人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

FDのクーラントを自分で交換したのですが、何回エア抜きをしてもなかなか抜けきらないみたいで、エンジンが温まると水温系の警告灯が点灯して警告音が鳴り、1~2分で警告灯&音が止まるのです。
上記が起きる時は連続走行をしたあと、信号待ち等でアイドリング状態になると発生します。
このような経験をされた方いらっしゃいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

SUBARU車同様に、FDもエアがなかなか抜けないので、クーラント交換は全部抜いてからクーラントを入れるのではなく、水を入れながら抜いて、ラジエターの中を空にしないように交換したほうが良いと思います。


そして、しばらくの間は、水の入ったペットボトルなどを車に置いといて、こまめにリザーバタンクをチェックして出先でも補水できるように備えたほうがいいとおもいます
    • good
    • 0

はじめまして、こんばんわ。



RX-7のクーラント交換は、したことないのですが交換方法などが載っているサイトを見つけたので書かせていただきました。

http://13b.power.ne.jp/main_contents/repair/LLC. …

参考URL:http://13b.power.ne.jp/main_contents/repair/inde …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
HPを見たところ、私の状況はエア抜き不足のようですね。
ラジエターを自力で銅製3層の物に変えているので、おそらくエア抜きにも時間がかかるのであろうと思いました。
とても参考になりました。

お礼日時:2007/11/07 01:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRX7 FD エンスト

最近、3型FD3Sを購入したのですが、アイドリング時にエンストするので、詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけると助かります。

ここ2週間ほど、アイドリング時に、ハンチングし、そのままストールすることがときどきあります。いつ発生するかは、分かっていなく。。。ストール後、エンジンをかけようとすると、セルは回りますが、エンジンがかからない状態となります。しばらく続けていると、かかりますが。。。(白煙でてます)

ディーラーにもっていたのですが、よくわからないという状態でなっており、何とかならないかと質問させていただきました

ディーラーでは、ECUがあやしいと言われました
圧縮、プラグ等考えられることは、見てもらったのですが、特に問題なし

ダイアグでは、
・アイドル回転数は800rpmぐらい、(ただし、メーターは1600rpmぐらい指してます。これもおかしいですが)
・水温がファンが回っていないのに、下がっていくことがある
・空気の吸入量(すいません。名前忘れました)をシミュレーションで変化させても、エンジンの動きに変化が出ない(0にしても、ふつうに動いている)
・TEN-GND短絡しても(ECUの制御をなくすと言っていました)、何も変化がおきない

以上から、ECUが書き換えられたりして、問題が起きているのでは、ということでした

本当にそうなのか?ブローしてる?(圧縮あるから違う?そんな簡単ではないか?)
と、非常に不安な日々です

有識者の方のお力貸して頂けると、助かります

最近、3型FD3Sを購入したのですが、アイドリング時にエンストするので、詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけると助かります。

ここ2週間ほど、アイドリング時に、ハンチングし、そのままストールすることがときどきあります。いつ発生するかは、分かっていなく。。。ストール後、エンジンをかけようとすると、セルは回りますが、エンジンがかからない状態となります。しばらく続けていると、かかりますが。。。(白煙でてます)

ディーラーにもっていたのですが、よくわからないという状態でなっ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

中古車でも改造するのが当たり前だったクルマは、これだから怖いね。。


>アイドリング時に、ハンチングし、そのままストールすることがときどきあります
 空燃比のズレ・プラグのかぶり・・・が主な原因でしょう。
空燃比のズレは、ECUをイジってるとなるし、エアーエレメントの汚れも要因。


>セルは回りますが、エンジンがかからない状態となります。しばらく続けていると、かかりますが。。(白煙でてます)
 想像するに、アイドル時の空燃比が濃いんでしょう。→プラグがかぶり気味となる→ハンチング起こす→ストール・・・・
 白煙は、オイルが燃えた時の色です。REは、オイルも燃やしてますので、かぶれば未燃焼ガスが一気に燃えるので、白煙が出るのです。エンジン再始動後、しばらくすれば止まるでしょ?



