の場合、基礎や土間コンなどを除けば少ないように思います。

強度的に考えると、かぶり厚は厚ければよいというものではないので、このような値を採用したのは環境条件が厳しいとか特別か理由があるからではないでしょうか?
設計上のかぶり厚さはいくつになっているのか確認した方がよいのではないでしょうか?

中性化したのが施工不良かどうかは、先の回答にあるように中性化深さだけでは判断出来ません。
中性化が促進されるような条件化ならば当然発生する可能性もあり、それを考慮したかぶり厚さを設計する必要がありますので、設計ミスの可能性もあります。

施工ミスなら施工業者、設計ミスなら設計者、納品されたコンクリートの品質に問題があるのなら生コン工場やそれを受け入れた施工業者の責任を問うことになりますが、どこに責任があるか、それを証明する責任は質問者サイドにありますので、欠陥があってもそれを証明出来るような専門家の協力がなければ、裁判などをしても負ける可能性が高いです。

先の回答にもあるように、専門の調査を入れた方がよいと思います。

なお、過去の質問を#2さんが紹介しているので、拝見したところ、普通の建物の基礎部分のようですね。特殊な環境下にないのに、中性化がそこまで進むとなると、ひび割れなどの影響により内部まで炭酸ガスが浸入出来る状態にあるのではないかと思います。

また過去の質問をみると骨材に問題があった可能性もあるようですが、使用した生コン工場はJIS認定工場ですか?
これも確認した方がよいのではないでしょうか?

この回答への補足

有難う御座います、
本日施工会社からコンクリートの配合推定と強度試験等の結果報告を受けました。
施工会社が生コン会社から貰っている、配合設計及び報告書(JISマーク)と試験結果で下記が違っているので、生コン会社への対応を、弁護士に相談するとのことでした、その上で誠意をもって対応する
との事で、施工会社ははっきりとこの基礎は寿命がない、対応は打ち直し以外はないと云っていますが、問題は費用負担(率)で生コン会社への対応 ”今の不良を示すデーター”のみで話あいに望めるのか、それとも権威有る(資格の有る)中立の立場の方の鑑定書のようなものがあったが良いのかとなやんでいます

 生コン会社の報告書  セメント量は281Kg 
            水量    171Kgに対し

 配合推定では     セメント量は232Kg 
            水量    175Kgでした
つまりセメントが49Kg(17.4%)不足でした

 強度設計 呼び強度は  21N に対し
 圧縮試験では      12N でした。
強度は約60%したありませんでした、
強度については実際はもっと低くいのではないかと施工会社も認めています、理由は
150mmの厚さのコアーを125mmまでカットして検査をしています。カットした理由は、上部がスカスカで脆弱だったのでその分をカットした。です

 骨材 は粗骨材と細骨材で3つの産地の物(産地により石の種類が違うそうです)を使用する報告になっているが、地質分析の会社に調査を依頼したらコアー中の骨材の90%以上(証明書では)が蛇紋岩との事。言葉では99%が蛇紋岩だそうです、粗骨材も細骨材も同じ蛇紋岩---同じ産地? (同じ産地の石は最大でも50%程度以下のはず)

気温による補正係数 Tが違っている

以上ですが、この様な事案の診断をしてくださる方(会社)があれば、どなたか教えて下さい。施工会社に教えます
コンクリート分析は太平洋コンサルタント(セメント)でした


   

 

補足日時:2007/11/09 20:31
    • good
    • 0

 bは施工状況などにより、それぞれ特有な値となります。



 例えば、同じコンクリート配合、同じ施工業者でも、その値は異なってきます。

 与えられた条件でのb=y/√t=23/√2=16.263…と出ました。

 ♯2の方の言うように、この値だけで施工業者と喧嘩しても無駄だと思います。
 施工が悪いのか、環境条件が悪いのか、それもはっきりしていないように感じるからです。かぶり62ミリなら、余裕を持ってかぶりを設計しているようにも思います(建築は専門外ですが)。