>水温がファンが回っていないのに、下がっていくことがある
 これですな(笑
水温が下がる=エンジンが冷えてる・・・・という意味ですが、ガスがリッチ(濃い)である為に、ECUが勘違いして勝手に水温が低いと判断してる。

 想像するに、かなり精度の低いROMなんでしょう。どこでイジったECUか分かりませんが、現在マフラーなどはノーマルがついてませんか?或いはストリート用スポーツマフラーとかが。。




簡単にまとめますよ。
アナタのFDは、ECU以外ノーマルなんですよ。精度の低いECUだけがチューンしてある。高性能なチューンドECUであれば、マフラーをノーマルに戻せば、それなりに制御します。


【試してほしい事】
(1)バッテリー外し
 バッテリーのマイナス端子を外して、丸1日以上そのまま放置してください。翌日以降に、マイナス端子を繋いでください。上手くいけばこれで症状が改善される場合もあります。
 これはECUをリセットする方法です。もしかしたら変なバグが出ててイタズラしてることも考えられます。

(2)エンジンふかし
 ガスの無駄遣いですが、アイドル中に時々エンジンを無意味にふかす癖をつけてください。定期的にレッドゾーンまで回す走り方でも構いません。(1)のバッテリー外しを実践してから、やりましょう。


ここまでやってダメなら、信頼できるショップに行き、一度ノーマルECUに交換テストしてもらうしかありませんね。。

そこからの問題は、また別問題です。間違ってもノーマルECUだと信じて中古ECUを買わないこと。


当方、業者です。

こんばんは。

中古車でも改造するのが当たり前だったクルマは、これだから怖いね。。


>アイドリング時に、ハンチングし、そのままストールすることがときどきあります
 空燃比のズレ・プラグのかぶり・・・が主な原因でしょう。
空燃比のズレは、ECUをイジってるとなるし、エアーエレメントの汚れも要因。


>セルは回りますが、エンジンがかからない状態となります。しばらく続けていると、かかりますが。。(白煙でてます)
 想像するに、アイドル時の空燃比が濃いんでしょう。→プラグがかぶり気味となる...続きを読む

Qリザーブタンクから冷却水が戻らない

ラジエター、リザーブタンクとも規定量の冷却水を入れて、10分ほど走ってから、しばらく停車をしていたらリザーブタンクから道路に溜まるほどあふれていました。

その後、そのままの状態で5分くらい走ったところで水温計の針がレッドゾーンまで上がったので車を止めてしばらくしてからラジエターキャップをはずしたところラジエター内の水が減っていて、リザーブタンクは一杯でした。

どんな原因が考えられますか?

Aベストアンサー

どこかのガスケットが漏れているのだと思います。

しかし、この状況(症状)は、実際にお車を専門家が見てみませんと、電話やこのサイトのようなお話だけの段階ですと、たとえメカニックであっても原因場所の特定は難しい、ということになります。

まず、運転方法ですが、当然、普通の運転方法で起きるということですね?(激しくオーバーヒートするような運転ではない。ということ。)

お車はターボ車でしょうか?  ターボ車ですとNA車より起きやすいのですが、NAでも起きます(ターボ車の場合、ターボでインテークマニホールドが1気圧以上にならないように運転してやれば冷却水を温存させながら修理工場までたどり着ける可能性があります。)。


とりあえず、原理だけ。

エンジン内部は、燃焼室やエンジンオイルが入っている空間があります。その外側の空間には、冷却水が満たされる空間が作られております(実際は入り組んだ構造ですが。)。

エンジンは、もともとバラバラの本体を組み立てて1つのエンジンになっているのですが、そのつなぎ目部分はガスケット(パッキンの役目と同じ)というのもで密閉させます。ガスケットの形状は、薄い金属板をやわらかい石に包んだもの、耐熱高圧水道ガスのパッキンと同じ材質のものや、接着剤状のものなどあり、使う部位によって使い分けられているのですが、それらパッキンが劣化や、膨張熱によるエンジン本体の変形が原因で、漏れ始めてしまうのです。

上記、燃焼室から、その外側の空間 冷却水が満たされる空間に、ターボで高気圧になった吸気や、排気ガスが入り込んできてしまっている現象です。


これが原因ですと、エンジンが完全に冷めても、冷却水はいっこうにラジエーター本体には戻って行きません。


Holtsワンダーウェルド(http://www.holts.co.jp/b1/MH311.html)をはじめ、
(http://www.holts.co.jp/b1/MH303.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH315.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH301.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH314.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH309.html)

などで試してみても直らない場合は、

見積もり後に修理となります。


もし、Holtsワンダーウェルドなどで修理した場合は、LLCを水で薄めたものを常に車に積んでおきたいですね。
.

どこかのガスケットが漏れているのだと思います。

しかし、この状況(症状)は、実際にお車を専門家が見てみませんと、電話やこのサイトのようなお話だけの段階ですと、たとえメカニックであっても原因場所の特定は難しい、ということになります。

まず、運転方法ですが、当然、普通の運転方法で起きるということですね?(激しくオーバーヒートするような運転ではない。ということ。)

お車はターボ車でしょうか?  ターボ車ですとNA車より起きやすいのですが、NAでも起きます(ターボ車の場合、...続きを読む

Q冷却水のリザーブタンクについて

こんばんは。
今日、久々にボンネットを開けたのですが、冷却水のリザーブタンクが空になっていました。で、不安になってディーラーで漏れ等を調べてもらいました。結果、問題は無く、「水を補給すれば終わりなんですよ」って言われました。本当に普通の水だけでいいのでしょうか?。何か添加剤?(わからないですが)みたいなものが混ざったのを補給すべきでは?って思っております。ご意見宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問の内容からの推測ですが・・・
前回 冷却水を交換されたのはかなり前ではないかと思います。
もしくは前回の交換時期が不明とか・・・。
冷却水の交換サイクルは2年毎が一般的です。
前回の交換時期が不明であるなら冷却水交換も考慮する事もオススメしておきます。
個人的には交換しておいた方が安心だと思います。

他の方の回答にもありますが 通常 冷却水は50%の濃度に希釈されたモノが
ラジエターに入れられてます。
車種がわからないので正確な数量は出せませんが
大体 全量7~10リッターくらいが多いです。
それがリザーブタンク分の水で希釈されたとしてもトラブルが出やすくなる程には
薄くなりません。
冷却水を交換してから1年以内であればリザーブタンクは水でも問題ないのが実際です。
でも 前回の交換時期が不明であるなら交換サイクルを把握するためにも
交換しておいた方が安心ですね。

他の方の回答内でちょっと気になった部分があったので
勝手ながら訂正させていただこうかと・・・。

>クーラントは別名「不凍液」と呼ばれていて

厳密にはLLC(ロングライフクーラント)と不凍液とは別モノです。
不凍液とはマイナス側の温度のみに不凍効果のあるモノで
オーバーヒートにはあまり効果の薄いモノです。
知り合いの年配のベテラン整備士さんは舐めて味で判別してました(笑・・でもマジ
今 売られてるモノはLLCがほとんどです。

>(濃度が濃いほど凍らない)

たしかに濃度が濃いほど凍りませんが濃度50%を越えていくと
どんどんオーバーヒートしやすくなります。
濃ければいいってモンではありません。
これを勘違いされてる方 極たまに見かけますね。
適切濃度(大体の場合 50%)にしておきましょう。


補充の場合 水でも構わない事がほとんどですが
カー用品店で300~500ml容器でLLCを50%に希釈されてるモノがあります。
それを補充するのもアリです。
ですが 個人的はは交換がオススメです。
カー用品店で頼んでも3000円でお釣りが来るくらいです。
これでおよそ2年間 イケるなら安いモンだと思いますしね。