 2年で…となると、かなり厳しい環境なんでしょうか?そうなると、施工業者が悪いと言っても、施工手段が悪かったのか、設計がに不備があったのか(かぶりは75ミリ以上取っておくべきだったとか。75ミリは海近くなどの条件ですが)、その両方によるものか。
 それによって作り直すべきか、これ以上中性化しないように塗膜など行うのかなどの手段も異なると思います。
    • good
    • 0

以前の質問も拝見しておりますが


http://odn.okwave.jp/qa3464827.html
http://odn.okwave.jp/qa3465711.html
http://odn.okwave.jp/qa3464204.html
このようなインターネットの質問サイトで解決できるような
問題ではないと思います。
独自に品質の検査、測定をされていますが
答えは既に明らかでしょう。
建築士会に相談して建築士を紹介してもらった上で
建築に詳しい弁護士をつけて建設会社、生コンプラントとの話を
進めないと問題の解決は困難です。
特に生コンの品質の疑義に関して
ネットや書籍でいくらかの知識を得たにしても
多勢に一人で立ち向かうのは到底無理です。
建築に詳しい弁護士に早く相談する事を勧めます。
    • good
    • 0

 ルートt法がいいでしょう(一般的な手法で、教科書にも載っている計算法です)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%80%A7% …

 中性化深さy=b*√tで、現在y=23ミリ、tを2年とみなします。となると、y=62ミリとなるのは14.5年といったところでしょうか。で、残りあと12年余りという結果になります。

この回答への補足

早速有難う御座います、全くの素人ですので、スイマセン

√tに掛ける b は速度係数とありましたが、値はいくらでしょうか
もっと細かい計算式を教えていただけませんか

補足日時:2007/11/07 08:07
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAutoCADで寸法補助線を斜めにしたい

AutoCADで描いた寸法の寸法補助線を、寸法線に対して直角ではなくて斜めにする方法があったら教えてください。
ちなみに2002LTを使っています。

Aベストアンサー

ツールバーの寸法編集からコマンド[_dimedit]寸法編集のタイプを入力します。
スライド(O)を選択して>Enter>寸法オブジェクトを選択>Enter>スライド角度を入力
適当な角度を入力すれば補助線が斜めに表示されます。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q建築基準法で求める耐震基準はどこに出ていますか?

よく中地震は震度5程度、大地震は震度6や7と言われ、建築基準法では
中地震では損傷しない。
大地震では倒壊しない。
と言うレベルを想定していると言われますが、
基準法では直接震度階や中、大地震の表現では書かれていませんし、
許容応力度設計や保有水平耐力設計でもC0=0.2と1.0の違いだけで
直接、中地震の震度5程度や大地震の震度6や7に結びつけるような文面は出てきません。
震度階は目安なのはわかりますが、それらを間接的に結びつけているものは、
法文上のどこで表すことができるのですか?
限界耐力計算等で与えられている加速度応答スペクトルだけがそれに対応するものなのでしょうか?

Aベストアンサー

再回答です。

>建築基準法で表しているのは大中地震から逆算した結果を仕様規定として決めていると言うことなのでしょうか?

実験とか理論式とか、解析値から様々な要因を考慮して、C=1.0は出てきてる。

C=0.2はもともと明治時代にC=0.1か0.2の水平震度を建物に加えて設計する規定があった。そこから紆余曲折を経て現在の形になった。C=0.2は結果的に地震に対して安全と示しているだけで、実際にはどれだけの余力があるかはわからない。


>ただ大地震で建物が原形をとどめなくなったので違法建築だ!って裁判ざたになったときに
>法文根拠がなければ説明つかないんじゃないかなと思うのですが・・・

倒れた建物の建設地での震度はだれがどうやって証明するの?全部の家で震度計でもつける?
だれにも震度なんて証明できない。だから倒れた場合は、基準法以上の地震で倒れたとみんなが説明する。

Qコンクリートの養生期間について

早速質問させて頂きます。
コンクリートの養生は季節によって期間が違ってくるのでしょうか?
私は12月から家の方が着工しております。
基礎のコンクリートはこの時期、どれ位養生期間が必要ですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋の良心として
 安全率を見込み、かつ、出来る限り工期を短縮して
 お客様の経済的負担を減らすという、二つの観点の
 中庸を取ると、大体この位になるでしょう。)