ディーラーやGSやカー用品店で濃度を見てもらう事も出来るので
一度見てもらってからどうするか検討してもいいかと思います。
濃度を見るくらいなら無料な場合がほとんどです。

質問の内容からの推測ですが・・・
前回 冷却水を交換されたのはかなり前ではないかと思います。
もしくは前回の交換時期が不明とか・・・。
冷却水の交換サイクルは2年毎が一般的です。
前回の交換時期が不明であるなら冷却水交換も考慮する事もオススメしておきます。
個人的には交換しておいた方が安心だと思います。

他の方の回答にもありますが 通常 冷却水は50%の濃度に希釈されたモノが
ラジエターに入れられてます。
車種がわからないので正確な数量は出せませんが
大体 全量7~10リッターく...続きを読む

Qロータリーエンジンの冷却水。

ロータリーエンジンの冷却水の流れについてお願いします。以前、修理に当時新型のRX-7(FD3S)が入って来ました。オーバーヒートをしたか、すんでで水温の上昇に気が付かれ入庫したのか忘れましたが、とにかく水温計が上がるとの事でした。後輩がその仕事を任さていましたが、当方も加わり少し見ていたのですが、どう見ても『サーモスタットの位置がおかしい』と思った事がありました。先程サンエイワークス(サンアイ?)さんのHPを見ていましたが、通常、『水は上から下に流れる』とあり、当方もそのように思っていました。ところが『あくまで大気中の水の流れ』と言う事でして、ラジエータの中の水は違うような記述もあり(誤解でしたら、申し訳ありません)、ひょっとすると、何もロータリーエンジンに限った事で無く一般的なレシプロエンジンでも、下から上のような水の流れはあるのでしょうか?FDに限った事でしょうか?明らかにサーモスタット自体が逆向きに入っていたのですが?サンエイワークスさん(サンアイ?)が言いたいのは、そもそも『この取り回しがおかしい』と言う事でしょうか?

Aベストアンサー

ロータリーエンジンに詳しい訳では有りませんが、

基本的にエンジン内は下から上へ、ラジエターは上から下へ・・・となります。
エンジンでは温められるので、温まった水は上に行きます。
ラジエターでは冷やされるので上から下へ行きます。
(自然に逆らわないように作ってあります)
ラジエターから戻ってきた水は、ウォーターポンプで強制的にこの順番で送られます。

一般的な最近のエンジンは、
サーモスタットは、ロアホースからエンジンに入る所に取り付けられています。
これは極寒によりラジエターでの冷やされ過ぎによるエンジンの温度変化をなくすためです。

QRX-7 FD3S ロータリーエンジン オイル添加剤について

FDのRX-7に乗っています。

世の中、オイル添加剤と言われるものが色々と出てますが、
ロータリーエンジンに入れて良い物、悪いもの等あるのかどうか、
分かる方が居ましたら教えていただきたく。

1)テフロン系
2)ボロン系
3)モリブデン系
4)チタン系
5)その他金属内面コーティング

最近、ボロン系がはやり(?)のような気がしますが、
ロータリーなだけに本当に害がないのか心配です。
金属系内面コーティングは長持ちしそうで良さそうなのですが、
シール部品などに悪影響はないのか心配です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではないですが。

↓を読んでからは、オイル添加剤の類は一切使うのをやめました。
http://www.bohp.net/html2/mentq12.htm


要するに、添加剤を入れてエンジンが静かになったり、燃費が良くなったりしたら「非常に危険」ということです。
(これは、添加剤によってオイルの粘度が下がった、という「だけ」のことで、油膜切れ→焼き付きの危険は増大する)

となると、自分で添加剤の良し悪しは確認できませんし、かといってメーカーの謳い文句を鵜呑みにも出来ませんから、結局「使わないようにする」しか選択肢はありませんでした。

QRX-7(FD3S)の社外ブレーキについて

RX-7(FD3S,17インチ仕様)に乗っています。サーキットを走るにあたって前に乗っていた車のキャリパー(エンドレス製6POTキャリパー)を流用したいと考えていますが、FDにそこまで強力なブレーキは必要なのでしょうか?前の車のときは安定性などを考えて入れていましたが、FDは重い車ではないので悩んでいます。また、流用する場合は前だけ強化するとあれなので、リアも2POTか4POT入れようと思っています。もちろんサイドブレーキ用に純正キャリパーは残します。実際にサーキット走ってる方はどう思っているか教えていただけると幸いです。現在車諸事情でサーキットは走れない、春までにブレーキ組むなら組みたいと思っています。

ちなみにサーキットの大きさは全長1500m,最大直線は340m位のところです。

Aベストアンサー

FDの場合、17インチ仕様であれば交換の必要はあまりないとおもいます。

実際、サーキットのトップランナーでもノーマルが多いです。
富士スピードウェイなどで、500馬力オーバーのFDでストレートの終速が300キロ近くになるような場合はアリだと思いますが、記載しているようなサーキットの場合は、ストレートの終速で200キロも超えないと思うのでおすすめはしません。

あまり強力なキャリパーを入れるとブレーキバランスが崩れたり、バランスがとりずらくなり乗りずらくなることの方が多いみたいです。

FDはノーマルキャリパーでもパットの相性で(初期制動力の強すぎるパットはあまりよくないみたい)ABSが誤作動を起こすこともあるので、キャリパー交換するとABSがどのように作動するかもわからないので。

コンマ1秒でも速く走りたいというような、最速至上主義などであるならば強力キャリパー交換もありですが、そこまででもないなら交換にかかるパーツ代や工賃をガソリン代やサーキット使用料やメンテ費用に充てた方が有意義だと思います。

強力キャリパーの性能を引き出すドラテクも必要ですし、このサーキットでは不要に1票です。

でもパーツもすべて揃っていて、自分で取り付けもできて、0円で付くなら試してみますが(笑)

FDの場合、17インチ仕様であれば交換の必要はあまりないとおもいます。

実際、サーキットのトップランナーでもノーマルが多いです。
富士スピードウェイなどで、500馬力オーバーのFDでストレートの終速が300キロ近くになるような場合はアリだと思いますが、記載しているようなサーキットの場合は、ストレートの終速で200キロも超えないと思うのでおすすめはしません。

あまり強力なキャリパーを入れるとブレーキバランスが崩れたり、バランスがとりずらくなり乗りずらくなることの方が多い...続きを読む

QFD3Sです。最近負荷がかかると、エンジンルームからキーっとエアの漏れ

FD3Sです。最近負荷がかかると、エンジンルームからキーっとエアの漏れる様な音がします。結構でかい音です。ブースト(0.9)はしっかりかかり、パワーもちゃんと出ています。ディーラーの整備士さんも「ブースト上げてるからこんなもんですよ」で相手にしてくれません。この音なんとかなりませんか??よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブーストがしっかりとかかっているということは、燃焼室より下流の可能性が考えられますね。
排気熱の高いロータリー、特にFD3Sでは、エンジンブロックとタービンを繋ぐエキマニブロックの歪みやガスケット抜けによって排気漏れを起こすこともあるようです。
排気漏れがしていると、信号待ちなどで車内に排気ガスの臭いがエンジンルームから入ってくるので、わかりやすいと思います。
症状が文面だけではよくわからないので、これが原因かどうかはわかりませんが下記のページが参考になります。
http://minkara.carview.co.jp/userid/155783/blog/c353717/p2/
早く直るといいですね。

参考URL:http://minkara.carview.co.jp/userid/155783/blog/14769360/

Qロータリーエンジンでトヨタ純正オイルは使えるか?