蛇足ですが、養生について少し。
養生ってのは、単なる放置じゃないんです。
もし、単に放置しているだけなら(極論すれば)いくら
放置していても駄目です。

【コンクリートの強度(実験結果より)】
 は打設(コンクリートを打ことです。)後1年の物の
 強度を100%としますと、約1ヶ月で80%、約3ヶ月で
 90%の強度が出ます。パーセントの強度が出ます。
 (それ以後も徐々に強度は上がります。 また、1年
  経過後も徐々に強度は上がります。)
 しかしそれも、その期間中に正しい環境条件としてい
 た場合。 コンクリは、85%以上の相対湿度で硬化が
 始まり、乾燥に伴う収縮も小さくなります。
 ですが、もし打設後直ぐの強度が十分に出ていない
 時期に、湿度が低すぎる状態にさらしていると、急激
 な収縮が発生して、コンクリの割れ・ヒビ(=基礎強
 度低下)が起きます。
 

そこで、養生期間中の注意点を少々。

【正しい養生(簡単に....)】
1.湿潤養生をする。(急激に乾燥させない)
 打設後、例えば乾燥しないように散水をする、表面から
 急激に水分が蒸発することを防ぐために、養生シート
 をかぶせる等。
 (高価な施行では、シートの代わりに"膜養生剤"と
  いうものを塗布する方法もありますが....)
2.温度保持
 養生中は、コンクリート温度を5度以上に保つように
 します。(保温・防湿シートによる養生等)
 もし日平均気温が4度以下になるようなら、凍害と
 いって、コンクリートの凍結(厳密にはコンクリ中
 の水分の凍結)が発生し、基礎強度低下の原因と
 なりますから、寒中コンクリートという施行方法
 (凍結しない、しにくいコンクリを用いる方法)
 を採ったり、気候を見てやったりします。


まとめますと、養生ってのは期間を取れば良いという
訳でなく、有る程度の強度が出てくる期間、すなわち
施工屋の基準なら一週間程度は、十分な養生をしてやる
事が肝心です。
ちなみに、季節によっても(コンクリ温度によっても)
若干変わりますが、冬だから劇的に短くなるって事は
ありません。

 ※私も専門はエネルギ・環境系で、この部門では
  2年ほどしか飯を食っていませんから、もし
  念を入れられるなら、町の設計士事務所等で
  依頼して、施工中の視察やアドバイス等を
  受けられることをお勧めします。

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋...続きを読む

Q構造計算について

すみませんが、構造計算における次の語句の意味の違いを教えてください。

必要鉄筋量
最小鉄筋量

すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

必要鉄筋量:構造計算により必要となる鉄筋量。(%)
(鉄筋の断面積)/(鉄筋を含むコンクリートの断面積)です。

最小鉄筋量:法令で規定されている鉄筋量などのように
応力状態により決定されない鉄筋量。
例:RC柱の主筋=0.8%以上 など

一般的に、必要鉄筋量と最小鉄筋量のうち大きいほうの値を
満足するように配筋を行う。

QEXCEL(IF関数)でCELLの色を変える。

例えば、IF関数で真ならセルの色を赤色にしたり、文字の色を変えたりする関数とかはあるのでしょうか?わかりません・・・知ってる方いらっしゃれば教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

関数ではありませんが‥

<条件付き書式>ではダメなのでしょうか?