私はRX-8を所持します。

ロータリーエンジンは鉱物油が好ましいといわれているので、
オートバックスにある0W-20の鉱物油を探していました。
その結果 トヨタ キャッスル 0W-20 を発見し、
「鉱物油」「粘度」という共通点から使えるのではないかと思いました。
でも、マツダ ではなく トヨタ だけに使用できるのでしょうか。

Aベストアンサー

ロータリーに鉱物油なんて入れているとカーボンスラッジでアペックスシールのサイドシールと当たっている個所が欠けたりして圧縮が下がったりします。
エステル系化学合成オイルは極性により物理吸着させるので鉱物オイルより物理吸着で出来た油膜がはがれやすく各パーツにオイルスラッジが付着しづらくなります。しかし油膜がはがれやすいということは油膜が切れやすいということなので、切れないようにするために添加剤が配合されています。
ただそれほど高出力&高回転型というわけでもないのでカストロールの「XF-08」や「RS」程度のドンキホーテあたりで¥2000程度のオイルを入れてやれば安心できると思います。

QRX-7(FD3S5型)のラジオアンテナ線について

お世話になります。

 FD5型を新車で購入したとき、自分でカーオーディオを付けました。その際ラジオアンテナを繋ぐプラグが見当たらなかったのですが、「ラジオは聴かないからいいや」とほったらかしにしていました。
 先日オーディオを取り外す機会があったので、ついでにラジオも聴けるようにしようと思いましたが、やはり見当たりません。
 オーディオ側はラジオアンテナプラグ(ヘッドフォンの端子の太い方と同じ感じ)を差し込むメス型になっております。
 車体側から出ている線は、2つの白いカプラーと、黒く太い一本線の先に平型ギボシを差し込むようなメス型のものが付いた線だけです。
 あるサイトの写真では、ここが平型ギボシのメスではなく、ラジオアンテナプラグのオス型になっていましたが、別のサイトでは、これはアースだと書いてありました。
 この線があやしいと思うのですが、この黒く太い一本線がラジオのアンテナ線で間違いないのでしょうか。
 また、変換プラグを探しましたが見当たりません。普通のラジオアンテナプラグを購入し、コードを切断してハンダ付けするしかないのでしょうか。

 ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授下さい。よろしくお願いします。

お世話になります。

 FD5型を新車で購入したとき、自分でカーオーディオを付けました。その際ラジオアンテナを繋ぐプラグが見当たらなかったのですが、「ラジオは聴かないからいいや」とほったらかしにしていました。
 先日オーディオを取り外す機会があったので、ついでにラジオも聴けるようにしようと思いましたが、やはり見当たりません。
 オーディオ側はラジオアンテナプラグ(ヘッドフォンの端子の太い方と同じ感じ)を差し込むメス型になっております。
 車体側から出ている線は、2つの白い...続きを読む

Aベストアンサー

ニーパッド内にあると思います。
FD3Sの場合、ダイバシティタイプなのでアンテナ端子は2本あるはずです。
太い方がオートアンテナへの接続端子、細い方がガラスプリントアンテナへの接続端子
だったと思います。
ただし、コネクタ形状が一般的な物とは違いますので、別途変換ケーブルを用意する
必要があります。

ADDZEST CCA-320-500ミニプラグ(オス)変換コードキットRX-7用
http://kakaku.ecnavi.jp/item_info/2010386817.html

Qロータリーエンジンについて・・・

こんにちは。

今日はロータリーエンジンについて聞きたいことがあるのですが、
自分はRX-7に興味があって、もしそのRX-7を買ったとして難しいとこはなんですか?あと気をつけたほうが良いとかってありますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

RX-7はFD3S型だとして話します

気をつける事は
1.水温管理をきちんとする
 フルノーマルだとラジエターファンが回りだすのが105度付近です。
 この温度だとエンジン制御はとっくにセーフ寄りになってしまっている事からわかるように既にエンジンに良くない温度です。
 困った事に渋滞にはまるだけであっさりここまで上がります(冬でも)
 この状態でパワーを出そうとするとエンジンの消耗が早いので、水温の管理はきちんとしましょう。