メニュー<書式>-<条件付き書式> です。

どのような条件を想定していらっしゃるのかわかりませんが、
<条件付き書式>については↓の参考URLをご覧ください。

▽条件付き書式・その1
http://homepage1.nifty.com/kenzo30/ex_kisosyo/ex_ks_syokyu4.htm

▽条件付き書式・その2
http://homepage1.nifty.com/kenzo30/ex_kisosyo/ex_ks_syokyu5.htm

参考URL:http://homepage1.nifty.com/kenzo30/ex_kisosyo/ex_ks_syokyu4.htm

Q「仮復旧」と「本復旧」の意味と違い

 道路や下水道で「仮復旧」という言葉を聞きます。
 工事が終わって「仮」の復旧をするより、いきなり工事終了→「本」復旧としないのは何故ですか?工事終了→仮復旧→本復旧だと時間かかるし、お金もかかる印象があるのですが・・。

Aベストアンサー

○下水道管を新規に埋設する場合
管を埋め土砂を埋め戻した後に、簡易的な舗装をかけます(仮復旧というよりは仮舗装)
土砂を埋め戻すときには、もちろん転圧をするのですが、どうしても何年間は自然に土砂が締まります。掘っていない部分、掘っていても下に管のある部分と管の無い分があるので、自然に締まる度合いが違います。なので、いきなり本舗装では、せっかくの舗装が凸凹になります。
だから、下の土砂が落ち着くまで簡易的な舗装で間に合わせます。掘ったところだけ沈むので、この頃は段差の苦情が多くなりますが、どうせ舗装をやり直すので、段差解消は応急処置程度です。
2年くらいすると、埋め戻した土砂も落ち着くので、規定通りの構造で舗装をやり直します。

Q「下水道技術検定第2種か第3種どちらを受けたらいいでしょうか?」

「下水道技術検定第2種か第3種どちらを受けたらいいでしょうか?」


いつもお世話になっております。

仕事で下水道関係に携わることになったので、

「下水道技術検定」を受けようと思うのですが、

第2種か第3種のどちらを受けようか迷っています。
(第1種は内容・難易度的により、まだ考えてはいませんが・・・)

最終的には第2種までは受けようと思うのですが、

まずは第3種を受かってからの方が良いでしょうか?

それとも、単純に始めから第2種の勉強をして、第3種は受けずに第2種を狙う方が良いのでしょうか?

経験された方等いらっしゃればご教授下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

第1種と第2種は互換性がありますが第3種は別物です
大まかには
第1種は施工(工事)と計画設計 第1種は第2種含む
第1種は第2種含むが第3種は別
第2種は施工(工事)
第3種はメンテナンス
合格率は第3種>第2種>第1種
http://www.jswa.go.jp/summary/09kentei/03kubun.htm
工事・設計系の人なら第2種→第1種→技術士(建設・水道・衛生工学)
メンテナンス系の人なら第3種→下水道技術検定では上位無→
公害防止管理者水質1種→環境計量士→技術士(水道・衛生工学・環境)

Q既存のアスファルトの上にアスファルト舗装は?

現在月極め駐車場の整備を考えています。
現状は、古めのアスファルトがひいてあります。
地盤は結構よく表面は平らで波打っているようではありません。
一部ひびが入ってはいます。
表面はざらざらしているし、白線も引きなおす必要があるので
このたび整備する予定です。

A業者に聞くと「これは全部のアスファルトを剥がして、新しく舗装した方がよい」
と言います。
B業者に聞くと「公の道路の場合、2重のアスファルト舗装をしてあるので、
現状のアスファルトの上に、アスファルトをひいた方がよい。」
と言います。

アスファルトの上にアスファルトをひくとはがれてくるのでしょうか?
経験のある方教えてください。

Aベストアンサー

大体みなさんのご意見も出揃ったようです。
気をつけることは、排水勾配・端部の始末と剥がれ・白線&番号表示等でしょうか。

・密着性については、良心的な業者の施工であればまず問題ないかと。
・出入り口部の重ね厚みが薄くなるようでしたら、部分的に彫り込むのも良いのかな。
・オーバーレイの厚みが4CM以下ならよく業者と相談されてください。
 道路の場合は5-6CMです。(ハガレ防止・ひび割れによる透水防止のため)

・白線のテープ使用は、正規のライン塗装よりは寿命の点で疑問符。(経年変化でのハガレ)
(一番安いのはペンキで表示ですが、もっとも通行タイヤ痕の回数や材料の選択で変わる)
 経費節約なら分離発注も可能だと思います。

・もしもひび割れのところがふかついているようでしたら、その部分は掘り起こして地盤から
 手を入れてください。


人気Q&Aランキング