 具体的には ラジエターファンコントローラ、水温計をつけて出来るだけ水温を上げない。
 上がったら踏まないを守るとエンジンは長持ちします。
 ちなみに105度でも純正の水温計はほとんど真ん中辺りを指します。
 手間を惜しまなければエアコンオンでファンが回るので水温計だけでもいけることはいけます。

2.プラグ、オイルは定期的に交換する。クーラントは車検毎に必ず交換。
 REはオイルを燃やして走りますので、オイルの劣化が無くても一定距離でオイル交換しましょう。走り方次第でどんどん減っていきます。
 3000km目安ならまぁ安心です。 オイルの状態、量をきちんと判断できるなら距離に拘ることはありません。
 プラグはプラチナを使っている場合は1万キロまでには交換しましょう。
 クーラントの交換をさぼるとエンジンの水路が腐食し内部に冷却水が漏れるようになります。直すにはO/Hしかありません・・・

3.回しすぎない
 FD3Sのレブリミットは8000rpm位なのですが7500rpm位で警告のブザーがなります。
 これは出来るだけ鳴らさないで乗った方が長持ちすると思います。
 レシプロと違い回転をあげてもエンジンは苦しそうなそぶりを見せないのでうっかり回しすぎる危険性があります。

ロータリーエンジンは正しく使えば強度も問題なくちゃんと長持ちします。
しかし「正しく」の定義がレシプロの常識とは異なる上にきちんと守らなかった場合のダメージが大きいです。
なので、いろいろ言われますがつぼさえ押さえておけばぜんぜん問題ありませんよ。

難しい事は
1.維持費が高い事
 主に痛いのが自動車保険ですね。 料率クラスは最低ですので車両保険を掛けると条件にもよりますが15~30万/年 かかります。
 あとはガソリン代ですね。 自分は5~7km/l走りますが、信号や渋滞の多い地域ですともっと悪いです。

2.人、荷物が乗らない
 4人乗りと言ってもリアシートはおまけです。 せいぜい遊びに来た友人を駅まで送るって用途が精一杯でしょう。
 荷物についてはリアハッチの下が広いように見えて高さが無いのであまり載りません。リアタワーバーがついてるとぜんぜんだめですね。

どちらも好きなら気にならない事だと思います。

3.程度の良いタマを探すのが大変
 予算次第ですが5型以降のノーマル車両をマツダの中古車ディーラーで買うのが安心です。
 その際圧縮は測ってもらいましょう。


No.2さんがいくつかお書きになっていますが、個人的にはそこまで乗り辛い車に思えません。
低速トルクが薄くても車両重量が軽いので発進で困る事も無いですし、1500rpm以下になったらクラッチを切るように気をつければカーバッキング(車ががくがくする)もおきません。
アライメントやタイヤサイズの問題でハンドルがとられる事もありますが、きちんと整備された車両なら常時片手運転でのんびり走る事も可能です。

あまり構える事は無いと思いますよ。
ディーラー中古で購入後定期的に純正オイル、プラグ、その他油脂類を交換しているだけですが
購入から2年半経った現在2万キロ走行しましたが何もトラブルは起きていません。

RX-7はFD3S型だとして話します

気をつける事は
1.水温管理をきちんとする
 フルノーマルだとラジエターファンが回りだすのが105度付近です。
 この温度だとエンジン制御はとっくにセーフ寄りになってしまっている事からわかるように既にエンジンに良くない温度です。
 困った事に渋滞にはまるだけであっさりここまで上がります(冬でも)
 この状態でパワーを出そうとするとエンジンの消耗が早いので、水温の管理はきちんとしましょう。

 具体的には ラジエターファンコントローラ、水温計をつけ...続きを読む


人気Q&Aランキング